日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

07月≪ 2013年08月 ≫09月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コース予習編。BRM913宮城1000。Part.3

 三連休、雨の予報だったので、ちょっとした試走に出るのを控えたのですが・・・。

 うおい、晴れ渡ってやがるじゃないか!
 これなら走った方が良かったかもしれないぜ!

 1000を走るためにも、長距離耐性を維持しておきたい所ですからね・・・。
 まあ、トータルで380kmほどは、真夏の暑い盛りに走れたので、そこそこの距離までは走れると思いますが・・・。


13083002.jpg
脈絡なく登場、僧侶の象。
(水沢市内のコース脇にある)。
まあ、これが何度か出てくる場所は、
昼間通過になると思うので、
夜、ライトの光輪の中に急に出て来て
ビビる事はないと思う。

13083001.jpg
季節的に、こういう奴も沢山出るので、
苦手な皆様は覚悟しておいた方がよいかも。

13083003.jpg
冷たいコーンスープ。
・・・試せなかった・・・。
(これはコース外)


 では、脈絡がなさ過ぎる情報はそこまでにして、本題です。
 宮城1000の予習編、ここから先、秋田〜遊佐(PC9)までは、相変わらず机上の空論度MAXで行きます。
 そんなに遠くの道、あまり走った事はないですから・・・。

 その前に、追加情報。

 国道48号(作並街道)の関山街道から仙台方面への下りは、非常に長い上に外灯が少なく、さらに道幅も狭いというオマケ付きです。
 ついでに、塩竈〜松島方面の国道45号も道幅が狭い上に、時間帯が時間帯なら、交通量が非常に多い場所なのでご注意を・・・。

 もひとつついでに、鹿島台に新たに開通しているバイパスは、高速道路のようにぶっ飛ばしてくる車もいるので注意しましょう・・・。

 また、三陸の被災地の状況がどうなっているのかわからない、という話を伝え聞きます(ってか、報道しろよ、マスコミ各社。役に立たんなぁ〜)。
 三陸地域の風景として、ストリートビューで見る事ができる風景は、震災から半年以内の状況であり、さすがにあの状態ではありません(とはいえ、ストリートビューの画像も、随分きれいに片付いた後の状況ではあるのだが・・・。車が走れるようになっているんだからね・・・)。

 で、被災地の現在のリアルタイムな状況については、場所的に今回の1000で走るコースからはかなり南側、大船渡市~宮城県南三陸町辺りではありますが、雰囲気は掴めそうな画像を何枚か貼っておきます(以下、2013年8月17日撮影)。


13083101.jpg
大船渡市の湾内。
既に養殖筏が浮かぶ。

13083102.jpg
陸前高田市
被災した集合住宅は最上階まで浸水痕あり。

13083103.jpg
陸前高田市
被災した学校の校舎。

13083104.jpg
気仙沼市
撤去が決定した大型漁船。

13083105.jpg
気仙沼市
被災した低地の住宅地。

13083106.jpg
気仙沼市
被災した低地の住宅地。

13083107.jpg
気仙沼市郊外
震災前には住宅地があった場所。
小高い場所から低地に降りると、
急にこんな風景になる場所も多い。

13083108.jpg
南三陸町
落橋したままの国道バイパス。

13083109.jpg
気仙沼市
ここも津波浸水域なのだが、
既に復旧が進み、賑わいが戻っている。
(こういう場所も多い)

13083110.jpg
南三陸町
被災した地元商店が集まった屋台村。
もう夕暮れだったから少々厳しい(^^;)。
(補給に使える。是非ご利用を!)


 場所にもよりますが、町そのものが津波被害で消滅している場合、その地域の復旧・復興は少々遅れがちになっていますが、高台に自治体の中枢機能があった(または移転できた)地域は、復旧・復興もそこそこ進んでいます。
 釜石から北側がどうなっているかは、その地域の観光協会やホテル、旅館、震災復興ボランティアの皆様のブログなどでリアルタイム配信されている場合もあるので、色々探してみて下さい。

 という追加情報を差し込んだ上で、本編は例によって長いので、裏置きします。
 興味のある方は以下のRead moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】
スポンサーサイト

コース予習編。BRM913宮城1000。Part.2

 急に柳田國男の「遠野物語」を読み直したくなり、本日、会社帰りに書店へ。

 角川ソフィア文庫から、全集的な扱いで柳田國男のコレクション集が出ている事は知っていたので、そのコーナーに向かってみたら・・・。

 遠野物語の収録巻のみ、ない、という・・・。

 ・・・おのれ、このモヤモヤ感、どのように晴らすべきなのか・・・。

 では本題です。
 そろそろ真面目にコース予習をはじめているBRM913宮城1000。
 PC2以降の道のりについて、話を進めていきましょう。

 とはいえ、ここで述べるのはあくまでも机上調査&机上想定によるものが主であり、実走している訳ではありません。
 その辺りを踏まえて読み進んで頂ければと思います。

 という訳で、本題中の本題は長くなったので裏置きします。
 興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】

そろそろ真面目にコース予習編。BRM913宮城1000。 Part.1

 サイスポ誌でブルベ特集が組まれたからか、最近、ウチのブログには「ブルベ」関連のキーワードでのアクセスが増えています。

 ただしありがちな話で、キーワードが「ブルペ」(burupe)になっている場合があったり・・・。
 語源はフランス語で「認定」を意味する「brevet」なので、日本語発音はブルベ(burubeですよ!


13082401.jpg
という所で、
何の脈絡もなく花火写真。
仙台市泉区の夏祭りのもの。

13082403.jpg
開いたらスマイルマークになる花火。
開傘方向がうまく合えば、
きれいな「スマイル」が見られた。


 仙台市泉区の夏祭りが昨日、行われていたため、自宅の窓から花火が見えるという、なかなかの状態になっていました。
 夜、外を歩けば、コオロギの声に混じってカンタンの声も聞こえはじめています。

 そろそろ、秋がはじまろうとしているようです。

 では本題です。
 秋がはじまると言うことは・・・。

 ああああああああ!
 もうそのひはめのまえまでせまってきてるぢゃないかああああああ!


 と、句読点も打たずに平仮名ばかりで叫びたくなるほど、目の前に迫って来ている、BRM913宮城1000です。
 何の間違いか、エントリー峠を越えてしまえたがために、走れる事になってしまいました・・・。

 既にエントリー表明を出している皆様は、確認できる限りでも、ブルベ界では錚々たるメンバーになっているようです。

 ・・・つまり、選りすぐりのメンバーによる「シャーマン効果」(注)が発生する可能性もある訳ですが・・・(怖)。

(注)シャーマン効果
 なぜかブルベを走るランドヌールが集まる場所に、雨雲も一緒に集まる事が多い、というジンクスを表現した言葉。

 それはさておき、走力ではどう考えたって下位に甘んじる他ない状況なので、ならばせめて事前のコース情報をきちんと押さえておかねば・・・という所です。

 え?
 地元なんだから(立場上も)有利だろって?

 いかな地元とはいえ、1,000km分の道筋、全部知ってたりしますかね!
 しかも、私がこちらを地元と呼ぶようになってから、まだ2年しか経ってませんがな!
 (その割に、自転車効果のために、同時期に仙台に来た同僚よりも、やけに道路や地理に詳しくなっているという事実はあります。走り回ってるからなあ…生身で:笑)

 ま、ついでに言えば、東北地方は各県ともに、面積が巨大な地方でもあるので、余程県境が近い地域ならともかく、そんなに気軽に隣の県に行く、なんて事もできないのです。
 ちなみに、東北地方の県の面積の巨大さは、都道府県の面積ランキングでは、上位10位までに6県中5県が入ってしまうくらいです(岩手:2位、福島:3位、秋田:6位、青森:8位、山形:9位。ちなみに宮城は16位)。

 だから、隣の県がやたら遠いのも一つの特徴です(宮城~山形間は、例外的に県庁所在地同士がやけに近いけど)。
 関東地方みたいに、その気になれば相模湾から自転車で北上して、その日のうちに東京都を縦断して埼玉県まで行く、なんて、3都県をまたにかけた行動範囲を設定するなんて事は、まずできません・・・。

 という具合に色々書き連ねて長くなりましたが、そういう諸々を含めて、色々、コースについて予習した内容を、小出しにしていきます。

 ついでに、全部を出し切る事はしません。
 秘密主義にするんじゃなくて、実際に走らないとわかりゃしない、という内容が多過ぎるんですわ・・・。
 (ここ重要!つまり、ここから先の話も、机上調査&机上理論の内容が主です。実走している区間なんて、ほんの一部だけ。まあ、それでも、ゼロの人よりは多少は有利になるのは確かな話ではある・・・)

 ともあれ、既に長過ぎるくらい長い前置きがありましたが、ここから先の核心部分については、さらに長いので一旦、裏置きにします。
 興味のある方は、以下のRead moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】

新装備、続々到着中。

 ロードの納車待ちをしていた同僚のもとに、ついに車体が届くそうです!

 納車予定日は、この記事を書いている翌日。
 既に、サイクルジャージやペダル、シューズ等は通販で揃えてしまっているという、いつかの自分を見るようで(笑)微笑ましい状態だったりしますが、さてさて・・・それではどういう手順で、『深み』へとご招待しましょうか・・・Ψ(#`∀´)Ψケケケ

 では本題です。
 超長距離走を走る際の装備見直しを順次行っている所ですが。
 新たな装備が届きはじめたので、色々ご紹介したいと思います。

 が、ちょっと長くなったので、核心部分は裏置きします。
 興味のある方は、以下のRead moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】

トリプル化終了!

 昨日、ブルベスタッフ業の一環としてちょっと走って来た、その間に浮かんだネタ・・・(AceCombat Zeroのムービー風に)。

 "知ってるか?ブルベのコースを作る奴の"S"属性は3つに分けられる。
 「遥かな標高に急勾配コースで登らせる奴」
 「延々続くアップダウンを通らせる奴」
 「終わりの見えないド平坦直線道路を走らせる奴」
 この3つだ。"


 いや、単に自分が走るとき、嫌だなあ〜、と思うコースパターンを並べただけだろ、と、そんな気もする訳ですが・・・(^^;)。
 (嬉々として突っ込んでいく、"M"な参加者の姿もまた浮かぶ・・・)

 とまあ、しかし、しばらく見事に絶賛放置になっていましたね・・・。
 その放置の間、ショップ仲間と走ったり、裏方業の一環で走ったり・・・と、この暑い時期に走り回っていたりする訳ですが・・・。

 まあおかげで、上の戯言的なネタが浮かぶのは、やっぱり暑さで脳がやられてますかね?

 では本題です。
 先日の山岳ブルベ連続DNFで得た教訓があります。

 「コンパクトでも越えられない坂がある」

 ・・・弱いだけじゃねーか、と思った方。

 正解ですが、今は黙っていて下さい(^^;)。
 弱いなら、弱いなりに対処を考えないといけないのです・・・。

 720の宮城ー宇都宮共催600が終わった際、ブルベの坂対策は、単に軽いギア比を用意する、という単発の峠越えなら対応できる程度のヒルクライム的な仕様ではなく、峠を越えた先でさらに峠を越える、という想定でギア比を考えないとダメだ、という思いを強く持つようになりました。
 山岳ブルベでは、普通の自転車乗りが行っている峠ツーリングで、メインに据えられるクラスの峠を2〜3連続で越えるのですから・・・。

 そういう想定のもとで考えると・・・コンパクト+12-27でも十分、それに等しい仕様だという意見もあるでしょうが(^^;)、それだけではダメだ、というのが私の結論でした。

 そして考えていたのが、クランクのトリプル化。
 コンパクトクランクの50-34から、52-39-30に組み替えて、平坦では高速化、坂はできるだけ楽に、しかし止まらずに進み続ける事を考えた設定です(リアは12-27をそのまま使用の想定)。

 で、7月の末に車体を持ち込んで、パーツを発注。
 先日、作業が終了したとの連絡を受けたため、本日、受け取りに行って来たのでした。


13081801.jpg
そんな訳で、トリプル化した
Corratec R.T. Carbon。
パーツ構成等から、
超長距離はこちらの車体を考えている。


 トリプルクランクとして使うパーツのグレードですが、現在供給されているパーツの関係から、67アルテになりました。
 68はまだ、トリプルが発表されていませんし、出るのかどうかもわかりませんし・・・。
 (コンパクト+32Tなんて設定を使えるようになっているので、出さない可能性もあるかも・・・。まあ、真相はシマノの中の人のみぞ知る・・・)

 さて、アウターがコンパクトからノーマルサイズに変わった結果、見た目に少々、デカいと感じるようになりました(^^;)。
 また、6650(アルテSL)から67アルテに換装した事から、見た目にも大きく印象が変化しています。


13081802.jpg
67アルテのトリプルクランク。
コンパクトよりちょっとデカい感じ。

13081803.jpg
ギア比の容量の関係から、
リアはロングケージ化。


 まあ、ここまでは想定の範囲の変化でしたが、少々想定外の事態として、こんな変化も生じていました。


13081804.jpg
ダブルと比べ、アウターが外に出るので、
バランスを取るため左も外に出ている。
なのでBBとの間にはスペーサーが。


 早速、ショップから自宅までの間の短い区間だけではありますが、試走してみました。
 まず、気になったチェーンリングの変更ですが・・・。

 50→52:目立った変化は感じず。
 34→39:明らかに重い。
 34→30:明らかに軽い。

 という感じです。
 特に、30-27の軽さ(と前に進まない感じ)は、笑っちゃうレベルでした。

 しかし、ガチャガチャいじっていると、"たすき掛け"の位置はともかくとして、そこから1〜2段ほどズレているだけの組み合わせでも、チェーンがジャムって固まったり、落ちたりする事が・・・。


13081805.jpg
見た目にもあまり余裕はなく、
チェーンラインは恐ろしくシビア。
これは慣れるしかないかな・・・。


 まあ、使う時にはコンパクトクランクでやっていたような、アウターでなるべく引っ張って、限界が来たらインナーに落とす感じではなく、できるだけ早い段階で見切りをつけて、アウターからミドル、ミドルからインナーへと、フロント側の頻繁なギアチェンジを心がける必要がありそうです。
 まあ、よく考えてみれば、リア側はガチャガチャイジリ回す頻度が高いのに、フロントはあまり使わない、という使い方が不自然だったのかも・・・。

 ちなみに、フロントを変速した際、コンパクトクランクの50-34では、リアも1〜2段、動かして、抵抗差を調節する必要がありましたが、トリプルだとさすがにその頻度は低いです。
 しばらくは慣れる事を目的に乗ってやる必要がありそうですね・・・。

 ちなみに、入れ替わりでニールプライドが洗車調整の入院に・・・。
 必然的に、こいつと遊んでやる頻度が高まりそうです。

 ま、その他、超長距離走を考えた装備も届いてるしね・・・(←何?)。

鬼首道路再び。

 梅雨が明けたー!
 やっとあけたー!

 長かった雨の季節も終了。
 そしてそれと同時に、強烈な夏の日差しが復活!

 早速、今までの鬱憤晴らしに走って来ましたが、日焼け止めを塗り忘れたり、塗っていたのに効果がイマイチで、顔が真っ赤になっていたりします。
 (おかげで日差しが当たると、肌がチリチリ痛い・・・)

 なお、梅雨明けの直前に、仙台の泉区北部から宮床方面に抜ける県道の一部が開通し、走行可能になりました。
 早速、自転車乗り達が試走などに訪れている様子だったので、私も行ってみる事にしました。

 ミヤヒル坂、と仮に呼称がついているようですが、坂とはいえど、斜度はそれほどでもなく、距離が長い、という特性があるため、ヒルクライム練ではなく、平坦高負荷練に使った方が面白いルートになりそうです。
 まあ、私はレース/競技趣向は薄いので、実際にレースを走っている皆様には、どのように見えるかは別の話ですが・・・。


13080301.jpg
で、ちょっと危険な部分もあった。
ミヤヒル側から抜けて来た場合、
最後に急カーブを抜けた先、
アウト側になる場所に、
こんな高低差が・・・。
(最高部で車輪のハブ高)


 ついでに、この道、車道幅はそれほど広くありません。
 並走禁止は言うまでもなく、先頭交代も最小限にすべきかと思います。
 (できればソロ〜2、3人程度で走るのが妥当な所でしょう)

 では本題です。
 GW前半に残雪と季節外れの寒さによって撃退された、宮城〜秋田県間をつなぐ国道108号、通称、鬼首道路。
 今回、ちょっとした偵察を兼ねて、夏期の状況、特に、新道と旧道の双方の状況を見に行って来ました。

 といっても、ここは結構山深い場所。
 標高で言えば、500〜600m前後です。

 それがどれくらいの場所なのか、というと、東京近郊で言えば、奥多摩湖の堰堤付近の標高になります。
 ・・・と、言っても、ここは東北地方。
 単純に、同じ標高だから同じ状況になるかと言えば、さにあらず。

 私の経験上、こちらの地方での標高500mは、関東地方の標高800m以上と同じくらいの気候。
 具体的には、東京近郊では都民の森と同じくらいの標高で感じる気候感を考えて頂ければ良いでしょう。

 冬期は、相当に整えられた除雪体制がない道路は、冬期は完全に通行止めとなってしまいます。
 かくいう鬼首峠も、新道が開通するまでは冬期は通行止めになる道路でした。

 とまあ、そんな場所なので、本来なら事前に色々準備をしたりすると思うのですが、今回は特に何の準備もなく、思いつきだけで走りに出かけました。
 前回のブルベ以来、2週間ほど、全く自転車に乗っていなかったので、どれほど体がなまっているのかを確かめる意味もありましたが・・・。

 それがどんな結果になったのかは、長くなったので裏置きします。
 興味のある方は、以下のRead moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。