日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

10月≪ 2017年11月 ≫12月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2017年ジャパンカップ・クリテリウム観戦

 ちょっと風邪気味になっています。

 土曜日、栃木県宇都宮市で開催された、ジャパンカップ・クリテリウムを観戦しに行った過程でそうなりまして(^^;)。
 しかし、日曜日の観戦予定をキャンセルして自宅に戻る……途中で、ちゃんと暖かい服装で、水分を多めに取ったら、食欲が急激に増進してきまして……。

 現在段階で、最初に感じていた鼻の奥の痛みなどは、軽くなってきています。
 うん、これが一過性のものでなく、ちゃんと回復する方向に向かうように、大人しくしていることにします(^^;)。

 まあ、どうせ台風のおかげで、外に出られそうにはありませんしね……。

 というわけで、今回はすでに話題に出ていますが、本題は風邪引きの遠因(原因そのものではない)となった、2017年のジャパンカップ・クリテリウムの観戦記録です。
 興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックしてください。


【Read More・・・】

2017 サイクルフェスタ丸森 参加記録

 今季初めて、寒さで目覚めるという朝を迎えました。

 雨が過ぎるたび、気温が下がる、とは言いますが、クールビズ期間が終わったからといって、急に寒くなりすぎてません?
 つい先日まで、半袖ワイシャツで十分だったのに、今は朝夕は上着がないと肌寒さを感じるくらいです。

 そろそろ、紅葉ライドの日程を考えておいたほうが良いでしょうか?

 では本題です。
 さて、昨年はエントリー峠に敢え無く撃沈したり、仕事の都合だったりして参加できなかった、宮城県の人気サイクリングイベント、サイクルフェスタ丸森に参加してきました(開催日は10/1日)。

 このイベントも、もう5回目。
 すっかり、秋の風物詩として定着してきた気がするとともに、自転車趣味が長くなったためか、イベントでお会いする人も増えてきました。

 そんなイベントで、個人的に非常に嬉しかったのが!


17100101.jpg
祝!「トン」復活!


 え~、画面の向こうから、「そこかよっ!」というツッコミが、ものすごく多数、飛んできた気がします(^^;)。
 いや~、でも、なんだかこの「トン」ですが、初回から見ているので、妙に愛着が湧いてしまいまして。

 去年は、その姿が見えなかった、と聞いていたので、ちょっと残念に感じていたのですよね!

 しかし、2年ぶりに参加した今年、元気に煮込まれている(笑)姿を見て、安心しましたよ。


17100102.jpg
で、今回の相棒は、
かなりお久しぶりの、
ニールプライド・アリーゼ。


 お会いした皆様には、1年ぶり、と言っていましたが、よく考えたら、今年の石川夏井200で、160km地点まで走ってましたね(^^;)。
 ゆえに、本当は半年ぶりの出番でした(どっちにしても、久しぶりです)。

 ちなみに、一部の皆様には、「車輪、デカくないっすか?」と突っ込まれたり……。
 あ~、直前にTwitterで、ミニベロで出るかと言ってましたっけね~(一昨年は、BSモールトンでロングを完走してますしね)。

 うん、実は、直前にワイヤーを交換したディレイラーの調整がうまく行きませんでね(^^;)。
 (チェーンがリアスプロケの上で暴れる、暴れる……)
 意外に手強い、このイベントのロングコースを走るための機材としては、ちょっと適用不能な感じだったのでね……。

 まあそんなこんな、色々楽しんできた記録に興味がある皆様は、以下のRead moreをクリックしてください。


【Read More・・・】

ライトホルダー 破損状況とパーツ寿命を検証

 昨夜から今朝にかけて、かなりまとまった雨が降ったのですが、雨が上がったと思ったら、一気に気温が落ちてしまいました。

 昨夜段階では、半袖ワイシャツでも問題ないくらいの気温だったのに、今はもう、上着がほしいくらいになっています。
 ううむ、今年もこれから、秋が深まっていくのでしょうね……。

 そういえば、栗駒山が今、紅葉の盛りだとか聞きましたが、麓の鳴子峡まで降りてくるのは、来月中旬になるのかな?
 (例年通りだったら、10月後半ごろが見頃のはずですが……)

 では本題です。
 先日、BRM909宮城400km女川八戸を走った際に、ライト等のエクステンダーマウントが破損する、というトラブルに遭ってしまいました。
 破損状況はレポートの中に書いたとおりで、事前の点検で異常は感じられなかったのに、走行中にいきなり折れた、というものでした。


16041701.jpg
破損したホルダーは、こういう物でした。
GUB 558 ハンドルバーエクスパンダー


 壊れてもーた、で、終わらせても良かったのですが、Amazonなどの通販サイトを見ると、ほぼ同様の構造を持つ製品(というか、製造元は同一で、OEMなのか?)が多数、溢れているようです。
 よって、今後の製品選びの参考とするためにも、破損状況とパーツの寿命を検証してみることにしましょう。

 という訳で、毎度ながら無駄に長文ですので、興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックしてください。

【Read More・・・】

全日空の国際線の手荷物規定が少し変わっていた

 雨、雨、雨……。

 2017年8月18日現在、仙台の天気は、7/22日から連続、28日間、雨が続いています。
 ついでに言うと、気温も低くて、エアコンがほとんどいらない日々が続いているという状況です(湿度が高いので、除湿だけは入れている)。

 夜寝るとき、窓をあけたままだったり、通気スリットを開いて換気扇を回したままだったりすると、明け方、寒さで目覚める時もあったりするという、夏はどこに行ったと言いたい毎日です。

 ていうか、梅雨明け以前の方が猛暑(35℃以上含む)の日が多かった上に、梅雨明け以降の方がよく降ってるって、どういう事なのよ(^^;)。

 では本題です。
 最近見た、複数の方の海外への飛行機輪行体験記に、ケースの三辺の和が203cmを超えていても、超過料金は取られなかった、との記述がありました。

 おととし(2015年)、PBPに参加した際、預入荷物の最大サイズは三辺の和が203cm以内、とされており、そのサイズに収めるのに苦労した経験があったこと。
 三辺の和が203cm以上でも認められるのであれば、市販のバイクケースで使えるものが結構多くなることから、ちょっとその背景について調べた結果について、簡単にまとめてみました。

 なお、今回の内容は、2017年8月現在の話です。
 それから時間が経っている場合、規約が改定され、受入荷物サイズ等が変更になっている場合もあると思いますので、海外への飛行機輪行を考えている皆様は、最新の情報を必ずチェックしてください。

 という訳で、興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックしてください。


【Read More・・・】

悲しい出来事。そして

 Audax Club Parisienのサイトで、Super Randnnees 600(SR600)のページが更新され、ランドヌール部門の制限時間が、一律60時間とされました。

 このSR600は、一般には「とても厳しい条件の山岳コース(600kmの累積標高が10,000mに達する)」という印象が強いようですが、実際には、(私の理解が正しければ)「その国の自然、気候、風土、歴史を代表する道筋を辿る」ことも条件に設定されたコースになります。

 昨年までのSR600の年間の認定者の傾向をみると、全世界の年間認定者数のうち、日本人の占める割合が突出していたりします。
 これは、日本のSR600のコースが特別簡単だから……という訳ではなく、コンビニや自販機、ビジネスホテルが全国に当たり前のように展開しているという、インフラ整備の度合いの差が大きいのではないか、と私は考えています(まあ、挑戦している皆様の超人っぷりが凄いのも確かなんだけど ^^;)。

 しかし、こうしたインフラが不十分な海外では、「SR600の条件は厳しすぎる!」という声も多かったようで、「ごく一部の超人のみしか完走できない状況は、将来的に良くない状況になるだろう」という判断が、今回の改正に繋がったようです。

 これで、ある程度、条件は緩和された……らしいのですが、私の目には、相変わらず厳しい条件です(笑)。
 ここまで厳しいコースは、さすがに気軽に挑戦しようとは思えないですね(^^;)。

 では本題です。
 ブルベに参加される皆様の中には、既にお聞き及びの皆様も多数、いらっしゃると思いますが、先週、3/15日にAudax Japanの稲垣会長が、遠征先のニュージーランドで事故に遭い、お亡くなりになりました。

 現在段階でわかっている状況では、現地時間の早朝、地方都市を少し外れた国道沿いを走行中に、トラックに追突されたとのことです。
 現地報道の中に、事故直後の稲垣会長の車体の写真がありましたが、リアホイールは原形をとどめておらず、シートステーの片方が破断している等々、非常に強い衝撃を受けたことが容易に想像できる状況でした。

 突然の悲報に、Audax Japanの関係者だけでなく、国内外を問わず、過去に面識のあった皆様や、一般のブルベ参加者の皆様にも動揺が広がっているかと思われます。
 稲垣会長には、私も過去に何度かお会いし、海外の難コースを走破した武勇伝等を、いつ終わるのかわからぬ位に長い時間をかけて聞かせていただいた事があるだけに、信じられない思いです。
 特に、スタッフのお手伝いをし始めた直後に、日本へのブルベ導入時の精神である、「参加するなら主催する。主催するなら走ろう」という一言を教えていただいた事は忘れられません。

 歴戦の猛者揃いのAudax Japanのトップに推されるくらいの方ですから、稲垣会長は装備も実力も安全意識も、ブルベ参加者の範となる方であったことは間違いありません。
 結果、経歴も実力も申し分のない人が、どれだけ安全に気をつけていても、「もらい事故」を100%防ぐことはできない、という事を、何とも悲しい形で再認識させられました。

 そして、ここから先は主催団体等の意向とはまた別に、私からの個人的なお願いになりますが……。

 ブルベに参加される皆様、今一度、交通ルールと、安全装備の不備・劣化等がないか、ご確認ください。
 もらい事故を100%防ぐことはできないかもしれませんが、遭遇する確率を低くする努力はやはり有効です。

 そして、出走するときは、「亡くなった会長のため」とか、「SRを取るため」とか、そういう意識ではなく、「自分自身の安全と、楽しいライドのため」に全力を尽くしてください。

 冒頭で紹介した、ACPのSR600のページも、末尾はこんな文面になっています。

 Ride safe... and don't forget that self-reliance is part of the challenge!

 皆様、今年も安全にシーズンを終わらせましょう!

 末筆ではありますが、稲垣会長には生前、直接・間接的に色々とお世話になったことを感謝するとともに、ご冥福を心からお祈りいたします。
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク