日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

09月≪ 2017年10月 ≫11月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スタッフ活動裏話の番外編 ブルベのコースと運営について

 なんか、急激に寒くなったんですけど!

 先週末は、半袖で普通に外を歩けたのに、今週末は長袖で、しかもそれなりに厚手の服でもなければ、日が落ちてからは風が冷たくて仕方がなかったです。
 というか、町を行く人も、半袖Tシャツがいたかと思ったら、ウルトラライトダウン装備の人がいたり、と、かなりカオスな状態だったのは、それだけ急激に冷え込んで、衣替えが間に合わなかったり、勢いで一気に冬に飛んだりしていたから、なのでしょうか……?

 とりあえず皆様、体調を崩さないように、十分、注意しましょう。

 では本題です。
 え〜、ここ最近、ちょっとブルベ絡みで話題になったことが色々ありまして。

 まあ、それに関連した部分で、色々思うことを雑感的に書いていこう、というのが、今回の趣旨です。

 なお、先に書いておきますが、これは完全に個人的な雑感です。
 各地のブルベ主催団体の考えや、Audax Japanの考えではありませんので、ご注意ください。
 (あとで怒られないか、ちょっと戦々恐々としている部分があったりする ^^;)

 そんな、雑感の書きなぐりですが、興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックしてください。


【Read More・・・】

自転車で遠くへ行こう BRM909宮城400女川八戸 Part.4

 さて、今回の八戸女川400のレポートでは、新規投入したデジカメ、COOLPIX W300の撮影画像を使用しています。

 以前使っていたOLYMPUS TG-2と比較して、ハードウェア的にはちょっと電源の立ち上がりが遅いかな、と思うところはありますが、スペック的にはほぼ同等で、ほぼ前と同じ感覚で使えるのがありがたいところです。

 撮影画像としては、今回は全てフルオートで撮影……していたと思ったのですが、途中から妙に撮影画像が暗くなっている、という謎現象が現れており……。
 Exif記録を見直したら、いつの間にか露出補正が-0.3eVになっていたという……。

 いつそんな操作をしたんだろう?
 (PC3到着後の画像がそうなっているので、多分そこで何かやらかしたのだと思うが……)

 まあ、COOLPIXシリーズは、伝統的に露出補正操作を手元で素早くできるようになっているので、ミスタッチがあったのでしょう。
 (TGシリーズは、メニューを開いて、階層を下らないとできないので、少々面倒)

 まあ、まだ本格導入して間もないですし、今後、ゆっくりテストしていきたいと思います。

 とはいえ、現段階でも、暗く転んだ画像のシャドウ側を明るくしても、自然に明るくなっていくレタッチ耐性の高さに驚いています。
 TG-2は、この操作をやると、全体がグレーに転んで不自然になったんですよね……(まあ、世代が3世代ほど前の機体だから、単純比較するのは酷な話だけど)。

 Nikonのデジカメは、過去に使っていた機体の出すJPEG画像もレタッチ耐性が高くて助かっていたので、その伝統を受け継いでいるとしたら、私にはありがたい話です。

 では本題です。
 女川を出発して、八戸まで走ろう、という片道コースの400kmブルベも、二戸のPC3に到着した事で2/3以上の行程をクリアしました。
 しかし、これから明け方にかけて走るのが、過去のブルベで、同じ時期の明け方に一桁気温の冷え込みを受けたこともある軽米町。

 その、軽米町の区間に至る前に、今回のコースでは(峠としては)2番目の標高になる猿越峠があり、際限のないアップダウンの中に、(峠としては)3番目の標高となる赤石峠が待っています。

 PC3二戸からPC4久慈までの距離は、約56km。
 制限時間は、クローズ〜クローズで三時間半程度。

 20km/1hの移動のペースを維持できれば問題ないですが……峠越えの先のアップダウンという条件で考えると、キツくないか、これ?

 朝の、まだ明けやらぬ時間から、そんな厳しい場所へと進んでいきます。
 興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックしてください。


【Read More・・・】

自転車で遠くへ行こう BRM909宮城400女川八戸 Part.3

 そういえば……。

 来年、ランドヌール宮城では、主催オリジナルで完走の記念品を出せないかと検討中です。
 200, 300, 400kmを全て宮城で走った時と、さらに宮城の600を走って、宮城ブルベだけでSRを獲得した時の、それぞれのタイミングで、などと考えていますが……(記念品を何にするか、とか、有償頒布か無償になるかも検討中)。

 さて、どうなるでしょうか。
 とりあえず、現在はまだ検討を開始した段階ですので、続報があればまたお伝えしましょう。

 では本題です。
 PC2、盛岡には、クローズの2時間前に到着しました。
 しかし、その直前に、道路の路面振動等の影響があったのか、ライトやGPSを装着するエクステンダーマウントが折れる、というトラブルが発生し、その対応などでPCでの停止時間が長くなってしまいました。

 PC停止中に、後方を走っていた参加者らも次々到着し、例によって私は最後尾に転落。
 まあ、早さを競うものではないので、時間内に走れれば問題ないわけですが……。

 次のPC、二戸までの距離は、約90km。
 その途中のフォトチェックポイントまでは、約50km。
 次の区間を走行中に、おそらくは日付を跨ぐことになるでしょう。

 想定通り、完全なナイトライドになるこの先の区間。
 興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックしてください。


【Read More・・・】

自転車で遠くへ行こう BRM909宮城400女川八戸 Part.2

 しばらくぶりに、通勤車、BSモールトンを洗車してやりました。

 まあ、初夏くらいからずっと、汚れもそのままに乗っていたので、いい加減、何とかしてやろうかと思ったのですが……。
 洗剤をかけて、風呂場のシャワーを強めに当てたところ……。

 フロントディレイラーのアーム部分から、ペースト状に固まった黒い塊がボトボトと落ちる落ちる……。

 ちょっと待て、こんなに汚れてるなんて、初めてなんですけど!
 と思って、そのペースト状のものを回収すると、その手触りが、何か記憶にあるものと一致することに気づきます。

 これ、チタンの固着防止に使っているモリブデングリスと同じだ!

 正確には、モリブデングリスが劣化して、二硫化モリブデンが析出した時のグリス汚れです。
 ということは、これ、二硫化モリブデンが付着して、油分が飛んでペースト状に固まったのか?

 実は、通勤車は現在、チェーンにはAZのハンマーオイルを使用しています。
 このオイルには二硫化モリブデンが配合されており、油分が飛んでもモリブデンが固体潤滑剤として作用するため、長期間、潤滑効果が維持され、音鳴りも防がれる、というのが特徴です。

 実際、注油間隔が開いても音鳴りがしないので、いつ注油して良いのか、迷うことも多々あったりするオイルです。

 しかし、配合されている二硫化モリブデンは黒い粒子であるため、オイルを塗抹したその瞬間から、チェーンが真っ黒になるという弱点があったりもします。

 そして……固体潤滑剤のモリブデンは、周囲に飛び散って付着すると、オイルが飛んでペースト状の塊になって残るため、清掃時に思わぬ汚れの発生に驚かされる、という特性が追加されました。

 いや〜、しかし、あの黒い塊がボロボロ落ちてきた瞬間は、何が起きたのかと思いましたよ(^^;)。
 次回からは、違うオイルを使おう(使い切ってないケミカルの山を漁らねば……)。

 では本題です。
 女川から、北上川沿いを遡上したあと、種差海岸を経て八戸まで行こう、という、ワンウェイ、片道ライドの400kmブルベのPart.2です。

 PC1に到着したのは、ほぼ、事前の想定通りの時間でした。
 次のPCは、北上川沿いにぐんぐん遡上した、岩手県盛岡市。
 おそらく、到着する頃にはナイトライドになっているでしょう。

 というわけで、興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックしてください。


【Read More・・・】

自転車で遠くへ行こう BRM909宮城400女川八戸 Part.1

 昨日、9/13日の水曜日、定時退勤日だったので、現在、IMAXで上映している映画、「ダンケルク」を見に行ってきました。

 いやあ、IMAXで見て正解でした。
 画面の大きさと、音響の臨場感が、この映画にピッタリはまっていましたね。

 冒頭の浜辺で、"あの音"が響き渡った時(ある意味、ネタバレなので、あまり詳しくは書けない ^^;)、主人公たちが置かれている状況が、どうにもならないほど切迫した物であることが嫌でも理解できて、私などは、そこで思わず体がグッと硬くなってしまったのですが……。

 隣の席の人が、なんだこの人?、という感じで見てきたので、多分、その方にはその「音」による演出が、うまく通じていなかったのかもしれません……。
 まあ、"あの音"に反応できる人は、それなりのミリタリー知識を持っている人だけでしょうし、そう考えると、「娯楽作品も、製作者の意図を理解できるだけの知識を持っていなければ、正しく楽しめない」という言葉に、少しうなづきたくなってしまいます。

 とりあえず、この映画、もしお近くでIMAX上映があるなら、迷わずそちらで見ることをお勧めします。

 では本題です。
 久しぶりにブルベ、BRM909宮城400女川八戸を走ってきました。

 今回は、初心に立ち返って、GPS不使用、コースを記憶のみで走る、という「縛り」を設定したブルベでした。

 最近、特に昨年後半から今年のシーズン前半までは、準備段階からコース確認に手抜きが多くなり、コース全体の流れを確認するのは、GPXファイルを作るその時のみ。
 走っている間は、コースを確認するためGPSの画面ばかり見ている、という印象が強く、どうにも「作業的」になっている、という反省がありました。

 よって今回は、久しぶりにコースの予習をしっかりとやって、道順を地図上で目で追える程度に記憶して、さらには当日、GPSを持ちこまない、という所まで徹底して、記憶走行を行いました。


17090901.jpg
なお、当日のハンドル回り。
GPS台座は空席になっている。


 後に、GPS頼りで走っていたら、どうにもならなかったような事態も発生したので、結果的に、これは物凄く正しい判断になったのですが……。
 とはいえ、「迷ったか?」と思ったら、スマホの地図アプリを使う程度の事はやりましたけれどね(^^;)。
 (その程度の事は、ガラケー時代にもやっていたので……)

 さて、例によって、本文は長くなったので裏置きします。
 興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックしてください。

【Read More・・・】
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク