日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

10月≪ 2009年11月 ≫12月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

「ツール・ド・おきなわ 2009」本島一周参加記録 Part.1

 初めての沖縄訪問が、この、「ツール・ド・おきなわ 2009」の本島一周サイクリングだったことは、私にとって、本当に幸運だったと思う。

 これは、完走直後に感じた、私の偽らざる感想だ。
 いきなり結論を書くなよ、とツッコまれそうだが、記憶が鮮烈なうちに、なるべく自分自身の正直な言葉で書いておきたかった。

 本当に楽しかった。
 単に「楽しかった」で終わらせては、表現する言葉が全然足りていない事は明らかなのだが、どんな修飾をつけたくても、本当に「楽しかった」という言葉しか出て来ない。
 そんな自分の想像力の貧困ささえも、あの2日間を思い出せば、おかしく、楽しくなってしまう。

 既にこのブログでは何度も話題に出してきたとおり、私は2009年11月7-8日に開催された、「ツール・ド・おきなわ 2009」に参加してきた。

 参加してきたのは、本島一周サイクリング。
 7日早朝に名護市を出発し、沖縄本島北部を時計回りに周回した後、喜瀬ビーチに宿泊。
 8日も早朝に喜瀬ビーチを出発し、沖縄本島南部を時計回りに周回し、最後はスタート地点の名護市に戻る、313kmの道のりを自転車で走るイベントだ。

 自転車で、313kmを走る。それも、沖縄本島を一周(正確には8の字に周回)するコース。

 沖縄に行くのが初めて。
 こんな遠くまで、自転車を伴って旅に出るのも初めて。
 2日連続で100kmオーバーの道のりを走るのも初めて。
 筋金入りのロングライダー達に囲まれて走るのも初めて。

 とにかく初めてづくしの、不安と期待と興奮が入り交じった旅は、私にとって、恐らく、生涯忘れられない旅になった。

 今回からしばらく、同じカテゴリー内で何度かに分けて、自分がこのイベントの中で感じてきた事を、できるだけ沢山、できるだけ正確にレポートして行こうと思う。
 時々、ナルシスト的で鼻につくような文面になったり、なかなか話が先に進まず、イライラする事もあるかもしれない(既にそうなっているかもしれない)が、ゆっくりとお付き合い頂ければと思う。

 長くて、暑くて、辛くて、怖くて、痛くて、疲れて、そのまま地面に倒れ込みたくなって。
 それでも、全てが本当に楽しかった2日間の雰囲気が、少しでもリアルな感覚となって、皆様に伝われば幸いだ。


【Read More・・・】
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2018年1月に、東北勤務から再び東京に転勤となりました。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク