日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

04月≪ 2020年05月 ≫06月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「春の女神」撮影、当分やめます。

 はあ・・・今週頭の「嵐(気候的な意味で)」はキツかった・・・。

 マスクをしても、ツンツン鼻に響く花粉と黄砂。
 何発出ても止まらぬくしゃみ。

 家に帰ったら目が真っ赤でかゆく、いつまでも鼻詰まりが解消せず、眠るに眠れず・・・。

 ・・・黄砂はある程度自然現象なので仕方ないとしても・・・。
 早く発情を収めろ、杉!

 ってゆーか、東京近郊の、資源価値がほとんどゼロのスギ放置林は、全部、問答無用でなぎ倒していいんじゃない?マジでさ・・・。
 (とはいえ、鉛筆みたいにヒョロヒョロで下枝伸びまくりの、割箸にもできないような屑杉でも、役所が伐採する時は財産補償として一本ン万円という額を持ち主に払わないといけない(釣り上げようとゴネる人も多いらしい)んだそうで・・・。手塩にかけて手入れされた杉林ならともかく、何年も放置された屑杉がそんな風に扱われるなんて、何かおかしいだろ、と思うのは私だけか?)

 では本題です。
 さて、毎年、この季節の恒例(ちなみに、去年の様子はこんな感じ)だった神奈川県北部にある、「春の女神」ことギフチョウの繁殖地探訪ですが・・・。

 今年からは当分の間(半永久的に)、やめることにします。

 理由は・・・最近のあの山の状況は、あまりに人が入り過ぎていて、人威圧で環境がどんどん悪化している気がしてならない、というのが一番でしょうかね。
 私がこの山のギフチョウについての話を初めてWebに載せたのが2003年頃(当時はまだ、HTMLサイトオンリーで運営)で、その時に大体、交通のアクセスまでが特定できるような書き方をしたのは、かなり間違ってたかな、と、今では後悔していたりします。
 (私のサイトを読んで来た~、という人にも会った事があるので・・・)

 私がそこに通いはじめた2003年頃には、ハイシーズンでも登山中に5~6人の撮影者に会えば多い方でした。
 しかし近年、ネットで「ギフチョウを見れる場所」という情報が急速に広がったためか、年々、人の数は増え続け、気がつけばハイシーズンの休日には、正午頃の頂上広場だけで20~30人は当たり前、という、物凄い数の撮影者&観察者が押し寄せるようになってしまいました。

 頂上広場はそんなに広い場所ではありませんから、正午近くになると、広場全体がヒトで埋め尽くされ、入れないヒトが周囲の山林の中に踏み込み、レジャーシートを敷いて昼食タイムになってしまうなど、環境の保全を考えたら好ましくない状況が当たり前に発生するようになってしまっています。

 そして、それだけの数の観察者や撮影者が集まると・・・好ましくない人達も増えるんですよねぇ、なぜか・・・。

 最近は、撮影者同士の譲り合いのマナーを全く無視して、我先にチョウに群がる人がやたら多いですし。
 撮影時に絵にならないから、と、スミレなどの野草の周辺にある草木をへし折ったり。
 同じスミレなどでも、写界に萎れた花をつけた株があったら、抜き取って捨てたり。
 わざわざ霧吹きでシュッシュと水をかけてから撮影するような人まで現れる始末で、呆れて物も言えなくなるような酷い状況になる事も珍しくありません。

 (多少、落葉をどける程度ならともかく、そこまで「演出」したネイチャーフォトに、何の意味があるのやら・・・)

 しかも、そういう人達に限って、ブログの中では「演出された写真」とともに、「ギフチョウとの出会い」を、ことさら神秘的な体験だったかのような文章にしてるんですよね・・・(頭痛)。
 ギフチョウは、この山域なら場所を間違わなければ普通に姿を見られる虫ですし、それほど際立って目を引く姿ではないので、一般の人の目には、飛翔中は昼行性の蛾との区別もつかない虫だったりする訳ですが・・・。

 実際、撮影中は目の前にギフチョウが居ても、カラスアゲハに歓声をあげたり、スズメバチに悲鳴をあげる人の方が圧倒的に多く、キアゲハを見て、「すごい大きなギフチョウがいる~!」と感動している人までいるんですから・・・。

 現場の実態はこんな感じなのに、「春の女神」という、一人歩きしまくっている別称のイメージと、演出し尽くした写真を材料に、ことさらに稀少で美しい虫に出会った体験だったかのような文章にしているのが、あまりに現実離れし過ぎている気がするわけで・・・。
 そんな文章を目にした人達が、「こんな素晴らしい体験ができるなら!」なんてノリで集まって来てるのだとしたら、完全に何かを間違ってるとしか思えませんし、それは私の求めるネイチャーフィールドの姿には程遠いので、そんな場所でシャッターを切る意欲が失せた、というのが、本当の理由かもしれませんね。
 (もちろん、感動するポイントは人それぞれなので、私がこんな事を偉そうに言える筋合いではないのは十分承知。しかし、私は別にギフチョウだけが特別じゃなく、地味茶一色のミヤマセセリであれ、元気に飛んでいてくれると凄く嬉しいし、萎れた花も、そこにある事が凄く愛おしく感じるのだ)

 まあ、それ以外には・・・ちょっと現地の保護活動の方針に、個人的に違和感(間違っている訳ではないが、何かが違う、という感じの引っ掛かり)があるのも、何となく近付きにくい感覚を持つ要因だったり・・・。

 もちろん、あの山の環境を維持するために、熱心に活動されている皆様には最大の敬意を表します。
 ・・・が、しかし、多分「環境」に対するスタンスに微妙な違いがあるため、私の考えとは何かがかみ合わない、という感じでして・・・。
 とにかく、こんな考えの奴がお邪魔するのは、ちょっと気が引ける、というか・・・ね(^^;)。


今日はデジカメな話。Nikon D30X発表。

 え~、昔(HTML時代)から私のサイトを訪問して下さっている皆様は、「最近のネタは自転車ばかりじゃねーか!」というツッコミを飛ばしたくて仕方がないところだと思いますが・・・。

 カメラ/デジカメ系の趣味について、すべて奇麗さっぱり忘れてしまった訳ではありませんので(^^;)、今日はそちらの方の話題を取り上げます。
 (まぁ、以前ほどがっつり張り付いて新機種の情報収集等に走らなくなったのは事実。なんか、そういう方向の熱意は冷めた)

 という訳で本題です。

 Nikonから新型のデジタル一眼レフ、D3Xが12/19日に発売になるらしいので、かなり久々に、以前はちょくちょく、デジカメ情報を収集していたサイトを訪問してみました。
 スレッドごとについているコメント欄は、相変わらず「我こそは事情通」という雰囲気の発言で埋め尽くされていることに苦笑しか出てこないので(カメラ業界の裏事情をアレコレ詮索した所で、写真は上手くならんっつーの)、そっちは絶賛スルーして、欲しい情報だけを収集。

 D3Xは昨年発売のD3をベースに、2,450万画素の撮像素子を搭載し、ユーザーが設定できる撮影パラメータをより充実させた反面、連写性能は控え気味になった、という感じのカメラです。
 と、そういう書き方をするとスペックダウン部分が目立ちますが、「目的どおりの絵を撮るために、より細かな設定ができるようになり、もっとじっくり腰を据えて撮影するためのカメラ」と書けば、イメージが伝わりやすいでしょうか?
 (あくまで、私がスペック表から受けたイメージですけどね)

 まあしかし、2,450万画素なんていう巨大な容量の画像データを扱うのですから、連写等、画像処理系に負担がかかる動作が遅くなるのは、ある程度は仕方がないでしょう。
 それに、連写が遅いと言っても「D3と比較すれば」の話であり、最大サイズ画像でも約5コマ/秒の連写性がありますから、一般的に見たら十分なスペックですし。

 この機体の主なターゲット層は、ファッションや商品撮影などのコマーシャル分野のカメラマンで、画素数が画素数だけに、「大判ポスターでもかかって来やがれっ!」という位の高精細画像を吐きだすそうです(サンプル未見なので、そっちの感想はまた今度・・・)。

 で、価格はオープンプライスという事ですが、現在予測される店頭価格が、ボディのみで約90万円。
 ・・・久々に来ましたね、「車が買えるぞ!」級カメラ(^^;)。
 (最近の趣味で言えば、「高級ロードが買えるぞ!」級カメラ、と言えるかな)

 ここ数年は中級~上級のデジタル一眼レフの価格破壊(当初50万円程度だった物が、20~30万円程度まで落ちた)が進み、コンパクトデジカメと同じように、「没個性機種の薄利多売傾向」が見え始めていただけに、この値付け設定、プレミアム感復権のための賭けと見ると面白いですが・・・さて、どうなる事か・・・。

 まぁ、単純に今夏の原油&材料単価高騰のあおりを喰らっているだけ、という可能性もありますけどね(^^;)。
 (発売のタイミングを考えたら、製造ラインを動かしている時期には、相当の高値で原料を仕入れたはず。しかし、今はガソリン価格が一気に低下しているから、「高価なのは原油高の影響」といっても、実感が湧かないような気もするなぁ・・・)



ちょっと姑息?紅葉を色鮮やかに撮るテクニック(?)

 今日、一つ目のネタで紅葉撮影ポタリングの話を出しましたが、そこでちょっと姑息な手段で、紅葉を色鮮やかに撮ってきましたので、その事例を・・・。


P1010141.jpg
ノーマル撮影

P1010140.jpg
姑息撮影


 いやあ、見事に変わる物です(笑)。

 これ、どうやったのかと言うと・・・。
 自転車用の、オレンジのサングラス(アイウェア)をデジカメ(コンパクトデジカメ)のレンズ前にかざして撮ったという物です。

 今日、ちょっと失敗だったのは、オレンジのアイウェアを装着して走っていた事です。
 このために、とても鮮やかな紅葉に見えた場所で、さあ、撮影だとアイウェアを外したら・・・あら、色付きが全然足りないじゃん、という事が何度もあったと言う(^^;)。

 じゃあ、このレンズ越しに撮ってしまえ!
 というわけで、こんな姑息な事を試してみました(笑)。
 しかし、一眼レフ使いの方も、色補正フィルターを使って、色の鮮やかさを強調するのは普通に使うテクニックですから、別に構いませんよね?(^^;)

 あ、そうそう、この姑息技を試してみようという方は、ホワイトバランスを「太陽光」に設定しておいて下さい。
 オートホワイトバランスだと、オレンジのアイウェア越しでも、できるだけ普通の色身にしようと強力な補正がかかってしまう(結果、あまり色味が強調されない)事がありますので・・・。

入間航空祭 写真追加

 アメリカ合衆国に、オバマ大統領誕生!・・・に合わせて、私の郷里、福井県では、例の小浜市(おばまし)がお祭り騒ぎになっていたそうで・・・。

 「勝手に応援する会」とか、「オバマガールズ」とか、既に色々、キワモノ扱いやオモチャ扱いで、色々全国報道されてしまっていましたね(頭痛)。
 というわけで、以下、福井弁が通じる人には分かるように表記。

 おえおえ、小浜のひとら。

 あんたら、いつまでほんなおもっしぇえこと、やってんにゃ?

 ほんな大騒ぎは、ざいごだけでしなぁ~っとしねの!
 全国のニュースで、おもっしぇえように流されて、県外の福井のもんが、「福井はテストの点数がええだけで、のくてえもんばっかやげ!」とかいってぇ、笑われつんてるがね!
 (ええ迷惑やざ!)

 では、里帰りできなくなりそうな話題はそれくらいにして、本題です。

 入間航空祭の写真、話題が古くならないうちに、色々掲載しておきましょう。
 以下、あまり考えなく、ずらずら~っと並べますので、興味のある皆様、どうぞごゆっくりご覧下さい。

PB030099.jpg
排気のスモークが航跡を描く(ピンぼけした・・・)。

PB030138.jpg
演技を終えて戻ってきたT-4。

PB030142.jpg
機付整備員に機体を返す。

PB030174.jpg
習志野空挺団のパラ降下。

PB030197.jpg
今年は大人しかった、"空飛ぶ存在感"

PB030238.jpg
UH-60Jは、この角度がカッコいいと思う。

PB030295.jpg
ブルーインパルスより。
チェンジオーバーターン

PB030335.jpg
フォーシップインバート
(背面飛行演技。画像を上下反転させたのではない)

PB030399.jpg
黒豹ファントム
今年で退役し、来年からはF-2に機種転換されるそうだ。
長い間、おつかれさま。

PB030407.jpg
F-2支援戦闘機
人が一杯で満足に近付けない(--;)。

PB030423.jpg
それでは皆さん、また来年・・・
って、最後の最後に青空って、何の法則だぁ~!



入間基地航空祭レポート

 いやあ、今日は結局、一日中曇りでしたか・・・。

 曇り空な上に風が冷たく、例年よりずっと寒い中、行われた入間航空祭。
 そんな悪コンディションなのに、今年の混雑は、例年に輪をかけて凄かったです(^^;)。

 そんな訳で、本題に入ります。
 今日は文化の日恒例、入間航空祭の日でした。

 原油価格高騰に伴い、近場のレジャーがウケているという昨今の状況を反映してか、今年の入間航空祭は、午前中後半の段階でエプロン地区が人で埋め尽くされる勢いで来場者が集まり。
 昼過ぎには、コンクリートが見えなくなるほど人がぎっしり詰まるという、とんでもない混雑でした。

 来場者数は・・・どう考えても、20万人は軽く突破してますよね・・・。

 というわけで、そんな大混雑の中、潜入してきた入間航空祭の写真ですが・・・。
 とりあえず、今整理できている段階の物だけ、掲載し、あとはまた追々、掲載する事にします。

 だって、今回撮影した画像って・・・

 総撮影枚数437枚。
 容量にして、4.3GB。

 これを整理するのは、ただ事じゃないです(^^;)。
 (しかも、3.77GBはRAWファイルだし)

 というわけで、特に急いで現像など行った画像を掲載しましょう。
 ちなみに、私は航空祭の画像と言っても、機体そのものを大写しするのではなく、(実現できているかどうかはさておき)できるだけ動きや雰囲気が伝わるような撮り方を心掛けているので、あまりご期待に添えないかもしれませんので、そこはどうかヨロシク・・・。


PB030014.jpg
まだしばらく、現役を続けるらしいYS-11(飛行点検隊)。

PB030032.jpg
入間の顔、T-4練習機が暖機運転中。
バックブラストで後方に陽炎がたつ。

PB030046.jpg
砂埃を派手に吹き上げ、T-4出動!

PB030083.jpg
頭上(観客の真上)で高速旋回する姿。
結構素早く、小回りがきく機体なので、
ファインダーの視界だけで追いかけるのは難しい。

PB030287.jpg
ブルーインパルスから
ファンブレーク(超密集編隊飛行)

PB030337.jpg
バーティカルQピット
(ううう、背景が白いと辛い!)

PB030388.jpg
コークスクリュー
(これは実際に見るべき演技です)

PB030365.jpg
で、普通の撮影者の皆さんは、
機体の大写しを狙う傾向があり、
こんな風に飛跡を狙う奴は少ないようで・・・。
(演目はデルタループ

P1000873.jpg
あ、今年はジェニファーさん()は、
アイバイザーを下ろした形で立っていました。


)ジェニファーさん
 毎年、パイロットスーツ展示に使われている、独特のポーズをしたマネキン。
 名前は私が勝手に、思いつきで命名(なぜジェニファーかと聞かれても困る ^^;)。


P1000870.jpg


 今日は格納庫内の特設ステージで、航空自衛隊が全面協力した映画のプロモーション(出演者のトークショー)も行われていました。
 この作品は、アニメ作品の「よみがえる空 -RESCUE WINGS-」の実写版と言うべき作品で、今冬公開予定だそうです。
 なお、アニメの方は私とBSモールトンの出会いのきっかけになった作品でもあり、この映画、かなり気になりますね・・・。


PB030224.jpg
で、その映画のプロモーションとほぼ同時刻に飛んでた救難隊。
ちょっとスケジュールの組み方が悪いんでは?(^^;)


 というわけで、今日は空が白くて常に逆光状態になる、とても難しい撮影コンディションでした。

 ちなみに、新規投入したExtreme IV 8GBですが、さすがに撮影中にストレスを感じる事はなかったですね。
 そんなに連写しなかったこともありますが、E-1の頃には時々あった、バッファが一杯になってフリーズ、なんて事は、一回もありませんでした。

 しかも、撮影枚数が、最初480枚程度の表示だったものが、400枚撮影した後に見たら、まだ300枚以上の数字が表示されていたという・・・(んで、バッテリー残量はまだフル表示)。
 ・・・メディア容量もバッテリーも、2日連続、航空祭にならない限り、使い切る事はなさそうです(^^;)。

 そーいえば、今日はミリメシ系の販売を行っていたお店で、こんなものの関連グッズが売られていました。

 ・・・破壊力あったな(^^;)。

 それにしても、お硬い上に、汗と泥と油と筋肉の世界と思われている自衛隊に、"萌え"が侵入するとは・・・。
 いや待て、自衛隊だから侵入し易かったとか・・・。

 怖くなってきたので、深く考えるのはやめにします(^^;)。
 (ちなみに、破壊力にひるみましたが、墜とされてはいません:笑)


プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2018年1月に、東北勤務から再び東京に転勤となりました。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク