日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

07月≪ 2019年08月 ≫09月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

行きて帰りし走行記録 PBP2019走行編 Part.1

 さすがに時差ボケもおさまってきて、最近は夕方にちょっと強めの睡魔が来る程度で、なんとか普通に仕事ができるようになっています。

 というか、帰国後、約一週間の間、PBPから帰還した皆様の間では、急な発熱など、体調を崩した、という話が結構な頻度で聞かれていたのに……。
 帰国した翌日の日曜日に、午後半ばまで寝ていた、という以外、特に異常もなく職場復帰しているとか、私は意外に頑丈なのでしょうか?(^^;)

 まあ、そんなことを言っていたら、ころっと風邪で倒れたりするのがお約束なので、まだまだ疲れを引きずっている現在、体調には気をつけようと思います(^^;)。

 ちなみに、帰国直後には随分酷かった手足の痺れは、だいぶ軽くなってきて、今ではちゃんとペンで文字が書けますし、洗濯バサミも普通に使えます。
 そろそろ、軽めのバーチャルライドからリハビリに入ってみようかなあ、とか考えていたりもしますが、さて、その前にエンメアッカ号をどこかで点検してもらわないと……。

 と、後始末がいろいろ大変な状態だったりするんですよね。

 では本題です。
 そんな風にいろいろあったあこがれの舞台、PBP2019から帰国しました。

 4年前にも本当にいろいろありましたが、今回も負けず劣らず……というか、前回よりもさらに色々なことがあったような気がします。

 今回から、何回かに分けて、実際のコース上で起きたあれこれを「走行編」としてお送りします。

 できるだけ、記憶と記録に忠実にお送りしようと思いますが、すでに記憶の改変効果で、ものすごく辛かった部分も、楽しかった要素に置き換わっていたりするのが……。
 まあ、基本、お祭りムードが漂う楽しい舞台なのですが、かといって楽ができるわけではないことは、前回更新の「総集編」でお送りした通りですので、その辺りは注意して読んでいただければと思います。

 では、興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックしてください。

【Read More・・・】

PBP2019参加記録 記憶が新しい内に総集編

 う〜む、フランスから帰国後、しばらく経った今になって、いろいろな場所が痛んだり違和感が出たりしています。

 今までになかった部分では、両足の母指球よりつま先側が、膨張したような感覚になって痺れていること。
 多分、PBPの最終区間で思い切り踏んで回して負荷をかけた結果、反動が今、出てきているのだと思われます。

 それ以外では、関節や体幹の痛みなど、寝返りを打つのも気合が要る、という状況であり、しばらくの間、この後遺症に苦しみそうな気がします。

 ま、海外の1,200km、それも、ブルベの祭典と言われるPBPを走ってきた結果なので、仕方がないと諦めるしかないんですけれど(^^;)。

 では本題です。
 4年に一度の、ブルベの世界的な祭典(でいいのかな?)、PBP2019に参加してきました。
 参加自体は、2015年に続いて2回目。前回は往路のサン・ニコラ・デュ・ペレムでDNFし、カレ・プルゲールから撤退という記録に終わっていましたが……。

 今回も、まずは記憶が新しいうちに、総集編をまとめてしまいましょう。
 こうした方が、4年後の自分に役立つ情報を色々残せたのです、前回は。

 いきなりの話で、走行編を見ないと訳が分からない部分もあるかもしれませんが、よろしくおつきあいくださいませ。

 ……さりげなく走行編に誘導しやがった、と思った皆様。
 その勘の良さ、今は忘れてください(笑)。

 というわけで、興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックしてください。


【Read More・・・】

CATEYE AVVENTURA実戦使用レポート

 この土日(2019/8/10〜11)の間に、ランドヌール宮城主催のブルベ、BRM810宮城200km加美戸沢に参加してきました。
 昨年も参加した、ナイトライド型ブルベ(夜スタート、朝ゴール)で、今年もペルセウス座流星群の時期に合わせての開催です。

 200kmというと、さすがに構えるほどの距離ではありませんが、すでにPBPの渡航準備に入っている今、エンメアッカ号は梱包準備状態。
 アリーゼはネオスマの上でZwiftのコントローラーになっているという有様で、すぐに走れる状態の車体は……。

 BSMとWindcog ZICのミニベロコンビのみ(^^;)。

 というわけで、輪行しやすさでは我が家にある4台の自転車の中でも随一の車体である、Windcog ZICで出走することにしました。
 定峰200の時のような、伊達と酔狂と勢いで、という理由でなく、これが今使える最適の車体だったのですよ!

 コースの状況はまた機会があればご報告するとして……。


19081001.jpg
コースは後半、
物凄い濃霧に覆われて、
アイウェアが曇って前が見えなくなることも。
画像でも、ライトの光が前方の霧滴の中、
ドーム状に反射しているのがわかると思う。

19081002.jpg
夜があけて、鳴子峡に至っても、
まだ濃霧がかかっていた。

19081003.jpg
鳴子温泉まで降りてやっと、
周囲の霧は晴れて日差しが届き始めた。


 こんな感じで猛烈な湿気のため、序盤の鍋越峠越えで汗と湿気で濡れたウェアが、最後まで乾くことなく終わったブルベでした。

 あ、ゴール時間は10h44minで、記録を見直したら、昨年(アリーゼで出走)とほぼ同じでしたね(^^;)。
 去年がヘタレだったのか、ミニベロの今年が凄かったのか……。

 鍋越峠や中山峠で参加者を何人か追い越す時、何度か「うえっ!」という悲鳴が聞こえていましたが……。

 では、ずいぶん長い無駄な前置きを経て本題です(^^;)。
 わかっているなら、さっさと始めろ、と言われそうですが……。

 ま、とりあえず、上記のようなブルベで、CATEYEから新発売となったGPSサイクルコンピュータ、AVVENTURAを実戦投入しました。

 すでに8月の頭には、40kmほどをテスト走行で使用し、なんとなく良い感触を得ていましたが、ブルベという超ロングライドで使用した場合はどうなるか、をまずは200kmで試したものです。

 結果は……おいおい、書いていくことにしまして、使用条件を簡単にまとめますと以下の通りです。

本体:CATEYE AVVENTURA
センサー類
 Garminスピードセンサー・ケイデンスセンサーセット1210401
 (ANT+にてAVVENTURA本体と同期)
使用車体:Windcog ZIC(451ホイールのミニベロ)


 ケイデンスセンサーは左クランク、スピードセンサーは前輪ハブに装着し、周長はAVVENTURA本体で設定しています。
 40kmのテストライドでは、CATEYEの無線サイコン、マイクロワイヤレスとの混信もありませんでしたが、距離が約2kmほど短くなっていました(この程度は、誤差だと思います)。

 なお、後々話題にするバッテリーの消耗に関わりそうな状況として、データ取得感覚を最短の1秒に設定したままでした(事前に触った覚えがないので、多分、デフォルト設定)。
 その他、センサー類の同期、周長、画面表示パターンをいくつかいじった程度で、ほとんどの設定はデフォルトのまま、実戦投入しています。

 なお、このレポートは私の手元にある個体(恐らく、かなり初期の生産ロットの個体)におけるものであり、現在では機能など、見直されている部分もあるかもしれません。
 また、使用者側の習熟度も、ほとんどパッケージを開いてすぐ、という状態であることをお断りしておきます。

 以上の状況を十分ご理解の上で、興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックしてください。


【Read More・・・】
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2018年1月に、東北勤務から再び東京に転勤となりました。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク