日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

03月≪ 2012年04月 ≫05月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

桜花の候、桜と菜の花と向かい風・・・

 ふふふふふ・・・久々に作ってしまいました。

 日焼けのブレスレッド!

 手首の、長袖ジャージの袖と指切りグラブの隙間だけ、きれいに日焼けしてしまう(指は日焼け止めを塗ってあった)という、ちょっと間抜けな日焼けの仕方です。
 北国の東北とは言え、さすがにGWに入ると、日差しも紫外線も強烈な物になるようですね・・・。
 次回以降は、ちゃんと肌を護るように考えないと、「逆パンダ」とか、指ポッキーとか、様々な変態日焼けができてしまいそうです。

 ちなみに、さすがにこんな季節になったので、タイツやレッグウォーマーを装備から外すため、足回りの軽量化(すね毛剃り)も実施済み。
 梅雨が来る前に、できるだけ色々な所を走れたら走っておきたい、と、そんな気分になっています。
 (う~ん、しかし、連休後半は天気があまり良くないんだよなあ・・・)

 では本題です。
 去年までは東京にいたため、このGWともなると、ほとんど初夏の気候の中を走る、というのが定番になっていました。
 しかし、今年は宮城に引っ越したため、現在の季節はちょうど桜の開花期。
 例年ならば、4月中旬に来るはずのこの季節が、今年は冬が長かった(と、いうか、仙台在住20年以上という人でも、冬がこんなに寒かったのは初めてじゃないか?というほど寒かった)ため、このGWにまでずれ込んでしまっているのが、正しい理解の話だったりします。

 まあ、おかげさまで、こちらは例年にはなかなかできない「お花見ライド」なんて物ができてしまったりする訳です。

 そんな訳で、今回は桜の花と、もう一つの春の花、菜の花で有名な、大崎市の川渡温泉付近へと行ってくる事にしました。

 本当は、道路が混まないうちに出発するつもりだったのに、連休初日は会社の後輩の結婚式だったため、結構、酒が入ってしまい・・・。
 おかげさまで、想定から1時間遅れのスタートになってしまいました・・・。

 そんな訳で、今回も詳細は裏置きします。
 興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】

BRM421宮城200km(後編)

 レポートの後半を書き起こすにあたって、今回のブルベで、各PCへの当初の到着想定時刻を確認してみました。

 PC1:8:06
 PC2:12:00
 PC3:16:30
 ゴール:19:16

 前半のレポートで、PC1到着は7:48、PC2到着は10:43であった事は既にレポート済みですから、当初想定を遥かに上回るペースで、前半を終了している事がおわかりいただけるかと思います。
 それでは後半、復路はどうなったのでしょうか・・・?

 という所で、本題です。
 前回のネタの続きで、先日のブルベ、BRM421宮城200kmの後編をお送りします。
 PC2から折り返しになっているこのコースは、前半と後半では、全く反転したコースプロファイルになります。

 つまり、ここに来るまでにツンデレで言う「デレ」だった場所が「ツン」に変換され、「ツン」だった場所は・・・。

 ま、追々触れる事として、とにかく色々あるのは間違いない訳です。
 そんな訳で、話はPC2からスタートです。

 PC2は、ちょうどコースの真ん中で、距離的にも時間的にもキリが良いので、ここで昼食兼大休止を入れている皆様が大勢いらっしゃいました。

 という訳で、私もここで大休止。
 カップ麺(大)、バナナ4本、スポーツドリンクを購入し、レシートチェックが10:43。
 店の外の片隅で食事とします。
 その間、順次参加者が到着/出発しており、PC前の顔ぶれは案外、動いているような状態でした。


12042229.jpg
今回の装備の中で唯一、
実効性でなく験かつぎで持って来たもの。
いわゆる完走のお守りのような物だ。


 古くからこのブログをご覧の皆様はご存知だと思いますが、これは何かというと、初めて参加したツール・ド・おきなわの本島一周サイクリング(2009年)の走行中、高江という土地の共同売店で出した、アイスの当り棒です。
 なぜか、これを持って走る時は、トラブルも少なく、毎回完走できるというジンクスがあります。

 例えば、2010年のツール・ド・おきなわの本島一周サイクリングでは、台風並の暴風雨が吹き荒れる中、やんばるの森を走りましたが、トラブルなく完走。
 昨年の2011BRM416西東京200kmでもこれを持ち歩き、初参加、しかもナイトブルベ(22時スタート)という無茶苦茶な条件でありながら、無事完走。
 その他のイベント、個人で走ったロングライドでも、想定目的地まで順調に辿り着けた時には、必ずコイツが荷物の中に紛れ込んでいました。

 最初は、もう一度沖縄まで行って、アイスと交換してもらおうと思っていましたが、2010年は暴風雨で寒くてアイスを食べるどころではなく、そのまま手元に残ってしまった結果、何となく、手放し難くなってしまっていたりします(^^;)。

 そんな余談はさておいて、PC2ではカップ麺(大)とバナナ2本、ミネラル補給サプリに、メイタンチャージ(黒)を補給。
 往路の最後の方で、ちょっと足がピクピクしはじめたので、早目に対処しておく事にします。

 同じコラテック乗り(フレーム、色ともに同じだった)の人と挨拶をかわし、千葉から遠征してきたという参加者と、「何でこんなに寒いの?」という内容の言葉を交わしたりして、30分ほど停滞。
 一度、お手洗いを借りてから・・・と思いましたが、順番待ちができていたので、帰路の途中にある道の駅いいでのトイレで用を足そう、と思い直し、フレームにまたがると、帰路に出発しました(11:20頃)。

 という所で、核心部分は例によって裏置きです。
 興味のある方は、以下のRead moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】

BRM421宮城200km(前編)

 某氏の名言。
 モチベーションが低くても、高過ぎても、思い通りの結果にならないもの。
 それがブルベというものである。

 レースなら、モチベーションは高くなければ完走さえ危ういでしょうし、商業的なロングライドイベントでも、それなりにモチベーションを高く持っていないと、良い結果には終わらないでしょう。
 しかし、最短でも200kmという、とんでもない距離を走るブルベでは、意気込み過ぎると、逆に早い段階で消耗してしまい、最後まで走り切ることができない、という・・・。

 しかし、この、高すぎず、低すぎないモチベーションってのが、滅茶苦茶難しいですよね~(^^;)。
 まあ、頑張りすぎない、という意味でなら、何となく、理解できますが・・・。

 では本題です。
 昨秋、ランドヌール宮城さんの主催で開催された、2011BRM1001。
 宮城に移住して初のブルベでしたが、やる気が空回りして自爆したという、個人的には随分、悔いの残る結果に終わっていました。

 それから半年。
 2012BRM421宮城。
 2011BRM1001と同じコースで開催される事は、昨年秋のリタイア時に聞いていたので、今度こそ、という思いは強かったのですが・・・。

 今月頭に、100kmほどのライドに参加して、オールアウト。
 あかんやん!と思うと同時に、今の自分がどんな走りをしたら駄目なのかを理解する、良い体験にもなりました。
 そして、先週はそれを踏まえて、南川ダム周回をグルグルと回ってみて・・・長い登りや、アッブダウンの走り方などを体に刻み込めたのは、本番を考えたら、ある意味で収穫でした。

 そして迎えた、本番前日の4月20日(金)・・・。
 前回の反省点を踏まえて、少し前からホテルを抑えてあったので、仕事を終えたその足で、角田市のホテルへ。

 ちなみに、20日(金)はロードで出社し、輪行形態にして社内においてあったのですが、かなりの数の同僚に、「コイツは今度は何をはじめやがったんだ?」という目で見られていたようです(^^;)。
 唯一、MTB乗りの同僚は、「輪行袋なんて、久々に見たぜ!」と興奮してやがりましたが・・・。

 それはさておき、角田市からスタート地点の丸森町までは10kmほどと、ロードならあっという間の距離なので、朝も案外、ゆっくりと休めるはずです・・・。


12042101.jpg
そんな訳で、角田駅。
夜はこんなライトアップがされていたのか。


 とはいえ、ブルベはスタートが朝6時と早いため、逆算すると、朝4時前には起きて行動を開始しないといけない計算になります。
 つまり、睡眠時間を十分にとるには、いつもよりずっと早い時間に寝ないといけない訳ですが・・・。

 下戸の体には便利な手段があり、缶ビール350mlをあおれば、心拍数と体温が急上昇し、すぐに瞼が重くなります。
 これなら、ぐっすり寝られる。
 そんなに長時間、寝られなくても、血流が良く巡っている状態で体が休止モードに入ったら、疲労回復効果は普段以上に違いない。

 という訳で、前夜はかなり早い時間に就寝。
 夢も見ないほどの深い眠りでした。

 おかげでというか、翌朝は微妙に寝坊(^^;)。
 やっべー、と思いつつ、車体を組み上げてスタートへと向かうと・・・丸森町役場前に到着したのが、5:15頃。
 早速、受付を済ませましたが・・・この日はやたらと寒くて、じっとしていると体が冷え切りそうです。
 天気予報では、コースが含まれる白石地区~米沢地区まで、晴でそこそこ暖かくなる、という話でしたが、この段階ではいつ雨が降り出してもおかしくない雲と、冷たい風が吹き荒れています。

 とにかく、体を温めておかないと、スタートしても体が強張って、走れそうにありません。
 車体にまたがって、体をほぐす程度の緩い負荷で駐車場をグルグルと走っていると、招集がかかってブリーフィングがはじまりました。


12042102.jpg
今回のブルベカード。


 ブリーフィングの内容は去年と同じ。
 コースは丸森町から北に向かい、国道113号に出た後、113号をトレースして山形県入り。その後は県道7号などを辿って西に飯豊町まで行って、同じ道筋を返ってくるルートです(コース順序などはブリーフィングの話題ではない。参加者が個々に調べておく必要がある)。
 PC1は有人チェック、PC2はレシートチェック、PC3は道の駅のスタンプを押してくる通過チェック(時間は厳密に定められない)です。

 その後、ブルベ初参加の人達に向けた説明が行われる中、検車がはじまりました。
 といっても、私の車体はブルベ準備そのままなので、一発クリア。
 出発を待つ間まで、周囲の参加者と言葉を交わすと、何と、私のブログを見て下さっている方が結構いらっしゃる事が判明・・・。

 うは、これはヘタな走りはできないな・・・と思ったりもしたのですが・・・。
 今回のブルベのテーマは、『がんばらない』という物だというのが・・・(笑)。

 変に力んで、序盤で力を使い尽くすと、昨年秋の二の舞ですので、どんな場面でも大体、7~8割程度の力でクリアする事を意識する事を考えます。
 具体的には、かなり短時間周期で写真を何枚も撮る事を意識して走ってみよう、という物だったりします(これをやると、私の場合、意識しなくても8割パワー程度まで落ち込むので)。
 前回、あまりにシャカリキに「オレはやるぜオレはやるぜ」とがっついた結果、自爆したので、今回は緩く行く事にしていました。

 山形からの参加で、私のブログをいつも見て下さっている方(すみません、お名前を失念してしまいました・・・)と、コース情報、装備品情報などを交換しているうちに6:00になったらしく、スタートのコールがかかりました。
 わらわらと走り出す参加者達に紛れ、想像以上に苦しかった200kmの旅がはじまりました。

 という所で、詳細は裏置きします。
 興味のある方は、以下のRead moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】

試乗会 in シェルコムせんだい。

 先週、随分春めいてきたと思い、自転車通勤装備を一枚、薄くして、春対応にした所・・・。

 気温は見事に冬に逆戻りして、一桁気温が当たり前の日に逆戻り(笑)。
 この土日の未明には、またまた氷点下まで気温が落ちていたようです。

 やれやれ、一体、いつになったら春はやってくるのやら(^^;)。

 では本題です。
 今日は仙台市北部にある屋内競技場、シェルコムせんだい(の駐車場)で行われていた、自転車の試乗会へと行ってきました。
 東京を離れると、自転車に限らず、どうしてもこういう形で様々な製品を自分で試す機会が減ってしまうのは仕方がないことです。
 しかし、こうやって、少しでもその機会を与えて下さるような催しがあるなら、逃してなるものか!

 という訳で、10:30頃から15:00近くまで会場に居座って、色々なメーカーの色々なモデルに試乗し、色々な開発秘話等々に耳を傾けてきました。
 ここで、ベルエキップの店長さんと誕生日が同じである事が発覚したとか、以前から何度か顔を合わせている皆様とご挨拶させて頂いたとか、個人的には面白いネタ話もあったのですが、今回は試乗会のレポートに話を絞りましょう。

 という所で、本編は裏置きします。
 興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】

「蕎麦ライド」に参加

 東北地方にも花粉の季節が到来・・・。

 今はまだ、私の体は鼻水がグスグスになる程度で済んでいますが、敏感な皆様は、既に真っ赤な目と、抑え切れないクシャミと戦う日々になっています。
 そのうち私も、顔面が崩壊するほど酷い目に合うのでしょう・・・。

 しかし、何でかは知りませんが、東京にいた頃のように、室内から外に出た瞬間、花粉を感じるとか、それほどに酷いインパクトは感じないのですが・・・。
 東京の都心部は、多摩地域~群馬栃木~千葉までの、杉林包囲網の中にあり、気流の影響で、全てのスギ花粉が集中して集まってくる、なんて話を聞いた事がありますが、その辺りでインパクトに差が出来ているのでしょうか?

 では本題です。
 久々にフルで休める週末!
 という訳で、久々に自転車で走って来ました。

 今回は、ツイッターでお誘いを頂き、泉区にあるロードのショップ、ベルエキップの常連様達が主体となったチーム、「しびれ隊」の皆様が企画した、「蕎麦ライド」への参加でした。
 普段、ソロで好き勝手に走っている私ですから、こんな風にグループライドに参加するのは久々の話です。
 集団走行と言えば、ツール・ド・おきなわの本島一周サイクリングや、ブルベのコース上で、行きがかり上、集まってしまったグループでの走行程度の経験はありますが、最初から最後まで、ちゃんと隊列を組んで走るのは珍しい事だったりします。

 しかも、「しびれ隊」の皆様は、東北地方で開催される草レース等で、上位に名前を残す事も多い、とにかく「走れる」皆様、というイメージがあります。
 (泉ヶ岳を登っている時など、しびれ隊ジャージの方に軽々と抜き去られる、なんて事が良くある訳で・・・)

 そんな皆様に混じって、11月以来、通勤以外でまともに自転車に乗れていない奴が混じって、大丈夫なのか・・・(汗)。

 という一抹の不安はありましたが、「目的地は鹿島台」「約110km」という事で、平坦基調の110kmか・・・それなら大丈夫かも、と、軽い気持ちで応じてしまった訳なのですが・・・。

 という訳で、本題は裏置きしますので、興味のある皆様はRead moreをクリックして下さい。
 ま、とりあえずこの段階では、後半のペースダウン&色々ハプニングの元凶だったとだけ、書いておきましょうか(^^;)。

【Read More・・・】
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク