日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

10月≪ 2011年11月 ≫12月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

そして完結、『ローマ人の物語』

 月曜日、会社で鳴子峡まで自転車で行ってきた事と、その途中、下り坂で落車した事を報告してみると・・・。

 落車部分、あっさりスルーされました(^^;)。

 おいおい、そりゃ、体はピンピンしてるけどさ。
 もうちょっと、心配してくれても良いんでないの?

 ちなみに、車体は近々持ち込み点検に出し、ヘルメットは寿命も近いので、新調の予定です。

 では本題です。
 長きに渡って読み続けてきた、『ローマ人の物語』(文庫版)ですが。
 本年9月に刊行された、「ローマ世界の終焉」編で、ついに完結となりました。

 この「物語」との付き合いは、ブログをFC2に引っ越して以来ずっと、という形になります。

 ブログをFC2に引っ越してきたのが、2008年の2月14日。
 「ローマ人の物語」関連ネタ(感想)の初出が2008年の2月19日。

 文字通り、最初の最初から続いてきたネタだったりしますね・・・。
 「最後の努力」編くらいからは、読書ペースが刊行ペースを上回ってしまい、次を読むのに1年待ったりしていますが・・・。

 ちなみに、過去のネタは、ずいぶん古い話ばかりですが、この辺りこの辺りこの辺り、そしてこの辺りに置いてあったりします。

 紀元前750年頃から続いてきた、ローマの歴史を追う物語も、これが最後。

 イタリア半島に都市国家として興り、それが全てのはじまりだったローマ。
 王制の国となり、内乱の歴史を経て、同族間で争う醜さの反省から、市民の代表が治める共和制に移行。
 その後、広大になった版図で多元的に発生する問題を、一元的かつ即座に処理するために、強力な権力を持った「インペラトール(エンペラーの語源ですね)」を戴く帝政へと移行し、「パクス・ロマーナ」と言われる黄金時代を築いてきた、巨大な帝国。

 しかし、徐々に国家は疲弊しはじめ、ゲルマン民族の大移動がはじまると、国境の防衛線は崩壊し、国土は荒れはじめる。
 困難な生活に直面した人々は、現実の逃避のためか、宗教、つまりキリスト教の教えの殻に閉じこもろうとしはじめた。
 「ローマ」という国を「ローマ」として存続させていた、数々のコミュニティが崩壊する中で、ついにキリスト教が国教化され、そしてテオドシウス帝亡き後は、その二人の息子が、版図の東西のぞれぞれを治めるようになった時代・・・。

 最終巻は、そこからはじまります。

 という、ここまでの「あらすじ」を纏めた所で、実際の感想は長くなったので裏置きです。
 興味のある方は、以下のRead moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2018年1月に、東北勤務から再び東京に転勤となりました。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク