日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

05月≪ 2012年06月 ≫07月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

天は我らを祝福せり!2012BRM602青葉200十和田(その2)

 さて、ブルベあけの月曜朝。

 例によって、小径車BSモールトンで、台原の丘を越えて通勤した訳ですが・・・。
 宮城200、宮城300の後よりも、足が回らない・・・。

 さすが、青葉ブルベの山岳っぷりは、ひと味もふた味も違ったようです。

 この疲れ、ちゃんと週末までに抜けるのかな・・・。
 (今度走るのは、400だぞ・・・鳥海山ブルーライン付きの。大丈夫かな?)

 では本題です。
 東北復興支援ブルベと銘打たれた、ヴェロクラブ・ランドヌール青葉主催のブルベ、2012BRM602青葉200km十和田。
 シーニックと言われる、観光地を巡るコースを走るこのブルベ。
 色々楽しい事も多かった訳ですが、色々苦しい事も多かった訳で・・・。

 しかし、観光地に入るまでの、PC1までの間だって、観察系の視点では非常に楽しめる道筋である事は、「その1」で書いて来たとおりですが、ここから先は、さらにとんでもない場所が続きます。

 既にその片鱗はPC1の発荷峠まででも、観光バスの多さ、という形で現れていました。
 そんな風に観光客が集まる場所は・・・普通に良い景色の場所である事はもちろんの話ですから・・・。

 PC1の発荷峠駐車場から、ほんの一瞬(体感)で到着できるできる距離にある発荷峠展望台は、十和田湖を一望できる絶景ポイントとして有名ですからね。
 そして、十和田湖を約三分の一周してから先、奥入瀬渓谷は言うに及ばず、その先、登り返す八甲田連峰方面も、景勝地として有名ですから。

 そして、ここから先こそが、5段階評価の4つ星の真価が現れてくる場所でもあります。
 その辺りは、コースが進むにつれて、はっきりしてくるでしょう・・・。

 コースはここから十和田湖へと下り、そして、今回のブルベのクライマックスゾーンの、奥入瀬渓谷、傘松峠へと続いて行きます。

 という訳で、例によって本編はまた長文なので裏置きします。
 興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2018年1月に、東北勤務から再び東京に転勤となりました。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク