日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

04月≪ 2017年05月 ≫06月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

自転車本の感想。「ブルベのすべて」を読んで

 本日は健康診断でした。

 つまり、空きっ腹にバリウムを補給して、硬い寝台の上でブタがジタバタ無様に舞い踊る、という苦行の時間を過ごしたわけです(注:恣意的な表現の使用あり ^^;)。

 その結果(速報値)ですが……今年は4月以降もなぜか多忙が続いており、あまり自転車に乗れていないので、かなり悪くなっているんだろうなあ……と思っていましたが、意外にも横ばい傾向でした。

 よっしゃ!
 それなら、ラーメンこってり大盛りでも行けるな!

 ……なんて考えると、レッドゾーンに転落しますので、自重します……。

 では本題です。
 ブルベを走る皆様の間で、現在話題になっている本があります。

 タイトルが、もうド直球で痺れます。
 何を書きたかったか、それだけで分かりますからね。



17052201.jpg
「ブルベのすべて」
スモール出版社より出版された、
文庫サイズの書籍。
出版社の名前のイメージとは異なり、
350ページオーバーの、
とてもボリュームのある本(笑)。


 著者の鈴木さんとは、直接の面識は……あるような、ないような(^^;)。
 遠征時に同じブルベを走っていた時が何度かあったようですが、ご挨拶などをする機会は得られていません。
 (そもそも、とても速く走る方であり、ペースが違い過ぎて、ご一緒する機会がまずない。ギリギリ隊である私は、特に ^^;)

 とはいえ、今思えば、去年(2016年)に開催された、AJ神奈川さんの興津600反時計回りで、最終PC(御前崎)で声をかわした方が、鈴木さんであったような……?
 (井出マヤさんの到着をお待ちしている様子だったが、ツイッターにDNF報告が入ってきたので、それをお伝えした覚えがある)

 まあ、こんな感じで、全国のライダー同士で、ゆるい繋がり(知り合いの知り合いが、知り合いだった、という感じ)があるのが、ブルベの世界の特徴でもあります(笑)。

 ちなみに、私がブルベの世界を知ったのは、米津一成さんの名著、「自転車で遠くへ行きたい」でした。
 同年代の方の中には、少なからず、同じ経緯だった、という方が多いのではないかと思います(^^;)。

 そして最近、宮城でも20代の若者がブルベにエントリーしてくることが多くなりました。
 最近の傾向を見ると、アニメ化もされた漫画作品である「ろんぐらいだぁす!」の影響が大きいのかもしれません。
 いやまあ、少なくとも何名か、漫画やアニメの影響でブルベに入ってきた人を知っていたり……(笑)。

 とにかく、そんな「ブルベ」について書かれたこの本を読んで、色々と思ったこと、感じたこと、考えたことがありました。
 一部、ネガティブな話題も含みますが、興味がある皆様は、以下のRead moreをクリックしてください。



【Read More・・・】
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2018年1月に、東北勤務から再び東京に転勤となりました。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク