日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

04月≪ 2010年05月 ≫06月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

たまには逆から回ってみる。上野原市から奥多摩へ。

 現在、イタリアを中心に開催中のロードレース、「Giro d'Italia」の第5ステージで、日本人の新城幸也選手が、140kmにもなる大逃げをうって、第三位に入賞!
 加えて、最もアグレッシブな走りを見せた選手に贈られる、「フーガ賞」を受賞!

 ・・・恐らく、自転車競技に興味のある皆様以外、何のこっちゃ?という話だと思いますが、「Giro d'Italia」は、日本でも有名なツール・ド・フランス等と並んで「グラン・ツール」と呼ばれる、世界最高峰のステージレースです。
 そんなレースで評価されるという事は、車で言えば、F1グランプリで日本人ドライバーが表彰台に乗るなんてレベルではないほど、世界にインパクトを与える走りをしたのです。
 (F1は、言い方を悪くすれば、機材が良ければ勝てる。自転車レースは、選手の資質がなければ勝てない)

 おかげで、欧州の新聞では「Yukiya Arashiro」の文字、Web発進されているイタリアのTV局のレース中継では「ジャッポネーゼ、アラシーロ」の言葉が乱舞するほどの、熱狂的な取り上げられ方をしていました。
 (それにしても、Web回線で海外のテレビ中継を生で見れるなんて、凄い時代が来たものだ)

 その一方で、例によって、日本のマスコミは完全スルー()。

 いつも思いますが、この温度差、素晴らしすぎます(違う意味で)。
 まあ、私も数年前まで、「自転車レース?競輪の事?」という、その他大勢の(ある意味正しい)日本人感覚だったので、大きな事は言えませんが(^^;)。

 では本題です。
 ついに来週が東京→糸魚川ファストラン当日となりました。
 4月から今まで、週末に時間が取れる時には、最低でも100kmオーバー、センチュリーライド(160km)以上の距離を走ってきましたが、それでもやはり心配が残るのが、登坂力。
 私は普通のサイクリストより登坂力が弱いと、自分でも自覚できる(せざるを得ない)くらい弱いので(^^;)、本番前の最終週末は、予定通り峠越えの日と設定して、山梨県小菅村の鶴峠へと向かいました。

 この鶴峠、昨年から何度か、奥多摩〜小菅村方面から越えた事はありますが、今回はよりキツい道とよく語られる、上野原市経由のルートを設定。
 折角なので、最初の方はファストランと同じコースを走る事にしました。
 (スタート地点まで自走入りの予定なので、そこもあわせて再現した)

 で、例によって、激長文なので、詳細記録は裏置きします。
 興味のある方は例によって、下の「Read More」をクリックしていただくとして、高尾山口〜上野原市の実走で気付いた点を以下に。


1.大垂水峠の頂上付近(歩道橋が見えてから)の区間で、道路左端の雨水が流れるコンクリ部分が崩落して大穴になっている箇所あり。アスファルト上を走りましょう。
2.大垂水峠の相模湖側下りで、センターに車線分割ポールのある右ヘアピンは、アウト側だけでなく、イン側にも小石や砂が浮いている場所が多くあります。攻めるのは程々にしましょう。
3.上野原市街地の交差点の中には、左端の舗装が荒れてガタガタの場所が多くあります。縦クラック状の穴も多くあります。


 特に、暗い時間帯にここを走る皆様は、注意しましょう。

【Read More・・・】
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2018年1月に、東北勤務から再び東京に転勤となりました。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク