日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

09月≪ 2015年10月 ≫11月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ワークマンのウェアを、再度評価してみる。

 今年のブルベ参加は既に全て終了し、サイクルイベント参加も、来月のツール・ド・ラフランスを残すのみとなりました。

 という事は、出不精な週末になりがちになり、運動量が落ちてくる、という事でもあり・・・。
 そろそろ、いつでも設置できるようにしないといけませんね、ローラー台・・・。

 あ、でも、ローラーブルベはやりませんからね(^^;)。
 20分で苦痛を感じはじめて、30分でやめた、やめやめっ!とフレームを降りてしまう奴が、そんなに長時間、乗っていられる訳がありませんので。
 (皆様、何でそんなに長時間、あんな苦行をできるのだろうか・・・)

 では本題です。
 さて、一部の皆様の間で色々話題になっているワークマンのウェアですが、先週のBRM1011磐梯吾妻クラシックのスタート/ゴール待機中に、思わぬ形で普段着用条件の性能試験ができました。
 結果的に、このウェアについての現段階の感想がまとまりましたので、先日の宮城1000のレポートでご報告した部分もあわせて、一本のレポートに纏めたいと思います。

 この、私的通称、ワークマンウェアとは何ぞ、という部分については、以下のニュースリリースを見て頂ければと思います。

 ワークマン、アウターにもインナーにも使える低価格サイクリング用ウエア(cyclestyle.net)

 そして、このウェアに対する私の評価はどうなのか、という部分について、今までブログやツイッターで、色々、投稿してきましたが、個々のセンテンスだけでは、どうも真意が伝わり辛いように感じられましたので、一つの記事にまとめてみました。
 興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックして下さい。


【Read More・・・】

PBP2015 参加記録 備忘録

 今まで、ワークマン製のサイクルウェアとして紹介されてきた、「ウィンドストップSTRETCHブルゾン」について、このブログや、ツイッターで色々と触れてきましたが・・・。

 今、読み返してみると、あまりフェアな評価をしていない気がしますね・・・。

 まあ、私が評価するときは、どうしても「自転車のロングライドや、ブルベに使用する場合」を考えた物になってしまいますが・・・。
 そもそも、そういう用途を考えていない製品だった場合に、評価として、不当に低い点数をつけるような事になっていないのか・・・という考えが、最近、むくむくと沸き上がってきています。

 という訳で、近いうちに時間が取れたら、もうちょっと評価の前提条件などを整理した上で、このウェアに関する感想などをまとめてみたいと思います。
 まあ・・・極端な視点からの評価があまり前面に出ると、今後、こういう異業種からの斬新なアプローチによる製品展開が望めなくなる可能性がありますからね・・・。

 では本題です。
 既に、記憶の彼方の出来事になりつつありますが、PBP2015の参加記録の〆として。
 色々と、周囲の皆様より頂いた疑問などについて、備忘録的にまとめておこうかと・・・。

 まあ、ほとんどが、聞かれたその場で、口頭で回答していますけれど、一応、成文化した記録も残しておきましょう。

 という訳で、詳細は裏置きしましたので、興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックして下さい。


【Read More・・・】

サイクルフェスタ丸森 2015 参加記録

 この週末に、BRM1011宮城200km磐梯吾妻クラシックが開催されていました(今回はスタッフのみで参加でした)。

 宮城版、山岳コースともいうべき、凄くタフなコースで、試走したスタッフからも、途中、悲鳴が上がったほどのコースです。
 今回は、雨がぱらつく中の走行となった事もあったためか、出走ベースで約50%が完走という結果になりました。

 いやあ、それでも、約50%が完走って、このコースの厳しさを考えたら、凄い事だと思います。
 DNFだった皆様も、それぞれの限界に挑戦し、そして一線を越える前に安全に戻ってきたのですから、それは素晴らしい決断だったと思います。

 私はPBPで、海外のランドヌールたちから、DNFも一つの前向きな決断であると教えられましたが、今回、DNFだった皆様は皆、同じように、前向きな決断であったと思います。

 とにかく、厳しいコースでしたし、雨もありました。
 高標高地域は気温も低かったようですから、風邪など引かぬようにご注意ください。

 では本題です。
 少し報告が遅れましたが、先週末の10月4日、今年もサイクルフェスタ丸森に参加してきました。
 このイベントはまだ3回目ですが、既にエントリー峠が発生するほどの人気になってしまいました。

 宮城県内では、初心者から安心して参加できるサイクリングイベントが少ない事に加え、このイベントの雰囲気が、新規参加者、そしてリピーターをガンガン呼び込むほどに楽しい物である(そして、その噂が口コミでどんどん広がっている)事から、まだしばらく、人気は続きそうですね。

 とにかく、私はエントリー開始日の昼休みに、チャイムと同時にスマホからアクセスして、エントリー終了。
 今年も、何とか無事に、ロングコースに出場枠を確保することができました・・・。

 そして、初開催だった一昨年から、第二回開催だった去年まで、天気は、雨または曇りのち雨、という、ちょっと天気に恵まれないイベントである事も、また有名だったりします。

 そんな「サイクルフェスタ丸森」の、2015年の天気は・・・?


15100401.jpg
快晴!


 やりました!
 三度目の正直!

 そうです、この空を待っていたのです!
 二度ある事は・・・の方向に流れて、また曇天の天丼ネタになったら、どうしようかと思いましたよ(^^;)。 

 これ以上ない、と思われるほどの晴天に恵まれた、今年のサイクルフェスタ丸森。
 どんな雰囲気であったのか、興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックして下さい。


【Read More・・・】

再びの東北一周への挑戦 2015 BRM919宮城1000km Part.6

 少し前に、SNSなどで話題になりましたが、作業着などの現場用ウェア専門店である「ワークマン」が、サイクルウェアを出す、という情報がありました。

 ワークマン、アウターにもインナーにも使える低価格サイクリング用ウエア(cyclestyle.net)

 で、こちらのウェア、先日、実店舗近くに用事があったので、ついでに入手してきました。


CQYBAOpUwAAYhyH_large.jpeg
それがこちら。
2,900円と、格安。


 で・・・このウェアですが、残念ながら、自転車専用ウェアとして開発されているものではないという事を、前提として考えないといけません。
 例えば、ポケットの位置は背中ではなく、胸と両腰の脇になっており、まずはその配置が、自転車用としては使い辛い形になっています。
 (ポケットはファスナーを開けばベンチレーションになるらしいのだが、自転車に乗っている時に、この位置のポケットの口を解放すると、中身が落ちるよ、確実に・・・)
 また、製品の位置付けとしては、恐らく、普段着〜ライトなスポーツの現場でも使用できる、耐風性を高めたウェアであり、どちらかと言えば、普段着の延長で自転車にも乗る人用と考えた方が良いでしょう。

 まぁ、つまり、通勤通学や、ゆるふわポタリング(詐欺の領域に入らないレベル)ならば、十分、対応できると思いますが、ロードのツーリングやブルベなどの、ハードかつ発汗量が多くなるような用途には向かないと思います。

 ただし、製品展開としては面白い所をついてきているので、もう少し、ガチな方向に歩み寄って頂けたら・・・もうちょっと面白い展開になるのでは、と、期待してしまったり・・・(とにかく、安価というのは、物凄い武器だからね)。

 では本題です。
 宮城1000レポート、史上最長のPart.6まで到達しましたが、今回が最終回です。
 PC9遊佐に到着し、ここから先は、「いつもの道」を通って寒河江に帰還するだけです。

 ・・・だけ?
 本当に?

 ええ、もちろん、それだけで終わってくれる筈がありません。
 最後の100kmは、今までのブルベの中では、恐らく最高に苦しい100kmになりました。

 それがどんな物であったのか、興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックして下さい。 


【Read More・・・】

再びの東北一周への挑戦 2015 BRM919宮城1000km Part.5

 なぁんだか、最近、夜が急に冷え込んできているんですけれど・・・。

 まあ、冷え込むと言っても、ワイシャツにスーツの上着なしだと、少しずつ厳しくなってきた、という程度なのですが、つい最近までクールビズで余裕だった事を考えたら、グンと涼しくなりましたね。

 週末のブルベで、特に400以上の距離で東北まで走ってくる皆様。
 夜間の冷え込みには、十分に注意して下さい!
 (山間部は、普通に一桁に落ちますよ・・・)

 では本題です。
 宮城1000レポートのPart.5をお送りします。

 弘前まで到着し、2年前の自分を越えました。
 しかし、ここから先の距離域は、一気に走り切るブルベという枠の中だけでなく、何日かに分けて走るツーリングでも到達したことがない、未知の距離域です。

 その、未知の距離域が、残り400kmも続く・・・。

 普段の、疲れのない体でスタートするなら、24〜25時間くらいで走れる距離ですが、現在の、疲労が蓄積した体では、どこまで進めるのでしょうか・・・。

 そして、ここから先は、3度目のナイトライドです。
 これまで、短時間の仮眠を積み重ねる事で乗り切ってきましたが、3日連続となるのも、初めての経験です。

 未知の領域に進んだ先で、一体、どんな事が起きていたのか・・・。

 興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックして下さい。
 

【Read More・・・】

再びの東北一周への挑戦 2015 BRM919宮城1000km Part.4

 さて、10/4日に開催された、サイクルフェスタ丸森に参加してきました。
 今年で3回目になるこのイベント、3度目の正直で、見事な晴天に恵まれました。

 そして、昨年までと変わらず、とにかく楽しいイベントでした!
 開催主催スタッフの皆様、本当にありがとうございます!

 本当は、すぐにでもその楽しさをお伝えしたいのですが・・・今は宮城1000のレポートの完結を優先させたいと思います(^^;)。
 (記憶が、どんどん違うものになって行きそうで・・・ ^^;)

 では本題です。
 宮城1000レポートのPart.4をお送りします。
 前回のレポートで、三陸海岸を抜けて五戸まで至りました。

 ここから先は、2年前には台風の先触れの雨風に負けてDNFした因縁の区間です。
 無事にここを抜けて、弘前に至る事ができれば、2年前の自分を越える事ができます。

 そして、その先は、私にとって未知の距離域・・・。
 そこには、一体、どんな世界が待っているのでしょうか・・・。

 興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックして下さい。


【Read More・・・】
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク