日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

08月≪ 2012年09月 ≫10月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

Bikefriday tikit、致命的な破損の情報

 来週は、BRM1006宮城200kmになりました。

 既に、試走したスタッフの方からコメントを頂きましたが、200kmとしては走りごたえのある、良コースになっているようです(楽しみだ!)。

 そして、ブルベ装備として、ロード用のフェンダー(ドロヨケ)を新たに通販で購入しましたが、その際に、以前情報を頂いた、Bazzokaのバックミラーも購入してみました。
 このミラー、写真から見て、以前紹介しているサギサカ製のミラーにそっくりだ、と思っていましたが・・・。


12093001.jpg
どう見ても同じ物です。
ありがとうございました。


 はっはっは・・・。
 まあ、ブランドロゴがついただけで、一気に価格が跳ね上がった訳でもなく、かなり安価(500円未満)なので、その辺は問題ない話でしょう。

 問題なのは、ドロップバー対応のアダプタが、初期装備品か横についている方か、何の説明もないことで・・・。
 (あのさ、このゴム部材、ねじ込むの、かなり大変なんだよ?付けたら失敗でした、って事になったら、ブチ切れる人が出てもおかしくないよ?)

 見た目が全く同じだけに、1/2の確率にかけるしかなさそうです。

 では本題です。
 我が家では最近、稼働率が下がっているBikefriday tikitですが、それに関連するのかしないのか、致命的な破損の情報が報告され、オーナーに乗車に対する注意喚起がされています。
 状況としては、ハンドルポストが根元側で突然破断する、という物。
 現在、2件が立て続けに発生し、走行中にそれが発生したオーナーが負傷しているそうです。

 Safety Warning: Do not ride your tikit(米国BikeFridayからの正式アナウンス)

 その後、続報として発生状況の再現結果と、それに至る兆候として発生するクラックなどの情報が発表されています。

 Bike Friday tikit stem SAFETY WARNING, Update #1 [09.28.12]:(米国BikeFridayからの正式アナウンス)

 日本語だと、こちらが良いでしょう。

 2012年9月 - 米国Bike Fridayよりtikitの安全に関する注意(CYCLETEC-IKDのサイト)

 tikitは、複雑な折り畳み構造を持つ自転車なので、関節部分などがどうしても構造的な弱点になってしまいます。
 特に、ハンドルの関節部分については、他メーカーのハンドル折り畳み式の自転車に比べ、かなり華奢な構造になっており、そこが弱点になりそうなのは、感覚的に理解できます。
 (DAHONの車体なんて、ハンドルの間に巨大な補強材付の関節がついてるもんね・・・)

 で、ウチの車体は、使用しているハンドルが前傾姿勢に対応した物(STIツーリングバー)であり、前荷重がフラットバーやHバーより強くなるためか、このハンドル部分に変な荷重がかかる・・・のか、関節部分がうまく勘合せず、グラグラする現象が発生しています。
 そのため、最近はあまり出番がなく、部屋の中で鎮座している状態なのですが、もしかすると、今回のトラブルに繋がる何かがあるのか・・・とも思えてしまいますね。

 一応、チェックしてみた所、報告されているようなクラックは発生しておらず、関節のヒンジ部(蝶番)の辺りが変形しているような、そんな印象のグラグラでしたが・・・。

 ううむ、しかし、ヤバい状況である事には間違いがなさそうです。
 今度こそ、販売店に連絡を取って、部材交換をお願いするべき、なのでしょうかね・・・。

久々にコース予習編。BRM1006宮城200

 今週は朝練が雨天中止になり、自転車に乗り損ねた気分になっています。

 それはさておき、最近、輪行装備のエンド保護金具を不注意で壊してしまいました。
 輪行形態時に、不注意で肩ストラップを滑らしてしまい、強めにガシャン、と置いてしまった事が原因で・・・。

 一応、大きな変形もなければ、車体へのダメージも見られなかったのですが、輪行終了後に収納する時、歪みがあったのか、引っかかって畳めなくなってきたので、新しい物を購入する事にして・・・。


12092301.jpg
そしてこんな物を導入。
プラ製のエンド保護具。

クイックシャフトは付属しておらず、
後輪のシャフトを使って固定する。
(この画像では、Lightning Alpineのシャフトを使用)

12092302.jpg
収納する時はこんな風に・・・

12092303.jpg
エンド幅をキープする、
パイプ型の部材を収納する形で畳める。

12092304.jpg
裏から見た図。
わずかではあるが、
収納時の容量を節約できる。


 使用感に関しては、今まで使っていたオーストリッチのエンド保護金具と同様であり、樹脂製だから弱い、という事もありません。
 まあ、以前やってしまった失敗のように、ガシャンと落としたりしたら、どうなるかは不明ですが・・・(試す気にもなれないし:笑)。

2014/01/21追記
 この樹脂製エンド保護パーツですが、外すのが難しくなるほど強くクイックを締めた状態でも、わずかな外力ですぐに回転します。
 また、車体に装着された状態で、少しでもねじれ方向の外力がかかると、関節部に打ち込まれているピンが簡単にはじけ飛びます(輪行状態で床に置いて、軽く滑らせただけで破損した。半年の間に、2組、同じ破損が発生)。

 接地面に装着し、外力がかかる前提の部材がこれでは、正直、リアエンドやディレイラーの保護として、信頼を置けるものではないと判断し、現在は使用をやめて、オーストリッチ製の保護金具に戻しています。


 では本題です。
 10月6日に、久々にブルベに参加します。
 距離は200kmですが、あまり土地勘のない、岩手県南部海岸側〜登米地域を通るため、コースの記憶がちょっと大変だったりしています・・・。

 という訳で、今回は久々に、自身のコース覚え込みを助長する事も考えて、コース予習編をお送りしましょう。
 なお、私は例によって「GPSって、頑張れ、プレイステーションの略でしょ?」という発想の持ち主なので、以下の私的解析コース概要は、全てペーパーロケーション(紙地図上解析)の結果ですので、実際に走ると、全然違う結果になる事もあると思いますので、ご注意ください。

 という訳で、詳細解析結果は裏置きします。
 興味のある方は、以下のRead moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】

被災地を走る。ツール・ド・三陸 サイクルチャレンジ in 陸前高田

 しばらく、完全放置になってしまっていました(笑)。

 お盆が空けて以降、現在関わっている仕事が急激に忙しくなり、そりゃもう、日常生活にも影響が出るわ、朝練にも参加できなくなるわ、の大騒ぎになっていました。
 まあ、生存はしていましたけれどね(笑)。

 しかし、体の方は結構、正直に反応していたようで、ある日、正面の席に座る後輩が、私の眼前に突き出した用紙を見ると・・・。

 ウチの近所の皮膚科リストでした・・・。

 そういえば、その後輩も、私と同じ症状持ちだったな・・・と思い出しつつ、「酷いか?」と聞くと、「今すぐ、強いので抑えないと、もっと目立つようになると思います」という、同じ症状持ちならではの、的確な返事が返ってきました・・・。

 という訳で、生涯何度目かのアトピー緩解化治療を開始です(^^;)。
 やれやれ、今度はどれだけの期間、振り回されるかなっと!
 (いつもの事だから、もう慣れた:笑)

 では本題です。
 久々にサイクルイベントに参加してきました。

 イベントの開催地は、東日本大震災で甚大な被害を被った、岩手県陸前高田市。
 リアス式海岸の湾内に成立した都市で、以前は白砂青松の海岸線の美しさで知られていた町でしたが・・・。

 現在は白砂青松の海岸地帯は失われ、市内中心部もほぼ壊滅的な被害に見舞われ、復旧・復興までどれくらいの時間が必要か、想像もつかない状況になっています。

 そんな町の中を、自転車で、マイペースで走る。
 現在の、被災地陸前高田の姿をその目で見て、記憶に焼き付け、そしてそれを参加者が各地で伝える事で、全国の皆様に、現在の陸前高田の姿を知ってもらおうという思いも込められたイベントです。

 という所で、詳細は裏置きしますので、興味のある方は以下のRead moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク