日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

05月≪ 2008年06月 ≫07月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ポタリング用のカメラバッグの紹介

 こんな夢を見た。

 どうやら、サイクルイベント会場(おそらく、エンデューロレース)に向かっているらしい。
 自分では、時間通りに会場に到着したつもりだったが、集合時間を勘違いしており、到着した時間がレース前のコース試走締切ギリギリの時間だった。

 このレースでは、試走に出ていない選手は失格扱いになる。慌てて試走に出て、何とかコースを一周したところで、スタートセレモニー開始。
 荷物を背負い、服装も普段着、ボトルも用意していない最悪の状態で、本戦に出走することになってしまった。

 ・・・どうやら、先日エントリーが確定した、日産スタジアムのエンデューロの事が、潜在意識に焼き付いているようですね(^^;)。
 しかし、夢に出てくるのが失敗の暗示ってのは・・・。

 まあ、まだあと4ヶ月もあるんだから、もっとゆっくり構えればよいものを>自分。
 それとも、昨夜のNHK BSの「ツアー・オブ・ジャパン」のダイジェスト放送を見て、変に刺激されたのかな?

 以上、夏目漱石の「夢十夜」風な冒頭脱線でした(←どこが!というツッコミ、禁止っ!)。

 では本題です。
 昨日のフォトポタ風修行走(?)では、デジタル一眼レフカメラを持ち歩きました。
 それに使用したカメラバッグについて、ご紹介しましょう。


P1000369.jpg

TENBA GEN-3 フォト・スリング
たすき掛けするタイプのカメラバッグ。


 見た目は巨大な"おむすび"という感じの、3角形のバッグです。
 おむすび自転車こと「ストライダ」と一緒だと、ウケを狙えるかもしれません(←待て)。

 発売当時、カメラ雑誌のインプレッション記事での評価が高かったそうで、しばらくの間、あちこちの店で品切れが続いていたようですが、最近は大型店等では入手可能になってきたようです。
 そして、これは私が自転車に乗って写真撮影に出かける、いわゆる「フォトポタ」の時に、一眼レフカメラ+交換レンズを持ち運ぶのに使えないか、と考えて導入したカメラバッグです。

 今まで使っていたのは、FoxFireのフォトレック・ウエストですが、腰に固定して走ると、アップライトポジションのAirframeならともかく、前傾がきついBSモールトンのポジションでは、カメラ重量でバッグが後ろに引かれ、腹への食い込みが激しかったこと。
 また、ウエストバッグではどうしても容量が限られ、レンズの本数に縛りが出ていたので、他の手段での運搬を考えた結果、行きついたのがこのバッグでした。

 最近はクランプラーが、カメラ運搬用のクッションボックス+メッセンジャーバッグのセットを発売している(?)ようですが、容量が限られるために、交換レンズの運搬数が限られるとか、クッションボックスがバッグ内でゴトゴト動くとかいう話があり、精神衛生上よろしくなさそうに思える所があったのがどうも・・・。
 (ていうか、自転車乗りの中には、結構な数のデジタル一眼レフユーザーがいるのに、カメラバッグの方が自転車乗りの要求に追いついていない、というのは、どうなのよ?>メーカー各社)

 という訳で、このバッグは自転車用のメッセンジャーバッグのように、背中~腰の後ろに保持するタイプのバッグで、使用例写真で見る限り、運転の邪魔になりにくいと考えられます。
 また、たすき掛け状であることから、体の後ろから前に回しやすく、走行中にふと気になるものを見つけても、停車~カメラ取り出し~撮影の流れをスムーズにできる事が期待されます。

 内容量は意外に大きく、ウチの器材で言うと、E-3本体(12-60mm SWD装着状態)、50mmマクロ、50-200mm(旧タイプ)、7-14mmがまとめて入ってしまいます。


P1000367.jpg

こんなに入るとは、正直驚いた。
上から、7-14mm、50-200mm、E-3+12-60mm、そのグリップ下に50mmマクロ。
で、50-200mmの横に、まだ小型ストロボくらい入りそう。


 まぁ、ここまで機材を詰め込むと、重量もウルトラヘビー級(機材類合計約3.5kg+その他運搬物)になるわけですが(^^;)、登山用ザックのように、ちゃんと腰に重量がかかるようにストラップを調節すると、意外に重さを感じません。

 とはいえ、体に全く負担がかからない、なんて魔法はこの世に存在せず、そのまま数時間程度行動したら、肩や腰に結構なダメージが来るのは避けられませんので、注意が必要です(@寄る年波)。

 では、【Read more・・・】以降に、このバッグについて、気づいた点などを羅列してみます。

【Read More・・・】

ステルビオ、正式デビュー

 え~、また例によって日曜日はSOSコールもあって休日出勤だったわけですが。
 しかし、それによって先週セットされたニュータイヤ、シュワルベ・ステルビオで、「追い風参考ありまくり」とか「荷物かついで重いコンダラ状態」なんて物でなく、普通に走る機会を、やっと与えられました。

 ステルビオの対応気圧範囲は、タイヤサイドの表記では6.0~8.0Barとなっており、7気圧(≒7.0Bar)だったBSM純正タイヤよりも多少、幅広な範囲になっています。
 しかし、折角なので、最大の8気圧にエア入れして走ってやろうと、朝一番からポンピング。

 もちろんこの季節ですから、汗だくの心拍上がりまくりの、凄い状況になってしまいました(^^;)。
 (ちなみに、気圧を上限まで上げるのは、普通はレースなど、転がりを特に軽くしたい場合であり、町乗りだったら6~7気圧で十分だと思う)

 そんな前置きを経て、いつもの会社までの町中ルートをスタート。
 直後に、チェーン交換後、イマイチ調子の悪いフロントディレイラー(FD)が、チェーンをアウターギアよりさらに外に弾き飛ばすハプニングがありましたが、慌てず騒がず、FDをインナー位置に入れ、ゆっくり(ここ重要)クランクを前に回すことで乗車したまま再セット完了!
 会社に着いたら、FDの調整しないとダメか、と思いつつ、今度こそ普通にスタートです。

 んで、乗ってみた感じ。
 ・・・ま、速度のアベレージは全然変わりませんが(^^;)、気圧を最高にセットしたためか、路面衝撃が強めに感じられるとともに、転がりの軽さは思った以上に軽くなった感じがします。
 ちょうど、初めてBSモールトンに乗り換えた時のような、「硬い!転がる!軽い!」という感じに似た感覚が、ハンドルやサドルから伝わってきます。

 しかも、驚いた事に、途中の幹線道路沿いにある、緩やか~ちょっと急に変化する、嫌らしい斜度の長~~~~~い登り坂の区間が、今までよりあっさりクリアできてしまいました。
 ・・・そういえば、昨日も「重いコンダラ」状態なのに、尾根幹線のアップダウンを、そこそこクリアできていたっけ・・・。

 まぁ、まだ連光寺坂TTでの結果比較とか、そんな所まではやってみないと分からないのでアレですが、全体的に純正タイヤよりも回転抵抗が少なく、スイスイ進む感じがあるのは確かです。
 ・・・とはいえ、私の中で印象に残っている純正タイヤの最近の乗り味は、既に1年半以上の使用で摩耗が進んだ状態ですから、これがそのまま、製品の良否判断になるとはとても思えないですが・・・。

 とりあえず、タイヤ装着後、数回、乗り回してみましたが、まだまだタイヤセンターのバリとか、色々余計な物が削り取られずに残っています。
 今からこのステルビオを乗り回せば、4ヶ月後の10月(日産スタジアムのエンデューロ開催月)にはちょうど、ひと皮むけ、ゴムも走りに馴染んできた状態になるでしょうか?
 (タイヤ交換時期としては、ちょうど良いタイミングかもしれない)


プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2018年1月に、東北勤務から再び東京に転勤となりました。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク