日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

06月≪ 2020年07月 ≫08月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

いつもやってるZwiftのワークアウト紹介

 新型コロナウイルス騒動も、なんとなく低空飛行で安定してきた感じでしょうか。

 さすがに緊急事態宣言中のような、極端なStay Homeを言われることはなくなり、町にも人の姿が戻ってきています。
 東京の、私の生活圏内では、徐々に電車の混雑も元通りに……といっても、3月下旬の、緊急事態宣言発意直前程度の状況くらいには戻っていますが、今までの通勤ラッシュと比べたら、まだまだ疎と言っても良い状況です。

 決して油断できない状況ではありますが、最近は私の周囲も含めていい加減に、この辺りの匙加減に正しく恐れて行動できるようになってきている気がします。
 (いや、これだけ騒がれているのに、直接の知り合いに感染者、出てませんしねえ……。これホントに)

 では、そっちの話はそこまでにしまして、本題です。
 4月からしばらく、Stay Homeなどがずっと言われ続けていた結果、インドアサイクリング、つまりはバーチャルライド生活が長くなっている皆様も多いと思われます。

 この記事を執筆中には、アメリカ大陸横断自転車レース(Race Across AMerica)をバーチャル世界で走る、という、VRAAMというイベントに世界中のサイクリストが参加し、日本人ライダーが唯一の、フルコース時間内完走に至ったという物凄い快挙が達成されていたりもします。

 一方で、私の方は、というと、日々、Zwiftでフリーライドでのコース完走や、各種ワークアウトにチャレンジしているという状況です。
 なので今回は、普段、私がやっているZwiftのワークアウトを紹介してみよう、ということでネタを絞り出しました(^^;)。

 なお、私は固定ローラー台の時代から、室内トレーニングはフリーライドもワークアウトも、持続したとして1時間が限界です(^^;)。
 なので、普段、こなしているメニューはLess than an hour to burn.のクラス限定となっていますので、ここで紹介するワークアウトも、1時間以内に終わるものとなっています。

 また、グラフ中に出ているFTPの数値が、クソ雑魚ナメクジのレベルなのはスルーしてください(^^;)。

 これ、FTPテストで計測した値を正直に表示しています。
 フリーライドを走った後に、FTP能力が向上したぞ、というメッセージが出る時もある(180~200くらいの範囲で)のですが、ホントにそこにFTPを設定すると、負荷が高すぎてワークアウトを最後までこなせなくなるんですよね……。

 というレベルの話なので、どこまで皆様の参考になるかはわかりませんが、興味のある皆様は以下のRead moreをクリックしてください。


【Read More・・・】

Ride with Mask. コロナ禍中の自転車趣味のエチケットとして。

 ’20/5/25日付で、首都圏を含む日本全国の、新型コロナウイルス感染拡大に関する非常事態宣言が解除されました。

 宣言の解除により、私もテレワークを解除され、社内勤務に戻ることとなりました。
 まあ、テレワーク期間と言いつつ、5月中は「人が外に出ない間に片付けるぞ!」という形で実施された現場対応で、半分くらいは外に出ていましたけれどね……。

 そして、現在の状況を見ますと……。
 解除されたのは「非常事態」の宣言だけであり、まだ新型コロナ騒動の「終息」には至っていないのですよね……。

 外出などの制限が少しずつ、取り払われていく段階となっていますが、まだまだ「3密」を避けた行動が求められる毎日となっています。

 という前置きから、本題です。
 非常事態宣言が解除され、そろそろ外出や渡航範囲の制限なども、徐々に緩和されていきそうです。
 この流れの中、自転車趣味活動も徐々に再開して行こうと考えている皆様も多いと思います(私も同じです)。

 しかし、まだ終息し切っていない新型コロナウイルスの感染拡大騒動。
 以前のように、無防備で走り回ることは、やはり避けるべき状況が続いていると考えて良いでしょう。

 自転車関係の情報誌や情報発信サイトでも、マスクの装着による、感染拡大防止策をきちんと整えた上での趣味活動が推奨されています。

 というわけで、今回は手元にあったマスクをいくつか、自転車で使用してみた感想などを簡単にまとめましょう。

 なお、いまだに一部で誤解されたままのようなので解説しておくと、マスクは「自分が感染することを予防する」ために装着するものではありません。
 「自身が無症状感染者だった場合に、ウイルスを周囲に撒き散らさない」ために装着する、いわゆる周囲の皆様の健康を守るための装備です。

 この新型コロナウイルスは、厄介なことに、感染していても多くの人(約80%と言われています)はほとんど症状が現れませんが、それでも免疫がウイルスを消し去るまで、ウイルスの体外放出が続くことが報告されています。
 自身がウイルスを撒き散らさない行動をとり、それを社会全体で実施することで、社会生活の中での感染リスクを低く保つことが、自身を守ることにも繋がると思われます。

 というわけで、今回の話が、どこまで皆様の役に立つ情報なのかよくわかりませんが、興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックしてください。


【Read More・・・】

CATEYE AVVENTURA実戦使用レポート

 この土日(2019/8/10〜11)の間に、ランドヌール宮城主催のブルベ、BRM810宮城200km加美戸沢に参加してきました。
 昨年も参加した、ナイトライド型ブルベ(夜スタート、朝ゴール)で、今年もペルセウス座流星群の時期に合わせての開催です。

 200kmというと、さすがに構えるほどの距離ではありませんが、すでにPBPの渡航準備に入っている今、エンメアッカ号は梱包準備状態。
 アリーゼはネオスマの上でZwiftのコントローラーになっているという有様で、すぐに走れる状態の車体は……。

 BSMとWindcog ZICのミニベロコンビのみ(^^;)。

 というわけで、輪行しやすさでは我が家にある4台の自転車の中でも随一の車体である、Windcog ZICで出走することにしました。
 定峰200の時のような、伊達と酔狂と勢いで、という理由でなく、これが今使える最適の車体だったのですよ!

 コースの状況はまた機会があればご報告するとして……。


19081001.jpg
コースは後半、
物凄い濃霧に覆われて、
アイウェアが曇って前が見えなくなることも。
画像でも、ライトの光が前方の霧滴の中、
ドーム状に反射しているのがわかると思う。

19081002.jpg
夜があけて、鳴子峡に至っても、
まだ濃霧がかかっていた。

19081003.jpg
鳴子温泉まで降りてやっと、
周囲の霧は晴れて日差しが届き始めた。


 こんな感じで猛烈な湿気のため、序盤の鍋越峠越えで汗と湿気で濡れたウェアが、最後まで乾くことなく終わったブルベでした。

 あ、ゴール時間は10h44minで、記録を見直したら、昨年(アリーゼで出走)とほぼ同じでしたね(^^;)。
 去年がヘタレだったのか、ミニベロの今年が凄かったのか……。

 鍋越峠や中山峠で参加者を何人か追い越す時、何度か「うえっ!」という悲鳴が聞こえていましたが……。

 では、ずいぶん長い無駄な前置きを経て本題です(^^;)。
 わかっているなら、さっさと始めろ、と言われそうですが……。

 ま、とりあえず、上記のようなブルベで、CATEYEから新発売となったGPSサイクルコンピュータ、AVVENTURAを実戦投入しました。

 すでに8月の頭には、40kmほどをテスト走行で使用し、なんとなく良い感触を得ていましたが、ブルベという超ロングライドで使用した場合はどうなるか、をまずは200kmで試したものです。

 結果は……おいおい、書いていくことにしまして、使用条件を簡単にまとめますと以下の通りです。

本体:CATEYE AVVENTURA
センサー類
 Garminスピードセンサー・ケイデンスセンサーセット1210401
 (ANT+にてAVVENTURA本体と同期)
使用車体:Windcog ZIC(451ホイールのミニベロ)


 ケイデンスセンサーは左クランク、スピードセンサーは前輪ハブに装着し、周長はAVVENTURA本体で設定しています。
 40kmのテストライドでは、CATEYEの無線サイコン、マイクロワイヤレスとの混信もありませんでしたが、距離が約2kmほど短くなっていました(この程度は、誤差だと思います)。

 なお、後々話題にするバッテリーの消耗に関わりそうな状況として、データ取得感覚を最短の1秒に設定したままでした(事前に触った覚えがないので、多分、デフォルト設定)。
 その他、センサー類の同期、周長、画面表示パターンをいくつかいじった程度で、ほとんどの設定はデフォルトのまま、実戦投入しています。

 なお、このレポートは私の手元にある個体(恐らく、かなり初期の生産ロットの個体)におけるものであり、現在では機能など、見直されている部分もあるかもしれません。
 また、使用者側の習熟度も、ほとんどパッケージを開いてすぐ、という状態であることをお断りしておきます。

 以上の状況を十分ご理解の上で、興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックしてください。


【Read More・・・】

小ネタ集 PBPに向けて色々と

 しばらく、梅雨寒というか、冷夏の気配が強く漂っていましたが……。

 この週末に入る前くらいから、急に気温と湿度だけは本気を出し始めやがりましたね、今年の天気は。
 木曜日くらいから、湿度は80%にも到達していそうな重苦しい雰囲気の中、気温は30度に到達しそうなレベル。

 空気がスライムになって、まとわりついているような気分でしたよ、ホントに……。

 涼しいままだったら、渡仏に向けて、寒暖差にそれほど苦しまないかと思ったのですが、今後、夏が本気モードになるのでしたら、今回も夜の寒さ対策または覚悟をしっかりしておく必要がありそうです。

 では本題です。
 初夏までの少雨・水不足な天気はどこに行ったのか、まさに梅雨、というレベルで雨が続いている現在ですが。
 PBPに向けて、色々やってること、集めた装備などの一部について、参考までネタにしてみます。

 そんなわけで、何年ぶりかは忘れましたが、今回は小ネタ集です。

 ……仙台時代、一回もやってないんじゃないか、これ?

 まあいいや。
 超久々の小ネタ週、行ってみましょう!

【Read More・・・】

AndroidでZwiftを。ーこの面倒でカオスな世界ー

 これでもかっ!

 ってくらいに多忙期がまずい状況になってきています……。
 インフルエンザ疑い(陽性っぽい反応は出たが、1日で熱が下がっている)で数日、自宅待機令になっていたこともあって、少々作業は遅れ気味なのですが、周囲からもどんどん作業が降ってきて、玉突きでさらに遅れる事態が発生しています。

 やれやれ、無事に年度明けを迎えられるかなあ……。
 東北時代は、もうちょっとゆったりしていた気がするのですが、なんだろう、この追い立てられるような感じは……。

 では本題です。
 先日、無事に遊休Android端末を活用して、バーチャルライド、Zwiftの世界にデビューした、という報告を上げましたが……。

 その後、他の皆様はどうしているのか、という興味が湧いたので、Android端末でZwiftを始めた、という情報を探してみたのですが……驚くほど何も出てきません。
 その後、色々と調べを進めていくと……う〜ん、どうも私のように、すんなり接続てきてしまったのは、むしろレアケースらしい事がわかってきまして……。

 Android OSは、iOS端末(iPhoneやiPadのこと。基本的に、アップル1社がOSとハードの両者を最適化させる形で開発している)とは異なり、多数のメーカーがスマートフォンやタブレットに採用してるOSです。
 各社ともに端末の設計思想がそれぞれ異なっており、ハードのグレードも廉価版から高級品まで様々である上に、それぞれのハード上で快適に動くようなカスタムが行われているものも多い(だから、UIがメーカーや機種ごとに違っていたりもする)ため、「これが一般的なAndroid環境」という線引きが、非常に困難な背景があります。

 ゆえに、Zwiftのように、PC版ではそこそこ高いスペックが稼働条件になってしまうサービスは、Androidのように、良く言えば多様性に富んだ、悪く言えばカオスな状況のOS上で動かそうとすると、色々な問題が出てくるようです。

 まぁ、簡単に言ってしまうと、PCゲームの世界でいう「おま環」です(お前の環境だけの問題、の意味)。

 とにかく、OSのバージョンごと、メーカーごと、機種ごとに色々な条件が入り混じるので、まあなんというか、色々調べて現状や障害事例をまとめて記事にするのも面倒くさくて、今、まさに投げ出したいという……(もう、「おま環」が結論でいいじゃない、という気分で)。

 とはいえ、せっかく情報を集めて、何となく、どう対応したらよいのか、の筋道……なのかどうかわからない、ほそ~い糸のようなものが見えてきたので、何かの参考まで、記事にまとめてみることにします。

 興味のある方は、以下のRead moreをクリックしていただきたいのですが……。
 途中で飽きて投げ槍になっても、怒らないでください(^^;)。

【Read More・・・】
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2018年1月に、東北勤務から再び東京に転勤となりました。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク