日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

09月≪ 2014年10月 ≫11月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道への輪行に関する豆知識。

 風邪ひきましたっ!

 嬉しそうに報告する事か?とも思いますが、馬鹿ではない事の証明なので、嬉しいです(←おい待て)。

 とはいえ、実際に風邪をひいたと思われるのは、函館400走行中の冷え込みだろうと思われる事と、それからしばらく、喉がガラガラなっているのは、単に乾燥した空気を吸い過ぎた結果だろうと思っていて、一週間経った後になって、あ、もしかして風邪かも・・・と思いはじめたと言う・・・。
 自覚が遅すぎるだろ、という所は、まあ、馬鹿かもしれません(^^;)。

 では本題です。
 新青森駅から函館まで、スーパー白鳥号で輪行する際の豆知識をひとつご紹介しましょう。
 特に、東北新幹線から新青森駅でスーパー白鳥号に乗り継いで、北海道を目指す皆様には、ぜひご確認頂きたいと思います。

 輪行時には、車両最後尾の席に座り、その後ろのスペースに輪行袋を置くのが良い、と、一般に言われる事は、皆様ご存知の通りです。
 スーパー白鳥号に乗る際には、その、最後尾の席を確保する時に注意が必要です。

 と、いうのも、スーパー白鳥号は、新青森駅から出発後、次の青森駅(約5分程度で到着)で、折り返し運転により方向転換して北海道を目指します。
 そのため、新青森駅の発車段階で、シートの向きは、青森駅から先の進行方向に合わせて設定されているため、輪行目的で、「新青森駅で最後尾座席」を確保すると、「青森駅から先の最前列座席」に振り分けられる場合があります。


141012b1.jpg
何を言っているのか、
全くわからないと思うので、
画像込みで説明しよう。

これは車掌さんからデッキ置きはやめて、
こちらに置くように、と指示を頂いて、
車両内に持ち込んだ輪行袋。
(無許可でこういう事をするのは厳禁!!)

これは最前列シートだ、と思うだろうが、
これが新青森駅における最後尾シート。


 画像をもとに解説すると、スーパー白鳥は、新青森駅からは、上画像の状態で画像左側方向、つまり、座席に座った乗客の後方に向かって発車します。
 ゆえに、「シートの配置は最前列だけれど、進行方向から見れば、確かに最後尾」という、奇妙な状況が発生します。

 で、約5分後に到着する青森駅では、折り返し運転による方向転換が行われるため、画像右方向、つまり、乗客から見て正面方向に出発します。
 ゆえに、「青森駅から先で最後尾になるシートを確保しておかないと、真の最後尾座席には座れない」という事になる訳です(青森駅からの最後尾、あるいは、新青森駅で先頭という形)。

 まぁ、私が新青森駅から乗り合わせた時間帯は、既に乗客も少ない時間帯だったので、それほど大きな混乱にはなりませんでしたが、混雑時にやらかしてしまうと、周囲の乗客の皆様のご迷惑になる可能性があるので、注意した方がよろしいかと思います。

 ちなみに、スーパー白鳥号の車両は、最後尾シート裏に固定型のテーブル(上画像にも見えている物)があり、輪行袋を押し込めませんでした・・・。
 (あるいは、リクライニングさせなければ何とか一台なら、倒して押し込めるかもしれないが、他の乗客が座っていらっしゃったので、そこまでは試していない)

 また、デッキにはスペース的な余裕は比較的ありますが、安全に置けそうな(手すり等に括りつけて、倒れたりすることを防止できそうな)場所はほとんどありません。
 (置き場に良さそうだ、と思ったらゴミ箱前だったり、立てかけておくには良さそうなスペースがあっても、倒れないよう仮固定する手すり等が全くなく、倒れたら通路や出入口を塞いでしまいそうな場所しかない)


141012b2.jpg
画像で見て頂こう。
スーパー白鳥号で、
輪行袋をデッキに置くとこうなる。

最初、右側のスペースに置けそうだ、
と思ったが、ここはゴミ箱前なのでアウト。
で、この位置も出入り口にかかるので、
置場としてはイマイチだ。
(そんな訳で、車掌さんに相談した)

141012b3.jpg
なお、上画像の反対側の扉の方は、
ご覧の通り、狭くて置場に適さない。
(そして手摺があるのはゴミ箱側)
輪行時は色々対応を考えて頂きたい。


 とにかく、乗車の際には、混雑の状況等に応じて、車掌さんに「どこに置いたらよいか」と相談するのが一番良いでしょう。
 今回、私の場合は、車掌さんと置き場について、車両の最前列シートでやり取りをしていた事を、(先頭席だったので ^^;)同じ車両にいた皆様に見て頂いていたのでトラブルは防げましたが、そうでもないと、色々問題になりかねませんので・・・。

 ちなみに、復路の函館駅からの出発時には、函館~青森駅間の進行方向に合わせてシートが設定されているので、函館駅で最後尾のシートは、青森駅まで最後尾です。
 ゆえに、函館駅で切符を買う場合は、素直に「最後尾の席」を確保すれば大丈夫かと思います。


スポンサーサイト

北の大地で今年最後のブルベ BRM1012北海道400km函館 Part.4

 今年のブルベシーズンも、今週末で終了です。

 11月からは、ブルベ的には新しい一年がはじまります。

 さて、最近チラッと聞いた話の中で、400km以上の距離のブルベに参加を躊躇している皆様の中には、以下の2種類のタイプの方がいるらしい事を聞きました。

 ひとつは、400kmという距離に躊躇している、というタイプ。
 もうひとつは、オールナイトライドの経験がなく、怖い、というタイプ。
 (後者は特に、200kmを走った後にナイトライド、という点で、色々と大変なのではないか、と考えている皆様も多いようだ)

 う〜む、私などは、ブルベのデビュー戦が、AJ西東京さんの夜発の200kmだったので、デビュー戦がいきなりオールナイトライドだったりした訳ですが・・・(おかげで、ナイトライドに自信がついた)。

 という事は、「短距離走行で、オールナイトライドの経験ができる機会があれば、挑戦してみたい、という人も多いんじゃないか?」という事に気付いたのですが・・・。

 例えば、同じコースで朝出発の200kmと、夜出発の200kmを同日開催とかで、ナイトライド経験を積みたい人は、夜間出走可能、というブルベを開催した場合に、どれくらいの需要があるのでしょうか・・・?

 いや、2015年には無理ですが、それ以降でも、需要があるなら、少し考えてみても良いかな、と思ったのですが・・・。

 では本題です。
 BRM1012北海道400km函館の走行レポート、Part.4をお送りします。

 PC3を無事に通過し、中山峠を越えた所で日没。
 厚沢部の道の駅で耐寒装備を厚くして、再度、コースに戻ります。

 ここから先は、完全にナイトライドです。
 そして、残距離も200kmほどあったりします(^^;)。

 遅々として進まぬ筆、そして深々と冷えてくる気温・・・。

 さあ、この先に待っているのは、ヒグマの棲息密度が道南地区で最高となる地帯!
 ・・・じゃなくて(いや、合ってるんだけど ^^;)、コース的な観点でいえば、延々と海岸線を走る、アップダウンが激しい道筋です。

 さて、そんな道筋のナイトライドの先に待っていた物は・・・。

 という訳で、詳細は裏置きしましたので、興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックしてください。


【Read More・・・】

北の大地で今年最後のブルベ BRM1012北海道400km函館 Part.3

 え〜、この函館ブルベ中に、乾燥した空気を吸い過ぎたためか、しばらくの間、喉の調子がおかしかったのですが、それが今日になって急に悪くなりまして・・・。

 現在、妙にガラガラといろんな物が喉に絡んで、声を出すのが辛いです(^^;)。
 まあ、風邪ではなさそうなので、体調的には問題ないのですが、声を出そうとするといちいちゲホゲホ言うのが何というか・・・。

 まあ、週末ですし、治るまで引き蘢っておきますか(^^;)。

 では本題です。
 BRM1012北海道400km函館の走行レポート、今回はPart.3です。

 PC2まで、非常に景色が素晴らしい海岸線を走ってきましたが、この先でコースは一旦、内陸に入り、大沼から城岱牧場を越えて、函館・北斗市街地方面に向かった後、国道227号沿いに日本海側の江差方面へと向かって行きます。

 途中に、今回のコース内のヒルクライムポイントである城岱牧場と、きじひき高原キャンプ場への登りがあり、コース攻略を考えた場合には、ここでのタイムロスをできるだけ少なくする必要があると思われますが・・・。
 まあ、私の場合は一応、2時間ほどの貯金がありましたので、それをできるだけ維持する事が、後半の攻略を楽にする鍵になるでしょう。

 という訳で、詳細は裏置きしましたので、興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックしてください。


【Read More・・・】

北の大地で今年最後のブルベ BRM1012北海道400km函館 Part.2

 今週末、宇都宮で開催されるロードレース、ジャパンカップが近付いた事もあり、現在、自転車趣味の皆様の間には、少し浮かれたお祭り前のような雰囲気が漂っているように思います。

 そんな中、本日、レースに出走がアナウンスされていた、ファビアン・カンチェラーラ選手が、トレーニング中の事故による負傷のため、出走を取りやめる、とのアナウンスがありまして・・・。
 本人に来日の意思はあるため、医師の診断を待って日程は決められるそうですが、レースには出られない事は、どうやら確実らしいとの事で、残念な空気が漂いはじめています・・・。

 しかし、毎年毎年、有力選手が参戦する、と話題になり、直前に怪我や体調不良でキャンセル、という事が普通に起きているのがジャパンカップの不思議な所で・・・。
 まあしかし、日本は、多くの自転車選手が居住する欧州圏からの距離も遠く、時差の影響も受け易い事を考えたら、今年は来日がかなわなくとも仕方がないかもな、というのが、私の中での本音だったりします。

 では本題です。
 今年のブルベ最終戦、BRM1012北海道400km函館のPart.2をお送りしましょう。
 参加前までがエクストリームだと思ったら、参加当日の朝までエクストリームな事になってしまったものの、PC1までは何とか順調に辿り着きました。

 しかし、事前補給が足りなかったのか、既に空腹感が出ていたので、この段階で早くもガッツリと補給し、再度、コースへと向かいますが・・・。

 詳細は例によって裏置きしましたので、興味のある方は、以下のRead moreをクリックしてください。


【Read More・・・】

北の大地で今年最後のブルベ BRM1012北海道400km函館 Part.1

 さて、いきなりですが、こんな画像を作ってみました。
 (フリー素材の白地図をもとに作成:http://happylilac.net/sy-sirotizu.html)


14101200.jpg
さて、これが何かというと・・・。


 まあ、パッと見、何が何だかわからない地図ですが、実は、この着色範囲の都道府県は、私が記憶している限り、自転車で走った事がある都道府県になります。

 一応、お断りしておくと、島嶼部は都道府県の区分けに準拠しているため、着色した島の全てを走った訳ではありません(例えば、佐渡島は走った事はありませんが、新潟県を走った事があるため着色しています)。
 また、ロードやミニベロを持ち込んだだけでなく、観光地のレンタルサイクル等、ママチャリ的な車体で走った場所も含んでいます。

 今回、北海道を走った事で、かなりまとまった範囲を塗りつぶす事ができるのではないかと思い、試しに作ってみた訳ですが、ブルベを走っている皆様の中には、既に47都道府県、全てを塗りつぶせるよ、という人も多くいらっしゃるのかと思います(^^;)。

 私の場合、残りは20府県ですが、現在の生活圏からは距離が離れた、西日本や九州に集中していますね・・・。
 仕事のスケジュール的に、まとまった日程で遠出をするのは厳しいのが現実ですが、全県を埋め尽くせる日は、来るのでしょうか・・・?

 では本題です。
 今年最後のブルベになる、BRM1012北海道400km函館を走行してきました。
 実は、北海道を自転車で走るのは、これが初めてです(旅行等で、何度か訪れた事はあるが、車か鉄道での移動だった)。

 今回は、北海道のうちでも、道南地域のさらに南の端の、函館市周辺をぐるっと8の字型に周回する400kmです。
 400kmも走るのに、道南の、本当に端っこから出られないと言うのが、この北海道の広大さを物語っている訳ですが・・・。

 とにかく、AJ北海道さんでも初開催になったというこのコース。
 初めての北の大地を、オールナイトライドを含むコースで走る・・・。

 一体どんな結果になったのか、何回かに分けてご報告します。
 まず第一回の今回、詳細は裏置きしましたので、興味のある方は以下のRead moreをクリックしてください・・・。


【Read More・・・】

第二回 サイクルフェスタ丸森 参加記録

 ブルベ最終戦、AJ北海道さんの函館400のキューシート等が発表になりました。

 既に発表済みの概略コース図から、事前に想定していたコース形状とは微妙に違う部分がありますが、大体、想定通りだったようです(PCの配置と、通過チェックが2箇所入ったのが、ちょっと違っていたかな?)。

 今回、ちょっとエクストリーム出場になりそうで、前夜祭の申込は断念してしまったのが、非常に心残りです!
 (前日入りで、11日に移動する事を考えていますが、10日夜まで四国で仕事の予定のため、11日午前中に仙台に戻り、夕方に出るという、とても慌ただしい日程になりそうなのがね)
 まあしかし、ブルベ前にゴタゴタするのは、私の恒例行事ですから、問題ないですよ、ははっ!(鼠笑い)

 それはそうと、無事に出走できれば、私は東日本のほぼ全ての都道府県に、轍の跡を残した事になりますね・・・。
 西日本側を埋め尽くすのは、いつになるでしょうか?
 (ちなみに、単純な訪問経験という事であれば、47都道府県全てを訪れた事がある。さて、自転車で走り尽くすのは、いつになるだろう?)

 では本題です。
 昨年、初開催で、大好評だったサイクルイベント、サイクルフェスタ丸森に、今年も参加してきました。
 宮城県では数少ない、初心者から楽しめるサイクルイベントで、ショートコースは丸森町の美味しい物を色々味わいながら走れるグルメライド。
 ロングコースは、上級者でも唸らせられる場面のある、アップダウンの激しい展開の、走り甲斐のあるコースです。

 昨年は霧雨に煙る天気の中を走ったこのイベント。
 今年の天気は・・・!


14100501.jpg
曇りっ!


 今年もこのパターンかよっ!
 こんな天丼ネタはいらないっての!>北風と太陽!

 ・・・ううむ、天の神様、もう少し、こう、何というか、ですね・・・。
 (神無月に神頼みをしても、神様は不在だからどうしようもない、という話もありますが・・・)

 まあしかし、今年最強クラスの台風が南から接近中、という事を考えると、よく踏みとどまってくれた、というべき所かもしれません。
 実際、関東地方で開催されているブルベなどは、かなり悲惨な事になっていたようですし・・・。

 とにかく、昨年に続いて参加した、第二回目開催のこのイベント。
 その詳細は裏置きしましたので、興味のある皆様は以下のRead moreをクリックしてください。


【Read More・・・】

錦秋まであと少し BRM927宮城200km会津 Part.3

 10月に入り、町の中がなぜか急に暗色になったなぁ・・・と思ったら。

 仕事に出ている男性陣が、スーツの上着を着用しはじめたのですね・・・。
 (クールビズは9月いっぱいまで、となっている企業が多いようだ@仙台)

 そして、10月1日は、各企業の内定式があったため、来年入社予定の内定者達が、まだ新しいスーツに身を包んで歩いている姿もあって、それもなかなか新鮮でした。

 まあ、自分の仕事は相変わらずなのですけれどね(^^;)。

 では本題です。
 BRM927宮城200km会津のレポート、今回はPart.3です。
 200kmの割には長くなってしまいましたが、それもこれも、このコースの走り甲斐とともに、景観が素晴らしくて写真を撮りまくった事などが原因です。

 撮影枚数は、久々に1枚/kmを上回る、246枚。
 しばらくは0.8枚/km程度に抑えられていたのに、今回は弾けましたね(^^;)。

 それだけ、楽しく走ったのだと考えていますけれど(しんどい目にあった事も含めて ^^;)。

 と、そんなブルベの様子の詳細は裏置きしましたので、興味のある方は、以下のRead moreをクリックしてください。


【Read More・・・】
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。