日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

07月≪ 2017年08月 ≫09月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

またまた、新アイウェア導入。

 今日は午後から雨の予報が出ていたので、午前中にサクッと多摩サイ~連光寺方面を走ってきました。
 で、9月以来の連光寺坂TT、8分16秒・・・。

 う~む、今日はやけに体が重く感じたよ・・・。
 って、その前に今日は朝から軽い頭痛を抱えていたのが、帰宅後、シャワーを浴びたら・・・あらら、頭痛がさらに酷くなって、何か体もふらふらと・・・。

 どうやら、風邪の初期症状を抱えていたようで、これではタイムが出なくても当然、と言い訳しておきましょう(^^;)。
 昼食後に薬を飲んだら、頭痛は沈静化。今夜は無理せず、早目に寝る事にします。

 では本題です。
 またかよ、と言われてしまいそうですが、新しいアイウェアを導入しました(^^;)。
 今回新規導入したアイウェアはこれです。


P1010133.jpg
SWANS SOU(双)
フレーム:ゴールド/ブラック
レンズ:ライトアンバー/ゴールドミラー

P1010108.jpg
SOU(双)の名の由来にもなった部分。
レンズは一体型なのに、
左右の眼球に応じたカーブがついている。


 サイクルモードで試着して、その賭け心地と軽さに惚れたアイウェアです。
 都内の某スポーツショップ前を通りかかった時、ショーウインドウにディスプレイされているのを見て、足を止めてしまいました。
 ・・・ええ、衝動買いですが何か?

 いや、しかし、個人的な考えですが、アイウェアってサドルと同じくらい、自分にあった物を探す長い旅が必要だと思うのです。

 ちょっとレンズの形が違うだけで、完全に視界がカバーできなかったり、試着時は良いと思っても、実際に自転車で使用し、上目使いになると視界にフレームがかぶって邪魔だったり。
 専門店でフィッティングしても、長時間使用したら、ツルが食い込んで痛かったり。 
 様々な理由で、自分に合う/合わないの差が大きく出る上に、ヒトの感覚器でも特に重要な「眼球」を保護する物ですから、安易な妥協も出来ないですし。

 ・・・いや、だから衝動買いの言い訳でないですから(^^;)。

 それはさておき、私の場合、コンタクトユーザーなので、2眼型のアイウェアだと鼻梁とレンズの隙間から風と埃が巻き込んでくるのが大問題になります(埃が目に入ると、痛みで瞬時に視界が奪われるため)。
 下り坂の車道を高速走行時に、両目に埃が入ったときの恐怖は、実際に経験した人でないと分からないでしょう。

 なお、クリアとスモークはレンズ一体型のモデル(シューティンググラス)を使用しているのですが、間のオレンジ~イエロー系のアイウェアは2眼型しか持っていませんでした。
 で、この2眼型アイウェアだと、高速走行時の風の巻き込みが我慢できなかった(35km/hを超えると、涙が止まらない)ので、このSOUのオレンジが非常に気になっていたのです。

 とりあえず、奥多摩の紅葉観賞ポタ(Airframe)と、今日の多摩サイ~連光寺走行(BSモールトン)でテストしてみました。

 SOUはもともと、ランニング用に開発されたアイウェアですが、私が使用してみた限り、自転車でも十分に使えそうです。
 アップライトなポジションのAirframe、ロードに近い前傾ポジションのBSモールトンの両方で、風の巻き込みは2眼型のアイウェアとは比べ物にならないほど少なく、下り坂でも遠慮なくガシガシ踏んで高速走行ができます。

 現在出ているモデルは、表裏両面ともに強力な撥水コーティングがされているため、頭からボトルの水をかぶっても、水滴がつき難いらしいのですが、さすがにこの季節では試せていません(風邪が悪化するがな ^^;)。
 しかし、このコーティングは乱反射を軽減する作用はないのか、逆光になると、角度によっては裏面の写り込みが気になる場合もありました。

 なお、色がライトアンバーという事で、視界に変な色がつかないか、という点ですが・・・。
 私が使用した限り、かなり普通の視界に近く、日常使用ならあまり意識されないレベルだと思います。


P1010159.jpg
試しにデジカメの画像で見てみよう。
こちらは普通に撮った画像。
まだ色付きの浅いカエデの葉。

P1010160.jpg
こちらはSOUのライトアンバーレンズを通して撮影。
オレンジの色味が乗るのは仕方ないとしても、
緑の部分は緑と分かるし、赤色部分もドギツい色にはならないので、
積極的に色味補正がかかるヒトの目では、ごく自然な視界になる。


 なお、ノーズパッドは汗で濡れても滑り難く、アイウェアがずれて落ちてくる感じもありません。
 額や頬骨との間の隙間も狭く、あまり調整しなくてもかけ心地に違和感が少ないのは、さすがは日本のメーカーが日本人向けに開発したアイウェアです。

 ま、唯一の欠点は、ゴールドのミラーコートのかかったオレンジのアイウェアを装着した自分の姿が、恐ろしく怪しい奴に見える事で・・・。
 ・・・まあ、これは自分も周りの皆様にも、慣れて頂くしかないわけですけど・・・(^^;)。

 あと、サイクルモードでもらった製品カタログによると、今後、撥水コートを省いたミラータイプや、裏写り防止コートタイプ、普通のポリカレンズのベーシックモデルなどの発売が計画されているようです(現在市場に出ているのは、ハイエンドモデル。数量限定出荷中なので、店頭購入だと定価販売だと思う)。

 それにしても、私の体は、ヘルメットはOGKカブト、ウェアはパールイズミ、アイウェアはSWANSと、どこまで典型的な日本人体形なのやら・・・。

関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク