日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

12月≪ 2010年01月 ≫02月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

アイウェアのテストで奥多摩へ

 今日は久々に奥多摩まで走ってきました。

 奥多摩へは、いつも通り吉野街道経由で向かったのですが・・・。
 JR御嶽駅付近を過ぎてから先は、道が山に沿うように走るため、日陰になる部分が多く、しかも日陰の部分は路面がしっとりと湿っているという・・・。

 雨も降っていないのに、何で路面が湿るのか。
 思いつく要因があるので、その"思いつき"が"確信"になってくれない事を祈りながら、注意しながら前進して行くと・・・。
 新氷川トンネルを迂回するために渡った右岸の道路で、無情にもその表示が現れました。


P1000854.jpg
いっ、嫌ああぁぁァァァ!


 ・・・さすが山岳地。
 東京だからとナメたらあかん!

 というか、凍結した路面に車輪をとられた落車確定です。
 この季節、奥多摩に行く皆さんは、ちょっと遅めの時間に、青梅街道(南斜面に設置され、日当たりが良い)経由で行くのが安全でしょう。
 (ちなみに、トンネル内で湧水が凍っていると、相当遅い時間まで氷が残っているので、大真面目に厳戒態勢で走った方が良いと思います)

 では本題です。
 本日、奥多摩に行った理由は、新年以来今までの不摂生度がどの程度かをはかるためと、先週導入したアイウェア、SWANS CYNIUM-Rphをロードで使用した感じの確認+長時間装用での使用感+調光レンズの色変化状態を見る、というもの。

 ま、平たくいえば、新しく買った装備を試したくて仕方がなかったと(^^;)。
 (オモチャを与えられたガキとか言うな!)

 という訳で、CYNIUM-Rphについて、ちょっと解説。

 このアイウェアは、山本光学さんのSWANSブランドのうち、自転車向けに作られているシリーズの中で、調光レンズを使用したモデルです。
 調光レンズとは、装着時に紫外線の強度に応じて色が変化(紫外線強→黒、紫外線弱→透明)するという物で、可視光透過率は12-80%の間で変化します。

 ちなみに、今回のネタを書く時に、サングラスの性能表記について色々調べた結果、可視感透過率可視光透過率という二つの性能表示数値が出て来て、色々と混乱させられました。
 サイトによっては、可視感透過率可視光透過率という誤用がされていたりもしますが、実際にはこれは似て非なる物です。

 ちょっと難しいですが解説すると、

 可視感透過率
 JIS規格で、メガネレンズの光線透過率を表す数値として設定されている。
 ヒトの目が特に強く感応する、波長550nm(ナノメートル。10億分の1メートルを表す)の光が透過する率を表す。
 この数値が3%未満の(何も見えないくらいの)レンズは、メガネとして使用できない(そりゃ、前が見えないメガネなんて、ありえないよね・・・)。

 可視光透過率
 ヒトの目が光として捉えられる波長域、つまりは可視光線の波長領域(波長400nm~780nm)の光が透過する率の平均値。

 という訳で、両者には特に敏感な光の透過率か、可視光域の光の透過率平均値か、という違いがあります。
 今回は、この数値のうち、可視光透過率をベースに話をしているので、注意して下さい。

 難しい話はここまでにして、実際に装着して130kmばかりを走ってきた感想は、裏置きします。
 続きに興味がある方は、下のRead Moreの文字をクリックして下さい。

【Read More・・・】
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2018年1月に、東北勤務から再び東京に転勤となりました。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク