日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

10月≪ 2013年11月 ≫12月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

耐久ヒルクライム SUGOファンキーエンデューロ参戦記

 え~、速報から本報までの間があいてしまったのは、色々あって、ちょっと執筆に気分がのらなかったことが一番大きい訳ですが・・・。
 それ以外の要因として、先週の後半、とある提督志願者選抜に応募したら、一発登用されてしまったという背景があったりもします(廃)。

 何のことかわからない皆様も多いと思いますが、深く知る必要もないと思いますので、スルーします(^^;)。

 それにしても時間泥棒っすなあ、提督業(^^;)。
 節度を持ってやらないと、色々浪費されそうです(Time is money.ではなく、Time and Money.の勢いで ^^;)。

 あと、今週末、来年以降のブルベの開催に向けて、ランドヌール宮城のミーティングが行われました。
 日程は既に、Audax Japanのサイトで発表されていますが、コースの詳細は・・・まあ、年明けくらいにまた、追々、発表されると思います(^^;)。
 (宮城のシーズンインは、来年は諸々の理由で5月の300になりますので、少々時間的な余裕があったりします・・・)

 いや、コース紹介は、私が試走してブログに上げたらそれでいい、という話も出たりした訳なんですけどね(^^;)。
 (まあ、試走は私も考えている所ですが、さて、事前にそんな話題を出しちゃって良いものかどうか・・・)

 では、本題です。
 昨年、ソロで4時間を走って、ほとんど臨死体験とも言うべきレベルでヘロヘロになった、エンドレスヒルクライムレース・・・じゃなかった、エンデューロレース・・・。
 と、いうには強烈なコースである、SUGOファンキーエンデューロに参加してきました。


13111701.jpg
スポーツランドSUGOのサーキット。
使い回しで失礼!


 しいて言えば、ヒルクライムエンデューロとでも言うべき、強烈なコースのサーキットを、制限時間内に何周回できるかを競うレース。
 スキーのゲレンデにコースを貼り付けた、などと揶揄される事もあるこのサーキットは、8%の下りと10%の登りしかないコースだとか、とにかく色々な形で、その強烈さが伝えられています。

 しかし・・・。

 今年は、そんなコースに異変が。

 先に行われた自転車レースイベント(話の流れからすると、ママチャリエンデューロか?)で、転倒・負傷があまりにも大発生したため、イベントを開催する際には、安全対策を強化するように、消防や救急隊などから指導が入ってしまったのだとか。
 その結果、参加者の走行速度、特に、落車するとダメージが大きい下り坂に、速度抑制策として、パイロンでシケインが区切られていたのでした。


13111702.jpg
これがそのパイロンシケイン。
パッと見では、
何でもなさそうに見えるが・・・。

13111703.jpg
よーく見ると・・・。
最後の倒れたコーンの角度が、
えげつない事になっていて、
鋭角で2回、
逆走方向にハンドルを切らされる。


 これが第二コーナーを曲がった先に2箇所と、最も速度が出る長い下り、バックストレッチに3箇所、設置されていたのでした。
 このシケインの存在が、どうにも不穏で、レース展開に色々影響を与えそうな・・・。

 ちょっと不安を抱えつつ、詳細な内容は裏置きです。
 興味のある方は、以下のRead moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】

SUGOファンキーエンデューロ速報

 色々な事があった週末でした・・・。

 が、とりあえずは、SUGOファンキーエンデューロの速報を・・・。


13111701.jpg
朝一番。
寒かったなあ・・・。


 今回のイベントは、サーキットを使ったエンデューロレースです。
 早朝(朝6時)に会場に入る必要があったので、今回はレンタカーを借り、途中で車中泊して会場入りしました(これが相当に快適だった。次回以降、ブルベでも可能ならこういう形で遠征しようかな・・・?)。

 昨年はソロでヘロヘロになりまくったので、今年はソロでなく、5人チームで参加させて頂き、交代でぐるぐると7時間、走ってきましたが。
 結果は、7時間ロード部門で10位・・・で確定なのかな?
 (最終リザルトは見ずに帰ってきてしまった・・・。ピットで見られる速報順位で、ゴール時間後に確認した限り、10位であっていたと思う・・・)

 いやはやしかし、物凄く疲れました。

 何といっても、このエンデューロが開催されるスポーツランドSUGOは、スキーのゲレンデに無理矢理、サーキットのコースを貼付けたようなレイアウトをしています。
 結果的に、「エンドレスヒルクライム」と言われるほどに、何度も何度も激坂を登らなければならないという・・・。

 まあ、わかってはいましたが、しんどかったですね〜(^^;)。

 そして、今年は別途行った自転車レース(ママチャリエンデューロ???)で怪我人が続出し、消防側から「対策を講じろ!」という指導があったとかで、事故時の衝撃を少なくするためか、参加者の速度を抑制するためのパイロンシケインが導入されていました。
 しかし、このシケインが、下りの途中に、かなり短い間隔で何度も出てくるという・・・。

 しかも、シケインの最後のパイロンは、進行方向に向かって切り込んでくる角度で(前方を遮断するように、坂の下側から上方向に向かって)並べられていたため、かなり低速でも急ハンドル操作を強いられる場面が多くなっていました。

 試走した段階で、「これは逆に事故を誘発する!」と思いましたが、実際に、何度か接触、落車などが起きてしまったようです。
 (私が走った時には、弾き飛ばされたパイロンが、シケイン内の狭いコースのど真ん中に転がっていたが、係員が周囲にいなくて、全く直される様子がないままになっていたりもした)

 ちなみに、私もウレタンウォールのような物にペダルを擦らせたのが一回あり、チームメンバーの中には、前後の走者との絡みから、パイロンを避け切れずに突っ込んだ人もいたりしました(幸い、落車はなかったが、自転車の挙動を知らない人がデザインしたんじゃないか?という話が、色々なチーム内で囁かれていた)。

 まあ、そうでなくとも、あのシケインがあったおかげで、レース展開に面白味がなくなったというか・・・。
 勝負所が登り区間のみ、という形になってしまい。結果的にクライマーが断然有利な展開に終始していたような・・・。

 まあ、安全対策等々、関係者の皆様にはご苦労も多かったと思いますが、何とか改善して頂きたいなあ、と思う部分なので、かなり激辛に評価させて頂きました・・・。

 総合的に見た場合、仲間達でワイワイ言いながら参加できる、とても楽しいイベントだったと思います。
 まあ・・・何度も10%の坂を登っていると、苦しさでお花畑が見えてくる気分になるのですけどね・・・(^^;)。
 (足が意思に反して、ピクピク脈動しはじめるし・・・)

甘い果実は雨の向こうに ツール・ド・ラ・フランス参加記録

 冬のトレーニング用にローラー台をはじめて一週間。

 以前のエントリで、防振マットに加えて防振パッドを併用するような事を書いていましたが・・・。
 実際にパッドを使ってみた所、ローラー台が地面から浮き上がるためか、ガタガタと安定しない上に、抵抗をかけるフルードの振動音が響いてうるさかったので、パッドを外して、マット2枚重ねに切り替えました。

 結果、振動音はかなり軽減させられたとともに、安定性も高くなりました。
 ただし、乱暴に足を回すと、ガタガタと変な振動が出る上に、フレームもキシキシと変なきしみ音を立てたりするので、ペダリングをきれいにする必要がありそうです。

 また、私は右利きのためか、長時間、ローラーを回していると、微妙にハンドルが左斜め前を向くとともに、右足を下に回した時に、大きくフレームが右に傾ぐことが多いのは、多分、左右のパワーバランスが悪いのでしょうね・・・。
 実走時には無意識のうちに体重を逆方向に移動して補正しているのでしょうけれど、後輪ハブ部分をローラーに固定された状態では、車体を左右にスライドさせる動きができないため、全てがフレームに振動として返ってきているようです。

 うむ、これはフォーム矯正なども考えた方が良いのかな?

 では本題です。
 山形県上山市で開催された、自転車イベントに参加してきました。

 今回参加したイベントは、「ツール・ド・ラ・フランス」というイベントです。
 世界最高峰の自転車レース、ツール・ド・フランスをもじって、果実の女王ラ・フランスの名が入っていますが、レースイベントではなく、サイクリングイベントです。

 実は昨年までは、最大の距離でも30km程度までであったそうですが、かみのやま温泉が拓かれてから555年目にあたる今年は、記念大会として、最長距離のコースは55.5kmに引き延ばされました。

 ・・・まあ、普段からこのブログを見ている皆様の感覚では、桁が一つ足りない、とか、小数点がいらない、という感想を持つかもしれませんが、ワンデーサイクリングイベントとしては、標準的な距離になるかと・・・。
 元々はファミリーでも参加できるサイクリング、というのがコンセプトのイベントですから、そんなにエクストリームな距離にするのは、逆に間違っていると思われます。

 それはさておき、詳細は距離の短さには反比例して、あっさりまとまらなかったので、裏置きします(^^;)。
 興味のある方は、以下のRead moreをクリックして下さい。


【Read More・・・】

「シャーマン効果」に関する考察

 さて、最近、帰宅後にローラー台を回し、軽くハムスター気分を味わっていますが・・・。

 まだ効率の良い負荷の掛け方がわかっていないためか、20分ほども連続で回すと、かなり酸欠度が高くなって、ふわふわとお花畑が見えてくるような・・・。
 あまり負荷をかけ過ぎるのは逆効果だ、という話も聞きますので、もっと長時間、楽に回せるようなギア比&負荷のかけ方を覚えないとなあ・・・。

 それはそうと、固定ローラーをはじめて気がついたのですが・・・。
 私、どうもハンドルを微妙に左に切る癖があるようです。

 ローラーを回している間に、フレームが妙に安定しなくなったなあ、と思ったら、前輪が5度ほど左に向いている事があったり・・・。
 これも矯正した方が良いのでしょうかね?
 (ちなみに、前輪の高さあわせは、ブロックではなく、読み古しの雑誌の山なので、前輪が左右に振れるのが良くわかる ^^;)

 では本題です。
 近年、ブルベ参加者の間で語られる事が多くなっているジンクスの中で、特にツイッターを賑わすのが、「シャーマン効果」という物です。
 まあ、いわゆる「雨男」のジンクスがそれらしい用語に変化しただけのものであったりする訳ですが・・・。

 いつ頃からか、「この人が参加するブルベは雨が多い!」というジンクスを持っている人の事を、「雨乞いの儀式を司る人=シャーマン」と呼ぶ言い回しが定着してしまっているようです。

 で、いつしか、経験豊富なランドヌールが集まる所に雨雲が集まるというジンクスを、「シャーマン効果」と呼ぶことが定着してしまっているようです。

 しかし・・・まあ、普通に考えて、誰か特定の人がいる場所に雨雲が湧くなんて事がある筈がないことは、おわかり頂けるでしょう。
 何でか、「東北地区のシャーマンキング」の座に君臨する事になった私ですが(^^;)、今年の自転車走行時の雨天率でいえば、3割を下回っています。

 まあ単に、雨に降られる時の降られ方が派手だっただけで・・・。

 という所から考察して行くと・・・。

 「シャーマン効果」と呼ばれるジンクスは、「経験豊富なランドヌール=少々の雨では動じず出走する」という事から、結果的に、「雨開催ブルベに出走している面々の顔ぶれが固定される=その人達は雨男」という認識がすり替わって、ジンクス化しているだけではないか、という所に話が落ち着くのではないかと。

 卵が先か、親鳥が先か、という話・・・という以前に、科学的に&常識的に考えて、特定の人がいるだけで雨雲が湧くはずがないので、まあ、まず間違いのない話でしょう。

 ・・・ていうか、わざわざ考察する内容か?という声が聞こえてきたような・・・(^^;)。

ついに?ローラー台導入

 この三連休の間に、車を借りて大きな買物をするついでに、宮城〜山形〜秋田〜岩手の県境が集中するあたりの山間部を走り回って、紅葉見物をしてきました。
 (走行距離、600kmほど。ブルベかよ:笑)


13110401.jpg
ついでに見てきた、
祭畤大橋震災遺構。
2008年の岩手宮城内陸地震の際、
落橋した状況をそのまま、
保存されている。

13110402.jpg
宮城〜山形県境の、
鍋越峠直下にある宝栄牧場。
夕暮れの風景が、
日本ではないような雰囲気。

13110403.jpg
栗駒山にある須川湖。
朝だったので霧が出ていた。

13110404.jpg
泉ヶ岳のスプリングバレースキー場から
仙台市街地方向。
泉ヶ岳はスキー場付近が
紅葉の見頃だった。


 以上、久々に持ち出した、一眼レフカメラによる撮影でした。

 で、今回は久々に車中泊もやってみましたが・・・うん、やっぱり車内で寝るには、ライトバンの荷室をフラットにして寝るのが良い・・・のかな?(^^;)
 (1,300クラスの車体の助手席をどーんと倒しただけの状態で、封筒型シュラフにくるまって・・・は、やはり体への負担が大きく、朝、全身がバキバキに痛い ^^;)

 では、いつも以上に日記になってる冒頭脱線はそこまでにして、本題です。
 以前から、導入するする詐欺になっていたローラー台。
 今年春の健康診断で、冬期の増量&春一番のブルベでの体のなまり具合の酷さを実感していた事もあって、冬のオフシーズン入りまでに導入する事だけは決めていましたが・・・ついに、なのか、やっと、なのか、導入しました。

 導入したローラー台は、Elite QUBO power Fluidです。
 性能に関しては、リンク先をご覧頂くとして・・・。

 購入候補としては、最初は別のメーカー製の固定ローラー台を考えていましたが・・・(主に価格の安さから:笑)。
 その後、色々と情報収集する過程で、「価格性能比」および「トレーニング効率」を考えれば、「こっち以外の選択肢はない!」という方向性でコメントの総攻撃を受けまして・・・。

 ついでに、色々と自分でも情報を収集した結果、「静音性」の評判においてはこのローラー台が図抜けていた事も、購入の後押しになりました。

 結果、ショップに残っていた最後の在庫を確保して頂き、この週末にレンタカーを借りて受け取ってきました。
 ついでに、せっかく車を借りたので、そのまま3〜4日にかけて、岩手〜山形〜秋田〜宮城の山間部を巡って、紅葉見物してきました・・・が、それはまた別な話なので割愛。

 で、ローラー台を集合住宅で使う場合に大敵となるのが、騒音と振動です。
 音に関しては、Eliteのローラー台は相当に静かな方ですが、振動は避けられない宿命です。

 実際、ローラー台を床に直置きで設置して回してみた所、ぐおんぐおんぐおんという物凄い音がした上に、床に置いてあったペットボトル内のドリンクの水面が波だっていました・・・。

 これはいかんだろ、という訳で、ちょうど車もある事なので、ホームセンターに向かって、色々と役立ちそうな物を探してみました。

 ・・・いや、専用の防振マットがあるだろ、というツッコミが来たような気がしますが、実際の所、市販品の防振マットとの性能差はほとんどない、というアドバイスを周囲から頂いたもので・・・。


13110405.jpg
そんな訳でこんな物を買ってみた。
組み合わせて床に敷き詰める防振マット。
子供部屋などにオススメの製品らしいが、
組み合わせて箱状にしたりもできる。

13110406.jpg
サイズは約60cm×約60cm×厚1.2cmで、
4枚ワンセット。


 これ一枚の上に、購入したローラー台はちょうどのサイズでした(60cm×60cmの上にぴったり)。
 ただし、このマットだけでは少々心配だったので、補助的にこんな物も用意してみました。


13110407.jpg
大型機械用防振パッド。
天然ゴム製のものを選んでみた。

13110408.jpg
断面はこんな感じ。
業務用冷蔵庫やヒートポンプ、
冷却塔などにも使えるらしい。


 これらを組み合わせて再度試してみた所、ペットボトルの水面には全く波が立ちません。
 振動はどうやら、きちんと吸収できているようです。

 一方で音の方ですが・・・。
 ローラー台の動作音よりも、車体のチェーンの音の方がチャラチャラとうるさいくらい・・・なのですが・・・。

 ローラーの抵抗を生むフルード部分がウオンウオンと低周波音のような唸りを上げているのが、少々気になりますが・・・。
 しかし、ウチは室内置きの洗濯機の音も響かない構造なので、これ位の音は、外部には漏れていない・・・と思いたい・・・(さすがにお隣や階下に、「あんさん、大丈夫でっか?」と突撃訪問する訳にもいかないしね・・・)。

 まあ、しばらくこれで様子を見てみる事にします。

 という訳で、まず最初に、軽くインナーローで5分ほど回してみようか、と思って試してみた結果・・・。

 5分後には、汗だくのヘロヘロふらふらな状態に・・・。

 うをい、全然軽くないっつーの!
 皆さん、これを30分回した、とか、平気でツイートしていますけれど、チタンの骨格に、アラミド繊維で編んだ心肺でも持ってるんですか?
 (いや、これ、5分でこれだと、15分で死にそうになるくらい疲れると思うんだよね・・・)

 あと、抵抗部分がめっちゃくちゃに熱くなるので、急いで片付けたくても触れないのが結構・・・ね(^^;)。


13110409.jpg
最後にオマケで衝撃の事実。
岩手県で"かりんとう"と言えばこれだ!

軽くカルチャーショックを受けた。
(味は普通にかりんとうの味がする ^^;)


閑話休題 ブルベでの写真撮影について

 さて、11月になって、ブルベの世界は新しいピリオドへと突入しました。

 このタイミングで、私は改めて自転車保険に2年間加入。
 加入したのは、au損保のゴールドプランです。

 なにも、そこまでの補償や特約はいらないんじゃない?という声も聞こえてきたような気がしますが・・・。
 最近の自転車がらみの事故の傾向や、実際に事故に遭われた方の話を聞いていると、自分が「やらかした」時の対応(示談交渉)とともに、「やられた」時の対応(弁護士)の費用もちゃんと見ておかないと、色々厳しい時があるようですので・・・。

 まあ、どこまでを求めるかは、各人それぞれだと思いますから、皆様、それぞれご自分の求める補償内容を十分に考慮の上、保険に加入して頂ければと思います。
 (とはいえ、保険は何かあった時に、「助けてくれるかもしれない」程度のものと考えておく程度で良いかと・・・)

 では本題です。
 以前、小ネタ集で少し触れた、ブルベでの写真撮影について、別建てで話題にしましょう。
 まあ、一部、他のエントリで話題にしている内容と被りますが、今一度、確認のために、情報をまとめる事にしましょう。

 という訳で、例によって長い話なので、詳細は裏置きします。
 興味のある方は、以下のRead moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク