日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

09月≪ 2018年10月 ≫11月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

現代版五十三次? BRM1013日本橋600参加記録

 ぼちぼち、ブルベは一年間のスケジュールを終えて、来月からは新年度という形になります。

 今年は……結果的に、400までしか完走できませんでしたね(^^;)。
 興津600を、(今年から急に発生した障害である)腰痛の影響で落としたのが痛い……。

 ただし、興津400&600で今年から急に感じられるようになったその腰痛ですが、寝台に体重分散型マットレスを導入したら、ピタッとおさまりました。

 ……う〜ん、あれは引越し後、硬い寝台で寝るようになったことが原因で起きていた障害だったのでしょうか?
 だとしたら、もっと早くに対応していれば……というところですが、まあ仕方がないですね(^^;)。

 それと、仙台時代はこれから先、路面凍結などの影響で冬眠期間またはローラー期間ということになっていましたが……。
 東京だったら、晴れてさえいれば、冬でも走れるんですよね(早朝が少々寒いけれど、それくらい)。
 さて、今年は冬眠なんて言わず、せっかくなので、走る機会があれば、ちゃんと走ることにしましょうか……?

 では本題です。
 AR日本橋さん主催のブルベ、BRM1013日本橋600に参加してきました。

 コースのサブタイトルは、「東海道リターンズ」。
 前年、2017年には、東京発、大阪ゴールのワンウェイで開催されたコースを、今度は逆に、大阪発、東京ゴールで開催しよう、という形になっています。

 主催はAR日本橋さんで、日本橋ブルベには、私は初参加となります。
 AR日本橋さんは、名前に「日本橋」が入っている事からお分かりいただける通り、東京日本橋をスタート/ゴールとするなど、都市型コースを多く開催しています。

 今回のコースは「東海道」の名があるとおり、五街道の一つ、東海道を可能な限りトレースするルートになっています。
 本当に東海道だけだと600kmに届かないらしく、少し遠回りする区間もあるのは、ブルベのルール上、仕方がない所になるでしょうが、昔から(特に江戸時代以降は)人の往来が非常に盛んであった街道沿いだけに、昔から栄えていた地域が多くあり、大都市を多く通るのも、このコースの特徴でしょうか。

 当初、コース図を見た私は、「これだけ都市部を通るなら、途中で何かトラブルがあってもリカバリーしやすいな」と、暢気な事を考えて、当日を迎える事になりますが……。
 はてさて、それはフラグだったのかどうなのか。

 とりあえず、今回は開催当日の1週間前までは、前後を休日として、余裕のある日程での参加を考えていたのですが……。
 一週間前になって、仕事日程の急変更が入り、メンバーが抜けた穴埋めのため、現地入りの前日に、色々と走り回らなければならない状況に……。

 結果、大阪で今回のブルベの前夜祭が始まる時間に、やっと自宅を出発できる状況になりました。
 そして、慌ててドタバタで出たために、普段、ブルベ時に装着している腕時計を忘れてしまうという出来事が発生。

 取りに戻る時間も途中で購入する時間もない状況で、まあ、時間くらい、サイコンでもスマホでも見られるから、と、割り切って出発するも、この後、移動中にも走行中にも、何もつけていない左手首を何度も見て、「くっそー、やっぱり無いと不便だな」というボヤキを飛ばす事になったのでした。

 そして、実際の新幹線の乗車時間が読めなくなっていたので、当初予約していた席は当然、変更となり、東京駅で直接、チケットを購入する事になったのですが……。
 金曜の夕方という時間帯ですから、新幹線が混雑するのは当然で、東京駅到着時点で、直近から1時間後くらいまでは、新大阪までの指定席に空きはなし。

 グリーン車なら席がまだある、とのことだったのと、できるだけ早く到着してぐっすり寝て疲れを取りたいため、差額を払ってグリーン券を購入。
 この瞬間、サイクルジャージでグリーン車に乗るというクエストが発生しました(履いてて良かった、七分丈)。

 で、新幹線に乗ったら乗ったで、席を間違って乗っていた人が先にいたり、その人が車内誌を持っていってしまって途中の暇潰しの材料がなくなったり、走行中に車両のドアコック(非常脱出時に手動でドアを開閉するための装置)が使用されて、新横浜に着く前に2回も線路上で停止したり、18時半頃に東京発だったのに21時頃(名古屋近く)まで車内販売が回ってこなかったり……(ドタバタ出発なので、もちろん、夕食なんて食べてませんよ!座ってるだけでハンガーノックになるかと思いましたよ!)。

 ざっと書き連ねてみましたが、どんだけハプニングに愛されてるんだ、オイラは(^^;)。

 そんなこんながありましたが、新幹線はその後、随分頑張ったようで、新大阪には定刻通りに到着し、大阪の宿にもそれなりに早い時間帯に到着できました(まあ、23時になっていましたが……)。
 前泊の宿は、地下鉄阿波座駅近くで、スタート地点の靭公園からも徒歩数分という好立地でした。

 結果、第一ウェーブの皆様がスタートする6:00まで大爆睡(笑)。
 第二ウェーブのスタートである6:30にチェックアウトし、ホテルの前で車体を組み上げてスタート地点に向かおうとすると、近くの交差点を同じようにスタート方向へと向かう反射ベストの自転車乗りの姿が見えました。

 この日の大阪は良い天気。
 スタート時点でチェックした限り、静岡辺りで一旦、雨に降られそうな天気予報ですが、翌日の朝には雨は上がり、首都圏に着くころには再び晴れ間がのぞいているでしょう。

 というわけで、興味のある皆様は、以下のread moreをクリックしてください。

【Read More・・・】

BRM923神奈川300酒田郡山参加記録

 今年の春に購入したミニベロ、WINDCOG ZICですが。

 購入直後のデビュー戦がいきなりブルベ(定峰200)だった、という、かなり異色の車体ですが、現在は週末サイクリングのお供として、あちこち走り回っていたりします。

 しかし、購入して以来、ロードでブルベを走った後にこの車体に乗ると、「サドルが低くて膝が大きく曲がって、スクワットしている気分になる」とか、「サドル座面が柔らかすぎて擦れが痛い」等の違和感が強くなってきまして。
 ポジションを調整しようとしましたが、標準で付いてくるシートポストは、突き上げ限界まで上げても、まだ高さが足りないということもあり……。

 シートポストやサドルの交換など、色々と手を入れたりしている間に、購入から約半年。
 最近、やっとポジションが固まった気がします。


18100801.jpg
そんなわけで、
‘18年10月8日現在の、
この車体の姿を。

シートポストを黒のロングに換装し、
サドルはレースタイプになった。


 しかし、この車体用に採用したサドル、Velo エンジェルダイブですが、試しにエンメアッカ号やアリーゼで使用した時は、ブルベを走っても特に問題を感じなかったのですが、ミニベロに装着したら……。
 ロードなどの大径車よりも(ミニベロ特有の)強い突き上げがうまく吸収されないのか、かなりの勢いで坐骨を攻撃してくる、いわゆる「坐骨ブレイカー」になってくれたのが……。

 いや、まあ、ロードから付け替えたら豹変した、というパーツは今までにもありましたが、サドル沼は深くて広い(+コストがバカにならん ^^;)ので、できればこれで決めてしまいたいのですが……。
 (700Cコンビと同じ、GIANTのContact SLに換装するか?)

 では本題です。
 BRM922神奈川200一関酒田の翌日、酒田駅前をスタートして福島県郡山市まで走る300kmブルベに出走しました。
 この日は、東北ブルベと言えばこの人、というくらい、全国区で有名になった、オーディナリーのKさんはじめ、さらに東北の自転車関係の知り合いの参加者が増えており、AJ神奈川さんの主催なのに、R宮城主催のブルベの雰囲気になっているような???

 知り合いが増えたことで、「里帰り」感がさらに強くなったこの日のブルベ。
 興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックしてください。

【Read More・・・】

BRM922神奈川200一関酒田参加記録

 ここ数日で、東京は急に涼しくなりました。

 先週までは、クールビスは終了、と言いつつ、半袖Yシャツで全然問題ないレベルの暑さが残っていたのですが、今は長袖を羽織らないと、肌寒さを感じるくらいです。

 ですが、現在接近中の台風25号が通過したら、また一時的に夏日が戻ってきそうなのですが……。
 暑さ寒さも彼岸まで、と言いつつ、彼岸はとっくに過ぎているので、そろそろ安定していただきたいものです。

 では本題です。
 その、暑さの区切りとなるはずの彼岸のあたりで、またも東北を舞台にしたブルベを走ってきました。
 今回参加したのは、AJ神奈川さん開催の、BRM922一関酒田200kmと、BRM923酒田郡山300kmの2本です。
 2日連続、500kmの走行、と考えると、結構強烈な日程に思えますが、40時間以内600kmとほぼ同じ日程、というか、インターバルが長いのでむしろ休憩を取りやすい、と考えてしまうのは、まあ随分「重症」になっていますね、私も(^^;)。

 以前、宮城時代に200、300kmの連日開催ブルベの試走を馬鹿正直に連日で行った結果、2日目の300kmの途中で体幹が疲労で踏ん張れなくなり、地獄を見た事があります。
 まあ、でも、あの時は、アップダウンが厳しいことでは全国有数の地域である三陸海岸がメインルートでしたし……。

 今回のコースは、初日はそれほど目立った山岳のない平坦基調。
 2日目は数箇所、わかりやすい難所があるものの、それ以外は比較的攻略しやすいコース設定なので、あの時ほど苦労することは無いでしょう。

 ……そんな風に考えていた時代が、私にもありました……。

 というわけで、東北の実りの季節を満喫してきた今回のブルベ。
 次回も控えているので、出来るだけサクッと簡単に振り返ってみます。
 (といっても、どうせ「私」のことなので、それなりの文章量になると思いますが……)

 興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックしてください。

【Read More・・・】
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2018年1月に、東北勤務から再び東京に転勤となりました。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク