日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

04月≪ 2012年05月 ≫06月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ライトネタに、ちょっと追記

 何度も書きますが、今週末は、十和田ブルベ。

 今回は、前日入りで後泊も確保しているので、随分、色々な物を遠慮なく持ち込む事ができます。
 だって、使わなかったら、宿に置いておけば良いんですからね・・・(今までは、持ち歩きになりそうで、本当に最小限の装備しか持ち歩いていなかった)。

 それに、スタート地点は宿から近いので、今までのブルベと違って、ギリギリまで寝ていられるのも、かなり楽ができる要因だったりします。
 ついでに言うと、ブルベ終了後の、後夜祭という名の「本番」の会場にも近いので、「本番」でDNF寸前になっても、何とかゴールはできるでしょう。

 ・・・あれ?
 コースの確認はどうしたっけ?

 では本題です。
 最近、ライトについて、色々と情報収集に来ている皆様が多いようです。
 まあ、あの八墓村マウントの紹介時に、簡単なインプレを置いておいたので、それにキーワードがヒットしているようで・・・。

 という訳で、ライトに関して追加の情報を置いてみましょう。
 CATEYEのライト、最新カタログには、上位モデルにカンデラ値だけでなく、ルーメンの数値も併記されるようになったそうです。
 ネタもとは、サイクルショップ金太郎の自転車日記さんなのですが、そちらの記事によると、CATEYEも上位モデル限定ではあるものの、ルーメン表記がされていたとのこと。

 近年、特にGENTOSのSG-300シリーズが自転車用ライトとして流用されるようになってから、ルーメン表記による光源の強さがライトの明るさの指標になる事が主流になりつつあるように思います。
 しかし、ルーメン値が大きくても、路面をほとんど照らさない、というライトが多いのもまた事実であり、個人的には、ルーメン値の大きさだけでライトの優劣を語る傾向が強い最近の状態には、ちょっと違和感を感じています。

 という前提を示した上で、CATEYEのライトのルーメン値を、サイクルショップ金太郎様のサイトからちょっと引用しますと・・・

 HL-EL930RC(スタジアム3) 5500カンデラ/1500ルーメン
 HL-EL920RC(スタジアム2) 3500カンデラ/1000ルーメン
 HL-EL620RC 2000カンデラ/250ルーメン
 HL-EL540RC 4000カンデラ/170ルーメン


 というわけで、カンデラとルーメン、両方の数値でした。

 外付大型充電池を使用する大型ライト、スタジアムシリーズが強烈なルーメン値を示しているのはまあ当然として。
 皆様が一般的な範囲と考えるであろう、EL620RCとEL540RCの2機種については、「あれ?こんな物なんだ」と思う程度のルーメン値かもしれません。
 HL-EL540RCは、ブルベを走るランドヌールの間でも評価が高いだけに、もっと高いルーメン値を示すと思った皆様も多いのでは・・・。

 しかし、この数値を並べてみても、単位の意味が分かっていないと、結局、どれが本当に明るくて、使い易いライトなのか、という所は分かりませんよね・・・。
 とりあえず、単位の意味合いとしては、(我流理解では)こんな感じでしょうか?

カンデラ
 光の放射強度(光度)の単位。
 光源から一定の方向に放射された光の仕事量(物理学的な意味の「仕事」ね)。
 もっと分かり易くいうと、光源を見たときの眩しさの程度を表す単位。

ルーメン
 光束量の単位。
 ある一定の強さを持つ光の筋が、どれだけの本数の束になっているかを表す単位。
 正直、これをライトの明るさの基準にしてどうする?というのが個人的な意見。
 ※ANSIルーメン(プロジェクタの光源の光束単位)は別物なので注意。

 以前のライトネタでも話題にしたとおり、自転車のライトに必要な機能としては、まず重要なのが、「自分の居場所を周囲に知らせる」というポジションライトの機能。
 そしてもう一つが、「夜間に路面を明るく照らす機能」です。

 前者は、単純に眩しいライトがあれば事足りるでしょう。
 光源として明るさがあれば、周囲を照らし出す効果とか何とかは関係なしに、夜間に遠くからも自分の位置を視認してもらえますから。
 で、そういう用途のライトであれば、先程のカンデラ、ルーメンともに、とにかく数値が大きなライトを探せば、大体間違いありません。

 一方で後者、路面を明るく照らすライトは、特に夜も走るブルベライダーや自転車通勤族には重要な機能です。
 しかし、どれ程の明るさで路面を照らすか、という事になると、カンデラ、ルーメンともに、実はあまり実情に即した単位ではありません。
 光源を見た時の眩しさは、路面を照らす明るさには関係ありませんし、どれだけの光束があるからって、そんなの照らされる対象まで届かなければ、何の意味もありません。

 という訳で・・・。
 できれば、自転車のライトは、ハンドルを想定した高さから、10m前方のアスファルト路面を照らした場合における「ルクス」値と、照射範囲面積を明らかにしてもらえると助かるなあ、と。

 まあ、そんな面倒な事、いちいちやってられるか、と言われたらそれまでですけどね・・・(^^;)。
 (そして、ライト沼はまだまだ続く・・・)

大きなご褒美、到着!新車の納車です。

 来週から、ブルベ2連戦!

 最初に走るのは、200km。
 ヴェロクラブ・ランドヌール青葉主催の、BRM602青葉200km十和田です。
 走行距離は、ブルベ最低ランクの200kmですが、獲得標高が2,800mを越え、コースの途中にコンビニなどがほとんど無いという、なかなか挑戦しがいのあるコースになっています。

 何より、VCR青葉(本拠地は神奈川で良いのかな?)の遠征開催ブルベで、全国から参加者が集まるという、別の方面での楽しみもありますので、是非、完走したいと思っています。

 次に走るのは、ついに来た感のある、400km。
 最近本当にお世話になっている、ランドヌール宮城主催の、BRM609宮城400kmです(ランドヌール宮城さんは、コースにペットネームを付けていない)。
 制限時間は27時間。どう考えてもオーバーナイトランを覚悟しないと完走不能な距離で、私には初めての距離域です。

 完走・・・できるのかどうか、どうも不安は拭えません・・・(前回の300は、条件が良過ぎたよ、どう考えても・・・)。
 が、出るからには、行ける所までは行ってみよう、という気でいます。

 では本題です。
 以前、ツイッターで色々呟いていた、自分への大きなご褒美が到着しました。


12052700.jpg
大きなご褒美。
その一部。


 核心部分は裏置きします。
 興味のある方は、以下のRead moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】

2012 BRM519宮城300km(後編)

 本日、5月23日に、健康診断という物を受けてきました。
 ブルベ直後に受けて、数値的にどうなるんだろうか、という一抹の不安はあったものの、こればかりはしょうがありません。

 ちなみに、結果としては、体重が去年(3月測定)よりも-2.0kg、体脂肪率も1.2%減でした。
 血液や尿などの色々な数値は今日は出ませんでしたが、以前よりさらに軽量化が進んだようです。

 とはいえ、これはブルベ効果ではなく、日々の自転車通勤の方が、効果は大きいと思います。
 仙台に引っ越してきてから、東京時代よりも自転車通勤の距離が僅かながら伸びている事と、何より、どフラットだった東京と比べたら、泉からは台原を越えるという、毎日がヒルクライムなのですから、そりゃ、運動強度も格段に上がっていますからね。
 東京時代の同僚に、出張などで顔を合わせると、秋以降、「お前、また細くなっていないか?」と言われる頻度が確実に上がりましたし。

 という訳で、皆様、ダイエットには、週末だけのハードな運動より、日々のコンスタントな運動こそが重要ですよ!

 では本題です。
 PC3までをクリアし、コースも全体の三分の二をクリアしました。
 PC3で、PC1で購入したバナナ×3のうちの、最後の1本を補給。
 ついでに、ザバスのゼリーバーと、PC3のコンビニで買った野菜ジュースを補給し、即効性のエネルギーとミネラル分の補給を行います。

 休憩中に時間は16時を過ぎ、徐々に光がオレンジ色に染まってきます。
 スタートからは10時間が経過。

 300kmの制限時間は20時間。
 19日の朝6時スタートだったので、ゴールまでには、20日の午前2時までに到着できれば良い訳です。
 普段、一人で走っている時でも、100kmは約5~6時間で走っている計算ですから、10時間で残り100km走れば良い、というのは、かなり楽なハードルに思えます。

 ・・・あと2時間ほどで、日没になる事を考えなければ・・・。

 そして、ここから先もしばらく、山岳コースが続きますから、そんなに一定のペースを保てるかどうか、わかった物ではありません。
 体の方は、ここでの休憩と補給で随分楽になり、ここから先の道を約40kmほど、PC4まで行く程度なら、全然問題ないでしょう。

 しかし、その先、ナイトライドになってから、どのようになるのか・・・。

 という所で、毎度の如く長い長い核心部分は裏置きします。
 興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】

2012 BRM519宮城300km(中編)

 さあて、順次レポートをテキストに起こしている所ですが・・・。

 文章もさることながら、困るのは写真/画像の管理の方。
 今回も、300kmを走る間に撮影したのは、278枚。

 前回の200のレポートを見ていた皆様からは、200kmで170枚以上という数字にも、「撮りすぎっ!」というツッコミが入りまくった訳ですが(^^;)、今回も同じ事を言われるのでしょうか(笑)。

 しかし、これでも実はセーブされている方なんですよね。
 だって、終盤50kmはナイトライドだったから・・・(景色が見えないから、撮りようがない:笑)。

 次回、400kmではどんな事になるのか。
 その前に、シーニック(景観が優れている)コースであるという、青葉200十和田がどうなるのか。

 楽しみなような、恐ろしいような・・・(メディアとバッテリーの容量、足りるか?)。

 では本題です。
 前回の続きで、BRM519宮城300kmのPC2以降をお送りします。
 PC2到着段階で、走行距離は約140km。
 残る距離は160km。

 普通、160kmと言えば、自転車乗りの間ではセンチュリーライドと呼ばれる距離です(センチュリー=100を表す言葉で、マイルに直すと160km=100mileのため、センチュリーライドと呼ばれる)。
 ロングライド愛好家の間では、初心者から中級者にステップアップする際の中継点、くらいの意味合いで使われますが、初心者が、何の考えも無しに突然走れるような距離ではないことは確かです。
 100kmを何度か走って、何となく感覚が掴めているなら、何の問題もないと思いますが・・・。
 (とりあえず、過去に何か持久系のスポーツをやっていたとか、そういう素養がないと、いきなりではまず完走できない距離だと思う。センチュリーは)

 自転車で140kmという、普通の一般人が考えたら、その段階で何かおかしいと感じるような距離を走った後、そういう節目距離を走る。
 しかも、山岳地帯を含むコース、となると、これはもう、理解不能な領域に入ってくるのではないかと・・・。

 しかし、それが当たり前なのがこのブルベという物の面白さ(?)。
 もはや一般の皆様の理解を超えた次元で、話は進んで行きます。

 ・・・というか、過去の自分の生活の自堕落ぶりを考えたら、こんな世界に脚を突っ込んでいる事自体、信じられない話だったりしますけど・・・。

 という所で、例によって話は長くなるので裏置きします。
 興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】

2012 BRM519宮城300km(前編)

 久々に来てます、全身の筋肉痛・・・。

 そりゃもう、自転車で300kmも走ってきたからだ、というのは明白なのですが・・・。
 前回の200では、ほとんどダメージが残らなかった(多少、階段で踏ん張りが利かなかった程度)だったのに対し、両足はいうまでもなく、両肩、腹筋背筋に、なぜか前腕まで、指を動かすと痛みが出るという始末。

 ・・・ブレーキ握るのも、シフトレバー操作するのも、運動のレベルに達するのか?ここまでの距離だと・・・。

 では本題です。
 ランドヌール宮城主催のブルベ、先月の200kmに続いて、300kmに参加してきました。
 前回より100km距離が伸び、制限時間も(ブルベのルールに則り)6.5時間延びた今回。


12052001.jpg
晴と曇りの境界線。
今回のブルベ途中で見た空。


 300km級の距離を走るのは、2年ぶりくらいでしょうか?
 東京ー糸魚川ファストランを完走した、あの時以来という事になります。
 あの時の走行時間が14.5時間強。
 しかし、あのコース(旧コース)はコースプロファイル的に、ブルベのコースより高低差も少なめで、参加者数も宮城ブルベの10倍で、後から後から速い人達が追い抜いて行く(速い人ほど後のスタートになっている)ので、いつでも後ろにつく機会があったという、かなりの好条件だった訳で・・・。

 そういえば、宮城300と同じ日に、今年の東京ー糸魚川ファストランが行われていたのでしたっけ・・・。
 コースなどが、かなり大幅に変更されたようですが・・・。

 と、それはさておき(引っ張ると、そっちのキーワードでこのブログに誤誘導される人が増えてしまう・・・)。

 今回の宮城ブルベは、山形県寒河江市を出発して新庄市まで行き、最上川沿いに遊佐まで下った後、青沢沿いに新庄に戻ってから、最上町の赤倉温泉まで国道47号を登る。
 最後に山刀伐峠を越えて、尾花沢―大石田―村山―河北を経由して寒河江に帰るというルート。
 大体、PC2(約140km)までは、多少の上り下りはあるものの、平坦基調。
 後半のセンチュリーライド(約160km)が、山岳コースという、後になるほどキツくなるという、なかなかの走り応えのある(私みたいな人間には、後半拷問な)コースです。

 そして今回も、前夜はスタート地点である寒河江に前泊しました。
 仙台からは、仙山線~左沢線を乗り継いで、輪行・・・したのですが、ここで少し問題が。

 左沢線には北山形で乗り換えたのですが、この駅では先頭のドアしか開かず、しかも途中駅でもドアは先頭しか開かないため、必然的に先頭車両の、前ドア周辺に人が集中します。
 そんな場所に輪行袋を持ち込むと・・・。

 後ろの車両は空いているものの、そこに移動しようにも、沢山の人を押しのけるようにしなければならないため、移動はとてもではないが、無理。
 かといって、入口付近に留まっているのは、乗降がある度に輪行袋が邪魔になるという、悪循環。

 寒河江駅ではさすがに全扉が開くので、北山形ではなく、始発の山形駅まで行って、空いている車両に乗り換えるべきでした・・・。
 (宮城ブルベで寒河江スタートに向かう皆様、輪行を考えているなら、お気をつけください・・・)

 という事を次回の教訓に残し、前夜は例によって、ビール・・・がちょいと宿内自販機では高かったので、安かった酎ハイ350mlをキューッと空けて、瞼が重くなるのに任せて就寝・・・(下戸)。
 目覚ましで起きたら、外は曇り。
 地面は、窪地やクラック沿いなどに濡れた場所が残るものの、昨夜の到着時点(夕方まで降っていた事がはっきりわかる路面だった)より、ずっと走り易そうな状態になっていました。


12052002.jpg
夜明け直後の寒河江市内を、
宿からスタート地点に向かう。


 山形県地方、この日は曇りから、昼以降は徐々に晴に移行し、昼間は20℃越えという予報になっていました。
 しかし、朝一番の空気は冷たく、街頭の温度計は7~8℃くらいを示していました。
 宮城ブルベのスタートは寒いのが恒例なんだろうか、というアホな事を考えつつ、スタートの受付をすませ、例によって体を温める程度の弱い負荷をかけながら、広い駐車場をグルグルと走り回ります。

 途中、前回の200で顔見知りになった皆様や、同じ仙台からの参加者の皆様にご挨拶。
 話に聞く所によると、GW中の東北1700を完走した人や、1700とは無関係に、同じコースを個人で走っていた(しかもその日は荒天だったらしい ^^;)という猛者もいらっしゃったり、タンデムバイクでブルベに参加している、こちらの世界では有名な方にもお会いしました。

 特に、タンデムバイクはこの日、参加者一同の話題の中心になっていましたね。
 PCでも、「タンデム速いな~」「下りでぶち抜かれた~」「二人でダンシングしてる、あれいいね~」という会話が飛び交っていましたし。
 山形県はタンデムバイクOKの土地らしく、東北組の中にも、「タンデム買おうかな~」という話がチラホラ出るほどのインパクトがありました。
 (布教活動としての、つかみはOK!だったと思います)

 という所ですが、本文は例によって長~くなったので裏置きします。
 興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】

ライトのインプレに書き忘れていた事。

 昨日上げた、ライトネタへの食い付きがすんごい事になっています(^^;)。
 皆さん、好きですねえ・・・この手のキワモノネタ(笑)。

 では本題で、昨日のライトのインプレに書き忘れた事を、追加で書いておきます。

HD-EL540RC
 ウチに導入したのは専用充電池付きのモデルなので、電池を差しっ放しでACアダプタを繋げば、そのまま充電が可能です。
 充電時間は、標準的に5~7時間。夜にセットすれば、寝ている間に終わるくらいです。

 しかし、この本体内蔵充電システムですが、専用充電池以外は使わない方が良さそうです。
 エネループなどの充電池は、ちゃんと充電できなかったり、発熱が物凄い事になったりするようですので・・・(内部電圧が違ったりするからだろうか?)。

 まあ、充電池はそれぞれ、専用充電器を使うべきでしょう。

LEZYNE Super Drive
 これも充電池を使用するモデルで、バッテリーは18650 Li-Ionですから、多分、汎用品(保護回路付き)があれば、稼動できると思います。

 なお、このライトも、本体に5V mini-USBプラグを差し込む事で充電が可能です(PC本体か、プラグアダプタで可能)。
 充電時間は約4時間ですが、このライトも、純正品以外は内蔵システムでの充電は避けた方が良いと思われます。
 18650バッテリーは、調べてみたら、保護回路の有無をはじめ、結構、メーカーや製品ごとに色々なタイプがあるようなので、個々の製品は、それぞれの製品対応の充電器を使わないと、これも過充電や発熱、最悪、破裂などの障害を発生させかねないかと・・・。

 あと、このライトを充電するとき、寝ている間にセットしておけばいい、と考えている皆様は、ちょっと注意。
 このライト、充電中はメインライトがチカチカ点滅しており、充電が終われば消えるようになっています。

 と、いうことは・・・。

 寝ている間にセットすると、特にアパートで1人暮らしなどの場合、部屋の片隅でチカチカと、450 lm・・・よりは格段に弱いものの、6畳一間を照らし出すには十分な光が明滅する事になり、寝るに寝られなくなります(笑)。
 寝ている間に充電派の皆様は、遮光対策を忘れないようにして下さい。
 (寝転んだ姿勢で死角になる位置で、空き箱の中に照射するようにセットしたら、かなり効果的だった)

ライト周りをブルベ用夜間装備に

 来週、5/19~20日は、こちら東北地方の自転車乗りは、色々と忙しい週末になります。

 まずは、5/19日。この日はBRM519宮城300の開催日。
 私を含むランドヌールが、300kmのコースを、20時間以内の完走を目指して走ります。
 そして、5/20日には、宮城・山形県境にある蔵王において、ヒルクライムレースが開催され、東北圏のみならず、関東をはじめとした各所からの遠征参加組を含めて、盛大な大会となるでしょう。

 来週、東北の自転車クラスタは、熱くなりそうです!

 では本題です。
 さて、冒頭脱線でも触れた、来週、私が出場するブルベ300ですが・・・。
 さすがに前回より100km、距離が伸びるだけあって、ナイトライドの時間が長くなる事が予測されます。
 さらに、勢いでエントリーしてしまった、6月の400kmでは、オールナイトランが必要となるなど、ライダーに求められるハードルは、どんどん上がって行きます。

 そして、ブルベで設定されるコースは、自転車が走り易い(信号や自動車が少ない、等)の条件を満たすようにされているため・・・どうしても、郊外や山間部を走る事が多くなります。

 で、問題になるのは、こちら、東北の道路事情。
 市街地を離れると、一桁番号国道でも外灯の設置は交差点などに限定され、夜間に灯火が全くない区間を走る、なんて事も普通になってしまいます。

 これに備えて、ブルベを走る自転車乗り(ランドヌールと呼ばれる)は、それぞれに工夫した強力なライトを装着しています。

 そして、私もナイトライドが長くなる今後に備えて、灯火を一新する事にしました。


12051301.jpg
そしてこんな感じに完成。
全6灯構成。


 なにしとんねん!

 というツッコミが大量に飛んできた気がします(^^;)。
 昨年は、3連装でしたが、今年は倍に増えました(笑)。
 さすがにここまでやると、やった本人も「ちょっとやり過ぎたか?」と思う部分もない訳ではありませんが、夜間の山間部道路の暗闇を一度でも経験したら、やっぱりそれなりの装備を整えたくなりますよ(^^;)。

 だからって、ここまでやるか、という話もなきにしもあらず・・・。
 ま、まあともかく、安全装備はできるだけ妥協なく揃えておかないと、あとで後悔する事になりますからね。

一応追記(2016年春段階)
 このライトを積んでいた頃は、ナイトライド経験が浅く、どの程度のライトを準備したら良いかわからなかった時期です。
 現在は、もっと少ない数のライトで運用しています(予備電池は多くなったかな?)。
 ま、というか、ここの情報は2012年現在の物です。追記を入れている2016年春時点で、自転車用ライトは、リチウムイオン電池搭載モデル等、かなりの進化が見られていますので、あまり参考にはならないかと思います。



 と、いう所で、詳細は裏置きします。
 興味のある方は、Read moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】

BRM519宮城300 コース予習編

 連休後半の4日間は、結局、雨優占の天気となってしまいました。

 本日、こどもの日を除けば、3日、4日は、宮城県各地で冠水被害も出るほどの大雨。
 6日は午後以降、また雨となっています。

 そんな毎日だったので、何をやってきたかと言えば・・・。
 本日、朝早くに自宅を出発して定義山を目指してきたのですが・・・。


12050501.jpg
こんな向かい風!

最近、こんなのばっか・・・。
呪われてんのか?


 定義山という位なので、そりゃもう、山寺なわけですが(仙台市西部)、西からまともに、山おろしの冷たい向かい風。
 3~4日の間の大雨の影響で、色んな物が路上に流れ出しているわ、今も地下水が絶賛、漏水中で路面が濡れまくりな場所があるわ・・・。
 しかも、時折、風に乗って、パラパラと雨も混じって落ちてくるという状況では・・・。

 七北田ダムを越えて、定義山方面への県道同士のT字路が近くなった所で心が折れて、引き返してきました・・・。
 というか、その前の段階で、かなり山深い場所になっていたので、本当に道が合っているのか、スマホで確かめようとしたら・・・電波圏外という物を、仙台市内で初めて経験しましたよ・・・(ちなみに、DocomoのAndroid使用中).


12050502.jpg
とは言え、その場所って、
目を道路の横に向けたら、
こんな場所だったんだけど。

くれぐれも、ここ、仙台市内。


 とまあ、結構、グダグダな状況ではありましたが・・・。


12050503.jpg
個人的には、
この芽吹きの柔らかい緑の風景が見られて、
満足度はそこそこ高かった。


 という、長い長い冒頭脱線を経て、本題に移りましょう。
 さて、200が無事に終わったばかりですが、次のブルベ、BRM519宮城300まで、一ヶ月を切っています。
 まだキューシートは出ていませんが、発表されている暫定コースのルートラボを見る限り、さすがに100km長いだけあって、先日の200kmと比べると、コースはかなり複雑です。

 例によって、現時点で地図&地形図で見た感じのコースの概要ですが・・・。


・寒河江のスタートを出発し、寒河江市街地から北へと進む。
・新庄市街地をぐるぐる走った後、最上川沿いに日本海を目指せ。
・大俣川沿いに山岳コースに入り、再び新庄市街地へ。
・国道47号沿いに再び山岳地へ。湯けむりラインとともに赤倉温泉を目指せ。
・松尾芭蕉もビビりながら通った山刀伐峠を、夜に越えろ。
・そして、寝静まりはじめる寒河江にゴール!


 という感じで、山形県寒河江市をスタートに、最上川沿いに日本海まで出て、内陸経由で再び寒河江のスタートへと戻るルート。
 今回は先日の200のように、単純に行って・来いの往復路ではなくて、いろいろグルグルと回ってスタート地点まで戻るコースになっています。

 では、このコース、どんな風に私の頭に叩き込むべきか・・・。

 という訳で、詳細部分は長くなったので、裏置きします。
 興味のある方は、Read moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク