日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

01月≪ 2011年02月 ≫03月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

装備をチョイ変更

 2月26日に、BRM312青葉200kmのキューシートが発表されました。

 概要としては、あざみ野駅を出発し、新小倉橋を経由して道志みちから山中湖を経て河口湖付近まで行き、道志みちを下ってあざみ野駅付近まで戻ってくるルート。
 道志みちに入ってしまえば、ほぼ一本道なのですが、都市圏をスタート、ゴールに設定しているコースの宿命で、最初と最後でコースが入り組んでわかりにくい!
 これを当日、間違えないように走るって・・・。

 誰かの後ろについて行くようにしましょ・・・って、それじゃ駄目駄目。
 地図上で、何度もルートをトレースして、頭に叩き込む事にしましょう。
 (地図サービス+国土地理院+Google Earth、全部チェックしないと)

 では本題です。
 ブルベの本番コースが発表されて、盛り上がってきた所ですが、ちょっとばかり装備に変更がありますので、その辺を軽く話題にしてみます。

 といっても、大した物ではないんですけどね・・・。

1.レインウェアのスタッフバッグ
 購入時から、その小ささに辟易していた、レインウェアのスタッフバッグ(収納袋)。
 寒冷期に、何度か簡易防寒服として使用したため、結構頻繁に出し入れをしていたら、破れてしまいました・・・。

 いや、ホントに屋内で床面などを利用して、可能な限り小さくまとめてもギリギリの大きさですから、屋外で空中で丸めたりした時には、無理矢理突っ込み度が高かったのですけどね。
 大体、スタッフバッグを小さくして「こんなにコンパクトに収納できます!」ってやり方がおかしい訳で・・・。
 (登山趣味時代から思っているが、そりゃ、小さく、軽い方がありがたい場合もあるけど、物には限界がある訳で。使ったら毎度、極限まで小さくまとめないと駄目なんて、どんだけ効率悪い代物なのか、考えて欲しいものだ)

 しかし、こういう撥水コートが命綱になる装備をむき出しで荷物の中に突っ込むと、それだけ表面が異物と擦れ合うため、コーティングが即効で剥がれ落ち、レイヤー内に水がしみる原因になったりします(そういう意味からも、毎度ギリギリ擦り合わせないと収納できないギリギリサイズの袋は、私ははっきり邪魔なだけと感じている)。

 何か代用品がないかな、と探していたら、こんな物を見つけました。


11022601.jpg
100円均一店にあった、
ペットボトルカバー。

11022602.jpg
500mlペットボトル用で、
本来の使用だとこんな感じになる。


 500mlのペットボトルがちょっと緩めに収納される袋で、裏地は保冷用の銀マットになっています。
 口を締めるドローコードもついていますから、中身が飛び出したりもしなさそうですから、ちょっと試してみたら・・・。


11022603.jpg
ジャストサイズ。
おやおや、これはまた・・・。


 ウェア(上着)のみ収納状態ですが、見事にジャストサイズでした。
 しかも、もともとボトル用ですから、ボトルケージにもすっぽり入ったりします。
 しかし、ウェアにフードを装着した状態で収納しようとすると、ちょっと容量が足りなかったり・・・。
 単なるナイロン布のものでなく、ネオプレーンなどの伸縮性のある素材だったら、もっと良くなりそうです。

 ただ、問題は素材とウェアが擦れ合って、コートが落ちないかどうか。
 まあ、それは繰り返し使用する中で判断するしかないですけどね
 (撥水ワックス、買っておこうかな。なお、GORE-TEXは市販の防水スプレーを吹くと、透湿性が極端に低下するので注意!防水透湿素材対応のものを使おう)

2.昼用アイウェア新調
 これまで、主に昼間のロングライドで私の目を守ってくれた(沖縄に2回、グアムにも一緒に渡航している)SWANSのアイウェア、SOU [双] ですが・・・。
 長年の酷使で表面が傷だらけになり、撥水もかなり悪くなってきたので、リプレースしてやる事にしました。

 新しいアイウェアはこちらです。


11022605.jpg
SWANS SOU
カスタムモデル。


 私には最高の着用感だったので、またSOUを選びました。
 レンズは、ライトアンバーがあると良かったのですが、現在のラインナップにはライトアンバーのモデルはありません。
 よって、同じような視界が得られる、シルバーミラー/ライトピンクのレンズを選びました。


11022607.jpg
ちなみに、レンズは両面撥水。
暑い日に、頭からボトルの水をかぶっても、
裏側に水滴が残る事もなくクリアな視界が得られる。

11022606.jpg
で、どこがカスタムなのかというと、
このフレームカラー。
現在のラインナップに、
ピンクレンズで青フレームはない。


 ラインナップにないカスタムをどうしたのかと言うと・・・。
 本日(2011/2/26)、東京ビッグサイトで行われていた「東京マラソンエキスポ」の会場限定で、カスタム販売をやっていたので、それなら自分の好みに合わせた形で売ってもらおう、と思い立って出かけてきたのでした。

 結果、ロードのフレーム&ヘルメットにカラーを合わせた、白/青のフレームにカスタムしてもらって購入。
 それなりに良いお値段でしたが、自分の「目」を保護する装備に金をケチると、ホントにろくな事になりそうにありませんから、これは必要な出費です。


11022608.jpg
新旧モデルを並べてみた。
ずいぶん見た目の印象が変わりそうだ。


 ちなみに、エキスポ会場でもSOUの試着時に、スタッフの方に「きれいに収まっていますね」と感心されてしまいました(^^;)。
 ホントに、このSOUというモデル。私の顔にはジャストフィットすぎるくらいきれいに収まってくれます。
 重量も22gととても軽く、かけている事を忘れてしまう事があるくらいの自然な装用感です。

 ただし、もともとランニング用のアイウェアで、一眼型のレンズなので、調光など、特殊なレンズは今の所、ラインナップに入っていません。
 まあ、ランナーの皆さんって、夜はサングラスをかけない方も多いようですし、早朝から深夜まで走るような方も少ないでしょうから、調光レンズの需要はそれほどないでしょうし・・・。
 第一、調光素材をこんなデカいレンズに使ったら、どんだけ高価になるか、考えたくないですけどね・・・.

小ネタ集 冬~春を乗り切る、私的自転車装備を一部紹介。

 今日は、冒頭脱線が長いです。

 いまさら感がひしひしと伝わってくるような話題ですが・・・金沢ゴーゴーカレー、初体験しました。
 何でいまさら初体験なのかと言うと・・・。

 実は、何年か前、金沢系カレーのチェーン店が大量増殖した時、会社の近所に金沢系に見た目がそっくりで、くそまずいと評判のカレー店があり・・・。
 そのまずさがトラウマになっていたので、金沢系カレーに、あまり良い印象がなかったのですよ・・・。
 ほんと、小麦粉を茶褐色の粘土に混ぜてこね回したような味というか、なんと言うか・・・。

 ちなみに、そのまずいカレーには色々伝説があって、ウチの会社の社員でそのカレーを体験した人は、「普通は外れが少ないというカレーライスに、人生で初めてハズレを経験した」という評価が定着していましたし。
 会社近所で、ウチの会社に色々物納している業者さんの社員の間でも、「罰ゲーム専用メニュー」と言われていましたし。
 さらには、ウチの社員で、味覚のストライクゾーンがバックネット全面というくらいに寛容・・・というか、単なる悪食というか、そんな奴がこのカレーを食べて一言(食事中の皆様、飛ばしてください!)。

 「う○こ味のカレーって、初めて食った」

 と言い放ったほどの味だったもので・・・(後にも先にも、そいつが何かを食べて「不味い!」という反応を示したのは、そのカレーだけ)。
 そんな、見た目だけ金沢カレーのスライムというシロモノが、この系統のカレーとのファーストコンタクトだったので、今まで食わず嫌いになっていたのですよ。

 で、肝心のゴーゴーカレーさんですが。
 今まで、食わず嫌いですみませんでした!
 願わくば、会社近所に進出して欲しいです。

 それにしても、あの、とんでもねえくそまずいカレー店は・・・。
 この味をコピーした物なら、何を間違えばカレールーから「ダークブラウンスライム」を作れたのか、逆に知りたいくらいです。

 では本題です。
 多くの人にトラウマを植え付けたカレー店の話題が長くなってしまいましたが、今日は小ネタ集です。
 内容は・・・まぁ、タイトル通りという事で(^^;)、ではどうぞ・・・。
 (死亡認定回避&今出さないと旬を外すネタの放出とか、そういう正しいツッコミはいりません・・・)


1.簡易シューズカバー?
 冬のロングライドでは手足の先の冷えが大敵になります。
 手足の指先は、風を受けると、痺れたり感覚がなくなったりして、最終的には、ブレーキや変速の操作ができなくなる事も・・・。

 で、手の方は厚手のグローブなどで防護がきくものの、問題は足の方。
 ソックスを厚くするといっても、シューズの締め付けがあるため限界があり、可能な限り厚手のソックスを使っても、風が当たる(風が抜ける構造の)足の甲や指先の冷えは避けられません。
 それを解消するために、足に防風効果のあるシューズカバーを取り付けて走っている皆様も多い・・・というか、普通に考えたら、それを装備するのが妥当な対応だと思いますが・・・。

 私はちょっと変わった形でそれを凌いでいます。

 昨冬、足冷えに耐えられなくなった時、コンビニ補給時に入手した買い物袋を足に装着して走った所・・・これが案外、耐えられた訳です。
 そんな訳で今回の冬は・・・。

 まず、素足に自転車用のソックスを装備。
 その上に、コンビニ等の袋を装備。
 その上に、さらに普通の靴下を装備。

 というスリーレイヤー構造(爆)で足を守って走っています。
 こんな物でも、防護効果は結構優秀で、100km走ってもあまり冷たさは感じません。

 欠点は・・・。
 まず、強烈に蒸れる(^^;)。水虫持ちの皆様には、とてもお勧めできません。
 また、歩く時、ちょっとシャリシャリという音がするのと、靴の中で足が滑って、固定が甘めになる事。
 そして、袋に穴があいていたら、そこだけピンポイントで冷える事、ですかね。

 まあ、日常の買い物で入手した袋を使えば、元手もゼロに等しいですから、手軽さに関してはこれ以上の物はないと思いますが、欠点を許容できると思う皆様、お試しあれ・・・。
 (注:隠遁中の水虫が急速悪化する事があるかもしれないので、ご注意を・・・)

2.鼻栓型マスク
 これからスギ花粉のシーズンを迎え、花粉症持ちには屋外活動がとても厳しい時期になってきます。

 そんな訳で、様々な花粉症対策グッズを試したりする訳なのですが・・・。
 対策グッズのほとんどは、日常生活を送る上では問題がなくとも、ちょっとした運動を始めると、息が苦しくなったり貼り付いたりずれたりで、役に立たない物が多いのですよね・・・。

 そんな中、最近試しているのが、鼻栓型のマスクです。
 このマスク、息が苦しくなりにくい、スポーツ時でもOKという謳い文句なのですが・・・。

 実際には、そこそこ苦しくなります(^^;)。
 そして、一日走った後、外すときの状況は・・・表記を自粛したくなる状況があります。
 物によっては、苦しくならない物もあるそうなので、色々と、見かけたら試していますが、今の所、そんな夢のような物には出会えていません。

 まあ、異物吸入を防ぐためのフィルターなのですから、吸引ロスをゼロにするなんて事は不可能だというのはわかっている事ですけどね。

 ちなみに、花粉症の薬である抗ヒスタミン薬や抗アレルギー剤は、「インペアード・パフォーマンス」を引き起こす恐れのある薬剤が多いので、自転車の運転前には服用しない方が良いでしょう。
 自分では知覚できないうちに、泥酔状態と代わらないくらいのレベルに判断力と反応速度が落ちているなんて、怖すぎますから・・・。
 (それ以前に、薬の添付文書に、「機械や乗り物の運転前にのむな!」と書いてあるしね)

3.クリスタルヴェール
 昨年、入手した、「イオンの力で花粉の吸入を防ぐ」というこの商品。
 昨年は、あまりにも花粉飛散量が少なく、効果のほどは不明でしたが、今年になって、花粉飛散量が徐々に増えてきた最近、試してみた結果、評価を下せるようになりました。
 当初の購入段階では、プラシーボ程度でも効果があれば御の字、と思っていましたが・・・最終評価。

 プラシーボ以下。

 自転車で走る時、という訳でなく、日常生活の中であっても、なぁーんにも、効果はありません。
 これなら、素直にマスクをした方がマシだ、と、私は判断します。

 とにかく、メーカー発表の、この製品の微粒子忌避のメカニズムを見れば、大体予測できるとおりの結果でした。

 この製品は帯電した薬剤を鼻まわりに塗って、その帯電効果で吸引・排斥を行うという形になっていますが・・・。
 ある程度の化学、物理を学んだ人なら簡単に理解できると思いますが、ヒトの呼吸による吸引圧力差により生じた気流に乗った帯電粒子を弾くなんて、どれだけ強力な電界を作り出す必要があるか。
 そして、それが鼻まわりにペトペト塗ったジェル程度で実現できる物であるはずがありません。

 こんな物、どんなレベルの薬剤として販売してるんだ?と思い、調べてみたら・・・この製品の国内での扱い。
 
 雑貨。

 薬剤でないのは当たり前としても、医薬部外品ですらないっ!!
 そういう物に、薬剤と誤解されかねない効果・効能をうたって宣伝するのって、大丈夫なんでしたっけ???

 ちなみに少し調べてみたら、噂レベルではありますが、製造国であるアメリカでは、宣伝に比する「効果の無さ」が問題になっているという話もあり、アメリカでは既に購入できないという話も・・・。

 そして、今年になったら、似たようなコンセプトの商品が色々出始めましたが・・・。
 メントールを配合し、清涼感を出して効果を誤摩化すようにしているような、姑息な物もありますが、どれもこれも効果は同様だと思って良いのでは?

 まあ、今の所、花粉症対策としては、何らかのフィルターを使うしか方法がなさそうですね・・・(レスプロのマスクを試せば良いのだろうけど、高いしなぁ・・・)。

ブルベ前に少しは走れ!大垂水~津久井帰還コース

 ヴェロクラブ・ランドヌール青葉さんのページを見に行ったら、「BRM312青葉200km道志みち」のコースが一部、アップデートされていました。

 新たに発表された内容では、あざみ野スタート、道志みち経由で河口湖まで行った後、鳴沢村で折り返して、鶴川方面に帰還するコースになりそうです(現在、キューシートを固めている所だそうです)。

 ・・・ふむ、険路で有名な青葉シリーズとしては、案外おとなしめ・・・になるんでしょうか?このコースは。
 今発表されている範囲では、道志みち以外に登りらしい登りはないような・・・(青葉シリーズとしては、珍しい?)。

 しかし、絶対、何かが隠れている気がして怖いです(最後の最後に、短い激坂とか・・・)。

 では本題です。
 冒頭脱線でも話題にした、私のブルベデビュー戦、「BRM312青葉200km道志みち」まで、あとわずかとなりました。
 これを書いている2月19日段階で、本番まであと21日しかないという慌ただしさです。つまり、来週、再来週の週末を過ぎたら、もう本番という訳で・・・。

 そんな折ではあるのですが、ここ一ヶ月ほど、ロードには全く乗っていない。
 しかも、最も最近、まとまった距離を走った時でも、3桁キロに届いていない。
 まあつまり、シリアスにヤバい状況を感じていたりする訳です。

 今回のブルベは、ブルベとしては最短距離の200km(←間違ってないから!)。
 今までにも何度も走った事のある距離なので、構えるほどの物ではありませんが、かといって、徒手空拳で対応できる距離でもなし・・・。

 そんな訳で、今日は一日、時間が取れたので、手始めに100km程度を目指して走ってみる事にしました。

 で、実際のレポートは長くなったので裏置きします。
 興味のある皆様は、以下のRead Moreをクリックしてください。

【Read More・・・】

小ネタ集 考えてみたらひさしぶり

 毎度毎年の事ですが、新年から年度末にかけての3ヶ月は、本業が超多忙になる時期です。

 残業、休日出勤当たり前の毎日が続いているので、あまり趣味に裂く時間がなく、必然的にブログネタもあまりなかったりするのですが、あまり更新しないでいると、死亡認定されかねませんので(^^;)、今回は小ネタ集で間をつなぎましょう。

 ・・・って、この小ネタ集、思い返せば昨年10月頭以来になります。
 ううむ、ホントに久々だな・・・。

 とか何とかいっているうちに、本題に移りましょうか。

1.Something New!
 忙しい時期だとかなんだとか言いながら、1月最終週の週末、学生時代の恩師が還暦を迎えるという事で、そのお祝いのための招集がかかった事もあって、愛媛県は松山市まで行ってきました。
 お祝いの会については、まあ、内輪の話なのでさておくとしても、100人単位のOB、OGが集合した、かなり賑やかな会で、本当に色々な人にひさしぶりに会えて、楽しいひとときを過ごしてきました。

 ・・・そして・・・。

 久々に母校を訪ねたのですが、そこで驚いたのが、全体的に校舎や教室棟がきれいになっている事に加えて、大学の各研究室が所蔵している標本や資料を集めたミュージアムが設置され、しかも、それが無料解放されているという事でした!
 地方大学とはいえ、学術的な資料を集めたその場所は、博物館・資料館が好きな私には、とってもツボにはまる場所。
 多分、在学中にそれがあったら、「アイツなら、どうせあそこに居るだろ」と言われるくらい、入り浸っていたと思います(^^;)。

 いや、ホント、今の在学生がうらやましい!
 こんな凄い標本の数々を無料で見放題なんて、どんだけ恵まれてるんだと!

 本気でもう一度、今の設備がある母校に、過去の年齢で戻りたくなってしまいましたよ・・・。

 ちなみに、小見出しは私が所属していた研究室の標語というか、心得というか、そういう物です。
 卒室生同士の合い言葉のようにもなっています。

2.通勤車を一時的に変更中
 フェンダー破損があったtikitのかわりに、今はBSモールトンで通勤しています。

 通勤=毎日走る、という事で考えると、急な天候変化や雨上がりの朝などにも走らなければならない訳で、そういう時にフェンダー無しの車体は、体や荷物がドロドロになる事もあるので、通勤には向かないな、と。
 そんな訳で、フルフェンダー+フルハード化済みのBSモールトンで会社までの道を走っています。

 で・・・フルハード化後、それなりの距離をそれなりの頻度で乗り回した結果ですが。

 凄く良いです!

 フロントサスをハード化する前は、何だかフニャフニャと頼りなく、サス挙動が車体の安定性も損ねているような感じもあったのですが、現在ではそんな感じはありません。
 また、硬くなったといっても、急激な突き上げはちゃんと受け止めているような感じがします。
 とにかく、tikitだったら尻を浮かせて通過する荒れた舗装の区間を、全く気にせず通過できますから、この車体のサスの衝撃吸収性&路面追随性はやはり最高ですね。

 ただし、しばらく乗っていたなかったため、会社に乗り付けたら「また新しく一台買った!」と思われてしまったのは…(^^;)。
 コイツが初号機ですってば!

3.最近増えている、変なキーワード
 ウチのブログもおかげさまで、そこそこのアクセスを頂くようになっています。
 検索キーワードで多いのが、「Lightning Alpine」「mezzo 自転車」「bikefriday tikit」あたりになりますね。

 ちなみに、mezzoは日本ではOriブランドで出ていますから、そっちで検索して頂いた方が、よりちゃんとした情報が出ると思います。

 で・・・時々、何でそんなキーワードで?と思うような奴もある訳で・・・。

 「おじさん度診断」
 「コンスタンティヌス帝時代 立法について」
 「やかん 赤錆 取りたい」
 「3月で新車の納車日はいつがいいか」

 えと、これらのキーワードで訪れてくださった皆様。
 私からのお答えとしては。

 ( ´・ω・`)<知らんがな。

 になりますので、あしからず・・・。

プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク