日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

03月≪ 2015年04月 ≫05月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気温差21度の道 2015BRM425神奈川400km興津 Part.1

 昨夜(28日夜)は、この春から仙台に転勤してきた、東北のランドヌールの歓迎会がありました。

 普段はほとんど飲まない私でも、こういう時は意識がストンと落ちる寸前まで、スイスイとアルコールを飲んでしまうのが悪い癖だったりします(^^;)。
 しかし、今年の遠征先で、今回、走った興津のコースと一部被る範囲がある(富山橋から南の富士川沿い)事から、事前にコース情報などをお話しできて良かった・・・。

 春からの新生活も、そろそろ落ち着いてきて、連休を迎えます。
 今年はどこに走りに行こうかな・・・?

 では本題です。
 今年は、さる理由により(って、既に一部ではバレバレですが ^^;)、私も早期にSR取得を狙っています。
 仕事のスケジュールの関係から、スロースターターも良い所の、4月からのブルベ本格参戦という中で、200に続いて二本目、400のブルベを走ってきました。

 コースは、AJ神奈川さん主催の、BRM425神奈川400km興津。
 今年の400kmの認定のため、このコースを選んだ理由は、とにかく自分との「相性の良さ」があったからです。

 甲州街道は、東京時代に自宅近所を通っていた国道にして、直轄国道の中では最も早く、全線区間を自走で走破した路線でもあります。
 また、韮崎~塩尻間は、色々あって、既に何度も走っている(仙台転居後でも、既に3回目 ^^;)ので、遠征走行でも心理的なハードルが低い上に、コースプロファイル等、頭に残っていますので、準備などにあまり手間を取られないのもありがたい話です。

 まぁ・・・裏の理由として、ここで400を走っておかないと、SR取得のために、地元宮城の鳥海高原400を必ず完走しなければならない、という、ちょっとばかり高めのハードルが設定されてしまう、という恐れもあったのですけれどね・・・(海抜0mから1,000m超までのダイレクトヒルクライムコース・・・)。

 しかし、なんだかんだで、200が終わった翌週末に遠征で400とかいうスケジュールは、正直、やってみるとしんどかったですね(^^;)。
 装備の点検と付け替え、電池類の再充電に、現地の気象情報の確認などなど、とにかく駆け足で終わらせます。

 金曜夜、本当にこれで十分だっただろうか、という一抹の不安を抱えつつ、輪行袋を担いで仙台駅からスタート地点まで輪行を開始。
 どこかに何かが引っかかる感覚を覚えつつも、以前はこれで雨という、さらに悪い条件で走って完走できたのだから、問題ないだろう、と強引に自分を納得させて、現地入りを果たしました。

 という所で、本題部分は非常に長くなったので裏置きします。
 興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックしてください。


【Read More・・・】
スポンサーサイト

東北もブルベシーズンイン BRM419宮城200km七ヶ宿 Part.2

 既に速報でもお伝えした通り、宮城200七ヶ宿に続いて、神奈川400興津を走り、無事に完走してきました。

 一昨年、大雨に15時間降られながら走った、(色々な意味で)思い出深いコースを、今回は素晴らしい・・・いや、素晴らし過ぎる(^^;)、晴天のもとで走ってきました・・・が、まあ、その記録は、このレポートが終わってから、まとめて執筆する事にします。

 やれやれ、記憶の整理が大変です(^^;)。
 (まずは、デジカメ画像を見ながら思い出した事を時系列的に並べ直さないと・・・)

 では本題です。
 既に、執筆が遅れおくれになっていますが(^^;)、BRM419宮城200km七ヶ宿のPart.2です。
 往路は、開催日直前のFlecheで体調を崩してしまったため、自身のコンディションを探りながらの走行でしたが、折り返しのPC2には、想定より早目に到着できました。

 では、少しゆっくり休憩を、と、ちょうどお昼時でもあったので、例によってのコンビニ飯です。
 もっと早く到着した皆様の中には、近隣のおいしいおそば屋さんに向かった皆様もいらっしゃると言うのに・・・。

 その後、「ろんぐらいだぁす!」仕様で全装備を固めている参加者の方(車体、ジャージ、ウインドブレーカーに、ボトルに至るまで、全てがそれ仕様だった)に、購入に至るまでのジェットコースターのごとき勢いの話だとかを聞かせて頂きました。

 今回のブルベは、ろんぐらいだぁす!仕様車あり、小径車あり、リカンベントあり、もちろん、オーディナリーあり、と、車種のバリエーションの幅が広いブルベでもありましたね、そう言えば(^^;)。
 (なお、とんでもない改造車での参加は、場合によってはお断りする事もありますので、ご注意ください・・・。「普通自転車」の範囲でよろしくです。もちろん、車両規定にも準拠で)

 十分に休憩を取った後、復路の走行を開始しました。

 という所で、本編部分は裏置きします。
 興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックしてください。


【Read More・・・】

速報 BRM425神奈川400km興津 完走

 完走してきました・・・。

 今年の調整不足がそのまま出た上に、気候差があまりにも極端なブルベでしたが、24h44minと、自分的にはまずまずの時間で走り切る事ができました。
 SRを取る上で、一番厄介な400をうまくクリアできて、まずは安心した、という所でしょうか。

 まぁ〜、それにしても、体の消耗は相当の物です(^^;)。
 今は何をする気も起きないので、詳細はまた後日・・・。

 あ、宮城200の続きをまずあげないと駄目か(^^;)。

東北もブルベシーズンイン BRM419宮城200km七ヶ宿 Part.1

 今回のブルベ中に、改めて感じた事。

 Fibre Flare系の、オプティカルファイバー内の散乱光を利用したライトは、近距離域では確かに目立つけれど、約50mより遠くに離れると、急速に視認できなくなって行く。

 これ、複数の宮城ブルベの常連の皆様からも、確かにそうだ、と賛同頂けました。

 市街地のように、光源と後続車両の距離が近い場所ならともかく、宮城ブルベで主にフィールドとしている郊外でのナイトライドや、山間部の長大トンネルの中などでの視認性については、集光レンズを装備している普通のテールランプの方が、何倍も役に立ちます。
 実際、パーツ評価サイトでは、「少し暗い」と言われるようなテールランプでも、ちゃんとした集光レンズが装備されている物は、100m以上離れても、ちゃんと光が見える場合が多いです。

 最近はLEDの性能も上がって、ヘルメット尾灯に使うような小型のライトでも、ちゃんと作られた物は相当遠くからでも視認されますので、オプティカルファイバー系のライトは、そろそろ分が悪くなってきているのかもしれません。

 まあ、これは個人の意見ですから、装備選びの参考になれば、という事で・・・。
 なお、私は既に、Fibre Flareはブルベ装備から全て退役させ、現在は集光レンズ装備の、普通のテールランプに入れ替えている所です。

 では本題です。
 4月になり、東北地方にも春が来ました!

 そして、4月はランドヌール宮城のブルベシーズンの開幕時期でもあります。
 今年も、無事に開幕戦を迎えた・・・かと思いきや、今回は普段とは違う所が色々ありました。
 
1.参加者(出走者)が100人。
 受付に集まった人数が、明らかにいつもより多かったです(笑)。
 宮城ブルベでは常連の皆様も、「なんか凄いっすね」と圧倒されるほどの大人数でした。
 こりゃ、凄いことになったなあ、と、素直に思いましたよ。

2.若い参加者が多かった 
 実は、ブルベ参加者の平均年齢が、ここ数年間、微妙に上がり続けているという話がチョコチョコ出ていまして・・・。
 それはつまり、愛好家がほぼ固定されたまま、時間だけが過ぎている、という事でもあったのですから、若い参加者が増えてくれるのは、素直にうれしいです!

3.女性参加者が多かった
 いや~、今までの宮城ブルベって、女性の皆様の参加が少なくてですね・・・。
 毎回、1人か2人いれば良い方で、長距離ブルベともなると、男性しか走っていない(しかも20人未満で)のが当たり前だったので、女性率の高さが新鮮でした。

 しかし、女性の皆様、走る走る・・・。
 友人の皆様やパートナーの方と、にこやかに談笑しながら、あっという間に坂を登って行ってしまう姿は、なかなかオソロシイ物を感じましたよ・・・(^^;)。

 それにしても・・・。

 今年は、エントリーが開始された1月の段階で、5月予定の蔵王ヒルクライムが中止(これ、今の蔵王の状況をみると、まさに英断だったと思う)になってしまい、この季節に走れるイベント的な催しが少なかったこと。
 日曜日開催であったこと(これまでの宮城ブルベは、土曜開催が普通だった)。
 また、昨今の、ロングライド人口の増加や、自転車関係の雑誌媒体などでブルベ特集が多々、組まれていたことの影響などがあったのかもしれません。

 それに加え、今年はPBP開催年で、関東以西では200の開催時期が1~3月にずれ込んでおり、年度末で忙しい時期になかなか走れない皆様の避難場所になっていたり、加えて、今は東北地方が本格的にアウトドア活動のシーズンインでもありますから、まず最初の一歩にちょうど良い距離のブルベとして、この時期開催の200は、物凄い需要があったのかも・・・。

 実は私の知り合いの中にも、今年はこれが初挑戦のブルベだ、という皆様が多数、参加していましたし、全体的に初参加者の割合も高かったですね・・・。

 色々な「初めて」が重なった今回のブルベの顛末はいかに・・・。

 という所で、詳細は裏置きします。
 興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックしてください。


【Read More・・・】

【告知】ランドヌール宮城ジャージを作ります!

 情報解禁(むしろ宣伝して欲しい、という話)になったので、お知らせします。

 ランドヌール宮城ジャージを作ります!

 このたび、ロゴデザインに続いて、ランドヌール宮城のクラブジャージのデザインが決定しました。


15042001.jpg
BRM419宮城200km七ヶ宿のゴールで、
お披露目されたジャージのプリントサンプル。


 ジャージのデザインは、東北地方の自然をイメージしたグリーンを基調として、東北地方の象徴的な(特に東北地方に広く分布する)樹木であるブナの葉を意匠化、背中には宮城ブルベでは象徴的な存在である「鳥海山」をモチーフにした物になっています。
 また、宮城らしさを出すワンポイントとして、デザイナー様のアイデアで、伊達政宗の辞世の句がバックポケットにあしらわれています。
 (和歌の意味が、どこかブルベにも通じる所があり、スタッフ一同、思わず「おおっ」と感嘆の声を上げてしまった部分でもあります)

 BRM419宮城200km七ヶ宿に参加された皆様には、一足先にプリントサンプルなどの形でご覧いただきましたが、近いうちに、公式サイトでデザインをご覧いただけるようにしたいと考えています。

 なお、本クラブジャージは、スタッフだけでなく、ブルベ参加者の皆様はじめ、一般の皆様にもご購入いただけるような形を考えています。
 申込方法などは、完成日程等にあわせて、後日、ランドヌール宮城公式サイトで発表されると思いますので、ご期待下さい。


 ・・・あ~、でも、今年はPBPイヤーで、記念ジャージがいち、にい・・・。
 あれ~、桜も散ったのに、お財布が冬のままだな~(嬉しい悲鳴)。


速報 BRM419宮城200km七ヶ宿、無事終了

 個人的には、あまり無事ではない部分(尻とか、臀部とか、座骨とか)がありますが、BRM419宮城200km七ヶ宿は無事終了しました。

 私個人も、11h45minくらいで完走。
 Flecheで非常にしんどい思いをしたので、どうなるかと思いましたが、マイペースを貫く事で何とかなりました。

 応援頂いた皆様、コース上で声をかけて頂いた皆様、本当にありがとうございました!

 レポート詳細版は、また後日・・・。

週末の晴れを願って レイン装備更新報告

 さて、今年、2015年の宮城ブルベの第一戦、BRM419宮城200km七ヶ宿が、今週末に開催となります。

 このブルベについてですが・・・。
 秋の段階で、難しい曲がりどころもなく、素直なコースと紹介したな・・・。

 あれは嘘だ。

 いや〜、シーズンインを控えて、机上&試走でコースをチェックした結果、一部で自動車専用道にコースが設定されている事が判明してしまいまして。
 その結果、自動車専用道区間の迂回路を色々考えた結果、一箇所(具体的には、キューシートのNo.11地点)について、物凄くわかり難い場所に曲がりどころが設定されてしまいました。

 ・・・ええ、試走スタッフが迷ったくらいにわかり難いと言う・・・(笑)。

 参加される皆様、十分にご注意ください。
 (なお、エントリーした全員が参加の場合、100名以上という、史上最高の人数になる。初参加の人も多く、どんな結果になるか、ちょっと恐ろしい気がしていたり・・・)

 では本題です。
 ブルベのジンクスの中には、雨具の扱いについて、「着たらやむ。脱いだら降る」という厄介な法則があります(マーフィー的な奴ね)。
 その法則の派生版の法則として、最近は事前準備段階で「備えると晴れる。怠ると降る」という法則まで導き出されて来るようになりました。

 ・・・ランドヌールって、何でこんなに天候を操る力に長けているんでしょうか・・・。

 そんな話はさておいて、先日参加してDNFになったFleche東京において、雨予報のナイトライドに備えて準備したレイン装備を、簡単に紹介しておきましょう。
 (なお、これらを備えた結果、当日は降らなかったというね・・・ ^^;)

 本文は長くなったので、例によって裏置きです。
 興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックしてください。


【Read More・・・】

ひたすら苦しんだ1日 2015Fleche東京 参加記録

 さてさて、最近、少々興味深い本を見付けてしまい、現在、読み始めようとしている所です。

「南太平洋戦記 ー ガダルカナルからペリリューヘ」中央公論新社
 ロバート・レッキー:著、平岡緑:訳
 (原題:Helmet for My Pillow)

 戦後70年という節目の年であるとともに、最近、様々な形で、この時代の事を再度、評価しようという動きがある事などから、色々、気になった本でした。
 この本は、以前、紹介したユージーン・スレッジ氏の著作、「ペリリュー・沖縄戦記」(講談社学術文庫)とともに、アメリカのドラマ、「The Pacific」の原作になっている作品です。

 あの時代における、「敵の目から見た、日本という国とその兵士」という観点の記録は、まあ色々あるにはあるのですが、実際の「最前線」における体験者の手記というのは、特に日本で読めるものは、それほど多いわけではありません。
 大体、あの時代を題材にした、アメリカ側の作品は、ほとんどが「バンザイ突撃してくる日本兵に重機関銃ぶっ放して、正義は勝つんだYeah!!」という感じであり、今となっては、見ても頭痛しか感じない場合が多いわけで・・・。

 ユージーン・スレッジ氏の著作を読んだ時には、後に大学教授を務めるほどに理性的な人物であったスレッジ氏でさえ歪んで行く「戦場」の恐ろしさとともに、戦後、「様々な思惑で歪められたその実態」がうっすらと透けて見えるような、そんな感覚を呼び起こしてくれましたが・・・。
 今度の作品は、日本人にも強く印象の残る「ガダルカナルの戦い」を含む、最前線の体験記です。
 さて、読後に、どんな感覚を呼び覚ましてくれるのでしょうか・・・。

 では本題です。
 既に一週間が過ぎてしまいましたが、2015年のFleche405東京に参加してきました。
 昨年も参加して、普段のBRMとはまた異なる面白さを堪能してきたのですが・・・少し難しいのが、Flecheは3人以上、5人までのチームで走るという所です。

 普段、走行ペースも違い、得意とするコース条件も異なるメンバーがチームを組んで、24時間を走る・・・。
 それは、やってみなければわからない困難さと、面白さを秘めています。

 そんなFlecheに、今年もランドヌール宮城チーム、「みちのくおだつもっこズ」の一員として参加させて頂く事になりました。

 コースは概略で、宮城県名取市~福島県梁川町~福島市~郡山市~いわき市~茨城県北茨城市~高萩市~日立市・・・と鹿島市まで茨城県の太平洋岸を抜けて、千葉県成田市に至る、約370kmのルートを予定していました。

 さて・・・24時間の顛末は、非常に長くなったので裏置きします。
 興味のある方は、以下のRead moreをクリックしてください。

 ・・・あ、先に言っておきますが、今回は色々あって、ほとんど画像撮影ができなかったので、テキストオンリーです(^^;)。
 まあ、撮るには撮ったのですが、トータル8枚のみであり、その中でレポートに使えそうな物は、と言えば・・・という状況だったのをお察しください・・・。


【Read More・・・】

2015Fleche405東京 速報

 速報です。

 2015年の4月3日夜〜4日夜の予定で走ったFleche405東京。
 私は途中、勝田で体調不良によりDNFしました。

 一応、いつもの医者の診療時間中に仙台に戻れたので、診てもらいましたが、大した事はないようです。

 ただまあ、「インフルあけにそんな無茶をするんじゃない!」と怒られましてね……(^^;)。
 インフルは一般に思われているより、ずっと恐ろしい病気なので、運動を再開する際には、もっと慎重にやりなさい、と懇々と説教されました……。

 詳細はまた後日!

追伸
 今回のFleche走行中(約280km)の撮影画像枚数、まさかの新記録。

 8枚(少なっっっ!!!)

 ……まあ、防寒用のオーバーグラブを装備していたり、すぐにカメラを扱えない時が多かったとはいえ、どんだけ余裕がなかったんだか……。

プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。