日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

07月≪ 2011年08月 ≫09月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

泉ヶ岳リベンジ。そして地元名物B級グルメ店へ…。

 宮城県内、難読地名。

 亘理:「わたり」と読む。まあ、これは案外素直に読めるか?
 登米:「とめ」。これも素直に読めると思う。
 登米:表記ミスではない。「とよま」と読む。しかも、登米(とめ)に近い。
 色麻:「しかま」。「しきま」とか「いろま」とか、色々ミスって笑われた。
 愛子:「あいこ」と読んで爆笑された。「あやし」と読む。

 いやあ、難しいっすね、まったく土地勘がない場所の地名って・・・。
 まあ、東京の檜原村にある、「人里」もたいがいな物ですが・・・(これで「へんぼり」なんて、初見で読めるかっ!)。

 ところで、地名繋がりの話ですが・・・。
 こちらで「いい自転車だね、どこから来たの?」と聞かれた時、「仙台の泉区から」と答えるよりも、単に「泉から」と答えた方が、「え~!そんな遠くから?」のお約束展開に繋がり易いのは、何でなんだろう・・・?
 泉区は、'80年代に仙台市に編入された経緯があるので、今はまだ「泉市」の方が、市町村の位置感覚として有効なんでしょうか?
 (青葉区なんかは、仙台の青葉区、と言った方が通じるんだよなあ・・・。青葉から、では、どこ?って顔をされるから・・・)

 では本題です。
 先日、アタックしたものの、見事に暑さに負けて、途中でリタイヤしてしまった、泉ヶ岳ヒルクライム。
 今日の天気予報は晴だった上に、それほど暑くならないという事だったので、夏が終わる前にリベンジしておこうと考えて、行ってきました。

 しかし、ただ泉ヶ岳に行くだけなら、行って、登って、下りて、帰って来て、午前中で終わってしまうので、そこから加美郡色麻町にある、地元では有名な(らしい)お店まで走ってみよう、というプランで、自宅を出発しました。

 はい、ここで毎度お馴染み、長文化に伴う表示スペースの圧迫解消のため、続きは裏置きです。
 興味のある皆様、Read moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】

LONG RIDERS 1.5&東北移住後の自転車趣味について思うこと

 この週末は、急遽発生した事案の火消しのため、東京に行ってきました。

 まあ火消しってのは、よくあるアパート退去時のアレやコレのトラブルです(まあ、ホントによくあるパターンでんな ^^;)。
 ただし、今回の特徴は、大家と店子(=私)の間に発生した問題でなく、大家と店子が一蓮托生で外圧をぶっ飛ばす必要がある、という物だった訳ですけどね・・・。
 (色々しがらみがあって、とてもWebには書けないので、詳しく知りたい方は、現実世界のどこかで取っ捕まえて聞いて下さいな ^^;)

 では本題です。
 と、いきなりですが、本編はちょっと長くなったので、裏置きします。
 興味のある皆様、Read moreをクリックしていただければ・・・と思いますが、今日はイベントレポとかそういう訳ではなく、どちらかというと心情変化に関する内容なので、文章ばかりクドクド長いです。
 その辺りは、ちょっとご容赦ください・・・。

【Read More・・・】

仙台移住後、初の100km走

 ぐあ・・・暑いなあ・・・。

 東北地方の夏は過ごし易い、と、東京で誰かが言っていましたが、30度を超えたら、どこでも灼熱地獄に早変わりです。
 そりゃ、東京の都心部のように、空気が停滞している上に、周囲のコンクリートが熱を持ち、輻射熱がジリジリと迫ってくるような、そんな暑苦しさはなく、風通しの良い日影にいれば、ずいぶん涼しく感じますが・・・。

 しかし、自転車で路上を走っていると、そんな風よりも、照りつける日差しと、アスファルトからの照り返しで、地獄のような暑さを実感できます(^^;)。
 この暑さは、恐らく、日本全国、どこに行っても同じなのかもしれませんね。

 なお、今夏は節電の夏、と言われていますが、節電に一番効果があるのは、テレビを消す事です。
 消費電力もさることながら、テレビって、意外に熱を持ちますからね。稼動すればするほど、部屋の気温を上げまくってくれる、とんでもない邪魔な存在だったりもするのです。
 テレビ放送では、エアコンを控えろ、と、何とかの一つ覚えを放送していますが、こんな暑い日は、そんな事は無視して、テレビを消しましょう。
 (暑さは裸になっても凌げない。文明の利器に頼って何が悪い!)

 では本題です。
 今日は、こちら、宮城に引っ越して来てから初めて、1日100kmを走ってきました。
 全く土地勘のない地域なので、どこまで走ればどれくらいの距離になるのか、全く見当もつかずに、手探りでルートを設定し、実際に走るとこのルートで会ってるのかどうか、半信半疑で進んで行ったりするため、なかなか実走距離を伸ばせていません・・・。

 ただでさえ、いきなり決まった異動の話に振り回され、6月以降、ほとんど自転車に乗れていなかったので、体も鈍っていると思いますし・・・。
 (ああ、連休前後の、何も考えずに200kmを走り切れたあの感覚が、遠い昔の事に感じる・・・)

 ちなみに、「仙台または宮城+自転車ツーリング」のキーワードで色々情報を検索しても、関東圏ほどには情報が出てきません。
 今思えば、関東圏は(趣味人の人口が多い事もあるでしょうが)山から海から、様々なツーリングルートが開発され、それを惜しげもなくブログ等で公開している人も多い、自転車趣味的な視点から見れば、もンの凄く恵まれた地域だったと思います。
 ロードど初心者時代の私でも、世田谷~奥多摩~山梨県に抜けて、相模原経由で帰ってくるとか、普通にやっていましたからね・・・。

 しかし、情報が少ない=これから自分なりのアプローチで、色々コースを設定する楽しみがある、という事でもあります。
 その手始めに、まずは100kmほど走って、体のなまり具合等などを確かめておく必要があるでしょう。

 というか、今日の場合は、走ったらその距離が100kmになっていた、というだけなのですが・・・(^^;)。

 まあ、とにかく、そんな感じで、移住後初めて、100km走ってきましたので、その記録です。
 本文は、例によって長文なので、裏置きです。興味のある皆様は、Read moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】

あの日から5ヶ月経った、被災地の姿。

 本日の会社からの帰り道に・・・やってしまった・・・。

 いや、まあ、どうでもいいような凡ミスなんですけどね。
 会社にキーを忘れている事に気付かず、通勤のために乗っていたtikitを、とあるコンビニ前でロックしてしまったという・・・。

 まあ、自宅から1キロもない場所だったので、徒歩で自宅まで戻り、スペアキーを持って引き返したのですけど・・・。
 ま、キーぐらい、ちゃんと持った事を確認しろ、と言われたらそれまでですけど(笑)。

 では本題です。
 8月11日で、東日本大震災から5ヶ月が過ぎました。
 この夏に初盆を迎えるご家庭の数も多く、特に来週は、もともと東北にいたスタッフはほぼ一斉に休みを取ってしまい、移籍組(=居残り組)だけで仕事を回さないといけない状況だったりします(^^;)。
 (まあ、こればっかりは仕方がないけれどね・・・ ^^;)

 そして・・・。
 今行っている仕事も、ある程度の段階に進んで来た事から、現場入りする頻度がこれからは少なくなりそうです。
 今後は各地のスタッフに、徐々に権限を委譲し、完全支援状態から、徐々に自立へと移れるようにプロセスを進めて行く形になります。
 (で、こちらは後方支援体制を再構築する方に回る、と・・・)

 という訳で、今回の話題を最後に、しばらく、震災の現場がらみの話題は封印ネタにする事にします。
 現場を離れる分、情報のリアルタイム性がなくなりますし。
 色々な経験&色々な皆様と色々話した結果、所詮、私は事後移住組なので、本質的な意味で、住処を無くした皆様の本当の気持ちを理解する事は難しい事を痛感させられている事もありますので・・・。
 (どんなにしんどい思いをしても、仙台に帰れば自宅があり、地元に戻れば実家がある身ですからね・・・)

 そんなこんな、色々ありますが、今回は(当分の間は)最後の話題にする事もあり、今まで、ちょっと掲載を躊躇っていたような画像も載せてみる事にしました。
 被災地が今、どんな状態なのか、報道だけではわからない部分を、多少でも補う事ができれば、と思います・・・。

 という訳で、ちょっとショッキングな内容の画像も含みますので、ここから先は興味のある皆様のみ、Read moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】

仙台のヒルクライムの聖地、泉ヶ岳を目指す

 そういえば、Twitterではつぶやきましたが、ブログではネタにしていなかったですね。

 7/31日、宮城県内において、自衛隊による被災地支援活動が終了しました。
 皆様ご存知の通り、自衛隊は東日本大震災で甚大な被害を受けた地域における、被災者の救出・捜索活動、瓦礫の撤去や炊き出し等の復興支援活動において、目を見張るほど凄い力を発揮しました。
 宮城県内においても、自衛隊の働きは目覚ましい物があったようで、仙台でも多くの方が、「自衛隊が来てくれて、本当に助かった」と、実感を込めて語っておられます。

 私が仕事でよく行っている福島県浜通北部地域においても、赴任当初は本当に多数の自衛隊車両が行き交い、オリーブドラブに塗装された施設隊の重機が、海岸線で瓦礫の撤去、道路の応急復旧等で信じられないほどの(本当に、凄いとしか言えない)働きをしていました(福島県では現在も自衛隊の支援活動が続いている)。
 今では、ある程度活動が一段落したのか、福島北部の国道6号沿いで自衛隊車両を見かける回数は、グッと少なくなっていますが・・・。

 自衛隊が撤収する、というのは、それだけ復興が進んで来たことでもあり、喜ばしい事ではあるのですが、あの無骨な(褒め言葉 ^^;)自衛隊車両と迷彩服姿の隊員の皆様の姿がないと、どこか心細い、という感じにもなるほど、彼らの働きは目覚ましい物だったと思います。

 そして、もう一つ印象的だったのが・・・。
 自衛隊の撤収式に臨んだ、宮城県の村井知事。
 自衛隊の入隊歴がある方なのは有名ですが、式典での直立不動の姿勢が物凄く"さま"になっていて、さすが、と思わされる一幕があったのでした(^^;)。

 という訳で、物凄く長くなった冒頭脱線を経て、本題です。
 仙台で自転車生活をはじめて、約一ヶ月。
 まだ通勤以外ではあまり乗れていませんし、長距離ツーリングコース等は開発できていませんが、徐々に行動圏を広げて行きたいと考えています。

 そんな訳で、こちらのサイクリストの皆様の間ではお馴染みだというコースを訪ねてみました。
 本日訪れたのは、仙台市泉区北西部にある泉ヶ岳。
 仙台市内では、夏期はハイキング等をはじめとしたアウトドア活動、冬期はスキー等、ウインタースポーツが盛んな場所で、自転車的には、MTBのエンデューロが開かれる場所として有名だったり、ヒルクライムのトレーニング等の定番中の定番コースなのだそうです。

 ということは・・・東京の23区の西側以西でロングライダーを名乗るなら、奥多摩湖までなら自走が当然であるように。
 多摩地区近郊在住の自転車乗りなら、尾根幹線が定番練習コースであるように。
 仙台で自転車乗りを自称するなら(笑)、ここは避けて通れない場所だろう、という事で、一度は登ってみる事にしました。

 なお、この泉ヶ岳も、先日訪れた松島同様、案外近い場所で、現在の自宅からは20km程度の場所です。ロードなら、移動時間は1~2時間で到着できます。
 ただし、最後の10kmほどが登りっぱなしである上に、最大勾配は10%を超えるらしい、という話があり・・・坂嫌いの私には、かなりのハードルですね(^^;)。

 という訳で、泉ヶ岳を目指して、泉中央駅周辺から西に進路を取りました。

 という風に、やっと導入が終わった所ですが、本文はまたまた長文になったので、裏置きします。
 興味のある方は、Read moreをクリックして下さい。

【Read More・・・】

仙台七夕祭り

 8月・・・のはずですが、ここしばらく、仙台は秋のような低温と、梅雨のようなジメジメした天気が続いていました。
 そりゃもう、「低温注意報」なんて言葉を聞くくらいにね・・・。

 今年は、海岸地域の水田地帯が津波被害で軒並み、作付けできない状態になっているのに、稲の生育期にこんな低温続きになるとは、秋の収穫がどうなるのか、この段階でかなり心配なんですが・・・。
 まあ、今週半ばくらいからは、徐々に夏の暑さが戻って来ているので、これから夏本番となってくれる事を期待したいですが・・・。
 (でも、暑くなり過ぎるのもなあ・・・)

 では本題です。
 仙台で生活を初めて、約一ヶ月が経ち、いい加減、この町の地理にも慣れてきました。


11080601.jpg
杜の都というだけあって、
仙台には立派な街路樹のある道筋が多い。
これは定禅寺通り。


 そして、仙台は旧暦の七夕にあたるこの時期には、有名な仙台七夕祭が開かれています。
 仙台の七夕祭りは、とても大々的なお祭りである事は全国的にも知られている通りです。


11080602.jpg
仙台七夕祭の飾り。
様々な企業、団体、個人が作っている。


 この飾り、結構大きな物で、アーケードの天井近くから、大人の胸の高さまであります。
 つまり、普通に歩いていても、下に伸びた簾状の飾り(吹流しというらしい)をかき分けないと通れない訳ですね。
 タイミング悪く後ろから呼び止められると、前を向いた瞬間にバサッと顔にかかって、「うおわっ」となる事も・・・。

 ・・・というか、狙ってそういう悪戯を仕掛ける事も出来そうな・・・(^^;)。
 ちなみに、飾りが多く掲げられた一番町やクリスロードなどのアーケード街は、この祭りの期間中は人でごった返すので、よそ見をして歩くのはちょっと危険だったりするので、注意しましょう・・・。

 七夕飾りは、様々な企業、団体、個人が出展しており、その意匠に、出展者のイメージカラーなどがあしらわれる事が多いらしいです。


11080603.jpg
わかり易いのが、
携帯電話の各社の飾りか?
これはdocomo。
企業ロゴの色である赤が基調の飾り。

11080604.jpg
AUはやはりオレンジ。
これは仙台駅内に飾られている物。

11080605.jpg
SoftBankはやっぱり白か・・・。


 その他にも、色々な物があります。
 例えば・・・


11080606.jpg
茶葉系清涼飲料で有名な伊藤園は、
鮮やかな緑色(仙台駅)。

11080607.jpg
コカコーラはやっぱり赤色(仙台駅)。

11080608.jpg
近年の傾向か、
アニメキャラをあしらった物もある。

11080609.jpg
個人的に面白かったのが、
某メガネ屋さんの飾り。

11080610.jpg
吹流しの先端部分。
ちゃんと3m離れて見るべきですか?(笑)


 今年は、東日本大震災の直後だけに、復興を祈願して作られた飾りも多くありました。
 今年の祭りのテーマも、「復興と鎮魂」であり、それにちなんだ飾りも多くあります。
 会場で短冊に願いやメッセージを書いて、飾りに吊るす事が出来る場所なども用意されており、あの大災害を乗り越えよう、という願いや決意を新たにする皆様も多かったのかもしれません。


11080611.jpg
南三陸歌津中学校避難所の皆様が作ったという飾り。
小さくても、存在感があった。

11080612.jpg
会場で折鶴を集めるイベントも行われていたようだ。

11080613.jpg
願い事やメッセージが書かれた短冊は、
ボードなどに張り出されている。
物凄い数になっていた。


 なお、この七夕飾りは、地区ごとなどの単位でコンテスト等が行われ、それぞれの趣旨に応じて受賞した物が飾られていたりもします。


11080614.jpg
個人部門の金賞を受賞していた飾りの一つ。
華やかな雰囲気が印象的。

11080615.jpg
同じく金賞の受賞作。
折紙細工の細かさと数が凄い。

11080616.jpg
こちらは銀賞を受賞していた飾りの一つ。
どこかの幼稚園の園児達が作った飾りらしいが、
その割に、シックな色合いで落ち着いた雰囲気だ。

11080617.jpg
「絆 特別賞」の受賞作。
仙台市内の小学校の児童80,000人が作った折鶴を、
教師や父兄が飾りに仕立てた作品で、
「星に願いを。」という題が付けられている。

薄紫色の折鶴が白く輝いて見える不思議な雰囲気の作品で、
一番町とクリスロードが交差する、
最も人が集まるポイントに飾られていた。


 もともと、仙台の七夕祭りがこれほど大規模になったのは、地元FM局の放送で聞いた話では、江戸時代の飢饉の際に、厄払いと鎮魂を目的に、出来るだけ豪華で盛大な祭りを催して、明るい雰囲気でお盆に死者の霊を迎えよう、と考えた事がそもそもの由来なのだとか。
 という事は、今、お盆を前に、これだけ盛大な祭りを催しているのは、ある意味で、祭りがはじまった当初の心を反映したもの、とも言えるのかもしれません。

 大災害の傷跡も深いうちに、こんなに賑やかにするのは不謹慎だ、という声も(私の個人的な感覚では、多くは被災地の外から)聞こえてきますが、お盆を前にして、「こちらの世界は、もうこんなに元気になったよ。だから安心して帰っていいよ」と、死者の魂に告げるためにも、賑やかな祭りを行うのは悪い事ではないと思います。
 もとより、日本全国、あちこちで行われている夏祭り自体が、お盆を前にした禊や鎮魂を目的としたものだ、という解釈もあるそうですから、できるだけ盛大に先祖の霊を迎えるのは、間違った事ではないでしょう。

 アーケード街以外にも、店舗やビルの入口に飾りを掲げている場所も多く、この時期、仙台は町全体が七夕一色になっています。
 こういうお祭りを景気に、地元の皆様がもう一度、力を合わせて、復興への道を歩き続けることができるのであれば、意義のある祭りになるでしょう。


11080618.jpg
アーケード街に幾重にも連なる七夕飾り。
来年、もっと元気になった町で、
もっと盛大な祭りになる事を祈念して。


プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク