日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

02月≪ 2013年03月 ≫04月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

走行時撮影装備、新調

 久々にベルエキップ朝練に参加してきました。
 夏の朝練時に常時走行コースになっていた、南川ダムスタートの峠道コースでしたが・・・。


13032400.jpg
こんな風景の中を走った。
おいおい、東京では桜が満開なんだよね・・・?


 いやあ、これがもう、昨夏の時の感覚はどこに行ったのかと思うほど、酷い状態・・・。
 中の下チームで参加したのですが、序盤のフラットロードでは、ローテなし条件でついて行くのがやっと。
 坂のセクションに入ったら、周囲にあっという間に置いて行かれ、一人旅。

 練習なんだから、多少は頑張りたい所ですが・・・全然脚が回らない。
 力を入れようとしても、踏み込めず・・・。

 やれやれ、冬期の不摂生が影響するとは思っていましたが、こんなに明らかな形で出てしまうとは・・・。
 とはいえ、去年は4月頭にいきなり100kmライドで足つり停止を余儀なくされていた事を考えたら、いきなり80kmも走行出来た事は、まあ悪くない・・・と思いたい物です(^^;)。
 (アップダウン主体で走って、最後の方は脚がピクピクし始めていたけど・・・。頑張ったし ^^;)

 では本題です。
 先日、新デジカメを購入した件をネタにした所でしたが、正式に撮影装備として使うために、新しい装備を導入する事にしました。
 で、導入したのは・・・結果的に、FT1と同じ、オリンパスのウェアラブルポーチな訳です(^^;)。

 何で先代をそのまま流用しなかったか、というと、カメラ本体に対してポーチが小さ過ぎて、ちゃんと格納&固定ができなかった、という理由に尽きます。
 先代ポーチは、旧μシリーズ向けに作られているため、現行TGシリーズには、微妙に小さいのです。

 そんな訳で、現行TGシリーズ向けに作られているオリンパス製ポーチを新調したという訳です。


13032401.jpg
腕に装着したところ。
本来はダイビングなど、
マリンスポーツでの使用を想定しているようで、
バンド部分に至るまでが、
ネオプレーン製に変更されている。


 先代の製品と変わったのは、腕に巻くバンド部分もネオプレーン製に変更され、伸縮性があるため、締め上げの力加減がやり易くなっています。
 先代の製品だと、バリスティックナイロン製の、全く伸縮性のないバンドだったので、締めるとそれだけ、腕の方も締まって、腕を曲げ伸ばしして筋肉が膨張したり収縮したりすると、血行が悪くなって痺れたり、色々と問題があったのです。

 しかし、現行品はバンドもネオプレーンになったため、素材の伸縮性のおかげで、ギリギリに締め上げても、うまく伸びて力を逃してくれます。
 この変更は、非常にありがたい所ですね。

 で、実際の使い勝手も、今日の朝練で試してきましたが・・・。

 うむ、慣れの問題かもしれませんが、取り出し〜撮影までは、先代と同じ感覚でできますが、収納時に"もたつき"が出てしまいます。
 理由は、ポーチの外側から本体を抑えるバンドが、柔らかい素材に変わった事により、バックルの位置が一回で定まらないこと。

 また、バックルの爪が硬いパーツに変更されているため、下手をすると、斜めに刺さった状態で噛んでしまい、なかなか収められなくなってしまいます。
 これ、ダイビング用の厚手のグローブを着けたままでは、使い辛くてしょうがないのでは・・・。
 (実際、自転車の冬用グラブでは使い辛くてしょうがなかった・・・。素手に近い、夏用の指切りグラブなら、少しは何とかなるだろうか・・・?)

 まあ、慣れないうちは、停車して扱うようにしましょうか・・・。
 (先代は、デビューのツール・ド・おきなわ(本島一周サイクリング)まで、慣れるように練習しまくったけど、今回、そんな時間はなさそうだから)

コース予習(復習?)編。BRM420宮城200km

 日中は温かいのに、朝夕は冷え込む事が多いなど、気温条件がコロコロ変わるこの季節の自転車装備に、とても便利な物。
 それは、袖が脱着可能なアウタージャケットです。

 しかし、数年前までなら、複数のメーカーから出ていたこの製品、あまり人気がなかったのか、最近ではほとんど見かける事がありません。
 春先~晩春までのブルベには、この装備はとても重要な装備になるので、そろそろ手持ちのジャケットが古くなってきた事もあり、リプレース品を探してみよう・・・と思ったのですが・・・。

 有名メーカー製品で探してみましたが、見事に全滅。
 うをい、どういう事なんだってば!

 反面、意外な・・・というと大変失礼な話ではありますが、同じコンセプトで、極めて真面目な製品が見つかりました。
 見つかったのですが・・・それが、ドッペルギャンガーの製品だったというのがまた、どういう事なの?と言いたくなる訳で・・・。

 ドッペルギャンガー、ブランド立ち上げ間もない頃は、車体性能などで色々言われていたのと、最近は街中で乗っている人のイメージから、やっぱりどこか「チャラい」という感じがありましたが、実はかなりの「やり手」なんじゃないか、と思えてきてしまいました(^^;)。

 いや、でも、機会があれば、実物を見てみたいよ、これ・・・。

 では本題です。
 今年最初のブルベになる、BRM420宮城200km。
 コース自体は、昨年の2012BRM1006宮城200kmと同じなので、覚え直す必要がないのは、コース記憶派としては非常に助かります(笑)。
 加えて、昨年は「脚終了!」という、忘れられぬ思い出があるだけに(笑)、またもリベンジの機会が訪れたのか!という気分でもあります。

 という訳で、出走するなら、天気が良ければ、再びアリーゼに乗る事にします。
 この車体にも、最近は随分慣れてきた&ホイールをデュラに変えたら、ゴツゴツと硬かった乗り味が随分マイルドになって、Corratec R.T. Carbonと同じ感じの乗り味に変化した、という嬉しい誤算もあるので、改めて、どこまでこの車体で行けるのかを試したいと思っています。
 (キシリウムSLは、やっぱりホイールとして、かなり硬い物のような気がする・・・)

 それ以上に、気にすべき点は、やはり昨秋の実走体験を経た結果、コースの印象などがどう変わったか。
 そして、このコースを再度、攻略する上で、注意すべき点などはどこにあるのか・・・。

 という内容は、非常に長くなったので裏置きします。
 興味のある方は、以下のRead moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】

今年もブルベにエントリー

 随分久々の更新ですが、2月は本気で死ぬかと思った一ヶ月でした・・・。

 いや、いやいや、もう、ホントに。
 何をやっても、どれだけやっても、次から次へと仕事も作業も次々出てくる…。
 その上、若手の何人かが「作業」だけやって、仕事をやったつもりになっていて、大幅に手直しとやり直しが必要だった部分もあったりして、とにかく色々大変な事が起きていました・・・。
 (まぁ〜、頭を使って「仕事」をする楽しさを教えられなかったのは、こっちの指導ミスな訳で、若手を叱っただけで解決出来る問題ではなかったのだけど・・・)

 年度末は毎年、こんな感じですが、今年は何年ぶりかに「徹夜」という物を、2度も経験しましたよ・・・。

 で、ここで「仕事があるってのは幸せな事だよ」とか突っ込んだ皆さん。

 ならば今すぐ交代しよう!

 ほら、幸せなんでしょ?一ヶ月、全く休まず働き続けて、それがあと一ヶ月続きそうな気配がある、今の私の生活が!
 今すぐ交代してあげるから、遠慮せずに、ここまでいらっしゃいな!

 (大体の人は、こうやって迫ると「いや、そこまでは・・・」と引く。おいおい、自分が同じ立場に置かれるのは嫌なのに「幸せだ」なんて、随分無責任な事を言ってくれるじゃないか!)

 では壊れるのはそこまでにして、本題です。

 ランドヌール宮城さんの今年のブルベ第一弾、BRM420宮城200kmのエントリー受付が開始されていました。
 (確認した限りでは、'13/2/28に始まったらしい)

 もちろん、早速エントリーは済ませています!

 今回のコースは、昨年秋の、2012BRM1006宮城200kmと全く同じコースでの開催のようです。
 なので、コースを覚え直す必要はありませんが、昨年走った時の状態がこんな感じでしたから、今回はもう少し、まともに走りたい・・・のですが・・・。

 ・・・走れていないからなぁ・・・昨年の今頃以上に・・・(^^;)。

 毎年のこの時期の課題が、「なまり切って、腹が出っ張ってきた体を何とかする!」なのは、どうした物か。
 あんなに無雪&プラス気温で暖かかった東京時代からこれだもんなぁ・・・。
 (今は降雪、凍結、氷点下で、走りたくても走れない日が多いのだけど)

 とにかく、今年もやっと、始動の目処が立ちました!
 あとは時間を見つけて、何とか乗り込んで行くべし!

 ・・・しかし、今、2012年のBRM1006宮城200kmの記録を見直してみたら、完走まで11h50min前後なんですよね・・・。

 私の場合、ちゃんと全乗車して走っても、200kmは大体、11h25min前後で完走するペースです。
 昨年の1006の時は、途中、押し歩きが入っていましたが・・・30分も時間が変わらなかったのは、これ、やっぱり新車効果だったのかな?
 (脚が終わって、インナー縛りでしか走れなくても、何だかんだで、30km/h近い速度は出せていたからね。平坦な場所では・・・)

プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク