日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

04月≪ 2013年05月 ≫06月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

日本屈指の絶景コース BRM525東京200十和田 Part.2

 西日本から関東地方まで、随分広い範囲が一気に梅雨入りしてしまったようですね。
 これからしばらく、自転車には優しくないシーズンです。

 私も608群馬が控えているのですが・・・今度雨だったら、さすがにちょっと出走をどうするか、一考する必要がありますね(^^;)。
 (そう何度も無茶できないし、群馬のコースは、一度も走った事がない場所ばかりだし・・・)

 神奈川の興津400で無茶できたのは、やっぱり、過去に何度か走った事がある場所だったから、というのが大きいでしょう。

 まあ、晴れてくれれば問題ないのですけれど・・・。 

 では本題です。
 発荷峠駐車場のPC1で、地元の皆様のご協力で温かいフードサービスを頂き、鋭気を養った所で、十和田湖への下りにかかります。
 その前に、展望台の方に・・・


13052601.jpg
って、うぉい!
なんぢゃこりゃあ!

と、思わず声に出てしまうほどの、
超展望が開けていた。


 いやあ、びっくりしました。

 PC1の駐車場から、わずかに登って、頂点に差し掛かってすぐ、正面にどぉ~んと、十和田湖と外輪山、そして八甲田連山がまとめて目に飛び込んできました。

 このスケール感。
 去年の走行時にも、この景観は素晴らしい、と思いましたが、今年は去年より湿度が低かったのか、八甲田連山がよりくっきり、そしてさらに豊富な残雪量で、真っ白な姿をくっきりと浮かび上がらせていたのでした。


13052602.jpg
先行して出した一枚を、
補正をかけて肉眼で見た感じに近付けた。

湖の青い水面の上に、
新緑の外輪山の緑が乗り、
芽吹き浅い茶色の高原を間に挟んで、
白い高山の姿が上にのぞいている。


 初夏から春、そして早春から冬までの、全ての季節の景色を一度に見ているかのような、そんな素晴らしい景観が、惜しげもなく眼前に広がっています。
 もちろん、今年も道路脇からではなく、展望台の上から景色を眺めています。

 ほんの少し、視点を上に上げるだけで、この、圧倒的な絶景感が得られるのですから、数分程度のタイムロスなど、気にするほどのものではない!
 私のあとから登ってきた団体観光客も、わぁー、とか、おおー、という感嘆の声しか出ていません。
 とにかく、この段階で、ここに来た目的の一端は確実に果たしたぞ、と、そんな実感を胸に、ウインドベストを装備して外輪山の中へと下って行ったのでした。

 という所で、詳細は長くなったので裏置きします。
 興味のある方は、以下のRead moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】

日本屈指の絶景コース BRM525東京200十和田 Part.1

 さて・・・のっけからこんな話でなんですが・・・。

 これから先の仕事のスケジュールを引いてみたら、6月10日頃に、大きな山が来る事が判明・・・。

 えーっと・・・608群馬が、ヤバくなってきたなあ・・・。
 もちろん、できるだけ平穏無事にこなせるように、努力しますけれど・・・。

 では本題です。
 昨年開催直後から、日本で開催されるブルベの中では、屈指の景観美を誇るコース、と言われていた、十和田200。
 今年は開催主催団体が、VCR青葉からランドヌ東京に移り、コースレイアウトに若干の変更が加わったものの、メインは十和田湖畔~奥入瀬渓流~傘松峠~八甲田山系を抜けるルート。

 昨年も、強烈な山岳コースに苦しみましたが、今年も恐らく、同様に苦しまされる事になるでしょう。

 という確信とともに、今回はなぜかいつものような大騒ぎもなく、平穏無事に八戸入り。
 あまりに前座が平穏無事だと、本番が酷い事になりそうで、逆に不安ですが(^^;)、実際、特に何もなくスタート地点まで到達。
 出走受付を済ませて、ブリーフィング・・・の途中で、6~7名の参加者が飛び込んできました。
 どうやら、北海道から参加の皆様ご一行のようでした。

 後夜祭で聞いた話では、当日早朝に八戸港に到着するフェリーで本州に上陸し、そのまま走って来られたとの事。
 ・・・ちなみに、仙台~北海道間にもフェリーの運航があり、予約時期によっては格安で取れるので、夏の600はどうだ!という話もありまして(笑)。


13052501.jpg
それはさておき、
ランドヌ東京さんのブルベカードは、
なんか凄く凝ってる。

で、今回のお供は、
後ろに見えている
NEILPRYDE Alize。


 久々に、今回のブルベカードの画像を載せてみましたが、これは載せたくなります。
 各団体とも、基本的な記入事項は同じですが、この表紙にあたる部分?には、色々特徴がありますね・・・。
 (まあ、メダルの画像入りが一番多いかな?)

 ブリーフィングが終わると、少々時間が早いですが、ボーナスタイム、という事で、準備ができた人からスタートして良し、という事に。

 ・・・なぜか、反応したのは・・・。
 宮城ブルベで何度かお会いした事がある(と記憶している)皆様の一団と、私。
 ・・・宮城組、先陣切りました?(笑)

 とにかく、今年も絶景コースと言われる十和田ブルベがスタートです。

 そして、以下、詳細は例によっての超長文なので裏置きします。
 興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】

速報:BRM525東京200十和田 完走

 ちょっとまだ色々、整理がついていないので速報でご報告。
 BRM525東京200十和田、完走しました。

 いやもう、今回も素晴らしい絶景と、スバラシイ拷問を楽しんで?来ました。

 レポートはまとまり次第、順次上げて行きます。
 もう少々、お待ちを・・・。
 (例によって、撮り過ぎてるものでね ^^;)



13052500.jpg
先行して一枚だけ。
発荷峠展望台から見た、
十和田湖越しの八甲田連山。

今年は去年より湿度が低いのか、
空は曇りなのに、
遠くまで鮮明に展望が開けていた。

BRM511神奈川400興津 オマケ編

 これを書いている本日、'13年5月19日には、東北地方では一大イベントである、「蔵王ヒルクライム」が行われました。
 当初、雨だった天気予報は、日が経つにつれて回復し、今日はそれほど風も強くない、絶好のヒルクライム日和になっていたようです。

 ま、私はヒルクライムが苦手なので、最初から参加していない訳なのですが・・・(^^;)。

 しかし、同じショップでお世話になっている皆様をはじめ、ブルベでご一緒した皆様など、本当に多数の自転車乗りが参加したイベントでした。
 色々なルートで流れてきたリザルトや走行報告などからは、例年通り、楽しいイベントになったようです。

 来年は・・・いや、ヒルクライムは苦手なんで・・・(^^;)。
 (ブルベのスケジュールと被る可能性もあるしね・・・)

 では本題です。
 今回のブルベを走っている間、およびその後に色々と考えたり感じたり、色々試した装備についてのあれこれなどを、オマケ編として上げておきましょう。

 オマケと言いつつ、相当に長い話になってしまったので、本編は裏置きします。
 興味のある方は、Read moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】

土砂降りの中を走れ BRM511神奈川400興津 Part.3

 さて、5月17日には健康診断が入っています。
 昨年(2012年)に引き続き、ブルベ直後に受ける事になったとは、まあ、何というべきか・・・。

 しかし、去年はブルベを走った、本当に直後のウイークデーが健康診断だったので、ブルベ腹で夜間絶食し、バリウムを胃に投入するという、凄まじい罰ゲームにもなっていたのですが・・・。
 さてさて、今年(2013年)はどんな結果が出るんでしょうかね?

 では本題です。
 BRM511神奈川400興津、11日の21時過ぎに、無事、折り返し地点のPC3に辿り着きましたが、スタートから降り続いている雨は、いまだにやむ気配がありません。
 参加者の中には、雨具の中に雨の浸水を許してしまい、風が吹くと寒さを訴えている人もいたりします。

 それでも、さすがは雨天を覚悟して走ってきた皆さん。
 PCで補給中にもまた一人が到着し、また一人が出発していきます。

 これまで、すれ違いでエールを交わした人達と、PCで顔を合わせた人達をあわせると、大体、10人くらいが先行しているでしょうか?
 確か、出走は28人?でしたので、真ん中より少し早いくらいのポジションにいるようです。

 PC3のコンビニ前に立つ幟がはためく方向を見ると、復路はまず、追い風で始まりそうです。
 復路は下り基調でもありますから、これはかなり恵みの風になってくれるでしょう。

 多少は小降りになった印象のある空の下、今来た道を、遥か彼方、200km先の太平洋に向かって、21時半頃、出発しました。
 ちなみに、PC3から北に向かえば、約90kmで糸魚川。
 日本海の方が余程近い場所から、自転車で太平洋に向かって行くなんて・・・まあ、そういう病気を持った人間達がいるということですね・・・。

 以下、長くなったので裏置きします。
 興味のある方は、以下のRead moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】

土砂降りの中を走れ BRM511神奈川400興津 Part.2

 今回のブルベ。
 実は、いつもよりずっと記憶が薄れています。

 雨と夜間走行のため、あまり周囲を見られなかった。
 それもありますが・・・。

 行動開始から24時間以内に、まとまった睡眠を取っていない。
 これが結構、効いていそうです。

 ヒトという生物は、睡眠により経験と記憶を定着させる動物なので、睡眠時間を削れば削るほど、学習効率は落ちる。
 まあ、わかっている事なのですが、やっぱり避けられない事態ってのはありますよね・・・。

 それでも、デジカメ画像を見れば思い出す事が多いので、やっぱりこれ、記憶を呼び覚ますトリガーとして重要です。
 ついでに、睡眠時間も2晩分が経過した今では、記憶の整理と定着がうまく行ったようで、徐々に思い出せる事も多くなってきました。

 では本題です。
 土砂降りの雨の中を走った興津400ブルベ。
 前回はPC1までの道をレポートしましたが、PC1からPC2、PC3の途中までは、国道20号、甲州街道をメインに走る区間です。

 この道は、東京時代に住んでいた場所のすぐ近くを通っていた道路であるとともに、2009年には東京→糸魚川ファストランで延々苦しめられた道としても記憶に残っています(当時のファストランは、高尾山口~ホテル糸魚川間だった)。
 ちなみに、国道の中で、唯一、自転車で全ての区間を走った事がある路線だったりもします(輪行で帰宅後、東京〜自宅間を走り、自宅から西は、八王子、高尾方面に向かうルートとして、普通に何度も走った)。

 そんな道を、またまた走る・・・。
 その結果がどうなったのか・・・。

 興味のある方は、以下のRead moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】

土砂降りの中を走れ BRM511神奈川400興津 Part.1

 ブルベの当日夜〜翌日くらいに、急激な空腹に襲われる事を、「ブルベ腹」と呼ぶ事が多くあります。

 このブルベ腹、私は今回、当日夜〜翌日になっても襲って来ませんでした。
 睡魔の方は、ゴールした後、1時間ほどで、もはや何も考えられない、というレベルの強烈な物が襲ってきましたが・・・(ゴール地点の健康ランドで、1時間ほど休憩所で寝た)。
 これは、途中の補給がうまく行ったからなのか?なんて考えていたのですが・・・。

 本日(13日)の午後になって、ついにブルベ腹が降臨!
 どうやらこの急激な空腹感、十分な休息と、安定した生活リズムが復活するまでは、体の方が「緊急事態」を察知して、鳴りを潜めているようです。

 ううむ、不意打ちだったから、備えがなくて、コンビニまで走らされたじゃないか・・・。 

 では本題です。
 そのブルベ腹の原因になった、BRM511神奈川400沼津改め興津(BRM511興津400)に参加してきました。

 今回は遠征という事もあり、事前準備その他も色々あったものの、最近恒例になっている、本番前日に発生する仕事の突発的トラブルもなく、珍しく平穏無事でした。
 そして夕方になり、いつものアレか、と、同僚たちが見て見ぬ振りをしているのを横目に、輪行袋を担いで仙台駅に到着。

 ・・・と、何だか騒然とした雰囲気が漂っています。
 繰り返しかかっている館内放送を聞くと・・・。

 『東北新幹線は現在、仙台駅下りホームで発生した人身事故のため、運行を停止しています』

 はいぃぃぃ?

 マジっすか!
 ここで新幹線が動かないという事は・・・遠征先までの移動はどうすりゃいいの?

 この時の時間は、18時半頃。
 なのに、電光掲示板に出ている発着表示は、17時台の表示。

 実際に乗る予定だった新幹線は、19時台の早い時間です。
 今夜の宿は、静岡の清水駅前に確保していますが・・・時間を逆算すると・・・かなりヤバくないか?

 同じJR東日本管内の新幹線(上越、長野)であれば、遅れに応じた振替輸送や時間調整が行われますが・・・。
 東海道新幹線は、JR東海の管内。
 別会社ゆえに、時間調整等は行われない可能性が高いです。

 ブルベ前から、いきなり残時間をカウントしながら移動計画を練るという、ブルベな展開が発生する事になりました。

 その後、上り線は先行して運転が再開されたので、ホーム上に移動して「やまびこ」が何台か運行開始された状況を見ると、平均して40分程度の遅れが出ている様子でした。
 時間を逆算すると・・・次に来た「はやて」に、立ち乗り席への振替も覚悟の上で乗ってしまうのが安全だろうと判断。

 その場で、もっとも運行が早かった「はやて」に乗車。
 車内で空席振替は可能か尋ねてみると・・・正規購入で仙台から乗る予定だった人が、どうやら乗らなかったらしく、ちょうど乗り込んだ車両の空席に変更してもらえました。

 場所は、12番B。3列シートの真中か、と思って行ってみたら、車椅子対応車両だったので、最後尾の通路側。何とも輪行乗車向けのシートでした!
 これは幸運だ!

 そのまま東京まで座って移動(途中、先行した「やまびこ」をいくつか抜いた。「はやて」で正解だった)。
 乗り継ぎ予定だった新幹線の発車、10分前に東京駅に着くという、素晴らしく良いタイミングで移動し、その日のうちに無事、清水の宿に入れたのでした。

 さあ、最初の難関は突破した!
 という安心感もそこそこに、宿に着いたら早速、翌日の天気予報をチェック・・・。

 前線の東進にあわせて広い範囲で雨だ、という予報に変化はなく、今回は雨ブルベを覚悟する必要がありそうでした。
 荷物は今回、スタート~ゴールまで(スタッフのご厚意により)預かって頂ける事になっていたため、雨天、晴天、両方の装備を持ち込んでいた事もあり、まあ、どんな天気でも対応はできます。
 レイン装備一式をザックから引き出し、いくつかの装備をチャック付きポリ袋に封入し、準備完了。

 当日の朝、外れてほしかった天気予報は見事に当たり、強めの雨がしっかりと降っています。
 ため息とともに、買い置きの朝食を平らげ、輪行袋を担いで清水駅へ。
 本当は、清水〜興津までを自走してウォーミングアップしようと思っていましたが、この雨だったら、雨天走行距離を短くするに限る。

 興津駅で、ちょうど同じくらいの時間に到着したランドヌールご一行と、輪行解除大会を展開した後、スタート地点、駿河健康ランドへと雨の中、走り出しました。

 という所で、詳細は裏置きします。
 興味のある方は、Read moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】

ちょっとだけ予習 BRM511神奈川400興津

 週末のブルベを控え、恒例の充電祭りを開催中・・・。
 今回はオールナイトライドを含むため、充電本数多めで展開しています。

 充電器のレギュレーターか何かが、ギューンギューンと微かな音を立てているのが、就寝時に少々、五月蝿いのですが、まあしょうがない所でしょう(^^;)。

 では本題です。
 いよいよ、迫ってきました、次のブルベ。
 次回はついに、400kmのリベンジ戦、BRM511神奈川400興津です。

 コースプロファイルなどは、昨年走行した皆様のルートラボなどを見ていただくとして・・・(手抜きじゃないぞ ^^;)。

 今回のコースは、静岡県静岡市の海岸部(駿河健康ランド)を出発し、由比の険を越えて富士市〜富士川沿いを溯上し、山梨県で甲州街道に合流。
 そのまま、東京→糸魚川ファストランの旧コース沿いに塩尻市の甲州街道終点まで走り、サラダ街道を経て安曇野で折り返し。
 同じコースを辿って、スタート地点まで戻るという物です。

 最初の由比の険で細い路地を走るのと、富士川町〜南アルプス市内は、走った事のない場所が多いので、私的にはミスコースに注意が必要ですが、甲州街道に合流した後は、ファストランの旧コース沿いに甲州街道終点まで行けば良いだけなので、ある意味楽です。
 まあ、以前のコース通り、途中の道の駅に入ったり、塩尻峠でショートカットコースに入らないよう、注意が必要そうですが(笑)。

 それ以外の面でいえば、往路は富士川沿い〜甲州街道の区間では、ファストランでは名物だった「向かい風のダラダラ登坂」に、今回も苦しめられるでしょう(いや、荒れたらホントにキッツいからね・・・)。
 また、復路は塩尻峠の長いダラダラ登りに苦しんだかと思ったら、一桁気温のダウンヒルに凍えるというオプションがついて来ます(過去の開催では、0℃から氷点下まで落ちた事もあったらしい・・・)。

 それ以外では・・・。
 とある場所に、河岸段丘ニ段登りとか、地味に嫌なシチュエーションが待っているとか、ミスコース誘発の罠としか思えない、相似地形&相似道路形状の場所が往路に2カ所あるとか、色々と混乱できる場所が多くありそうです。

 しかし、その罠を除けば、往復コース+私は個人的に走った事がある場所という事もあり、全体的な攻略難度(&ミスコースの心配)は低めです。
 まあ、注意するとしたら、スタートからPC1までの距離(=最終PC〜ゴールまでの距離)が結構あるので、時間に余裕があれば、途中で一回、どこかで補給を挟んだ方が良さそうな事くらいでしょうか?

 あとは出たとこ勝負で行きましょうか。
 幸いにして、この連休中の走行で、それなりの長距離耐性と、低温耐性の訓練にはなっていると思いますので・・・。
 (とはいえ、300km超の距離を走る機会など、普段はまずないので、320kmくらいを越えたら、体の方がどうにかならないか、少々心配ではあるなあ・・・)

 あとは天気ですね。
 現在段階の週間天気予報では、曇り〜曇り一時雨(確度C)ですが、先日、曇り予報で雨を喰らったばかりなので、近年確認されている、ランドヌール集合による「シャーマン効果」がどの程度、影響してくれるのか、少々心配だったりします。
 (まあ、装備はちゃんと備えていますから、簡単に撃退される気はありませんけれどね ^^;)

GW後半 ひたすら4号を北上する簡単な・・・

 '13/5/3日にセンチュリーライドをやってきた体で、5日の朝練に参加。
 (しかも、ガタケ練という強烈なメニュー)

 その後、朝練メンバーの一部が仙台市の西方にある定義山まで行くとの事だったので、飛び入りで参加する事に。
 序盤の早い段階でドリンク切れになり、ゼエハア苦しみましたが、途中でドリンクを分けていただいたりと、色々サポートを頂いたおかげで、無事、定義山に到着。

 連休のためか、物凄く混雑しているそこで、厚揚げと田楽をしっかり、食べてきました。

 そして帰り道は、剛脚で有名なKさんに前を引いていただき、まあ、峠の登りは力の差があり過ぎて、何度も「マスタング」していただいたのですが、七北田ダムの下りをぐいぐい飛ばして引いていただいたのは、ライン取りやブレーキングのタイミングなどを見る、良い機会になりました。
 たまには、こうやってグループで走るのも良いですね!

 ちなみに、足の方は、階段を登る時にじわっと疲労を感じるものの、筋肉痛などはどうやら、発生しなさそうです。

 では本題です。
 連休前半は、まだ冬としか思えない鬼首道路を走ろうとして撃退された訳ですが。
 連休後半は、以前からやってみたかった、国道4号をひたすら北上して行くライドをやってみました。

 毎度ながら、色んな意味で無茶していますが、まあ、それは連休恒例という事で・・・。
 今回は4号と言う分かり易いルートでもあるため、走行距離というか、どこまで行ったかの目安のため、キロポスト表示を追いかけるミッションを追加。

 スタート地点は・・・。


13050301.jpg
仙台市の道路元標。
仙台まで0kmの基準点。


 泉からだったら、一旦南下する分、自走距離が余計に伸びてんだろ、というツッコミもあるでしょうが・・・。
 まあ、長くなる分には大丈夫です(壊)。

 それはさておき、ひたすら北上すると言っても限度という物がありますので、行き先をある程度決めておくとすると・・・。

 中間目的地:盛岡(約200km)
 本命:八戸(約320km:4号上、300km)
 あわよくば:青森(約400km)

 という感じで想定してスタート。
 それぞれの地点設定は、時間的に行動限界に到達しそうな付近で、最悪、転がり込める場所(健康ランド、ネカフェ)がある場所です。
 (逆に言えば、それを外すと路頭に迷う(笑)。東海道のように至れり尽くせり、という訳には行かない・・・)

 という訳で、一桁国道をひたすら北上してきただけの記録です。
 面白味も何もありませんが、内容は裏置きしてありますので、興味のある皆様は、Read moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク