日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

03月≪ 2016年04月 ≫05月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ライトマウント、再導入

 熊本県を中心に、九州地方の広い範囲で、強い地震が発生し、多くの被害が出ているようです。
 今回の地震は、連鎖反応式に活断層帯を震源とする地震が頻発しているようで、今後もさらに強い地震が発生する可能性もあるという、かなり油断のならない状況のようです。

 九州地方で、地震の影響が出ている地域の皆様、どうか、お気をつけて・・・。

 そして、ここ最近、自転車の世界では、ロードバイク用のディスクブレーキについて、色々と話題になりました。

 まあ、ことの発端は、今年のパリ~ルーベ(欧州で行われる自転車ロードレース)で、落車事故に絡んで、ディスクブレーキのローターが選手の足を酷く切り裂く、という事態が発生したことです。
 この事故を受けて、UCIはロードレースにおけるディスクブレーキのトライアルの一時中止を発表しました。

 結果、ロードレースにおけるディスクブレーキ使用の是非について、SNSを中心に、色々と議論が・・・巻き起こっているように見えて、なんだかどこかで噛み合っていない流れになっていることも・・・。

 まあ、私個人としては、ディスクブレーキは、雨天でも効きがそれほど悪くならない特性から、長距離ツーリングやブルベなどでは、かなり有効なブレーキシステムだと思います。
 しかし、ロードレースのように、多数の選手が、肩と肩が触れ合うほど密集して走る機会が多い「競技」においては、現在の、ローターがむき出しの状態のままで使い続けるのは、危険度が高いと思います(なので、ローターにカバーを装着するなどの対応が必要かと)。

 で、SNS上での議論を見ていると、この、「競技」における危険性の話と、悪天候等における制動性など、「機械性能」としての有用性の話などの前提を踏まえずに意見を飛ばしあって、永遠に噛み合わない水掛け論になっている時があるのを見るのは、何とも言えない気分になったり・・・。
 (競技上の安全性として意見している人に、雨天時の制動の優位性みたいな反論があったり、逆にツーリングでは非常に有用という意見に、集団走行での危険性という意見が返されていたりね・・・)

 まあ何にしても、新しい技術を導入する場合、こうした形で安全性を見直すことは、「前に進むために」とても重要な事ですから、時間はかかっても、良い答えが出るように検討していただきたいものです。

 では本題です。
 年度末の多忙期も、無事・・・とは言えませんが、何とか終わりました。
 いやあ、今年はちょっと色々ありすぎて、ぐったり疲れた気分です・・・。

 とはいえ、そろそろ自転車にも良いシーズンになってきましたので、今年のブルベシーズンに備えた様々な小物類を準備しているところです。

 そんなわけで、新たに、ライトマウントを導入しました。

 ・・・ん?

 なんだかつい最近、こんなネタがなかったかと考えた皆様・・・。

 ・・・ははは、そんな、2ヶ月前の話題なんて、知りませんよ、私は・・・。

 というわけで、色々察していただきたい背景を残しつつ、詳細な内容は裏置きします。
 興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックしてください。


【Read More・・・】
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク