日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

05月≪ 2015年06月 ≫07月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

更新、遅れに遅れ中・・・

 何だか突発的に忙しくなってしまい、ブログを更新する時間が取れていません・・・。
 そのうち、時間が取れるようになったら、また更新も再開します。

 今はちょっと、試練の時・・・(^^;)。

選択肢はただ一つ"完走" 2015 BRM523神奈川600km興津 Part.5

 何だかんだとレポートが長引いているうちに、次のブルベがまた迫ってきてしまっていました。
 (う〜む、三週間、インターバルがあったはずなのに・・・)

 次回は、BRM613宮城400km鳥海高原です。
 今の所、当日実走を考えていますが・・・うむ、雨の予報か(お約束)。

 ならば、また雨具の手入れをしっかりやりましょうかね!
 (備えれば晴れる。これが今年のジンクスだからね!)

 では本題です。
 私のブログ史上、最長のレポート(実走部分のみにおいて)となってしまいましたが、BRM523神奈川600km興津のレポート、Part.5をお送りします。

 5分割になったレポートなんて、一昨年の宮城1000以来です(そして、あの時は途中でDNFしていたので、最後の一回はスタッフ活動に転向してからのあれこれだったりする訳で・・・)。
 ちょっと長引かせ過ぎだろ、というツッコミも多々頂いていますが(^^;)、まあ、ウチのブログはこういうスタイルなんだから仕方ないっす・・・。

 とはいえ、あまり長く続けるのも何なので、ぼちぼち、幕引きといきましょう。

 スタートから25.5時間を走り続けて信州健康ランドに到着した私は、そこで仮眠に入ります。
 一応、10時前には出発しようと思っていたわけですが・・・。

 その後、どうなったのか、興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】

選択肢はただ一つ"完走" 2015 BRM523神奈川600km興津 Part.4

 前回のレポートで、いくつか明治時代から100年間、受け継がれているトンネル群を紹介しました。

 昨年に同じコースを走った時から、なぜこの地域には、こんなに立派な構造物が、明治時代にいくつも設置されたのか・・・と不思議に思っていましたが、その時は理由に気付くことはできませんでした。
 宇津ノ谷隧道については、「東海道」という重要幹線沿いである事から、すぐに理由は理解できるのですが、この地域がここまで手厚い対応をされていた理由とは・・・。

 今年のレポート作成時に、色々と考えていましたが・・・。
 何か、軍事的な施設があった訳ではなさそうですし、東海道レベルの重要幹線というわけではなく・・・。
 周辺の名産品と言えば、お茶があって・・・。

 ・・・ん?

 そこで初めて引っかかる物を感じて、色々と調べ物にかかると・・・ああやっぱり!

 明治時代の日本の主要輸出品目は、皆様もご存じの通り、「生糸」と「茶」です。
 つまり、この地域で栽培されたお茶の何割かは、外貨獲得のための重要な輸出品目として扱われたのでしょう。

 富国強兵が叫ばれていた時代にあって、外貨獲得の手段である茶葉を効率的に輸送するため、道路の開削は国策として進められた可能性もあります。
 一応、近代化された国が、本気で取り組んだ事業の結果ですから、100年残っていても何ら不思議ではないのかもしれません。
 (この地域の気候が穏やかであることもまた、良好な状態を保つ上で重要だったと思う)

 では本題です。
 気付いたら、もう2週間経ってしまいましたが、BRM523神奈川600km興津のレポートを続けます。
 新野峠を越える前に日没を迎え、ダウンヒルでそこまで速度を出せないまま、飯田手前のアップダウン区間に突入しました。

 しかし、そこでまさかの睡魔発現・・・。
 まだ20時くらいの時間だったので、まさかこんなに早く、それが来るとは予測さえしていなかっただけに、ブレーキ効果は絶大でした・・・。
 (しかし、今思えば、朝4:30起きで行動しているので、この時点で覚醒時間は16時間以上。昼間の熱中症寸前のダメージを考慮すると、体が休眠モードに入ってもおかしくない状況だったかもしれない・・・)

 結果、想定より1時間遅れ、昨年比で2時間遅れのPC3到着となり、この先の走行、そして仮眠時間をどうすべきか、再考しないといけない可能性も出てきました。
 600kmもの距離を走るとなると、事前に色々と考えても、なかなか思い通りに行かないものです。

 さて、ここから先の攻略はどうするか・・・。

 ・・・なんか、こういう時にあれこれ考えるのは性に合わない。
 まずは行動しよう。その後、何かあれば、その時に考えればいい。

 という訳で、先に進む事にします。
 コースは、塩尻市街地を抜けるまで昨年と同じなので、ミスコースの心配もなく進めます。

 という訳で、この先に興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックして下さい。


【Read More・・・】
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク