日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

03月≪ 2013年04月 ≫05月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

GW前半 鬼首道路にアタック。

 連休前半は雑用だけで終わらせるつもりでしたが・・・。

 4月26〜27日にかけて、チームブルベ、フレッシュが行われており、それに参加している皆様の、ツイッターでのツイートを見ていたら、妙に触発される物がありまして・・・。
 走ってくるか!と思い立って、予定外のライドに出かけてきました。

 では本題です。
 さて、ゴールデンウィークがはじまりました。
 きっちりカレンダー通りしか休めない・・・というか、本業スケジュール的には休める事自体が奇跡だったりする(他のチームの中には、休めない人達も多い)のですが、ま、休めるなら精一杯、休みを楽しんでやれ!

 という訳で、例によって、連休恒例・・・といいつつ、昨年は天候に負けて何もしていませんでしたが(^^;)、今年は軽めの無茶をしてやろう、と思い、まずは今まで越えた事がない県境を越えてやろうと算段。

 今まで越えた事がない県境と言えば・・・宮城県から直接、秋田県に抜ける道。
 国道108号、通称、鬼首道路を抜けて秋田県に至るルートです(鬼首→おにこうべ、と読む)。

 しかし、その道はかなり山深い場所を通る道で、旧道時代は冬期には積雪のため通行止めにされており、高規格道路化されて除雪体勢が強化されるまでは、秋田から宮城に移動する場合、冬期は山形県に入り、国道47号を経由するしかなかったらしいです。
 (おかげで、秋田から仙台間の冬期の移動距離が一気に短縮され、特に物流面で多大な改善効果があったらしい。何かと批判されがちな道路族だが、実際には必要な場所に必要な整備が行われている場合が多い)

 そんな道路を、自転車で抜けて走る。
 ま、200のブルベの翌週なので、ちょっと負荷は軽めに、センチュリーライド程度(が軽いかどうかは個人の感覚によると思うが・・・)と考えて、県境を越えて108号~13号経由で大曲駅まで行けば、170km前後。
 これくらいならば、足慣らしにも良さそうだ、と、それだけを考えて出発。

 普段なら、ここで色々計画を練ったりするのですが、この日は成り行き任せで行動開始です。
 鬼首道路は、鳴子温泉から国道108号沿いに鳴子ダム方面に進み、さらに湖岸を北上すればアクセスできるはず。
 ならば、まあ、ルートは分かっていますし、コンビニ配置も分かっているので、出たとこ勝負で行っても何とかなりそうです。

 ま、本当は休日の最初の3日は雑用をこなすだけのつもりだったのですが・・・フレッシュに参加している皆様のツイートに触発されて、とにかく走りたくなった、という背景があったので・・・(^^;)。

 そんな訳で、いきなりノープランで飛び出したアタック走。
 どんな結果になったのか、その詳細は裏置きします。
 興味のある方は、以下のRead moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】

雑感編。BRM420宮城200km Part.3

 今年初のブルベ終了から、早くも5日が経ち、そろそろ次回のブルベについても、準備等々を考えるべき時期になってきました。

 次回のブルベは遠征で400km。
 400kmは、昨年、DNFしていますので、何となく苦手意識があったりしますが・・・しかし、今回200を走ってみたら、思ったよりちゃんと走れたので、アプローチさえ間違わなければ、完走も難しくないと思います。

 コース自体も、過去に走った事がある地域が多いですし、まあ、あとは本番度胸のみ、でしょうかね・・・。

 では本題・・・ですが、今回はBRM420宮城200kmの雑感編という事で、レポート本編では書けなかった事。
 特に、Part.2は書いている途中で睡魔に負けて落ちたので(^^;)、そこからこぼれ落ちた事を中心に書いて行きます。

 詳細は裏置きしますので、興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】

2013年最初のブルベ。BRM420宮城200km Part.2

 毎年、この季節には装備を色々迷うことが多いので、今回のブルベでのウェア類のことを、参考まで記録しておきましょう。

服装
 インナー:普通のメッシュインナー
 ミディ:登山用保温インナー(薄手長袖)
 アウター:長袖ジャージ
 シェル:キャノンデール モーフィスジャケット

 下半身は、レーパンにサイクルパンツを重ね履きしています(単純に、ポケットの数が増える、という理由。可搬性が多少ながら上がるので)。

 両手は、朝夕は厳冬期のインナーグラブとして使っている、コンビニの「のびーる手袋」に、指切りグラブを重ね、昼間の気温が高い時間帯には、指切りオンリーに変えました。
 足は特にカバーしていません(素脛、サイクルソックス、サイクルシューズのみ)。

 これで一桁気温は、少々薄手だったかもしれませんが、この日は何の気の迷いか、もう一つ、「ボディーウォーマー」という名の「腹巻き」があったのが大きかった!
 その上、キューシートをジップロックに封入して、ジャージの中に突っ込んであったので、暴風効果も格段に向上していました。

 まあ、キューシートを腹に入れているのは、いつも同じなのですが(^^;)。
 大体、コースは事前に頭に入れてしまうので、走行中にキューシートを見ることがあまりないという・・・。

 こういう時は、普段から地図読みが大好き体質を、有利だと思えてしまいます(^^;)。

 まあしかし、装備に関しては、その時々で対応を考えないと、大外れさせると、寒さに震えるか、暑さにうだるかで、どちらにしても完走から大きく遠のく事になるので、自分にあった装備をちゃんと選ばないといけませんね。

 では本題です。
 今回は、前回の続きで、低温と風に苦しんだBRM420宮城200kmのレポート、Part.2です。

 PC1まで、大体想定通りに走れた今回。
 この後もうまく行くのでしょうか・・・。

 詳細は裏置きしますので、興味のある方は以下のRead moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】

2013年最初のブルベ。BRM420宮城200km Part.1

 4月21日の朝9時に、窓の外を見てみると・・・雪景色。

 うぉい、どういう天気なんだね、これは(^^;)。
 いかな東北地方と言えど、これはいくら何でもおかしいぞ。

 一日早く喰らっていたら、どうなっていたか、と考えると、ちょいと恐ろしい事になっていたなあ・・・。

 いやあ、季節外れの寒波だけでも、普通の皆様には相当に迷惑な話だったと思いますが、それがまだマシだった、とか、どんな感覚なんだと(^^;)。

 では本題です。
 今年も走る事にしているブルベ。
 その第一回である、BRM420宮城200kmに出走してきました。

 結果は・・・追々レポートするとして・・・。

 今回のコースは、昨秋、10月に開催されたコースと同じ、あ・ら・伊達な道の駅をスタートして、平泉~一関市北部を周り、登米市、栗原市を経由して、あ・ら・伊達な道の駅に戻る周回コース。
 昨秋の経験を反映したコース概要は、以前に上げてある通りな訳ですが・・・。

 まあ、それはそれとして、以下、詳細は裏置きします。
 興味のある方は、以下のRead moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】

現状整理!

 気がついたら、色々エントリーしてしまっていたので、現状整理しておきます。

 BRM420宮城200km エントリー済み 完走!
 BRM511神奈川400沼津改め興津 エントリー済み 完走!
 BRM525東京200十和田 エントリー済み 完走!
 BRM608群馬400 エントリー済み DNF

 ・・・おい、随分増えたな・・・。
 月一回、5月は2回ペースかよ・・・。

 そしてこの後は、

 BRM720宮城600km エントリー予定エントリー済み 痛恨のDNF
 BRM913宮城1000km エントリー予定エントリー済み 限界のDNF
 BRM1012宮城300km エントリー予定エントリー済み 執念の完走!

 う〜ん・・・こんなに日程、空けられるのか?
 (完走するより、そっちの方が難しい事に、今気付く・・・)

 <2013/10/14加筆>

小ネタ集 最近の状況・・・。

 このネタをサーバに挙げる直前に、「NHKスペシャル、メガクエイクIII」を視聴。

 おかげで、冒頭脱線が長くなりますが・・・しかし、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災を引き起こした、海溝型地震)以降、国内で増えている、活断層由来の直下型地震のメカニズムについて、色々、興味深い話が見られました。

 東日本に関しては、あの地震で断層の歪みも一気に解消した、と思っていたのですが・・・。
 震災後の今、半径400kmの範囲の地盤が隆起し、その影響でその範囲で活断層に別の歪みが発生し、活断層由来の地震が多数起きているとか、ちょっと意外な話もありました。

 そしてその隆起範囲に、長野県の栄村がぴったり符合しているのは・・・震災直後に、震度6クラスの直下型地震が発生した事は、意外でも何でもない話だった訳ですね。

 ちなみに、東京都西部の立川断層も、隆起範囲内に位置する活断層。
 ここもいつ、バキッと行くかわからない状況だ、という恐ろしい状況だとの事。
 しかも、都内は堆積物が厚く(最大5,000mとか)積もっているため、活断層の存在を確認できない場所が多いとか(関東ローム層なんて、火山灰堆積層だからなあ・・・)。

 とはいえ、東京だけでなく、大阪の地下だって、かなり危険な状態です。
 大阪の地下を走っている上町活断層は、大阪市のど真ん中から堺市の方に走っていて、これが破砕したら、東日本大震災以上の死者が出るとの予測もあるという、恐ろしい話も出てきました。

 西日本は少地震地帯だ、という意識がいまだに根強い地域(これは西日本在住の多くの友人達の言葉の端々で感じている)でもあり、そんな地域にある上町活断層が、いきなり破砕した時の被害はどうなる事か・・・。
 しかも、関西地方に近接する南海トラフ(海溝)は、今も歪みを溜め続けている事を考えたら・・・。

 東北地方は、2008年に岩手〜宮城の内陸でM7.2の大地震があった後に、2011年の、あの大地震に襲われました。
 そして、今では2008年のそれは、2011年に起きた大地震の予兆だったと言われています。

 南海トラフは、いまだに歪みを溜め続けており、阪神淡路の地震をはじめ、歪みが溜まり易い地域(鳥取、福岡など)で、立て続けに地震が起きているのは・・・。
 阪神淡路の地震は、少地震帯だという認識が強かっただけに、寝耳に水の一撃だった事を考えると、恐ろしい話です。

 では本題です。
 しばらくの間、多忙期の疲労からのリハビリが進んでいない事と、天候不順
等々があって、あまり走れない日々が続いています。
 という訳で、大ネタが無いので、小ネタ集で繋ぎます(笑)。

 とはいえ、あまりネタにできる話もないので、最近の自転車趣味活動記録などを・・・。
 「お前の日記なんぞ興味ないわ!」という普通の感想を持たない、宇宙空間並に広い心をお持ちの皆様は、以下のRead moreをクリックして下さい・・・。

【Read More・・・】

転居からもうすぐ2年(移住後の自転車趣味について思うこと)

 またひとつ、年度末の多忙期をクリアし、あと二ヶ月ほどで、私が仙台に来てから2年が過ぎようとしています。

 体感時間は、本当に長かった・・・。
 様々な事が、大きく変わりました。

 生活があまりに大きく変わったのは当然のこととして、趣味の世界との付き合い方も、今では本当に大きく変わったな、と、そう思います。
 東京にいた頃は、基本、一人で走っていたのに、今ではショップの朝連に参加したり、イベントに集団で参加したり、ブルベのスタート地点で挨拶を交わす顔なじみが増えたり。

 本当に変わりましたね・・・。

 では、そんな前置きを受けて本題です。
 皆様ご存じのとおり、ここ、宮城県仙台市は東北地方の中核都市であり、また、様々な企業の支店支社が置かれている場所です。
 年度の転換期には、たくさんの人が就学、就職、職場の異動等に伴い、動くことが多いためか、現在、ウチのブログに来て頂いている皆様のキーワードにも、色々変化がありました。

 最も多いキーワードは、「WH-9000-c24-CL」。新製品ですから、使用感/評判をチェックしている皆様が多いのでしょう。
 続いて、相変わらず多いのが、「カーボンフレーム 寿命」。まあ、私はこんなの、気にするだけ無駄、という意見の持主です(はっきり言って、車体を乗りつぶす前に新しく「もう一台」が欲しくなります。私もそうだったし)。

 そして、3月後半くらいから、急に件数が伸びてきたキーワードが、
 「自転車 仙台 練習コース」
 「自転車 仙台 ツーリング」

 等の、自転車趣味の練習場所や走行コースに関する情報を検索していると思われるものです。

 私も2年前に東京から転勤してきた人間なので、新生活を送る場所で、趣味活動の場がどれだけあるのか、自分に合った付き合い方が見つかるのか、と、それが不安になる気持ちは分かります。
 身近に同じ自転車趣味の人がいない場合、それはさらに大きな不安になるだろうこともわかります。

 では、そんな皆様に、この場でわかりやすく情報をご提供・・・するのか・・・。

 その辺りの事について、以下、裏置きしてみました。
 興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク