日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

06月≪ 2020年07月 ≫08月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

いつもやってるZwiftのワークアウト紹介

 新型コロナウイルス騒動も、なんとなく低空飛行で安定してきた感じでしょうか。

 さすがに緊急事態宣言中のような、極端なStay Homeを言われることはなくなり、町にも人の姿が戻ってきています。
 東京の、私の生活圏内では、徐々に電車の混雑も元通りに……といっても、3月下旬の、緊急事態宣言発意直前程度の状況くらいには戻っていますが、今までの通勤ラッシュと比べたら、まだまだ疎と言っても良い状況です。

 決して油断できない状況ではありますが、最近は私の周囲も含めていい加減に、この辺りの匙加減に正しく恐れて行動できるようになってきている気がします。
 (いや、これだけ騒がれているのに、直接の知り合いに感染者、出てませんしねえ……。これホントに)

 では、そっちの話はそこまでにしまして、本題です。
 4月からしばらく、Stay Homeなどがずっと言われ続けていた結果、インドアサイクリング、つまりはバーチャルライド生活が長くなっている皆様も多いと思われます。

 この記事を執筆中には、アメリカ大陸横断自転車レース(Race Across AMerica)をバーチャル世界で走る、という、VRAAMというイベントに世界中のサイクリストが参加し、日本人ライダーが唯一の、フルコース時間内完走に至ったという物凄い快挙が達成されていたりもします。

 一方で、私の方は、というと、日々、Zwiftでフリーライドでのコース完走や、各種ワークアウトにチャレンジしているという状況です。
 なので今回は、普段、私がやっているZwiftのワークアウトを紹介してみよう、ということでネタを絞り出しました(^^;)。

 なお、私は固定ローラー台の時代から、室内トレーニングはフリーライドもワークアウトも、持続したとして1時間が限界です(^^;)。
 なので、普段、こなしているメニューはLess than an hour to burn.のクラス限定となっていますので、ここで紹介するワークアウトも、1時間以内に終わるものとなっています。

 また、グラフ中に出ているFTPの数値が、クソ雑魚ナメクジのレベルなのはスルーしてください(^^;)。

 これ、FTPテストで計測した値を正直に表示しています。
 フリーライドを走った後に、FTP能力が向上したぞ、というメッセージが出る時もある(180~200くらいの範囲で)のですが、ホントにそこにFTPを設定すると、負荷が高すぎてワークアウトを最後までこなせなくなるんですよね……。

 というレベルの話なので、どこまで皆様の参考になるかはわかりませんが、興味のある皆様は以下のRead moreをクリックしてください。


【Read More・・・】

Ride with Mask. コロナ禍中の自転車趣味のエチケットとして。

 ’20/5/25日付で、首都圏を含む日本全国の、新型コロナウイルス感染拡大に関する非常事態宣言が解除されました。

 宣言の解除により、私もテレワークを解除され、社内勤務に戻ることとなりました。
 まあ、テレワーク期間と言いつつ、5月中は「人が外に出ない間に片付けるぞ!」という形で実施された現場対応で、半分くらいは外に出ていましたけれどね……。

 そして、現在の状況を見ますと……。
 解除されたのは「非常事態」の宣言だけであり、まだ新型コロナ騒動の「終息」には至っていないのですよね……。

 外出などの制限が少しずつ、取り払われていく段階となっていますが、まだまだ「3密」を避けた行動が求められる毎日となっています。

 という前置きから、本題です。
 非常事態宣言が解除され、そろそろ外出や渡航範囲の制限なども、徐々に緩和されていきそうです。
 この流れの中、自転車趣味活動も徐々に再開して行こうと考えている皆様も多いと思います(私も同じです)。

 しかし、まだ終息し切っていない新型コロナウイルスの感染拡大騒動。
 以前のように、無防備で走り回ることは、やはり避けるべき状況が続いていると考えて良いでしょう。

 自転車関係の情報誌や情報発信サイトでも、マスクの装着による、感染拡大防止策をきちんと整えた上での趣味活動が推奨されています。

 というわけで、今回は手元にあったマスクをいくつか、自転車で使用してみた感想などを簡単にまとめましょう。

 なお、いまだに一部で誤解されたままのようなので解説しておくと、マスクは「自分が感染することを予防する」ために装着するものではありません。
 「自身が無症状感染者だった場合に、ウイルスを周囲に撒き散らさない」ために装着する、いわゆる周囲の皆様の健康を守るための装備です。

 この新型コロナウイルスは、厄介なことに、感染していても多くの人(約80%と言われています)はほとんど症状が現れませんが、それでも免疫がウイルスを消し去るまで、ウイルスの体外放出が続くことが報告されています。
 自身がウイルスを撒き散らさない行動をとり、それを社会全体で実施することで、社会生活の中での感染リスクを低く保つことが、自身を守ることにも繋がると思われます。

 というわけで、今回の話が、どこまで皆様の役に立つ情報なのかよくわかりませんが、興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックしてください。


【Read More・・・】

緊急事態宣言発出中……

 さて皆様。
 色々な意味を込めまして、お変わりありませんでしょうか。

 まずはこの大変な状況の中、最前線で対応にあたっている医療関係の皆様に心からの敬意を表させていただきます。
 皆様の負担を可能な限り軽くできるよう、私は私にできる範囲で、「ウイルスを広めない」ことを第一義として行動したいと思います。

 そんなわけで、今回も大してネタになる話はありませんが、何を書いたか読んでみたい、という皆様は、以下のRead moreをクリックしてください。

【Read More・・・】

特に話題はないですが、生存報告……。

 いやあ、ものすごく長期間、放置したままになってしまっていました(^^;)。

 毎年、年明けから年度末までは、仕事のシメが集中する多忙期なのですが、今年は色々な要因が重なって、物凄い密度になってしまっていましてね……。

 さてさて、この長期間の放置の間にPCが新しくなり、従来の低スペPCからのデータ移行などもなんとか終わらせました。
 おかげで、今までカクカク再生だったPBP公式ビデオのダウンロードデータも滑らかに動きますし、GoProでの撮影動画も、これでもかっ!ってくらいにヌルヌル動いています。

 ま、このPC更新も、コロナウイルス騒動の煽りをくらって大陸からカスタマイズ用のパーツが届かず、納期がかなり遅れたりしていたんですがね……(本来の納期より一ヶ月も遅れましたよ、わはは)。

 そして仕事の方も、1〜2月前半くらいまではいつも通りだったのですが、2月後半以降、色々社会的に騒がれ始めたら、一部の取引先との打合せや協議が対面禁止でSkype等を活用する形に切り替えられた結果……。
 協議当日持参でよかった資料や成果品などが、数日前にメール送信やドロップボックス保存に切り替えられ、全ての作業が前倒しされまくっているという地獄が待っていたのでした。

 一方で対面協議を続ける、という取引先が、なぜか遠方ほど多くて、相変わらず、出張には出ないといけないという……。

 おのれ、コロナウイルス、いい加減に鎮まれや!

 というわけで、もう皆様も辟易していると思われますが、一応、時事ネタでもありますし、新型コロナウイルスのことも少し触れておきますと。

 現在、私は意図的に取得情報を制限しています。

 きちんとチェックするのは、「実数」をほぼリアルタイムで公表している、東京都の「都内の最新感染動向」のページです。
 数字は最もベーシックな情報ですが、余計な脚色がないため、自分の考えをまとめる(正しく恐れる)上で、最も役に立つものになっています。

 そして、逆に確実に切り捨て対象になっているのが、テレビのワイドショーです。
 いや、ホントにワイドショーは何の役にも立たない煽り情報ばかりで、何ら建設的な話が出ないのは逆にすごい。
 いまだに。国民の安心のためにPCR検査を全国民に……とか、世界レベルで何周回も遅れている情報を繰り返している局もありますが、一体、どうなっているのやら。
 (検査で陰性になっても、まだ感染していない事がわかるだけで、今後も感染しないことの保証にはならないので、永遠に安心にはつながらない、という当たり前のことが理解できないほどのウマシカなのか?)

 これ、私たち世代が子供の頃によく大人に言われた、「テレビばかり見ているとバカになるよ!」をそのまま体現している状態にしか見えませんわ……(少なくとも、私の目には)。

 というわけで、この新型コロナウイルス騒動については、実生活でも多忙期に上乗せで色々な影響を受けまくっている状態ではありますが、多忙期の方は、3月いっぱいである程度は収束する予定です。
 4月からは、趣味活動も再開できると思いますので、そうなれば、もう少し更新頻度を上げられると思います。

 そろそろ、東京は暖かくなってきました。
 スギ花粉もいい加減、下火になってくる季節のはず……ですので、4月からはまた、楽しい話題をお届けできればと思います(なぜかヒノキはほとんど効かない体なのがありがたい)。

 ……あ、そういえば、ブルベにほとんどエントリーしていないな……(さて、どーすんべ?)。

PBP2019 リザルトブックが到着

 さて、今年もブルベにエントリーしました。
 まず最初にエントリーしたのは、夏に開催の「北海道1200」です。

 ……いきなり、究極を攻めやがって……という声が聞こえたような気がしますが、今年は年度末の多忙が例年を上回って多忙になっていましてね……。
 2~3月には、趣味の時間をほとんど取れそうにないのですよ……。

 なので、本格始動は4月以降と考えて、今はなるべくZwiftを回すようにしています。

 ……ただ、帰宅が深夜になってしまい、それも回せない状況だったりもするのですが……(^^;)。

 では本題です。
 PBP2019に関する話題、余程の事がない限り、これが最終回です。

 Audax Club Parisienから、PBP2019の公式リザルトブック、公式ビデオのDVD、そしてブルベカードの、リザルト3点セットが送付されてきました。


20013001.jpg
リザルト三点セット。
これが届いたら、
本当に終わりという気分になる。


 リザルトブックと公式ビデオは、既にオンライン上でも公表されており、PDFや動画ファイルとしてダウンロード&閲覧が可能でしたが、やはりこうして手にすると、ああ、これでやっと終わったな、という気分になりますね。
 そして公式ビデオ、やたら大容量のため、旧式のPCではスペック不足でカクカクだった動画も、やっと滑らかに動く映像で確認できます。

 公式ビデオのDVDは、ダウンロードできるなら別に要らない、という人も多かったようですが……ウチの低スぺPCでは、ダウンロード版のファイルはデータが大きすぎてまともに見られなかったですし、一枚のディスクに各国語の字幕版が入っているので、私としては買って正解でしたね。
 (なお、私は2015年のDVDは、収録されていた全ての言語版を見た。内容は全く同じで、字幕が違うだけなので、はっきり言って、この行動には自己満足以上の意味はない ^^;)

 というわけで、今回はPBP2019シリーズの(余程の事がない限りの)最終回として、公式ビデオ映像やリザルトブックに目を通して感じた内容について話題にしてみましょう。
 興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックしてください。


【Read More・・・】
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2018年1月に、東北勤務から再び東京に転勤となりました。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク