日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

12月≪ 2017年01月 ≫02月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スマホの機種変、完了。

 スマホを機種変しました。

 どうでもいい、と言えばそれまでの報告ですが、年末以来、色々、おかしい症状が出はじめていたスマホ。
 完全にダメになる前に、と、勢いで機種変してきました。

 今まで使っていたのは、SH-06E。
 どれくらいの期間、使っていたのか、過去の記録をざっと見てみたら、2013年の初夏に機種変しているようですので、3年半以上、使った計算になります。

 機能面では大きな不満はなかったのですが、昨年夏頃から電子コンパスの方位が狂い始めたこと。
 去年の秋ごろから、Google系のアプリがサーバと自動で同期しなくなり、その状況が改善されないこと。
 サポートされているAndroid OSのバージョンが古く、そろそろ対応しないアプリが出始めてきていたことが、何となくの不安材料になっていました。

 その後、今年に入ってから、充電中に発熱警告が出て、充電が強制停止することが何度かあり、バッテリーの経年劣化などを疑いたくなる状況が現れはじめたので、それならもう、機種変してしまえ、という事になりました。
 まあ、3年半も使えば、十分、使ったといえますよね(^^;)。

 ちなみに、私は毎回、一括払いで端末を購入しているので、近年のスマホは、結構、うぐぐ……な出費ではあるのですが、平均的に3〜4年は同じ端末を使い続ける傾向にあるため、分割払いするよりはお得になっているはずです。
 いや、そう思いたい(^^;)。

 なお、旧機については下取りを行えるとの事でしたので、その場でデータリセットをかけて、下取りに出してしまいました(※)。
 初めての宮城1000や、マレーシア短期赴任に、PBPにも帯同した機体ですが、ハード的に不安が出始めている状況では、手元に置いても仕方がないですしね。

 なお、画面保護フィルム+ハードカバー付きで使用してきたためか、意外に外観は良くて、ですね……。
 こんなに長期、使って来ているのに良品判定を受けてしまいました。
 あとでバッテリーをチェックしたらランクが落ちました、とか、そういう事にならないか、少々心配です(^^;)。
 (基本的に、画面割れや、大きな傷がなければ、良品になったみたいだ。防水モデルで、バッテリーボックスを開けなかったので、浸水の検査はなかったし……)

 それはさておき、最新モデルに変更した結果、問題が生じたのは、充電環境について。
 旧機はmicro-USB対応だったので、必然的に充電や他の機器との接続には、micro-USBケーブルを使っていました。

 しかし、新しいスマホは、USB-C対応の機種です。
 という訳で、現在、ケーブル類を全部、取り換えるか、変換コネクタを何個か導入するか、という大騒ぎをやっています(^^;)。

 いや、スマホ接続側はType-Cで良くても、機器接続側はType-Aじゃないと駄目だとか、色々制限がありましてね……。
 まあ、現在段階では、micro USBからType-Cへの変換コネクタを複数、持つのが良さそうですが。
 Type-Cへの完全移行は、PCを買い替える頃にまた考えるのが良いでしょう。

 というか、現在使っているノートPC(Macbook 15インチ)って、確か、「次回買い替える時は、光学ドライブがBlu-Rayになった時だ!」なんて考えていたんでしたっけ……。
 色々な事がオンラインで行えるようになった結果、Blu-Rayどころか、光学ドライブ自体、PCから省かれちゃいましたけれど(時代は変わったよなあ……)。


(※)この旧機の下取りサービス、前回の機種変時にはなかった気がすると思って調べたら、2014年12月から実施されているらしい。前回機種変は2013年だから、まだそんなサービスはなかったのね。


【Read More・・・】

インナーウェアの新旧の違いを見てみよう。

 皆様、随分遅ればせながら、ですが、明けましておめでとうございます。

 え〜、予約更新で謹賀新年ネタを仕込んでありましたが、手動更新は今回が初めてです。
 とはいえ、この寒空の中、そんなに趣味で長時間、外を出歩くこともできず、まあ、通勤以外では自転車には乗っていません(既に、新年元旦の0時から、ブルベを走った皆様もいらっしゃいますが……)。

 まあ、たった30分程度の通勤ライドでも、路面凍結が激しいと、市街地でも発進時にホイルスピンするわ、後輪が横滑りするわ、大変な目にあったりしますのでねぇ……。
 (夜間に路面に降りた霜が、そのまま融けずに氷になっている事が多いのだ……。そして、パッと見にはアスファルトと見分けがつかないのが怖い)

 では本題です。
 今回は、アウトドア用のインナーウェアの新旧を比較したら、ウェアの布地などが色々と変化している事が確認されたとともに、色々調べてみると、レイヤリングの考え方も色々と変化しているらしいので、それについてまとめてみましょう。

 アウトドア装備は、自転車用の装備に近しいか、それ以上に保命について先進的な考え方で造られていますので、私は特に、冬用のウェアについては、かなりの物を流用していたりします。

 ところが、一部のウェアは、異様に頑丈であり、かなりの長期にわたって、使用できてしまったりします(^^;)。
 今回、事例として紹介するウェアも、旧型を購入したのは、2000年の一桁年代(正確な年月は失念したが、東京時代に既に数シーズン、使用していた)だったのに、普段着にも使用したりしつつ、現在も現役で使えたりしていますのでね……。

 まあとにかく、今回は約10年単位で時間を経たアウトドア用アンダーウェアがどれくらい変化したのか、について、私が調べた範囲のことをまとめましょう。
 興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックしてください。


【Read More・・・】

謹賀新年


Nenga2017.jpg
今年も宜しくお願いします。


プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク