日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

07月≪ 2009年08月 ≫09月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツール・ド・おきなわ ツアー確定。

 選挙、もちろん、今回も行ってきました。

 さて、開票の方ですが・・・。
 各局の特番がはじまった段階で、ほぼ結果が見えてましたねぇ(それ以上、見なくて良いって感じだった)。

 それにしても、ただ今の東京方面、台風の影響か、かなり強い雨です。
 明日、ひょっとすると東日本に上陸との予報もあるようですが・・・これ、新しくなる政情の暗示でなければ良いですが・・・。

 では本題です。
 先日、ちょっとだけ触れた、秋に参加予定ののサイクルイベント、「ツール・ド・おきなわ」ですが・・・。

 エントリー時に(有)名護ツアーセンターに申し込んでいた「ツール・ド・おきなわツアー」の予約が確定した、との連絡が入りました。
 航空便、宿泊場所とも、競争倍率が高そうな組み合わせでしたが、エントリーと同時に申し込んだためか、すべて希望通りで通ったようです(なお現在段階で、ホテル等はかなり満室状態になってるらしい)。

 というわけで、おさらい含めて書いておきますと、私が出場するのはサイクリング部門の「本島一周サイクリング 313km」。

 旅のプランは、金曜日の午前中の便で東京を出て、午後に沖縄着。
 夕方までブラブラ観光しつつ名護まで移動。
 土日はイベントで沖縄本島を走った後、宿泊。
 月曜の夕方の便で沖縄を出て、夜に東京着という内容です。
 (まあ、あとは仕事の日程を、何とかやりくりしないとダメか ^^;)

 ちなみに、沖縄訪問は、今回が初めてです。
 初めての沖縄が、ツール・ド・おきなわの本島一周サイクリングってのも、かなり極端な話かもしれませんね(^^;)。

 それより、初日の約190km(獲得標高約2,000mに達するらしい)をちゃんと走り切れるかどうか、今から不安だったり・・・。
 (う〜む、本番までに一回、200kmを走っておかないと駄目だな・・・)

スポンサーサイト

Bikefriday tikit, 2nd. インプレ

 先週末は、実家から家族が上京してきたので、道案内に強制連行されていました・・・。

 博物館&夏の特別展示企画をまわるのが目的の上京でしたが、一番ウケていたのが、気紛れに見に行ったお台場の実物大ガンダムだったのは・・・。

 まあ、自分でも思いましたよ。血筋だ、と。

 では本題です。
 通勤の足として毎日乗っているためか、ずいぶん体に馴染んできた(体がその車体に慣れてきた、とも言う)、Bikefriday tikit。
 最初は鉄板のように硬く感じたSpecialized Toupeも、今では普通に着座できるサドルになってくれています。

 以前はファーストインプレッションという事で、大雑把な感想を書いておきましたが、今回は少し乗り込んできて思った事をネタにしたいと思います。
 本文は非常に長くなったので、例によって裏置きします。

 ・・・あ、ランキングを意識して、アクセス数を稼ごうとしている訳ではありませんので、あしからず・・・。
 (ちなみに、FC2ブログに付加されたジャンル別ランキング機能は、アクセスランキングと言いながら、記事の更新時にドカッと順位が上がるような設定になっているようだ。先日、1日に2回更新したら、一気にランクが上昇したしね)

【Read More・・・】

秋のサイクルイベント、その後の状況他

 本日ふたつ目。
 つぶやきに埋もれる前に、ネタにしちゃいましょう(^^;)。

 すでに夏も折り返し点を過ぎて、朝の通勤ライドがTシャツ一枚では涼しさを感じる日も多くなってきました。

 そうなると気になるのが、秋の自転車イベントです。

 今年は、9〜11月にかけて、秋のサイクルイベントに参加する事にしています。
 まず、9月ですが、「東京シティサイクリング」にエントリーしています(9/20日)。

 このイベント、例年通り、本来の締切り予定日の1ヶ月以上前(8/3日)段階で、定員締切りになってしまいました。
 で、既に本番まで一ヶ月を切っているのに、公式サイトのコースの紹介等々、まったく更新されていないのも例年通りです(^^;)。

 しかし、色々聞こえてくる情報によると、今年もどうやら序盤の難所、「表参道の悪夢の交差点」がコースに組み込まれているようです(数分間の赤の後、30秒ほど青になるだけ。あまりに前に進まないため、この段階でリタイヤした人もいた)。
 朝一番出発のA組にエントリーして正解だった気がします。

 ちなみに出走車体は・・・。
 2週間後にレースを控えているから、tikitにしようかと考えている所です。
 (都心部で、ストップ&ゴーが多いから、ロードで走るのは逆に疲れるし)

 そして10月3日、「日産スタジアム・サイクルパークフェスティバル feat. BikeNavi」の2時間エンデューロにエントリーしています(こちらも既に定員締切り済み)。

 今年初めてのレースイベント。
 カテゴリーは、ミニベロ・フォールディングバイクです。
 とにかく事故の多いイベントなので、2時間、安全に走る事を第一に考えます。

 出走車体は、BSモールトンでほぼ決定。
 既にオーバーホールから上がって来ているので、時間を見て、ならしをかけて行く事にします。

 その翌週は、関戸橋フリーマーケットですね。
 Airframeから取り外したパーツを持ち込むかもしれませんが、まあ、状況次第という事で・・・。

 んで、11月。
 
 ・・・え〜と・・・。
 ・・・身の程知らずにも。

 「こんなの」にエントリーしちゃいました・・・。

 参加する部門は、サイクリング部門の、「沖縄本島一周サイクリング(313km)」です。
 既に、8/1日付でエントリーし、ツアー申込も済ませてあります。
 まあ、ツアー申込もすぐに済ませましたから、あとから「ごめんなさい、飛行機も宿もとれてません」なんて事はないと思いますけど・・・大丈夫かな?
 (希望通りの便&宿が取れたかどうかは、9/20日以降、連絡が来る。そこで「ごめんなさい」されたら、どうにもならん・・・)

 それに、初日の約190kmという距離も、単に走るだけなら完走できそうな気もしますが、途中、やんばるの森の中、補給地点もない中で、物凄い回数のアップダウンをこなさないといけないとか、獲得標高が2,000mにもなるとか、そういう設定のコースを完走できるのかどうか・・・。

 まあ、ロードなら何とか大丈夫だろうと考える事にして・・・。

 問題は、自転車をどうやって運ぶかってことですね・・・。
 まだ、ロードの輪行用具をまったく揃えていませんので(^^;)。

 しかし、JCA会員(今年も加入している)の利をいかして、早速、これを取り寄せておきました。


P1020097.jpg
じゃん。
JCA会員のもうひとつの証(?)、
サイクリングタッグ。
輪行袋+このタッグで、ヤマト運輸の
「サイクリングヤマト便」のサービスを受けられる。

P1020098.jpg
裏はこうなっている。
(住所、名前、連絡先を書き入れる場所あり)
で、見ての通り、思ったよりデカい(^^;)。


 まあ、もし輪行で担いで行くにしても、これを輪行袋につけておけば、「丁寧に扱ってね!」の意思表示になりますから、持っていて損はありません。

 ちなみに、このサイクリングタッグ。
 通常、申込から手元に届くまで、1週間ほどかかるとの事でしたが、私の場合、現金書留を発送したのが火曜日で、金曜日の今日、もう届きました。
 東京23区内だったら、混雑していなければ意外に速く届くかもしれませんよ?

 それはさておき。
 う〜む、本当に完走できるか?おきなわ・・・。

どうでもいいお知らせ

 キーワード「モストロを落とした」

 ・・・頼むから、そんなキーワードでヒットしないで>ウチのブログ。orz

 では本題です。
 まあ、とってもどうでもいいお知らせなんですが。

 右側のサイドバーに、2〜3日前からTwitterのつぶやきを表示できるようにしてあります。
 ブログでネタにするほどでもない超小ネタなんかを、思いつくまま(携帯でも)チョコチョコつぶやいて行きますので、お楽しみに!

 イベントに参加している時は、状況のリアルタイムレポートも出せるかもしれません。

 ただし、このTwitterを置いてあるスペースは、残念ながら携帯サイトには反映できないんですよね・・・(Web専用素材)。
 まあ、携帯サイトに"つぶやき"を反映させたら、ブログかTwitterか分からないサイトになっちゃいますけど(^^;)。

 というわけで、本日昼につぶやいた、ヒョウ柄のジャガーの折り畳み自転車のツッコミどころをちょこっとフォローしておきましょう。


1.「そのまま」を狙ったつもりでも、ジャガーとヒョウの模様は全然違う。
2.猛獣の名を冠した安物。
3.大阪のおばはんかーい!
4.っつーか、こんな塗装をしようと考えた人、出てきて!
5.そもそもジャガーは自転車作ってねーぞ!


 以上、5点。
 どれを真っ先にツッコむべきか、本気で迷いました・・・。

 今後も、気が向いたら"つぶやき"をフォローするネタを上げたいと思います。

 ・・・しかし、あまり勢い良くつぶやいていると、冒頭脱線(一番最初の、「では本題です」の前の日記的な数行部分)のネタが無くなるな・・・(諸刃)。

小ネタ集、'09 お盆あけ編

 ついに衆議院議員選挙が公示されましたね。
 早速、都内はあちこちで候補者が演説合戦を繰り広げています。

 それにしても、つい先日、都議選が終わったばかりだというのに、今度は国会議員ですが・・・。
 いやあ、しかし、今度の選挙は、一体どんな風になる事か・・・。

 そんな訳で、選挙にちなんで、最近、どこかで読んだ文章を、うろ覚えで転写(出展失念。問題あったらご連絡ください)。

 「もしも今、この世の中を誰かに変えて欲しいと願うなら、鏡を見なさい。その鏡の中に、それを成し遂げられる人がいます」

 有権者の皆さん、30日は投票に行きましょう!

 では本題で、今日は小ネタ集です。
 早速、参りましょう。

1.ロード購入後、半年経過
 正確にはあと数日後ですが、ロードを購入してから半年が過ぎました。

 この間の走行データは、(春にサイコンの不調が続いたため、正確な数値ではないですが)走行時間はトータル63時間で、走行距離は約1,400km。
 まあ、ウィークエンドライダーなら、これくらいでも仕方ないですか?
 (週末にはミニベロで出かけた事も多いですし)

 一度コイツで走り出すと、とにかく遠くまで軽く走れてしまうので、センチュリーライド以上の距離を簡単に走ってしまいます。
 そして、ロードに乗りはじめて半年経った今のプチ自慢

 まだ立ちゴケしてません!
 (ロード購入とビンディングデビューは同時だった)

 ・・・しかし、逆に考えたら、ロード乗りとしてはまだ半人前ってこと??(^^;)

 それにしても、ビンディングペダルを使いはじめてから、ミニベロ(フラペ+ハーフクリップ)で止まる時も、無意識に足首をひねっているのに気付き、なんか複雑な気分になります・・・。


2.tikitの仕様で、また気付いた事
 まあ、どうだっていい事なんですがチェーンにコネクトリンクがついてました。
 チェーンが汚れてきたら、パキッと外して、浸け置き洗いなんかも簡単にできそうです。

 しかし、そこだけ金色なので、気になり出したらホントに目立ってしょうがありません・・・。


3.FC2ブログがまた仕様変更
 FC2ブログの仕様がまた変更になり、各ブログのメインジャンル以外に、さらに詳しいサブテーマが設定できるようになりました。
 (ま、「音楽」というメインジャンルの中に、洋楽やJ-pop、クラシック等のサブテーマをつける感じと思ってください)

 ウチのブログのメインジャンルは「趣味・実用」
 サブテーマは「自転車・サイクリング」に設定してあります。

 で。
 この、メインジャンルとサブテーマごとに、ランキングがつくようになったみたいですが・・・。
 これ、強制加入ってどーなのよ(前はいくつかの加入選択制のサービスだった)。

 ちなみに、ウチは本日段階で、メインジャンル内順位(全約77,000サイト中)が2,214位。
 サブテーマ内順位(全110人中)39位、だそうです。

 ・・・ほとんど好き勝手な放言集だってのに、意外にいい順位じゃないか・・・。
 けれども、私は今後、そんな順位は無視する事にします。

 大体、このブログは誰かと競争するためにやってる訳ではないですし、ランキング上位のサイトが良いサイトか、と言うと、必ずしもそうでない場合も多いです(更新頻度が高く、扱う話題がメジャーなサイトは、高位になり易い)。
 また、順位を高位に維持するため、更新頻度を上げるべく、twitterのつぶやきレベルの一言更新が頻発されたりすると、全体の質も落ちる上に、更新するブログ主は疲労で燃え尽きたりして、本末転倒になっちゃいますし。

 日々、少数でも訪問してくださる皆様がいて、多少、拍手やコメントを頂ければ十分です。

 ま、それ以上に。

 FC2ではいつもの事と言うか、例によって毎度の如く、予告なしに新機能が追加され、数日後にこんなサービスはじめました!というお知らせが来るのは、いい加減、順序が逆だ!と気付いて欲しいものです。

 これまでにも、知らない間に大人の宣伝がドッカーンと表示されていて、数日後に「こんな宣伝機能つけたよ!解除方法はこうだよ!」なんてお知らせが出ていたとか、そんな事がありましたし・・・。
 (数日間、望みもしない大人の宣伝を表示され続けてしまった訳で。っつーか、普通、そういうのは解除状態でスタートだろ!何でアクティブスタートで、解除方法の告知が後なんだっつーの!

難所、鶴峠を越えて・・・

 お盆も終わり。
 夏も折り返しですね。

 私は例によって、仕事の関係で都内居残りです(^^;)。

 では本題です。
 さて、昨日の話ですが、(個人的に)気合いを入れてロングを走ってきました。

 が、出がけにボトルを忘れかけ、やばっ!と思い、一旦デジカメをテーブルの上に置いてボトルをセット。

 ・・・そのままデジカメを置き忘れました・・・(お約束?)。

 というわけで、本日のネタは、携帯で撮影した画像がメインです。
 画質がかなり悪い(ハレーションと色滲みだらけ)ですが、ご容赦ください。
 (ってか、携帯用の豆粒以下の極小サイズCCDを1,000万画素以上に分割するなんて、正気の沙汰じゃないですよね・・・>光学系に強い皆さん)

 そんな訳で、個人的には気合いを入れて走ってきた昨日のロングライド。
 まずは、走行ルートをご確認ください。


P1020096.jpg
nuvi 205の画面でどうぞ。
これだけは、帰宅後にデジカメで撮影。
(夜だったので、表示がナイトモードになっている)


 画像右端の鳥のマークが自宅位置。
 北側のラインに沿って奥多摩入りし、そのまま都県境を越えて小菅村に入り、左端、小菅村役場前で折り返すように峠の登坂を開始。
 方向儀あたりにある鶴峠を越えて、上野原に下りた後、国道20号を相模湖まで東進。
 大垂水峠を越える気力はなかったので、相模湖から津久井湖に抜けた後、橋本駅近くで町田街道に出て、南から東京に戻ってきた、というルートです。

 東京都の多摩地区~奥多摩と、山梨県小菅村~上野原市、神奈川県相模原市を巡る、1都2県巡回。
 これだけ走れば、結構な距離を走っただろうと思い、距離を確認したら、走行距離は合計、165km。

 って、センチュリーかよっ!

 200kmは無理でも、180kmは行ってると思ったんですけどねえ・・・(^^;)。
 まあでも、自宅に戻ったときは、まだ余力がありましたから、今の体力なら、「走れ」と言われたら、200kmを走るのは可能だと思います。
 よし、次回は松姫峠経由で、大月方面に下りる計画で行くぞ!

 という訳で、この日のライドの詳細は裏置きしますので、興味のある皆様はどうぞ・・・。

【Read More・・・】

tikitを購入するまでの話。

 最近、職場にもtikitを折り畳んで室内に持ち込んでいますが・・・。
 おかげさまと言うか、物珍しいためか、朝一番にいつもホールを清掃中の掃除のオバチャン達に、顔を覚えられてしまっています。

 で。
 今週のある日、いつものように朝一番に顔をあわせたオバチャンに、これ、良かったら飲んでね、と、ジュースを渡された後、追加で一言。

 「毎日、大変よね~。不景気だし、交通費も出ないんでしょ?」

 ・・・なんか、思いっきり誤解されていますが(^^;)、面白いので現状放置します。

 では本題です。
 今回は、tikitの購入に至るまでの、車種選定の過程についてネタにしましょう。
 当然の事ながら、今回の車種選定時には、複数の車種を比較検討した上で、購入車種を決定しています。

 ウチではAirframeは通勤の足以外に、輪行用の車体としても使用していたので、選定する際の基本条件としては、

 小径折り畳み自転車(自宅の置き場の関係)
 Airframeと同等以上の走行性能を持つ
 輪行し易い(Airframeは輪行用にも使っていた)
 もう個人輸入はヤメ!(保証がきかないのはキツいわ)


 という項目がありました。

 それを踏まえて、以下、Airframeの後継車候補として考えた車種と、それぞれについての長所と短所を(独断と偏見含みで)書き、その上で車種選定に至った流れを書いて行きましょう。
 
 ・・・と、非常に良い所ですが、長くなったので、ここから先は裏置きにします。
 半分以上、自己満足のネタなので、ま、興味のある方は暇つぶしにどうぞ・・・。

【Read More・・・】

小ネタで続く。tikitの仕様あれこれ

 いやあ、さっき(20時頃)の地震はびっくりしました。

 最初、カタカタッと来て、それが30秒くらい継続。
 長いなあ~、と思っていたら、それはまだP波だったようで、その後にズシン、という地鳴りとともにS波到来。

 バイクタワーに吊るしてあるロードがグワングワン揺れて、ちょっと怖かったですね。
 (で、玄関付近に積んである、燃えないゴミ予備軍のジャンクパーツの山が崩壊・・・。まあ、その程度の被害で済んで良かった)

 では本題です。
 続けざまですが、ウチのExpress tikitの仕様について、書き漏らしていた事を、小ネタ風に追加しておきましょう。
 (アウトラインメモを作ってネタ作成していますが、長くなりすぎるので端折ってる部分もあるんですよね・・・)

1.ブレーキ
 車輪を16inch WO仕様にしたため、意外にタイヤの選択肢が広い(まあ、BSMという特殊車両との比較だけど)事もあり、タイヤ幅に制限が出易いキャリパーブレーキでなく、Vブレーキを選びました。
 BTOでキャリパーブレーキを選ぶと、標準で装着されるのがSORAグレードというのも、ちょっと気になる所でしたし・・・。

 なお、ブレーキレバーがTiagra(ロード用)なので、Vブレーキ(MTB用)を使うため、間に引きしろを調整するパーツ(トラベルエージェント)を噛ませてあります。

 ちなみに、Vブレーキ本体ですが、事前情報によると、BTOの標準ではテクトロの廉価品がついてくる、という話が多く見られましたが、コレの評判が非常に悪い(^^;)。
 「止まらない、良く鳴く、片効きし易い」という三拍子が揃っているとのことで、さっさとシマノのDeoreクラスに換装する人が多いようでした。

 私も覚悟していたのですが、私の車体についてきたのは、AvidのSingle Digit 5。
 MTB系パーツの事は詳しくない(っつーか、人生初のVブレーキ搭載車)ので、ちょっと調べてみたら、AvidはMTBでは有名なブレーキのメーカー。

 Single Digit 5は、Vブレーキの中では廉価品らしいですが、効きはそれほど悪くないとの評判で、実際、私が使用している感じでも、そんなに悪くないという気がしています。

 ただし、これはブレーキシューの特性なのか、粉末状のダストがフォークやチェーンステーにベットリ付着します(雨天だと、墨汁を飛ばしたようで悲惨・・・)。
 うーむ、シューをシマノ製とかに変更した方が良いのか?
 (Capreoのカートリッジを使い、ロード用のシューを装着するという変態仕様にするって手もあるけど)

2.ベル
 Hバーにはおなじみ、グリップエンドに装着するベルを使用しています。

 しかし、このベル。
 網目状のクラックが入った路面上を走ると、振動でチリチリと音が鳴りっぱなしです。

 これ、歩行者の方がいたら、何だか背中からベルを鳴らされているみたいで、嫌な気分にならないか心配なんですが・・・。
 かといって、ベルを手で押さえながら走るのは間抜けですし、取り外すのは法令違反ですし、打子にクッションなんかをつけると、いざという時、機能しないし・・・。

 ちなみに、通勤ルートにしている道は、世田谷区内の環八の一本裏道になっています。
 この地域は、住宅地内なのに大型トラックが無茶突破するため、路面がバリバリに痛んでいる(網目クラック、陥没、轍発生などなど)場所が多いです。
 修繕して欲しいですが、あれだけ酷いとどんだけ税金が飛んで行くか・・・。

 それ以前に、迷路の代名詞でもある世田谷の住宅地内の細い道を、大特免許がないと乗れないようなトラックが、裏道としてガンガン通過している現状を何とかすべきじゃないかと思います。
 スクールゾーンで時間通行規制がかかっている道路なんかも、平気で突破して行きやがってますし・・・。
 (アレは見るからに危険。大型車進入禁止区域を、もっと広域に設定すべきじゃないかな?)

3.スタンド
 チョイ止め駐輪時には必要かと思い、追加しています。
 Airframeは車体構造的にスタンド装着が不可能だったので、仕事帰りに食事に寄ったり、買物したりするのに、駐輪場所を思い切り選ぶという、結構厄介な仕様でした。

 ですがこのスタンド。
 左クランクの位置によっては、見事に干渉してしまうんですよね・・・。
 具体的には、左クランクが時計の文字盤で言えば、4時~8時あたりの位置にあると、干渉します。

 まあ、私は停車時には左足を地面につく(右クランクが下になっている)性質なので、そこからペダル位置を動かさなければ、スタンドを立てても問題ないんですけどね。


 というわけで、以上、今回の小ネタ風、tikitの細部仕様のあれこれでした。

 次回あたり、何でtikitを選んだか、ネタにしてみましょうか?
 (引っ張り過ぎてる気もするが・・・)

地震キタ

震度4
意外に強かったぞ

いや、それより、揺れてる時間が長かった。

わが家の被害。
ジャンクの山が崩壊…

Bikefriday tikit ファーストインプレ

 愛車壱号のBSモールトンが、本日より和田サイクルに入院です。
 そろそろ車体も4年目になるのと、この秋のイベントを控え、オーバーホールに出すことにしました。

 ハブ&ヘッドパーツを特に入念に見て頂き、晩夏から秋に"慣らし"を入れて、10月のレースに備えようと思っています。
 (注:日産スタジアム・サイクルパークフェスティバルは、ミニベロ・フォールディングバイク部門でエントリーしている。ブルホーンやDHバー、それに類似する形状のハンドルが禁止なのと、コースに激坂があるので、フロントダブルのBSMで出る予定)

 BSモールトンが留守の間は、頼もしすぎるサブバイク、tikitに頑張ってもらいます。
 ちなみに、Airframeの用途廃止に伴い、愛車弐号に昇格したR.T. Carbonですが、早速、秋に大きな見せ場ができそうです(詳細は後日発表・・・)。

 では本題です。
 納車直後から通勤用として実戦投入されているBikefriday tikitですが、今の段階でのインプレをまとめ的に書いておきます。

 ちなみに、実戦投入の3日目に、いきなり雨天ライドを経験してしまいました・・・。
 金曜日、朝は晴れていたのに、夕方に物凄い雨が降り。
 雨雲レーダー(都内が真っ赤だった)の状況から、30分ほど雨止みがありそうだったので、急いで帰宅!全力こぎ!

 しかし、最後の5分で、雨雲につかまりました・・・。
 帰宅後、半泣きでフレームを隅々まで拭きましたとも・・・。


P1020090.jpg
BSモールトン(左)とtikit(右)。
我が家の快速系ミニベロ2台を、
BSモールトン入院前に、並べて比べてみた。

・・・廊下が狭くて近所迷惑なので、
5分で室内に片付けたが・・・。


 ウチのtikitは、Mサイズのフレームをベースに、細部を私の体サイズに合わせていじったBTOモデル(Express tikit)です。

 車体サイズを比較すると、ホイールベースはBSモールトン(以下、BSM)とほぼ同じです(2cmほどBSMが長い)。
 BB高はわずかにBSMが高いですが、車輪径が違うことが影響しているかもしれません(BSM:17 inch WO、tikit:16 inch WO)。
 なお、tikitはコーナーでは内側のペダルを上にあげていないと、地面に擦ります。

 乗車した感じは、BTOモデルなので当然の話ですが、ポジションはばっちり出ており、サドルに着座後、自然にハンドルに手が届く感じです。

 カミングアウトすると、私の体は身長171cmの股下81cm(両者靴装備)で、部分的に、日本人標準サイズより多少、恵まれた(爆)体でした。
 そのためかどうか、IKDさんにあったModel-TのMサイズと比較すると、目算でシートチューブが2~3cm高くなっていました。
 昨年のサイクルモードでの試乗時、全てのブースでサドルを上げた事を思い出し、小さな優越感に浸りたくなります(あ、石を投げないで・・・)。


P1020088.jpg
ハンドルはSTIツーリングバー(幅440mm)。
突き出しと湾曲が、通常のHバーより大きい。

また、バーの握り部分は、
前方に行くほど先細りになり、
湾曲部の幅が芯~芯で約400mm。


 ハンドルは、普通のHバーとは違い、STIの装着を前提にしたSTIツーリングバーを使用したため、前方への張り出しと湾曲が大きくなっています。
 最初、店でパーツアッセンブルもポジション調整も終わっていないフレームを見た時は、ハンドルサイズが大きく、頭でっかちな車体に見えましたが、ちゃんとポジションを出すと、何だか急にバランス良く見えてしまったのが不思議です。

 このハンドルの湾曲部に手を当て、ブレーキレバーに指をかける形で運転していますが、体重を前に預け易い上に、登坂時に軽く引きつける動作も簡単にできるので、これはこのハンドルを選んで正解だったと思っています。
 ま、折り畳み時に、盛大に横に飛び出すのは、操作性とのトレードオフという事で・・・。


P1020087.jpg
このバーは、ハンドルの角度が変わらないよう、
固定ボルトが打ち込まれている。
縦に並ぶ固定ボルトのうち、
真ん中がハンドル角度の固定ボルト。

Express tikitのHバーをコンパクトにまとめるよう、
ステム固定ボルトをクイック止めにして、
ハンドル角度を自由に変えられる改造を施した例があるが、
このバーではそんな改造は無理だな。


 そして、ギア比については、前53TのリアCapreoに設定しています。
 このギア比を決めるとき、色々な人(IKDに居合わせたtikitオーナーの皆様など)から口々に、「前53Tでは回し切るから60Tくらいにした方が良い」との集中砲火を浴びましたが・・・。

 皆さん、ホントに回し切ります?このギア比(^^;)。

 いや、私はBSモールトン(BSM-S18)のフロントアウターが53Tで、回し切った経験がない(余程強烈な下り坂を除く)ので、これで十分行けると思った(逆に軽段側が欲しい、と思った)んですけど。
 (実際、昨年の日産スタジアムでは、そのギア比のBSMで2時間部門、5位入賞を果たしている。回し切る人は、力まかせに"踏む"ペダリングになっていないだろうか?それだと、パワーの上限に突き当たり易いと思う)

 で、実際、現在は別にこのギア比で全く問題ありません。
 正確な巡航速はサイコン未移植なので分かりませんが、体感では30km/h程度の速度は出ていると思います。
 この速度は、Airframeでは出すのが大変な(車体がグネグネ曲がって、安定を欠く)速度でしたが、tikitでは全然問題ないですね。

 なお、通勤の距離は片道約10km程度なので、巡航速度が上がったところで、信号待ちで相殺され、到着時間はほとんど変わりません(笑)。

 また、tikitでたまに言われる、ハンドルの剛性感不足の件ですが、確かにバーの水平部を持っている時は、加減速に合わせてハンドルポストがグニャグニャしなる感じがあります。
 しかし、バーの湾曲部を握って前荷重気味になっていると、そういう感覚は少なくなりますし、クイックな感覚も収まります。

 フラットバー仕様の皆様も、意識してハンドルを前に押すように体重を預けると、安定感が増して良いかもしれません(これはAirframeでも同じだったな・・・)。

 そして・・・ウチのtikitですが、少なくとも一日2回以上、折り畳みと展開を行っている(自宅&職場は屋内保管なので、畳んで持ち込んでいる)関係か、リアフェンダー(展開時に地面に擦り易い)が既に傷だらけです・・・。
 これは宿命と諦めるべきなんでしょうか・・・(TT;)。

 なお、リアフェンダーは、BTOモデルならステーの色はフレームとお揃いになる所ですが、私は汎用の黒色を使っています(車体の上半分がオーダーカラー、下半分は黒で揃えたかった)ので、破損度が酷くなったら交換すれば良いだけですけどね。
 それ以外にも、扱いに慣れていないうちについてしまった、「畳み傷」が既にいくつか・・・(黒色部だったので、手持ちの塗料でタッチアップしておきましたが:涙)。

 なお、この車体ですが、変な話ですが、近所の自転車店、2店で防犯登録を拒否されました()。
 (CYCLETECH-IKDさんで登録すると、群馬県警への登録になってしまい、"呼び止め確認"時に面倒な騒ぎになるので、販売証明書を発行して頂き、東京で登録する形をとった)

 一軒目の、裏道にある小さな店は、ご主人不在で分からない、との事だったので、まあ仕方ないとして(留守番の人が詳しい登録方法を知らないのも変な話だけど)。
 二軒目の、数年前に関西から出庭って来て、最近店名を変えた幹線道沿いの店は、ちょっと扱いにムカついた(事前に世田谷区の交通安全自転車課に確認し、販売証明書でも保証書の代用は可能だと言われたのに、「この書類じゃウチでは登録していない。保証書持ってこい」の一点張りで、最後はこちらを知識不足かクレーマー扱いするような言い方で拒否された)ので、2度と行かない事にします。
 (ていうか、オシャレショップ(笑)を気取る前に、店員教育をしっかりしてくれ。その後、もう一度、区の交通安全自転車課に確認したが、「それで駄目というのは、おかしいですね」と言われたぞ!)

 その後、隣駅の商店街の老舗店(ただしママチャリ系)を訪れたら、快く登録して頂けました。
 ああ、その店がスポーツ自転車店だったら、今後、贔屓にするのになぁ・・・。
 (っつーか、ママチャリを買う気になったら、その店で買う!絶対!)

一応、書評(もどき)。「ヒルクライマー」

 本日、出がけには雨が降っていたので、自転車は諦めて電車で出勤。

 そういえば、今後通勤車をAirframeからtikitに変えようとしていますが・・・今までの駐輪場所は、管理人がいるとはいえ、誰でも簡単に出入りできる場所なので、そんな場所にtikitを置きっぱなし、なんて、とても考えられません!
 今日はちょうど良い機会だったので、出先の施設管理担当職員さんに、「今後、折り畳み自転車での通勤を考えているが、室内に置いて良いか?」と確認をとってみました。
 (注:私は外部出向中のため、勝手な事はできない。自分の所属会社内なら、問答無用ででんと置くんだけど ^^;)

職員さん「んん~、ちょっと、そういうのはな~」
私「(汗がたらっ)いやあ、廊下の隅っことかで良いんですが」
職員さん「ダメダメ!ビルのオーナーさんに文句を言われるから、面倒だし重いだろうけど、ちゃんと中まで持って入ってね。そこまでやるならOK」
私「そうさせて頂きます(小さくガッツポーズ)」

 なんか、より「有り難い」状況になってくれました(笑)。
 そんな訳で、今後はtikitを堂々と室内置きする事にします。

 では本題です。
 今日は、例によって似合わない書評など・・・。
 今回は、高崎を往復する電車内で読んだ、こんな本です。

「ヒルクライマー」(高千穂遙著 小学館)(Amazoneへのリンク。非アフィリ)

 自転車趣味人の間では、自転車好きのSF作家として、最早知らない人はいない、とも思われる、高千穂遙さんの初の自転車レース小説です。

 題材になっているのは、自転車レースの中でもストイック度が高い(と思われる)競技である、ヒルクライム・レース。
 峠に続く、何キロにもなる坂道を登り切る最短時間を競うレース、という、自転車趣味を持つ皆様以外から見たら、「馬鹿?」とか「変態?」とか言われかねない競技でもあります。

 自転車趣味の世界は、趣向に応じた様々なジャンル(とにかく走る、メカをいじる、コレクターなんてのも・・・)に別れるのは、その他の趣味の世界と同じですが、その中に、少なからぬ割合で含まれるのが、「坂馬鹿」と呼ばれる、坂道を登るのが大好き、という人達です。
 私は、「登り坂より向かい風が好き!」という希有なタイプの人間(断っておくが、向かい風を切って、超人的に速く走れる訳ではない。普通にグイグイ減速するが、体感苦痛度は坂よりまし、というレベル)なので、坂馬鹿の皆様の世界の事は良くわかりませんが、この話を読むと、「ああ~、いるよね、こういう人達・・・」という気分にさせられるのは間違いありません。

 という長い前置きを経て、ネタバレなしの感想。

 正直、微妙かな~(^^;)。

 まあ、この感想に至ったのは、私が先に書いた通り、「坂」にあまり魅力を感じない人間である事が強く影響していると思います。
 私も普段、奥多摩などに走りに行っていますが、アレは自分が走っていて気持ちのいい場所が、結構標高の高い場所だから、という理由なので、別に峠越えが好きな訳ではありません。

 というか、日本という国の地勢を見ると、どんなに広い平野(関東平野みたいな場所)をスタートする場合であっても、100km単位で走ろうと思ったら、間に丘陵地や山地が必ず入ってきますから、嫌いだからといって、坂道を避けて通れない運命です。
 悲しいけれど、これって日本の現実なのよね~(ちなみに、世田谷区北西部にある私の自宅から奥多摩駅まで、往復120km。意外に近いのだ)。

 という訳で、私は「設定したコースに坂道があったら、仕方なく登る」タイプであり、自ら好んで登る事はないので、「よくやるねぇ、皆さん」と、ちょっと引いた目で見てしまう所があるのが、のめり込めなかった理由かも・・・。

 まあ、それ以外にも、「話の展開上、そのシーンは必要ないじゃん?」という部分があったり、「おい、お前、言行不一致だぞ。記憶力は鳥か?」というツッコミどころが結構あったりするので、純粋に「小説」として、そういう部分が気になる方も、同じような感想になるかも、です。

 まあ、個人的には、いつも走っている地域が主な舞台なので、「これは、あの店がモデルだな」とかニヤニヤできる場所も多かったのですけどね(うどんじゃなくて、カレーかな:謎)。

 裏置き部分に、ネタバレ付の感想を置いておくので、興味のある方はどうぞ、ご覧下さい。

【Read More・・・】

Airframeの後継車、納車されました。

 戻り梅雨がなかなか明けそうにない今日この頃・・・。

 関東地方は今週、前線に沿って南西の風が吹く事が多かったためか、風裏の富士山の北東方向に、風の巻き込みの影響か、吊るし雲のように雨雲が発生する日が多く見られました。
 その雲の形を見ていると、都内は見事に檜原村~青梅市を繋ぐラインだけに雨雲レーダーの反応が集中している事が多いです。

 そういえば、何年か前、初めて自転車(Airframe)で奥多摩から自走で帰ってきた(往路は輪行)時、奥多摩は晴れていたのに、軍畑~宮ノ平くらいまで雨。
 その後、羽村まで来たら晴、という不条理な雨を喰らいましたが、この時も同じような形で雨雲が出ていたのかもしれません。

 では本題です。
 え~、先日の予告(?)通り、新車が納車になりましたのでご紹介します。
 今度の新車はこんな奴で、高崎経由で手元に届きました。


P1020078.jpg
Bikefriday "Express" tikit
Bikefridayは、米国グリーン・ギア・サイクリング社のブランド。
このtikitは、セミオーダー(BTO)モデル。

車体色は黒に見えるが、
ミッドナイトブルー/ステルスブラックのツートン。


 どこかから、「なんじゃそりゃ~!」という雄叫びのごときツッコミが飛んできたような・・・(^^;)。
 車体選定についてもそうですが、今頃このネタを出すんかい、という、時期的な面についても・・・何か色々背筋に響く波動を感じます(^^;)(^^;)(^^;)。

 まあ確かに、BTOモデルなら、今さらネタにしなくとも、少なくとも1ヶ月くらい前には購入するか否かの決断は終わっていたはずで、Airframeの用途廃止に関するネタ出しが遅すぎるだろ!というご指摘はごもっとも(^^;)。
 しかし、それくらいの時期から後継車を考えなければならないほど、Airframeの状態が悪かった&いざ壊れてから、次はどうする?なんてやっていたら、通勤(=仕事)に支障が出る事を考えたら、ネタより行動が必要だったのですよ(ちょうど仕事が多忙になった時期でもあるし・・・)。
 (実際は、5月末発注で、2ヶ月+1週後に納車)

 とにかく、購入に至るまでの詳しい経緯(車種選定の考え方とか)は、時間があれば別途、ネタにするかもしれませんので、今回は車体の仕様に触れておきましょう(詳細は裏置き)。

Bikefriday "Express" tikit

Quick Folding:None
HandleBar:STI Touringbars
Break&Shifter:SHIMANO Tiagra
Breaks:V-break(with Travel Agent)
RD:SHIMANO Capreo
Tire:SCHWALBE Kojak
Color:Midnight Blue/Stealth Black(Special Order)

【Read More・・・】

tikitのクラック発生問題について

 そうそう、tikitのシートマストのクラック発生問題について。

 あの騒ぎが起きたのは、私がBTOの発注をかけた直後でした(^^;)。
 どうなるか心配でしたが、対応部品が装着された状態で納車されていました。


P1020083.jpg
クラック発生問題は、シートマストに補強部材を装着する事で対応するらしい。
これは輪行時、コロコロ移動する時の持ち手部分の拡大。
カーブして上向きに突き出す把っ手の付け根から、
ヒンジに向かって縦に伸びているのが、補強部材。


 なお、このクラック発生の問題は、主にストックモデル(完成車販売モデル)のModel-T tikitにおいて顕著だったようです。
 (まあ、BTOでは申告された体重をもとにフレーム強度を決めてるから、こういう問題の発生リスクはもともと少ないけれど・・・)

 この問題と対応の詳細は、CYCLETECH-IKDのブログのこの記事と、Bikefriday.jpのこの記事でご確認下さい。

 なお、IKDさんの店内にあったtikitは、ほぼ全て補強部材が装着されていました。

 ・・・しかし、ここに補強材が入ると、コロコロ移動時、取っ手を握ると指が補強材に当たって、角度が悪いとそこに車重が一点集中するため、メチャクチャ痛かったりもする・・・。
 もうちょっと、抜本的な解決はできなかったのかと言いたくなるぞ・・・。

プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。