日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

08月≪ 2014年09月 ≫10月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

錦秋まであと少し BRM927宮城200km会津 Part.1

 さて皆様。
 秋の気配も日増しに深まってくるこの時期、山あいの地域を走る場合、路上で遭遇する危険な物としては、何があるでしょうか?

 新女王の巣立ち期を迎えて、気が荒くなっているスズメバチ?
 冬眠準備に入ったツキノワグマ?

 ・・・いいえ、私が考える、最も危険な物はこれです。


14092700.jpg
いがぐりっ!


 ・・・え?何でこんな物が危険なのかって?

 いやいや、考えてみてください。

 この、全身に纏った棘。
 ロードのタイヤなど容易に貫通する貫通性能が、まず大きな驚異ではないですか。
 ダウンヒルの途中にそんな被害を受けてしまっては、場合によってはタイヤゴムの離脱〜落車に繋がりかねません。

 しかも、彼らは自分では能動的に動く事はできませんが、ある意思を持った奴らによって、意外な場所にばらまかれます。

 それはどういう事かというと・・・。

 この針だらけの殻を割るのを面倒に感じている「カラス」達が、車のタイヤに踏ませるために、わざわざ車道にばらまきやがるのです!!

 ゆえに、この物体が存在するのは、何も栗の木が近くにある場所だとは限らず、カラスが近くで待機して、栗の実が車に潰され易い場所なら、どこにでも転がっています。
 その、ゲリラ的な出現パターンを解析する事は不可能に近く、あっと思った次の瞬間、タイヤがパンク、なんて事が起きるかもしれないのです!!

 しかも、このいがくりが眷属として従えている田舎のカラスは、車線という概念を既に学習済みで、反対車線をどれほど大型の車が通ろうが、平然とした顔で割られた栗をついばみ続けていたり、と、侮れない高性能を見せてくれます。

 いかがでしょう?
 彼らの危険性を、理解して頂けたでしょうか?

 では、久々に出てきたアホなネタ話はそこまでにして、本題です。

 ランドヌール宮城主催のブルベ、2014年の最終開催になるBRM927宮城200km会津を走ってきました。
 参加者の立場で走るブルベは、かなり久しぶりです。

 しばらくの間、スタッフとして待機だったり、開催前の試走だったり、という感じの参加だったため、参加者として走るのはいつ以来かと思ったら、BRM621鳥海高原以来でした。
 しかし、試走のようにたった一人で走るのとは異なり、同じコース上に、同じ目的地を目指して走る仲間がいるのは、それだけでも心強い物だと言うのが痛感されました。

 特に、今回は色々ありましたからね・・・(笑)。

 とにかく、そんな色々があった久しぶりの参加者目線のブルベ。
 詳細は、裏置きしましたので、興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックしてください。


【Read More・・・】
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2018年1月に、東北勤務から再び東京に転勤となりました。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク