日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

04月≪ 2011年05月 ≫06月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BRM312改め528青葉200km道志みち DNS

 関東地方、昨日、入梅・・・。

 何で5月中に来るんだよ、と、空に向かって大声で抗議したい所ですが、本当にそんな事をやったら通報されるのでやめておきます(世知辛い世の中だ・・・って、それ以前の問題か)。
 しかし、早く入梅したところで、早く梅雨明けする訳ではないのが嫌な所。

 さあ、この、私が一番苦手な多湿期、今年はいつまで続くんでしょうか・・・?

 では本題です。
 さて、開催前日に東北地方太平洋沖地震の発生と、それに伴う東日本大震災の影響により振替え開催とされていた、BRM528青葉200km道志みちですが。

 台風2号接近に伴う雨の影響もあって、DNS(Did not Start:出走中止)としました。


11052801.jpg
それでも一応、あざみ野駅までは行った。
でも、走れたのはそこまで。


 それでもスタート地点には行くんかい!と突っ込まれた気がしますが(^^;)、まあ、当初の目論みで、スタート地点まで自走してみて、無理だと感じたらやめよう、と考えていたのです。

 で、自走してみた結果、無理と判断。

 ちなみに、自走ルートは環八~国道246号経由。
 未明の朝3時のこのルートは、さすがにトラックだらけで、轍にたまった雨水が跳ね上げられ、半身に水を浴びながらの走行・・・。
 ブレーキシューが何かを噛み込んだようで、リムがシャーシャーと音をたて、シューが削れて墨汁のような水が飛び散り・・・。

 もとより雨で気分があまり盛り上がらない所、これをこれから200km。
 しかも、交通量的にもあまり変わらない上に、道幅が狭い町田街道~相模原市内を走り続け、山中湖まで行くのかと思うと・・・さすがに萎えました・・・。
 4時半頃、スタート地点にいらっしゃったスタッフの方にDNSを告げると、そのまま引き返してきました・・・。

 雨天走行は、昨年(2010年)のツール・ド・おきなわの本島一周サイクリングの初日で、約200km(実走194km)ほどやりましたが・・・あの時は、ほとんど車の通行がない道を、最後に回収車が巡回している状況でしたからね・・・。
 何かあれば、どこかで止まって待っていればレスキューが来る、と、それが精神的な安全装置になっていたので、無茶もできたのですが・・・。
 回収なんて一切ない、自分で全てを何とかしないといけないブルベで、実力以上の無茶は出来ません。

 当初準備から、震災以降の再開催まで、色々と奔走していただいたスタッフの皆様には申し訳ありませんでしたが、無理をして事故でも起こせば、さらに迷惑をおかけする事にもなるので、今回は撤退!

 これもまた、ブルベという事で・・・。

スポンサーサイト

初の認定メダル、到着!

 連休が明けたら、急に暑くなってきましたね・・・。
 毎日の自転車通勤、現在はアンダーと発散性長袖Tシャツの上に、ウインドベストを装備して走っていますが、そろそろベストもいらないかもしれません。

 と、同時に・・・。

 連休明けから、自転車通勤者に新顔な(恐らく連休中に新たに自転車を買ったらしい)皆様が増えています。

 しかし・・・やはりというか、危ない運転をする人や、装備不十分(ライト、リフレクターが装着されていない)な人が増えて、計画停電期以来のカオスな感じがする毎日です。
 ・・・頼むから、最低限、信号くらい守って走ろうよ・・・(何でそんなにポンポン無視できるのか・・・)。

 では本題です。
 初ブルベ、BRM416西東京から、既に一ヶ月。
 そろそろ来るかと思っていたこれが、手元に到着しました!


11051901.jpg
来たあぁぁぁ!
ブルベカードと認定メダル。


 いやあ、書籍や雑誌の写真では何度も見ていましたが、実物は初めてです。
 しかも、自分が認定された結果と思うと、嬉しい物ですね!

 ・・・まあ、そのうち、何とも思わなくなるのかもしれませんが・・・(^^;)。


11051902.jpg
意外だったのは、その大きさ。
もっと大きい物だと思っていた。
大きさは、500円玉より少し大きい程度だ。
(左のコインは10円玉)


 そうそう、ブルベカードが戻ってきた事で、各PCの到着(チェック)時間も正確に分かりました。

 PC1 23:37
 PC2 01:06
 PC3 05:12
 PC4 07:50
 ゴール 09:23

 PC4到着が記憶より早かったですね。
 それ以外は、大体、記憶の通りでした。

 次回はBRM528青葉200km。
 目標は完走で、タイムアタックは考えません(^^;)。

tikitのタイヤが・・・

 先日、会社近所の定食屋に行ったら、少し前(多分、5~6年前くらい)の「こち亀」が置いてあったので読んでみたら・・・。

 その話の中で語られていた最新のデジタルガジェットの性能が、あまりにささやかすぎて泣けました(笑)。
 当時はそれが最高級品だったのでしょうけれど、今となっては誰も見向きもしないような低スペックぶり。

 改めて、この分野の進歩と陳腐化の早さを目の当たりにした思いでした・・・。

 では本題です。
 さて、最近は通勤車をtikit、BSMのどちらにするか、かなり気まぐれな判断で選んでいました。
 まあ、大体の傾向として、夕方以降に天気が崩れそうな場合はBSM(アルミフレーム、フルフェンダー)、晴が続くならtikit(クロモリフレーム、前フェンダー破損)という感じで選んでいます。

 しかし、昨年にフルハードサス化したBSMの乗り味が素晴らしくて、最近はBSMを使う事が多かったりしたわけで・・・。
 BSMにほとんど乗らなかった時期があったので、その反動という感じにもなっていました。

 そして本日、久々にtikitで通勤した所・・・。
 帰り道、とある工事現場脇で何か(多分小石か?)を踏んづけた直後に、ガガガガガ、と、車輪の回転周期にあわせた振動が伝わってくるようになりました。
 やばい、パンクか?と思って歩道に乗り上げ、前後輪をチェックしますが、空気圧に問題はなし。
 異物を噛んだのかと思いましたが、手で車輪を回した限り、問題なく回ります。

 自宅まで1km未満という場所でもあったので、玄関先の明るい場所でチェックするか、と、ガガガガガという振動に耐えながら帰宅。
 早速、明かりの下で前後両輪を細かくチェックしたら・・・。


11051601.jpg
前輪の表面がカットされ、
タイヤゴムが変形していた。
こらあかんわ。

11051602.jpg
ピンぼけなのでわからないと思うが、
かなりスパッと行ったようで、
内側の繊維が見えている。


 どうやら異物を踏んだ時に、ゴムの表面がぱっくり割れてしまい、タイヤ本来の形を保てなくなっているようでした。
 ここまでパックリ割れて、良くパンクしなかった物です。

 使用しているタイヤは、シュワルベのKojakで、シュワルベのタイヤはパンク耐性の高さに定評があるようですが、確かに、と思わされます。
 ちなみに、ウチのミニベロはどちらもシュワルベのタイヤを装着していますが、BSM、tikitともに、いまだパンク無しです。
 (BSMに至っては、購入以来、一度もパンクしていない。パンクする前に、チューブとタイヤゴムの寿命が来ているんだから凄い)

 まあ、それはさておくとしても、この状態で通勤を続けるのはリスクが高すぎるでしょうね。
 しばらく、通勤車はBSMに固定して、週末、和田サイクルに行くことにしましょうか。

 ていうか、気付いたら見事に台形になってますね、tikitのタイヤ(^^;)。
 これはどう考えても寿命だな・・・。前後ともに交換だ。
 (ちなみに、走行距離は6,000kmくらい行ってると思う。ずーっと交換してないから。逆に、良く持ったぞ、このタイヤ ^^;)

自転車の安全運転に関する一考

 素朴な疑問。
 ビンディングペダルの「立ちゴケ」か、そうでないかの境界は、どこにあるのか・・・。

 一応、私はビンディングペダルを使用しはじめて以来、一度も立ちゴケ無し、と思っているのですが・・・まあ、未遂(というか、なり損ね)は何度かある訳で(^^;)。
 で、どのラインから、「コケた」という判定になるのかが、ちょっと気になります。

 例えば、急ブレーキ後、倒れそうになり、ガードレールや標識のポールを手で掴んで阻止、というのは、立ちゴケには入らないと思われます。
 が・・・。
 あらら、変な所で右に傾いて・・・え、あれ、右足が外れな・・・っと、ギリギリセーフで足をつけた!(車体は45度くらい傾いている)という場合は、どうなんでしょうか?

 これが「コケた」判定だったら・・・何度かコケてる事になりますが(^^;)。

 では本題です。
 本当は、かなり雑多な内容になってしまったため、お蔵入りさせようと思っていたネタです。
 乱文に加えて、大体、大した実績もない人間が、狭い範囲の経験で書いたこんな文章に、意味があるのかどうか・・・と考えていた訳です。

 しかし、昨日、世界最高峰クラスの自転車ロードレース、ジロ・デ・イタリアにおいて、Leopard-TREKチーム所属のワウテル・ウェイラント選手が、落車(転倒)事故で死亡するという事故があった事から、どんな事であっても、何かの参考になるなら、と思い、公開する事にしました。

 まあ、初心者からやっと脱皮しはじめた人間が、少ない経験の中で感じた事を書きなぐってみた、という感じで見ていただければと思います。

 しかし、本文は非常に(異常に、とも言う)長くなったので、裏置きする事にします。
 興味のある皆様、以下の【Read more】をクリックして下さい。

【Read More・・・】

風に負けた中央路 甲州街道一人旅

 さぁてと、私の連休はもう終わり。
 明日、6日からまた仕事です。

 ・・・はあぁ。

 まあしかし、社会人であるからには働かないとね(^^;)。

 では本題です。
 最初に言っておきますと、今回はネガティブな感想しか残らなかったライドの記録です。
 文面にもそういう気持ちが反映されると思いますので、あしからず・・・。

 実施したのは'11/5/4。
 連休前半の東海道走に気を良くして、後半にもどこかに走りに行きたい、と思い行き先を検討するも、短時間の検討では全く知らない場所に行くのは不安材料が多かったため、一度走った事がある甲州街道の西進方向に決定。

 出だしのコース設定の段階から、そんな消極的な理由で決定している訳ですが・・・。

 さておき、本当は3日に出走予定でしたが、朝、起きたら空模様が怪しすぎたので延期・・・。
 その予測は当たり、3日は関東甲信地方、雨がちの天気になっており、結果的には延期で正解でした、

 本編は、実走がグダグダだった割には長いので、裏置きにします。
 興味のある皆様は、【Read more】をクリックしてください(ただし、ちょっとばかりネガティブ感情が前面に出ているかも、です)。

【Read More・・・】

浜松まで行ってきた。一泊二日で、自転車で。 Part.2

 気がつけば、大型連休も前半が終了。
 後半にも、どこかに行こうかと思っていますが・・・ううむ、どこにしようか?

 それを考える所から旅は始まる、と言いますが、行きたい場所が多いと、色々苦労しますね。

 では本題で、昨日の話の続きです。

 静岡で突如転がり込んだ宿は、一泊朝食付きで、かなりお手頃価格でした(連休のキャンペーン価格)。
 ただ、空調が故障していたか、暖房設定だったようで、夜中に部屋が灼熱地獄になったので一度目覚め、空調の停止と窓の開放だけをやったら再度就寝。
 次に目覚めたのは、宿の朝食時間の少し前でした。

 軽くシャワーを浴びて、朝食に向かったのが7:00。
 長距離を走る自転車乗りの朝としては、少し出遅れ気味の朝でしたが、食欲等はちゃんと復活していて、セルフサービスの朝食は、周囲の人より多量をペロリと平らげていました。

 ・・・単純な体です(^^;)。

 食後のコーヒーを時間をかけて飲みながら、今日の行動をどうするか考えます。
 勢いで飛び出してきている上に、出来るだけ遠くまで走る、ということ以外、特にプランがある訳ではないので、ここから引き返しても問題ない訳ですが・・・。

 天気予報では、翌日から天気が崩れそうでしたが、この日はまだ持ちそう。
 体も回復しているし、走れない訳ではない。
 せっかくここまで来たのだから、「走って、帰りました」だけでなく、どこか象徴的な場所を見てから帰るのも悪くないだろう、と考えて、西進再開に決定。
 宿をチェックアウトし、近くの駐車場の隅で車体を組み上げると、8:00頃、国道1号を西へと向かいました。

 本編はまたまた長文なので、裏置きします。
 興味のある皆様、【Read more】をクリックしてください。

【Read More・・・】

浜松まで行ってきた。一泊二日で、自転車で。 Part.1

 うむ、昨日、回復走までやったはずなのに、体中が痛い(^^;)。
 というか、昨日朝より悪化しているような?

 これから話題にする2日間、ちょっと無理をし過ぎたのでしょうか?
 (そんなつもりはなかったのですが・・・)

 では本題です。
 今年も大型連休に突入です!
 大型連休には、毎年何か無茶をやるというのが恒例?の私。

 一昨年は、まだ慣れていないロードで峠越えをして、下りでスピードを制御できず、落車。
 昨年は、天候急変の天気予報を信じずに飛び出し、初の雨天走行・・・。

 で、今年は。
 可能な限り、走れる所まで走ろうという、無茶な挑戦をやってみました。

 事前に検討したルートは2種類。

1.中央路~北陸
 長所:大部分を一度走った事があるので、迷わず日本海まで行ける。
 短所:白馬からの糸魚川街道や親不知子不知を単独走行できるかが問題。

2.東海道
 長所:東海道は長距離ツーリングのメジャーコースなので、参考記録が豊富。
 短所:ルートはほぼ1号一択。殺人的交通量とバイパス回避が問題。

 という訳ですが、中央路から北陸へ抜ける道は、一度走った事があるため、目新しさを求めて、今まで走った事のない、東海道方面を目指して走る事にしました。
 しかし、東海道を走るとなると、問題になるのが箱根越え。
 「天下の険」の名は現代でもまだまだ有効で、坂嫌いの私には、特に大きな壁になります。

 ゆえに考えたのが、箱根回避。具体的には、道志みちで山中湖に出て、籠坂峠から静岡入りするというルートです。
 そこから、富士山一周の時計回りに入り、途中で富士市に下れば、下り基調の道を行き、かなりの時間短縮になるのでは、と、安易に考えて、スタートしたのですが・・・。

 という訳で、本編は例によって例のごとくの長文なので、裏置きします。
 興味のある皆様、【Read more】をクリックしてください。

【Read More・・・】
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。