日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

01月≪ 2009年02月 ≫03月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

ガンダム見納め?和田サイクル、仮店舗での営業、最終週末

 昨日は、23区内でも雪がちらつく、とても寒い一日。

 最近は三寒四温というより五寒二温という感じで、とにかく気候だけでは、本当に春が近づいているのか、イマイチ実感が湧かないのですが・・・。
 毎年、年度末が締めの季節で多忙な本業の方では、3月が近付くにつれて、多忙の度合いが増してきているので、嫌でも「春」が近いことが実感できます(^^;)。

 では本題です。

 3年前、BSモールトンを購入して以来、何かとお世話になっている和田サイクルさん。
 旧店舗の取り壊しから1年と1ヶ月たった先週、桃井の新店舗がついに落成し、3/5日(木)からは、新店舗での営業が開始されるとの事です(上井草での仮店舗営業は、3/2日(月)まで)

 というわけで、今週末は上井草の仮店舗での営業が最後を迎えた訳ですね。

 2007年の末に、旧店舗から仮店舗に移ってきた時は、引っ越し時に様々な「お宝(=クラシカルパーツ)」が発掘されたり、開かずの部屋(在庫の山で扉が塞がっていて、常連さんもその部屋の存在を知らなかったらしい・・・)の発掘など、様々なイベントがあったらしいです。
 今回は、まだ1年しか経っていませんし、スタッフも増えていますから、新店舗へは簡単に移動でき・・・・るのだろうか?
 (その1年で、仮店舗内も結構、カオスな現場になったもんなぁ・・・ ^^;)

 とりあえず、少しでも荷物が少なくなるように協力するという大義名分(?)を胸に、本日、上井草での最後の週末を迎えた和田サイクルとを訪ねてきました。
 「物欲を満足させるためだろ!」という正しいツッコミは忘れて下さい(^^;)。

P1010604.jpg
というわけで、毎度のガンダム像(笑)。
町中の移動は、ロードよりBSMの方が便利だ。

和田サイクルさんが元の場所に戻ると、
ここまで来ることは、ほとんどなくなりそうだ。

P1010605.jpg
しばらく見納めになりそうだから、
背中も撮っておくか。


 いや、だから、ガンダムを見に行ったわけではなくて(笑)。
 今度、ロードに新たに付けようと思っている、ちょっと特殊なアクセサリーが、以前、店頭に置かれていたことを思い出し、訪ねてみたのでした。

 今日は、まだお客さんがやってくるには早い時間だったためか、人は少なく、目的のブツはすぐに入手できてしまいました。
 新店舗への引っ越しについて少し尋ねると、3/3~4日の二日間で一気にやってしまうそうです。

 しかし、展示してある車体やパーツ、さらには2階の倉庫にある様々な物まで、全てを本当に2日で運べるでしょうか・・・。


P1010602.jpg
その新店舗の外観はこんな感じ。
来週からは、1階のシャッターが開き、
いつもの和田サイクルの姿になっているでしょう。


 来週からはここで新たな「和田サイクル」がはじまります!

 ・・・と言っても、常連の皆様の間では、かなり速やかに、いつものカオス空間になるのではないか、という予測が立っているようですが・・・?

 あ、ちなみに、先日、ロードを購入したのは和田サイクルさんではなく、別の店です。
 こちらのお店は、まだほとんど一見さん状態なので、点検等で足しげく通うようになったら、ご紹介しましょう。
 (第一印象では、とても良いショップに巡り合えた、と思っています。多摩サイに行く途中だし:笑)



背筋がぞっとしたぞ、このトラブル・・・。

 最近、雨が続いているため、花粉の影響があまり出ないのでありがたいです。

 東京は今週いっぱいは雨が優占する予報となっており、これで町に飛散した花粉は、大部分が流れてしまうと思いますが・・・。
 いまだ、オレンジの鮮やかな色付きを見せるスギの木を見るたびに、次の晴天日の地獄が思い浮かび、うんざりさせられてしまいます・・・(あ~やれやれ)。
 
 では本題です。
 最近、クランクを回した時にギシギシと異音がするようになっていた、愛車弐号のAirframe。

 最初はいつものとおり、関節の固定ネジが緩んだのかと思い、各部を増し締めしました(沢山あるので大変 ^^;)。
 しかし、異音発生は変わらず・・・。

 音の発生状況を見てみると、特に右クランクにトルクをかけている時に鳴る傾向があります。
 もしかしたら右のクランク固定ネジが緩んだのかも、と思ってクランクを見たら・・・。


P1010588.jpg
ご覧のとおり、チェーンリングのフィキシングボルトが脱落していた。
(折り畳み状態で撮影)


 うぉう!あぶねっ!

 しかも、脱落していたのは2か所で、残る3本もグラグラの状態。
 ついでに、クランク固定ネジの頭についてたゴムリングも脱落しています。

 って、そんなに悪い状態に、今まで気が付かなかったとは・・・(実用車扱いで、あまりマメに手入れしてないからなぁ・・・)。

 この状態で急激に強いトルクをかけると、最悪、チェーンリングが割れてしまいます。
 そうなったら、また関戸フリマで物色しないといけません。
 (普通に買え!というご指摘、ごもっとも・・・。でも、普通に買うと高いし ^^;)

 という訳で、しばらくAirframは乗車禁止にして、フィキシングボルト&クランク固定ネジを購入し、締め直すことにしました。

 しかし・・・。

 以前、このクランクにチェーンリングを組み付けた時にも思ったのですが、このフィキシングボルトって、結構強く締めないといけない割に、山(あるいはペグスパナを当てる溝)がナメ易くて、締めたくても締まらないことが多すぎませんか?
 (今回脱落していたのも、裏のペグスパナの溝がナメて締め切れなかったボルトだ。残ったボルトは、全部、山がはっきり残っていたのでわかる)

 軽量化のため、アルミとか、柔らかい部材で作っているからのようですが、それで安全が脅かされるなら、はっきり言って、そんな軽量化は私には必要ありません。
 っつーか、ペグスパナみたいに、使いづらい上に、しっかりトルクをかけて締められないような物でなく、両側を六角レンチで固定して締められるようなボルト、ないんですかね?
 (私は、こんな所で無駄に数グラム軽くするより、確実に止められる製品の方を望むぞ>各メーカーさん)

 それにしても、いつの間に脱落していたんだろう・・・。

 関戸フリマで持ち出した時や、秋の奥多摩輪行時は5本全部ついてました(点検したから覚えてる)し、年末までは変化はなかったような気がします。
 しかし、年明けに乗ったときにギシギシ音に気付いたので、年末~年始の間という事になると思うけど・・・その期間は、自転車自体、ほとんど乗らなかったのになぁ・・・。

 という訳で、過去の画像を見直してみたら・・・。

 あ、あれ?

 昨年、11月22日、奥多摩に輪行した時、昼までは全てのフィキシングボルトが揃っているのに、午後になると一つ消え、帰宅直前に二つ消え・・・。

 ・・・そうか。
 青梅街道から、奥多摩むかしみちに降りる、あの長い坂をガタガタ降りている間に緩んで、落ちたのか・・・。

 ううむ、素人組み付けは、やはり危険だな・・・(^^;)。

小ネタ集で繋ぐ。R.T. Carbonのあれこれ。

 私が小径車(BSモールトン&Airframe)でお世話になっている、杉並の和田サイクルさんが、3/5日から新店舗(桃井の元の場所)に移って営業を開始するそうです。

 この週末が、上井草での最終週。
 ガンダム像を見納めに行ってきますか(←待て)。

 では本題です。
 多忙期なので、小ネタで繋ぐこととして、新車にして愛車参号の(&部屋の中で一番デカイ顔して居座っている ^^;)corratec R.T. Carbonについて、気づいた事をアレコレ書いておきます。
 と言っても、まだまだインプレッションができるほど乗りこなせていないので、さわり程度の内容ですが・・・。

1.仕様変更点
 ウチの車体ですが、納車時の標準状態では、ダイワ精工のサイトにあった完成車のスペック表と比較すると、以下の違いがありました。
 なお、これがダイワ精工のデフォルト設定変更なのか、「初ロード購入」であった私に合うよう、ショップの方で気をまわして頂いたのかは不明です。

クランクセット
 SHIMANO FC-6600-G 52/39T →FC-6650-G 50/34T(コンパクトクランク)
 別に、コンパクトに変えて欲しいとオーダーしたわけではないのですが・・・。
 (でも、貧脚にはありがたい変更だったりする ^^;)
 なお、コラテックのバイクはフレーム輸入で日本でパーツを組み付けているため、ある程度、パーツのグレード変更や仕様変更にも対応してもらえるそうです(通常クランク→コンパクトクランク変更は、その一例)。

サドル
 BORO VL-1220→セライタリア SLK GEL FLOW
 より高額な製品がついてます(^^;)。ある意味、良心的。

シートポスト
 TRUVATIV→zzyzxのアルミポスト(黒)
 zzyzxはホイールブランドかと思っていましたが、他のパーツも作ってるみたいです。
 TREKに対するボントレガーみたいなものだ、と説明されましたが、なんか物凄く納得(^^;)。

ハンドル
 NITTO NEAT M.153 26→Dfitz 400mm
 Dfitzはダイワ精工が日本人向けに展開するパーツブランドで、ハンドルのリーチ、ドロップが少な目になっているそうです。
 ただし、水平部の真中側(バーテープが巻かれない範囲)が太く、猫目灯のアダプタはバンド型(EL520付属の物)でないとつきません(^^;)。
 ちなみに、ステムも同じくDfitzの100mmで、これもNITTOとは違います。


2.立ちゴケはしていないけれど
 ペダルは前のネタでも話題にしている通り、PD-A530(片面フラット、片面SPD)を選びました。
 ロードの走行性能を体感するには、ビンディングペダルが必須であることは、色々な入門書に書いてありますから、さすがにフラペ+ハーフクリップにする気はなかったです。

 しかし、私はレース用途よりもロングライドやツーリングを楽しみたい、という欲求の方が強いため、歩き易さ優先でSPDを選ぶことにしました。
 なお、SPDシューズ(シマノ SH-RT51)での歩行感ですが、SPD-SLよりは歩き易いのでしょうが、普通の靴(スニーカーとか)と比較すると爪先が上を向き、クリートのカツカツ感があって、変な感じです。

 とはいえ、コンビニでのお買い物や、恐らくちょっとした散策程度であれば、何ら問題のないレベルだと思います。
 一方で、このシューズで「走る」のは、とっても気力と根性が要りそうです(10m以上は、どう考えても無理!)。

 完全なMTB用のシューズなら、レース中、押したり担いだりして走る時もあるのでもっと歩き易いのかもしれませんが、ロード・ツーリング用だと、まあこんな物なのでしょうかね。
 (ただし、MTB用のSPDシューズは、ショップで見た限り、物凄く重い。登山靴の靴底にSPDのクリートを埋め込んでるみたいな感じだ)


3.ブログ上での呼称をどうしよう?
 ま、どうだっていい事なんでしょうけど(^^;)。

 これまでは、

 愛車壱号:BSモールトン
 愛車弐号:Airframe

 という形で、ブランドまたは車種がそのまま、車体名として通用したため、上のとおりブログ上に記載してきましたが・・・。
 今度の車体、愛車参号:corratec R.T. Carbonの呼称をどうしようか、と考えている所です。

 corratecと呼ぶとブランド全般ですし・・・。
 R.T. と呼ぶと、coronesと被るかもしれない。
 かといって、Carbonだけでは単なる素材・・・。

 つまり、MadoneやAnchor等のブランド名がイコール車体の代名詞になるわけでもなければ、車種の呼称が特徴的な訳でもないんですよね・・・(よく考えたら、そのまますぎる車種名だよなあ。カーボンバイクだからR.T. Carbonって)。

 で、何となく、一番自然な表記が、R.T. Carbonなのですが、意外にこれ、打つのが面倒(^^;)。

 んな事どうでもいいだろって?
 ・・・ハイそうですね・・・というわけで、R.T. Carbonで通すことにしますか(←なんか我ながらいい加減だなぁ ^^;)。


4.Forcia Carbon AlloyとR.T. Carbonの違い
 小ネタに出さず、大ネタにしても良いのですが、多分、私の理解度では文章が破綻しそうなので(^^;)、小ネタ放出。

 corratecのロードの購入を考えている皆様の中でも、比較対象になり易いと思われる両車種ですが、意外に両者の違いに関する情報がないため、どちらを選ぶか、決めあぐねている方も多いのでは・・・(私もそうでした)。
 というわけで、私が購入時にショップで聞いた説明を、かなりうろ覚えで書いておきます。

 ただし、これはかなり強引な解釈で、特性に差をつけるならば、という前提での説明だったので、ご注意。
 どちらもレースグレードの車体なので、どんな場面でもそつなくこなすポテンシャルは間違いなくあるそうです。
 (また、何か間違ったことを書いていたら、それは私の理解&記憶力が悪いことに責任ありです)

Forcia Carbon Alloy
 シートチューブが、わずかに寝たジオメトリ。
 後乗り気味になり、トルク系の走りに強い。
 ダラダラ登る緩斜面や、峠攻め等、登り坂が多いコースにお勧め。

R.T. Carbon
 シートチューブが、わずかに立ったジオメトリ。
 前乗り気味になり、回転系の走りに強い。
 平坦~アップダウンまでコロコロ地形が変わるコースを、高アベレージで走るのにお勧め。

 ま、しかし、先にも書いた通り、これはかなり強引な解釈であり、R.T. Carbonでトルクをガシガシかけた走りもできますし、Forcia Carbon Alloyでクルクル回す走りも十分できる、との事です。

 あと、違う観点からのお勧め度で言うと、カーボンフレームは落車 or 事故時の一発破損があるから怖い、という人は、金属の芯が通っているForcia Carbon Alloyがお勧めだそうです。
 (以上、特に4..が間違っていたら、遠慮なく突っ込んでください ^^;)

 ちなみに私は、上記を踏まえ、R.T. Carbonのカラーリングが気に入ったのでこっちを選択(爆)。
 ・・・こんな理由で、悪い?



早速、試しに走って来ました。R.T. Carbon

 本日の連光寺坂TT(R.T. Carbon)。
 7分40秒・・・って、BSモールトンでの時間と変わらんのは何でだっ!

 ・・・前から登りは苦手だと思っていましたが、ミニベロ→ロードに機材を変えても変わらないって・・・。
 BSモールトンが凄いからタイムが伸びるのか、私がヘタレだからロードでもタイムを出せないのか、どっちなんだろう・・・?
 (どっちも正しい気がする。特に後者は高率で正解の気がする ^^;)

 では本題です。
 半ば衝動買いで購入してしまった、新車、corratec R.T. Carbon。
 今日は早速、走行感がどんな物かを試しに、多摩サイ~多摩丘陵方面を走って来ました。


P1010580.jpg
早速、色々取付けた。
サイコンは、先日買って眠っていたV2cを流用。
ボトルケージは小径車で使おうと思ったものの、
ペットボトル用と間違えて買ったサイクルボトル用を流用。


 R.T. Carbonは、私が購入した店での説明では、「アップダウンのある地形で、アベレージ速度を稼ぐように走るのが得意」なフレーム特性だと聞かされました。
 という事は、多摩丘陵の、現在招致活動中の東京オリンピックの周回コースなどはお手の物!・・・のはずなんですが・・・。

 とりあえず、そこに向かうまでの間、サイクルロード上を流して走りましたが、やはり小径車とは全然違う乗り物ですね。
 風景がズームレンズで寄せるように視界を流れて行く気がして、この速度感はやはり、小径車では味わえません。

 んで、私はこれが人生初のロードなので、他の車体との特性の違いとか、そういう事は良くわからないのですが、以下、素人なりの感想として。

1.加速したい時に回せば、素直に速度になって返ってくる。
2.高速(下りで50km/h出ていたらしい)でもハンドルがブレない。
3.車体はBSモールトンより硬く感じ、スピードバンプの衝撃が手に来る。


 という感じですが、どれもロードバイクなら当然だ、と言われてしまうかも(^^;)。
 しかし、小径車(主にBSモールトン)と比較したら、格段に「走れる!」感が強い車体であるのは、(当然かもしれませんが)間違いないと思います。


P1010581.jpg
カタログや雑誌、Web上の写真や画像では分からないが、
フロントフォークはこんなエアロ形状。


 あと、これはフレーム特性というより、コンポ(ULTEGRA SL)の特性のような気がするので、別途書いておきますと・・・

1.変速、特にフロントがシャキッと決まって気持ちいい。
2.Capreoみたいに、「こことここの間のギアが欲しい!」という箇所がない。
3.ブレーキがよく効くので、安心してコーナーに飛び込める。
4.TIAGRAのような、ギア位置インジケーターが欲しい。


 と、いう感じです・・・がしかし、私、今日100km弱走って来て、リアは低段側半分しか使ってないんですけどね(^^;)。
 それ以上のギアは、重すぎて回せないと言う、貧脚ぶりです・・・。

 あ、ちなみに、フロントは50/34Tでしたから、どうやらコンパクトクランクで組まれているようです(オーダー時に指定した覚えはないんだけど・・・)。
 これで高段側を踏めないのって・・・やはり貧脚すぎですか?(ちなみにリアは、12-25T)


【Read More・・・】

新車の納車。正直、血迷いました・・・。

 本日は、多忙期名物、休日出勤(^^;)。
 しかし、自宅~会社間の移動時間が、一気に縮まりました!

 と、これには色々、訳がありましてね・・・。

 では本題です。

 BSモールトン購入から3年目。Airframe購入から2年目。
 少し間があいた今年、また新車(自転車)を購入してしまいました。

 今日はもったいぶって、ここから先、本文を裏置きしますので、興味のある方は続きをどうぞ・・・。

【Read More・・・】

東京オリンピックのロードレースのコース

 まだまだブームが続いているのか、雨後のタケノコのごとく、色々な自転車雑誌が創刊されているみたいです。

 その中で、初心者向けという位置づけで、自転車の選び方と楽しみ方などを示していた某誌。
 フローチャートで、あなたにピッタリの車種はコレだ!という判定をしているのはお約束ですが、その後、車種ごとに、お勧めのサイクルイベント等も紹介されているのですが・・・。

 クロスバイクの項目では、東京シティサイクリングなど、いわゆるサイクリングイベントが紹介されていて、これはまあ良いとして・・・。
 ロードバイクの項目で、お勧めイベントの筆頭に出てくるのが、あのツール・ド・沖縄のレースってのはどうなんですか?(マジ怖っ!)

 ツール・ド・沖縄は、自転車乗りの皆様は御存知のとおり、国内ではアマチュアレースの最高峰に位置する大会で、ロードに乗り始めて1~2年の初心者にはレベルが高すぎて、逆に危険な大会だと思いますけど。
 しかも、去年の大会で起きたトンネル内の大惨事を知っていれば、初心者に気軽に勧めて良い大会だとは、とても思えないんですが・・・。
 (ツール・ド・沖縄を勧めるとしても、せめて本島一周サイクリングとか、そっちにしろよ>出版社)

 ちなみに、その雑誌での、ロードバイクでのお勧めイベント次点候補は、「佐渡ロングライド210」。
 どうやらこの雑誌、ロード初心者を殺す気です(^^;)。

 では本題です。
 冒頭でも話題に出した自転車雑誌ですが、毎月20日は老舗三誌の発売日なので、立ち読みで(^^;)ざっと目を通してきました。

 その中に、現在、東京都が2016年の招致を目指して色々活動中の東京オリンピックの、自転車ロードレース&個人TTのコースが決まった、という話題がありました。

 当初、この自転車ロードレースのコースは、皇居外周をグルグル回るという、それはワンデーレースじゃなく、クリテリウムだろ!というツッコミが飛びまくるようなコース設定になっていました。
 (どうやら、東京都の自転車競技に対する理解度は、その程度だったようで・・・。そら、都内の自転車走行環境も、良くならんわね・・・)

 で、今度新たに発表されたロードレースのコースは、皇居外苑を出発~甲州街道(国道20号)を調布まで~多摩河原橋か稲城大橋で多摩川を渡り、多摩丘陵北部の周回コースを走るという方向に修正されたようです。

 う~む、甲州街道を走るのか。自宅からも、会社からも近所じゃないか(笑)。
 しかも、多摩丘陵の周回コース、連光寺周辺とか、結構知ってる場所だなぁ(笑)。
 (多摩川の堤防直下の道なんかもコースに含まれるらしい。周回コースだから、堤防上で見ていると面白いかも)

 とにかく、自分の知っている場所を、世界各国の代表選手が走る!と考えたら、何だか楽しくなってきてしまいます。

 ・・・とはいえ、うまく招致できたとしても、実現するのは7年後(^^;)。
 その頃、自分がどうなっているか、全く予測できませんなぁ・・・。

 とまあ、それはさておき。
 今日発売の雑誌で、コースが紹介されたという事は・・・。 

 今週末、オリンピックコースの完全走破をする人達、絶対いるな(笑)。


STATUS:安堵?(リンククラブ問題 3)

 今朝早く、私の故郷である福井を震源とする、そこそこ大きな地震があったようです(震度4の地域があったらしい)。

 ・・・しかし、何でかニュースでは、岐阜県のどこかで震度4以上とか、震源であるはずの福井ではない地域の事しか話題になっていません。
 これはもしかして、人口が少な過ぎる(全県人口が世田谷区に負けている)弱小県ゆえの差別か!と、かなりの憤りを感じていたのですが・・・。

 あとで震源地を見てみたら、夜叉ケ池の辺りという、福井県でも山が深すぎるほど深い、人口ゼロ地帯でした(爆)。
 ・・・そら、福井はニュースにはなりまへんわ(今の季節は、登山道も雪で閉ざされてるしね)。

 では本題です。
 今月頭にぎゃーぎゃー騒いだ、私が契約しているプロバイダのリンククラブが引き起こした、未通達での一万円強制徴収問題。

 本日、口座に返金分の振込がされている事を確認しました。
 とりあえず、私個人としては、これでこの騒ぎは終わり、という事になります。

 ふう・・・しかしなぁ・・・。

 これまでの間に色々質問をぶつけてみましたが、メールは定型文の返信ばかり。
 問い合わせの電話をしても、出るのはバイトなのかパートなのか、話が良くわかっていない風の人ばかりで、受け答えも紙に書いた文章を読んでるとしか思えない状態。

 結局、納得いく説明もなければ、いつ返金されるかの目処も分からないまま、今日を迎えてしまいました(今日、別件で口座からの引き落としがあったので確認したら、返金が来ていたという状態。やれやれ・・・)。
 なんていうか、すごく虚しくなりましたね・・・。

 まあしかし、一応解決に至ったので、これでこの話は終わりにしましょう。

 ・・・それにしても・・・どうしちゃったんでしょうね、リンククラブ。

 ここ2~3年は、色々なサービスに手を広げるも、マンパワーが足りないのか、1年も経たずにほぼ放置モードに移行するような状態ですし・・・。
 色々、問い合わせても、自分の所で使っているシステムの理解度が低いと言うか、問い合わせたはずのこちらの方が、知識では上だった時まであったくらいで・・・。
 挙句の果てに、今回のいきなり会員&サービス利用者全員からの、一万円強制徴収事件ですから・・・。

 なんかもう、考えるのも虚しくなって来るのですよ、ホント。



 ・・・でもね。


 今のリンククラブを擁護する気は全くないのですけど、皆さん、ちょっとだけでいいので、覚えておいて下さい。

 今から10年ほど前、「ITバブル」に湧いてWIndows系PCがバカ売れし、「これからはネットの時代!」と言われて各家庭にインターネットが普及しはじめた頃。
 Macintoshはアップル倒産間近説が流れるほどの不振続きで、今では暗黒時代と呼ばれる、どん底にありました。

 そして、当時の大手プロバイダ(ほとんどがWin系PCメーカーの系列企業)は揃いも揃って、WindowsでのWeb接続を前提にしたサポートやサービスのみで体勢をかため、言葉より態度で「Macユーザーお断り!」の姿勢を示して、あからさまな護送船団方式でPC市場を席巻していたあの時代。

 今よりもさらに少数派だったMacユーザーと正面から向き合って、とても親切なサポート体勢でWeb接続サービスを展開してくれたのは、リンククラブだけだった、ということ。
 リンククラブのサービスがあったおかげで、あの時代からWebの世界に飛び込んで、色々楽しい想い出を作れた、私のようなユーザーもいるのだ、ということ。

 今はボコボコに叩かれていますが、私にとっては、リンククラブはそういう存在なのです。


 ま、しかし、そんな個人的な感傷はさておいて判断すると、今回の件は、史上まれに見る失態であることは間違いありません。
 今後、またこんな事があったら、その時はもう、完全に愛想を尽かすことになるでしょうね、残念ですけど。


そろそろ、オーバーホールが必要?

 土曜日は夏日手前まで気温が上がっていたらしい東京。
 昨夜、まだまだ冬の北関東から帰ってきて、即、"花粉"の物凄さにノックアウトされました(^^;)。

 ・・・ううう・・・高温+強風だったおかげで、一気に飛びまくりやがったようで・・・。

 それにしても今日は寒い。
 三寒四温を見事に暦が表現しているような感じです。

 では本題です。
 生活の足からレースイベントまで、とんでもなく幅広く使用されているウチのBSモールトン。

 昨年、色々なイベントに出た前後や、一応、普段使いの合間にも、素人なりに車体の状況をチェックしていますが、その結果、気になる状況がいくつか出始めています。
 列挙すると、

 ・前輪のハブかサスが、ダンシング or 急加速時にパキパキ鳴る。
 ・前後輪とも、ハブからのグリス漏れが目立つようになってきた。
 ・後輪ブレーキが片効きになりやすい(ブレーキを止めるボルトが弱くなった?)。
 ・後輪ブレーキの動きが、年末の「泥レース」以来硬い(砂を噛み込んだ可能性大)。
 ・変速の調整頻度が頻繁になってきた(ワイヤーが伸びた?)。


 2年半程度、(恐らく一般の皆様より荒い運転で)乗って来たので、いい加減、あちこちにガタが出てきたのかもしれません。
 そろそろ、オーバーホールをお願いした方が良いのでしょうか・・・?

 しかし、オーバーホールとなると、それなりの期間、入院になる可能性があるので、現在の(年度末の)多忙期の期間中など、あまり走れない時期に合わせて出した方が良いかもしれませんね。
 (その間はAirframeに活躍してもらいましょう。あまり話題に出てこないけど、近所への外出には良く使ってます)

 ただ、和田サイクルさんは近々、またお引越し(仮店舗から新店舗に戻る)になりそうな気配があるのがちょっとね・・・(2/20日、新店舗が落成するとか)。
 お店を訪ねたらお引越し中で、勢いでお手伝い、とかになったら怖い(^^;)。

 ・・・なお、和田サイクルさんは、旧店舗→仮店舗への引っ越し時には、色々、お宝パーツや年代物の品々(大正時代の領収書まで)が掘り出されたそうですが、今度はさすがにそんな事はない・・・のかな?


東京を暑いと感じてしまう。

 はあ、この記事上げたらもう寝るぞ。

 というわけで本題です。
 この土日は、多忙期のあおりで出張で外作業に出てました。

 その場所というのが・・・。
 北関東の、赤城山より北の山間部。

 一説では北海道より寒い(家屋構造や暖房が本州対応なので)という場所だけに・・・。

 猛烈な高温に見舞われたこの週末。
 宿泊先の民宿のおばあさんは、「あったかいねぇ~」を連発しているのに、気温10度未満では説得力ないですって(^^;).

 ま、何とか生還したら、今度は東京が暑くて死にそう・・・。

みくしい

 今日はここ最近では珍しく、厳冬期らしい気温の日でした(^^;)。
 いつもなら花粉症の初期症状が出ている所なのに、今日はさすがに大丈夫でしたね。

 いやあ、花粉さえなければ、いい季節なんだけどなぁ>春。
 気温がほぼ同じでも、私は秋の方が好きです。

 では本題です。

 随分いまさらの話ですが、やっと私も会員になりましたよ。
 mixiの(大爆)。

 過去にあれだけ嫌っていた物に会員登録したって、どういう事なの?と、昔の私を知っている人なら思うかもしれません。

 まあ、確かに今までは、何だか閉鎖系でコソコソちまちまセコセコやってるだけのイメージが強かったのと、mixi内のローカルルールをブログ等のWebツール上に持ってきてああだこうだとうるさい人達が多く、否定的な意見しか持ってなかったんですけどね・・・。

 最近はいい加減、ブームも去って静かになって来たようなので、そろそろ登録してもいいか、と、そう思っての登録です。
 (私はこういう物はいまいちマイナーな存在でないと、興味を持てない人間だったりしますから。PCはMacだし、デジイチはオリンパスだし・・・)

 あ、ちなみに、mixi内では別の名前(ハンドル)で登録していますので、こちらで使っているハンドルネームで検索しても、多分ヒットしないと思います。

 ・・・それにしても、このmixiのシステム。何か変な仕様ですね。
 携帯から会員登録したのですが、その際には氏名(本名)の公開の可否を設定できないのに、PCで潜ると全員に公開にされてましたし。
 携帯で初期入力した際、公開範囲の設定ができなかった項目のほとんどが、問答無用で全員宛に晒しものになっている、なんて事が沢山ありました(個人情報、だだ漏れやんけ!)。

 まったく、なんと言うザルなシステムなのやら・・・。
 こんなザルなシステムなのに、以前は本名使用&顔写真晒し状態を推奨していたって、かなり出来の悪い冗談にしか思えませんが・・・。

 しかも、これらの設定を然るべき形に(本名や住所を晒すのをやめ、様々な通知メールをPCアドレス宛に飛ばすように変更する等)設定するには、一度の操作で何度もパスワードを聞かれ、確認メールが配信されるのを待ち、確認メール記載のURLから、再びWebに接続し直す必要がある等、「意図的にプロフィール変更を難しくしている」感じが漂いまくってますし・・・。

 とにかく、何かにつけてユーザーに負担を強いる仕様になっているので、ファーストコンタクトの段階でかなり萎えてしまっています。

 ま、私は情報発信手段としては、既にこのブログを持っていますから、日記等のネタは基本、こちらの記事として更新するつもりでいます。
 向こうの日記はほとんど更新する気などなく、コミュニティに参加して情報交換&収集メインで使うつもりです。

 という訳で、何かの折りにアチラの中ですれ違った時は、よろしくお願いします(って、違う名前で登録しているので、ほとんどの人は私だと分からないと思いますが・・・)。

小ネタ集、立春編

 正確には立春は一週間前ですが(^^;)、まあ硬いことは気にしないでください。
 という訳で、多忙期名物、小ネタ集です(普段のような長ネタを出せないので・・・)。

1.春が来た?
 春=杉花粉の事です(爆)。

 私は花粉症持ちの体なので、これから桜が散る頃まで、マスクが手放せない生活になります。
 そして、私の体では軽度の花粉暴露を受けた時に出る、「とにかく眠くて仕方がない」という症状が出始めています。

 ・・・はじまったか、今年もこのシーズンが・・・。

2.今日、思わずツッコんだ記事のタイトル
 ネットのニュースサイトで配信された記事のタイトルですが・・・。

 「日産休部」

 をひをひ。
 このタイトル、日産の「CUBE」に引っ掛けてます?

 まあ、実際の内容は、日産自動車の赤字決算に伴い、運動部等も休部が決まったという、今の経済状況をあまりに見事に反映したニュースだったのですが・・・。

3.検索キーワードあれこれ
 昨秋以降、本サイトは結構好調なアクセス数を頂いていますが、アクセス解析ページで検索キーワードを見ていると、時々、意表を突かれる物があったりして、意外に楽しい物です。
 いちいち調べてるなんて、暇な奴だなぁ、と思われるかもしれませんが、閲覧者の皆様が、ウチのブログでどんな話題を期待しているかを知るには良い指標になる訳です。

 長期的に見て、何となく傾向が見えるキーワードはこんな感じです。

 「Ori 自転車」何でか、ヒット数が異様に多いです(たぶん最多)。
 「BSモールトン ロングライド」昨夏は頑張りましたからね。
 「BSモールトン 改造」コンスタントにヒットしていますが、私は必要最小限しかいじってないです(^^;)。
 「Carry-me 改造」これも多いけど、期待するようなネタは一回も書いてません。
 「奥多摩 ハイキング」すみません、夏のある事件以来トラウマで休んでます。
 「オリンパス E-3」忘れたころにヒットするキーワード
 「Airframe 自転車」これも、忘れたころにヒットするよなぁ。

 んで、最近やたら多いのが・・・。

 「リンククラブ 課金」・・・あの~。
 「リンククラブ 一万円」・・・だから・・・。
 「リンククラブ 犯罪」・・・あはは・・・。

 ちと、ネガティブネタを上げすぎましたか(^^;)。

 そしてトドメの一撃。

 「BSモールトン 事故」・・・頼みますから、これでヒットしないで・・・(T"T)。


久々、「やってもーた」報告

 今日は、気温だけならエアコンがいらないほどの陽気。
 しかし問題は、風が物凄く強くて、それで体感気温が下がりまくった事でしょうか・・・。

 それにしても、この時期にこの陽気&強風と言うと・・・。
 これが「春一番」になるんでしょうか?

 では本題です。
 しばらく、プロバイダのネガティブな話題ばかりだったので、この辺でちょっと軌道修正しましょう。

 というわけで、今日は久々の「やってもーた」レポートです(爆)。

 今回やってもーたのは、これです。


P1010570.jpg
CATEYE V2c
サイクルコンピュータ(サイコン)。
速度、ケイデンス(ペダル回転数)計測機能付きで、
ワイヤレスのモデル。


 はい、ツッコミ等々、今は何も言わないで下さい(^^;)。

 ちなみに、CATEYEのサイコンでは、これの上位機種(さらに心拍計が付く)であるV3が、昨年来、売れに売れまくっていて、なかなか店頭に入荷しない場合もあるそうです。

 で、最近、仕事で出先に行った際の合間の時間に、某自転車店を覗いてみたら、このV2cは在庫あり。
 V3と違って、こっちは結構売れ残ってるんだな~、と思って店員さんに話を聞いたら、「いや、V2cも結構、回転が早くて、すぐ無くなりますよ」との事。

 ・・・で、気がついたらやってました・・・。

 待ち合わせの場所に、自転車店の袋を下げて現れた私を出迎えた上司が、何とも言えない表情だった事は内緒です(次回の査定が怖い・・・ ^^;)。

 さて、それはさておき、ただ今多忙期真っ最中のため、まだパッケージは(内容物確認程度しか)開いておらず、車体への装着その他はまだ行っていません。

 ・・・というか、凄い問題に気付いてしまいまして・・・。
 というのも、このセンサーは後輪とクランクの回転範囲が重なる位置への装着が前提になっているのですが・・・。

 BSモールトン、Airframeとも、クランク回転半径と後輪が重ならない・・・。

 ・・・いや、あれ?
 こういう場合は、どーすればいいんだ?
 (激しく、"やってもーた"のかも・・・)


STATUS:困惑(リンククラブ問題 2)

 1月末日を過ぎてから、リンククラブの「連絡不十分なまま口座引き落とし強行問題」の重大性に気付いた馬鹿が通りま~す。
 気付いた時には、年末に引き落とされた金の返還請求期限が終わってましたよ~!(自棄笑)
 (実際、自分の口座から1万円を引き落とされてる事に気付いたのも、1月の終わりの方だったという有様だし ^^;)

 では、本題・・・に入る前に、「リンククラブ?なにそれ?」という皆様のために、ちょっと解説を入れておきます。
 (本当は本業が多忙期で、こんな事をしている場合じゃないんだけど・・・)

 リンククラブ(Linkclub)は、カイクリエイツという会社が母体となった、Macintoshのユーザーグループを核とするプロバイダです。
 私のように、680X0系からMacintoshに触っているユーザーの間ではそこそこ有名ですが、Macユーザー向けに特化していた事から一般的な認知度は低いでしょう(実際、会員数はMAXでも約2万人と今回の騒動で判明。現在は恐らく、会員数は激減の一途)。
 とはいえ、実際には10年以上という老舗級の歴史を持つプロバイダです。

 ところで、少し混乱しますが、Linkclubは上記のとおり、Macユーザーのコミュニティの事務局がWeb接続サービスを始めた、という経緯があるため、「会員になる=プロバイダ契約」ではなく、「会員になった後、Web接続サービスを受けたいと申し出る=プロバイダ契約確定」という図式になります。
 Web接続サービスを利用していなくても、会員としての権利を保持することはできますし、会員でなくとも一部の提供サービス(ホスティングサービス等)が使えたりします(この辺りが、今回の騒動で事態をややこしくした要因だったりする)。

 ちなみに、私は「リンククラブの正会員で、リンククラブ・インターネットサービスを受けている」形であったため、今回の件では、見事に1万円の引き落としを受けました。

 という訳で、「リンククラブによる連絡不十分なまま引き落とされた1万円問題」の続報、本題に移ります。

 自分が間抜け(&多忙期の物理的時間不足)で、しばらく口座やWeb情報を確認していなかったこともあり、こんな騒動が起きていると知ったのが1月終盤。
 実際に金が引き落とされていたことを確認したのが、1月末日に限りなく近づいたころで、返還請求ができると知った時は、既に期限である1月末日を過ぎていたという体たらくでした。

 しかし、黙って泣き寝入りをするのも癪に障るので、以下の趣旨のメールをぶつけてみました(2/2日深夜)。

 今回の件に関しては、私が思うに、全体的に連絡不十分です。
 私のように、1月末日を過ぎても、返還請求ができたことはおろか、課金があった事さえ認知していない会員も多いと思いますが、その人達のケアはどのようにお考えですか?

 また、まだ返還請求が通るのであれば、今回の引き落とし分は返還して頂きたいと考えています。

 それに対しては、翌日(2/3日)付という、近年のリンククラブにあっては異例中の異例の速さ(爆)で回答が来ました。
 が・・・その内容は、まあいろいろな場所で公開されている「定型文」でした。

 全文掲載は長すぎるので、要約すると、以下のような感じ(赤色部分)。

 この度の件につきましては、大変ご迷惑とお手数をお掛けして申し訳ございませんでした。
 ご返金につきましては、現在最優先で処理させて頂いておりますので、今しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。

 っというメールでした。
 しかし、この「定型文」ではわからないことが、以下2点。

その1:
 私が返還請求したのは、公示されていた請求期限(1月末日まで)を過ぎていたが、それでも返金請求は受けてもらえたのか?

その2:
 受けてもらえたとして、返金はいつごろになるか?(目安で結構)

 という訳で、この件を早速、3日深夜に再度メールで送信。
 悪意ある追い打ちクレームと取られても、文句を言えない対応ですなぁ・・・(我ながら、クレーマーにでもなった気分で、ちと後味が悪い)。

 んで、現在はその返信 or 返還入金待ち、という状況です。
 どうやら、返答のペースが「いつもの」リンククラブに戻っちゃったみたいで(--;)。

 んん~、一番欲しい答えが不明確、というのは、特にこの2~3年のリンククラブの対応では珍しくないものの、今回は特にすっきりしないなぁ・・・。

 それにしても、「最新の更新が1ヶ月以内」に期限を切って、「リンククラブ」で検索すると・・・非常にたくさん出てきますね、今回の件に対する苦情や怒りや嘆きの声が・・・。

 しかし、今回の件では何ら被害を受けていない(リンククラブを初めて知った、という感じの)人たちが、感情論でボコボコに叩いている文面が少なくないのは・・・。
 このプロバイダとの付き合いが長い私から見ると、ちょっとヲイヲイと言いたくなったりも・・・。
 (リンククラブを擁護する気は全くないけど、当事者でもない人が、鬼の首を取ったように大騒ぎして、口汚く罵って叩いているのは、「なんか違うくね?」と言いたい。実際に被害を受けた人間から見ると)

 んで、今ちょっと恐れているのが、BB接続のオプション契約は、スピード優先でクレカ処理したことから、「口座とクレカの両方から1万円(計2万円)が落とされていた、なんて事がないだろうな?」という事。

 「リンククラブなら、やりかねん」という気がしてしまうので・・・(次回の利用明細は、隅々までチェックしてやる!)。

STATUS:激怒(リンククラブ問題)

 え~と、古くから私のWebサイトをご覧いただいている皆様は御存知のとおり。
 私はプロバイダ契約を、「リンククラブ」というプロバイダと結んでいます。

 ・・・ええ、年明け以降、無断課金問題で話題になっている「あそこ」です。

 迂闊なことに、私は現在多忙期のため、メール&WEBチェックもあまりできない状況にあり、そんな騒動が起きている、と知ったのが先週。
 そして、返金請求期限が先月中だった事を知ったのが、今日でした・・・。

 ・・・・・・。
 ・・・・・・。
 ・・・・・・。
 ・・・・・・。
 ・・・・・・。

 自分の間抜けさもあったことですから、多くは書きますまい。

 しかし、これだけは書いておきます。

 激怒中。

 一応、問い合わせだけしてみますが、納得できない結果に至れば、退会も考えます。
 その際、旧HTMLサイト&旧ブログも全て予告なく消える可能性もありますので、ご了承ください。

 (さて、新しいプロバイダはどこにしようかな・・・)


プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク