日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

05月≪ 2014年06月 ≫07月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

東北の名峰を越えて走れ。 BRM621宮城400km鳥海高原 Part.4

 今週末('14/06/29)には、山形県寒河江市で開催される、「ツール・ド・さくらんぼ」に参加を予定していました。

 ・・・が、結果的には、当日朝の天気予報と、現地到着時の天候から、この雨の中を走るのは・・・という、悪いイメージしか湧かなかったので、DNSを決意しました。
 その後、スタートの段階では急速に天候が回復しましたが、晴天の空を見ても、走りたいという前向きな気持ちが全く出て来なかったので、今回は自分的にはDNSが正しい判断だったのでしょう。
 (経験的に、こういう時に無理をすると、怪我をしたり、チョコチョコと細かいトラブルを多発させたりする事が多い)

 その後はせっかく寒河江まで行ったので、ブルベコースの偵察や、「ゆ~チェリー」(温泉施設)を堪能する事で、イベントに参加できなかったお詫びがてら、地元にお金落を落として帰ってきました。
 まあ、いかにブルベで極限体験をしている身でも、気分が乗らなければこうなる時は普通にありますよ、という事で・・・。

 では本題です。
 やたら脱線だらけで無駄に長いという話もありますが(^^;)、BRM621宮城400km鳥海高原のレポート、今回が最終回です。
 鳥海高原を越えてナイトライドに突入し、無事に松ノ木峠も越えました。

 ここから先は、宮城ブルベではお馴染みの町、真室川と、お馴染みの国道13号と国道47号を抜けて、ゴールへと向かいます。
 随分と土地鑑のある場所だけに、ここまで到達すれば完走は間違いない、と、確かにそう思っていたのですが・・・。

 という訳で、詳細は裏置きしましたので、興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックして下さい。


【Read More・・・】

東北の名峰を越えて走れ。 BRM621宮城400km鳥海高原 Part.3

 雨の週末になりそうです。

 この週末に、山形県でサイクリングイベント、「ツール・ド・さくらんぼ」があり、それに参加を予定していますが、どうやら雨ライドになりそうな・・・。
 山形県のサイクリングイベントでは雨に降られる事が多いのは、なぜなんでしょうかね・・・?

 ちなみに、私のシャーマン属性のせいではないと思いますよ、ホントに(^^;)。

 では本題です。
 地元宮城開催のブルベ、BRM621宮城400km鳥海高原のレポート、Part.3をお送りします。

 先にも書いた通り、今週末には別のイベントがあったため、レポートはそれまでに終わらせたかったのですが、どうも終わりそうにないですね(^^;)。
 短くすっきり終わらせている皆様の、文章短縮術を見習いたいものですが・・・。

 という訳で、詳細は裏置きしましたので、興味のある皆様は以下のRead moreをクリックして下さい。
 

【Read More・・・】

東北の名峰を越えて走れ。 BRM621宮城400km鳥海高原 Part.2

 はい、今回のサッカーW杯、日本代表はグループ最下位で予選突破ならずでしたね。

 まあ・・・サッカーをよく知らない奴がアレコレ言うのは控えますが・・・。
 なんか、既に「W杯はもう終わり」という雰囲気が漂っているように感じるのは、どういう事なのやら・・・。

 日本代表は確かに、予選リーグの突破は出来ませんでしたが、サッカーW杯はこれから最も面白い決勝トーナメントがはじまります。
 実際には、これからが本番なのですが、報道各社も、もうほとんど各国の試合結果を積極的に取り上げず、日本代表の敗退=W杯の終了と位置づけてしまっている、この雰囲気は何なのでしょうか・・・?

 では本題です。
 地元開催のブルベ、BRM621宮城400km鳥海高原のレポート、第二弾です。

 PC1〜2までは、順調に進んできました。
 そしてPC2〜3の間には、鳥海ブルーラインが存在します。
 時折、10%の斜度の坂が出てくるこの場所を、あまり貯金を減らす事なくクリアする事が、コース攻略上の重要なポイントになるでしょう。

 しかし、事はそう簡単に行くのでしょうか・・・?

 と、いうわけで、詳細は裏置きしました。
 興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】

東北の名峰を越えて走れ。 BRM621宮城400km鳥海高原 Part.1

 本日('14/6/24)、東京都内には雹が降り、季節外れの銀世界が発生した地域まであったようです。

 また、雹が特に強く降った地域では、雨とともに流れてきた雹が排水系統を詰まらせて、冠水被害まで発生していたとか・・・。
 雹は、積乱雲の発達とともに発生する気象現象ですから、これもゲリラ雷雨の激しいもの、と見る事ができる訳ですが・・・

 色々、気象現象の発生が、極端な状態になって来ている気がしますね・・・。

 では本題です。
 月初に600kmを走ってきたばかりですが、続けて400kmほど走ってきました。
 今回のブルベは、地元開催のBRM621宮城400km鳥海高原です。

 実はこのコースは、個人的には忘れ物があります。
 それは一昨年、400kmのブルベには初挑戦で同じコースに挑み、途中で膝を痛め、そして雨に降られて心が折られ、象潟を過ぎた辺りでDNFしたという記録が残っている事です。
 (なお、昨年は宮城1000開催に伴うスタッフの負担軽減のため、400の開催はなかった)

 今回のコースは、その当時とはスタート地点こそ異なるものの、ぐるりと周回する経路自体はほぼ同じです。
 ・・・という事は、これを完走できれば、一昨年のリベンジになるのではないか・・・。

 そんな思いを胸に、実走スタッフとして手を上げて、今回のブルベに参加したのでした。

 とはいえ、このコースの攻略難度は、なかなかの物です。
 何といっても、コース全体の積算獲得標高が4,700mにもなります。

 慣例的に、ブルベのコースの攻略難度は、積算獲得標高が走行距離(m)の約1/100が標準的なもの、とされる事が多いです(200kmのブルベの場合、200,000m÷100=2,000mが標準的)。
 しかし、今回のコースは標準的なラインを上回る獲得標高となっており、それだけでも難度が上がっていると見て良いでしょう。

 しかも、その登りで通る場所が、東北地方の名山、鳥海山の山腹に建設された、鳥海山ブルーラインと知っていれば・・・。

 という訳で、詳細は裏置きしましたので、興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックして下さい。


【Read More・・・】

今年初めての酷暑ライド BRM531神奈川600km興津 Part.4

 現在はブルベのハイシーズンに当たるため、今週末にも日本の各地でブルベが開催されていました。

 生憎、天気は全国的に大雨だったようなのですが・・・。

 ちなみに、参加者の中には、先週、各地のブルベで酷暑の中、痛めつけられながら走ったというのに、今週末には大雨の中を走るという、両極端な天気の中、400以上のブルベを走って無事に完走しているとか・・・。
 何というか、この世界、ある一定のラインを振り切ってしまった人が多い事を、今更ながらに実感しますね(^ω^;)。

 では本題です。
 長らく続けてきた、BRM531神奈川600km興津の参加レポート、Part.4をお送りします。
 前回までのレポートで、スタートから一昼夜を走り続け、早朝に健康ランドに転がり込んだ所までをお送りしました。

 ひと風呂浴びて、仮眠のためにコミックコーナーに向かい、そしてゴロ寝用のマットに転がって・・・。

 それからどうなったかが、今回の内容になります。
 興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックして下さい。


【Read More・・・】

今年初めての酷暑ライド BRM531神奈川600km興津 Part.3

 今週末は、全国的に雨のようですね〜。

 そんな雨の日ですが、全国的に色々なブルベが開催予定のようです(^ω^;)。

 通常の自転車イベントとは違って、ブルベは余程酷い天候でもない限り開催されるのは、皆様もご存知の通りです。
 いやしかし、雨となると走行中の危険度が増しますので、コースの攻略難度によっては、DNSを選択するのも大人の判断、自己完結した自転車乗りの姿ではあるのですが・・・。

 なぜか私の目が届く範囲では、撤退線をどこまでギリギリにできるかのチキンレースがはじまっているような気がするのは、どういう事なのでしょう?
 (皆様、くれぐれも一線を越えないように、注意して下さいね!)

 では本題です。
 BRM531神奈川600km興津の参加レポート、Part.3をお送りします。

 前回は猛暑の中、天竜川沿いを溯上して、スタートから200kmの地点に至った所までをお送りしました。
 普通に考えて、自転車でこれだけの距離を走るのも頭がおかしいと言われるのに、まだ1/3しか走っていないという事実・・・。

 しかも、これから向かうのは、序盤の最大の山にして、コース中の最高標高地点の新野峠です。
 さらに、次のPCに至るまでに、ほぼ確実に日没が訪れようともしています。

 長い長い道のりは、これからさらに困難な道となるのか、それとも、案外楽にクリアできてしまうのか・・・。

 興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックして下さい。

 ・・・と、ここで今回のリザルトが出ていたので、ナナメ読みしてみました。
 今回のブルベ、エントリーしていたのは130人近くにもなっていたようです。
 実際に出走したのが120人くらいで、完走は100人前後。

 いやあ、これだけ走っていたのなら、あちこちで参加者同士、顔を合わせる訳だよなぁ(ホント、今回は600なのに、あちこちで沢山の参加者と顔を合わせるのが不思議だった)。
 宮城ブルベは、300以上だとこの半分も走っていないから、何時間も全くの一人旅というのも普通だったりする訳です(^^;)。
 一人旅耐性は鍛えられるよなぁ〜。


【Read More・・・】

今年初めての酷暑ライド BRM531神奈川600km興津 Part.2

 はい、どうやら東北地方南部は、本日('14/6/5)、梅雨入りしてしまったようです。

 せっかく、ブルベ後に残っていた手首の痺れが収まってきて、そろそろ自転車通勤を再開させようかと思っていた所だったのになぁ(^^;)。
 まぁ仕方がない。またローラー台生活に戻るとしましょうか・・・。
 (トレーニング派には意外に便利な物だけど、乗らない理由がなくなるので、痛し痒しだな、これ)

 では本題です。
 BRM531神奈川600km興津の参加レポート、Part.2をお送りします。

 前回は、PC1の御前崎に到着し、熱中症対策として、まずは肌の露出を徹底的に避けるように装備を換装した所までをお送りしました。
 今回は御前崎を出発し、天竜峡を目指して走る道筋になります。

 景観に優れる海岸線から、徐々に山岳地帯へと進んで行きますが、それと同時に日差しは強くなり、気温は上がり、気象条件はどんどん厳しくなって行きます。
 今年初めての真夏日ライドを、600kmブルベという過酷な条件で経験する事になった訳ですが、果たして、どんな道筋になったのか・・・。

 興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックして下さい。


【Read More・・・】

今年初めての酷暑ライド BRM531神奈川600km興津 Part.1

 600kmは、さすがに厳しい道のりでした。
 しかし、おかげで現在使用しているブルベ用装備の有効性チェックが非常に捗ったのも事実です。

 例えば、フロントライトは、私の目にはEL540とEL520の2灯で遠近を照らし分ける形でほぼ大丈夫そうです(ほぼ新月の夜でも、あまり減速させずにダウンヒル可能だった。真新月の時でも不安は少なかったし)。

 ただし、EL540は現在、振動を受けると内部からカタカタと異音がするようになっています。
 ちなみに、このブルベの直前に電池の状態を見るために本体を開いたら、小さなツメ状の破片(半透明の樹脂)が落ちてきたのですが・・・。

 もしかすると、何かのパーツの固定ツメが折れたのでしょうか?
 ブルベでの使用は、通常の通勤通学スポーツ程度の使用とは比較にならないほどハードですから、決定的な破壊に至る前に、新しい個体を購入しておいた方が良いのかもしれません。
 (しかし、長年使っている520より先に、540の方が状態に不安が出てきたのも少々皮肉な話だ)

 では本題です。
 今年初の600kmブルベ、BRM531神奈川600km興津に参加してきました。
 本来は、「沼津クラシック」として、沼津市発着で開催されている人気のあるコースです。
 去年と今年(実際には、ここ三年ほど、だそうです)は、スタート/ゴール地点として使われていた施設が都合により使用できないらしく、静岡市清水区(旧清水市)の興津にある健康ランドをスタート/ゴールに変更しての開催になりました。

 もともと、走り易い、とか、初めての600を走るのにちょうど良い、とかいう評判を聞いていたことと、600は今まで、挑戦した事はあっても完走に至った事はなかった(それでスタッフとか何なのよ、と言われそう ^^;)ので、初の完走を目指してエントリーしたのが、今年の2月頃でした(確か ^^;)。

 ところで私には、毎年、初めてエントリーするブルベは、完走できるものの、天候に泣かされるという、とんでもないジンクスがある訳ですが・・・(参加ではなく、エントリーという所がミソ)。

 というフラグを盛大に立てたところで、詳細は例によって長いので、裏置きします。
 興味のある方は、以下のRead moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク