日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

04月≪ 2017年05月 ≫06月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

自転車本の感想。「ブルベのすべて」を読んで

 本日は健康診断でした。

 つまり、空きっ腹にバリウムを補給して、硬い寝台の上でブタがジタバタ無様に舞い踊る、という苦行の時間を過ごしたわけです(注:恣意的な表現の使用あり ^^;)。

 その結果(速報値)ですが……今年は4月以降もなぜか多忙が続いており、あまり自転車に乗れていないので、かなり悪くなっているんだろうなあ……と思っていましたが、意外にも横ばい傾向でした。

 よっしゃ!
 それなら、ラーメンこってり大盛りでも行けるな!

 ……なんて考えると、レッドゾーンに転落しますので、自重します……。

 では本題です。
 ブルベを走る皆様の間で、現在話題になっている本があります。

 タイトルが、もうド直球で痺れます。
 何を書きたかったか、それだけで分かりますからね。



17052201.jpg
「ブルベのすべて」
スモール出版社より出版された、
文庫サイズの書籍。
出版社の名前のイメージとは異なり、
350ページオーバーの、
とてもボリュームのある本(笑)。


 著者の鈴木さんとは、直接の面識は……あるような、ないような(^^;)。
 遠征時に同じブルベを走っていた時が何度かあったようですが、ご挨拶などをする機会は得られていません。
 (そもそも、とても速く走る方であり、ペースが違い過ぎて、ご一緒する機会がまずない。ギリギリ隊である私は、特に ^^;)

 とはいえ、今思えば、去年(2016年)に開催された、AJ神奈川さんの興津600反時計回りで、最終PC(御前崎)で声をかわした方が、鈴木さんであったような……?
 (井出マヤさんの到着をお待ちしている様子だったが、ツイッターにDNF報告が入ってきたので、それをお伝えした覚えがある)

 まあ、こんな感じで、全国のライダー同士で、ゆるい繋がり(知り合いの知り合いが、知り合いだった、という感じ)があるのが、ブルベの世界の特徴でもあります(笑)。

 ちなみに、私がブルベの世界を知ったのは、米津一成さんの名著、「自転車で遠くへ行きたい」でした。
 同年代の方の中には、少なからず、同じ経緯だった、という方が多いのではないかと思います(^^;)。

 そして最近、宮城でも20代の若者がブルベにエントリーしてくることが多くなりました。
 最近の傾向を見ると、アニメ化もされた漫画作品である「ろんぐらいだぁす!」の影響が大きいのかもしれません。
 いやまあ、少なくとも何名か、漫画やアニメの影響でブルベに入ってきた人を知っていたり……(笑)。

 とにかく、そんな「ブルベ」について書かれたこの本を読んで、色々と思ったこと、感じたこと、考えたことがありました。
 一部、ネガティブな話題も含みますが、興味がある皆様は、以下のRead moreをクリックしてください。



【Read More・・・】

雨ブルベ、BRM513宮城200宮城野スーパーフラット終了!

 「ダイヤモンドに放射線を照射すると、微弱ながら電流が流れる。これを応用して、放射性炭素(炭素14)を人工ダイヤモンドに加工して、核ダイヤモンド電池として、何千年単位の寿命を持つ電源として活用できないか、研究中である」

 という話が、海外のニュースから流れてきた直後から、一部の皆様が、「これでファンタジー世界の、古代遺跡にある、謎の動力供給源のクリスタルを再現できるんじゃないか!」という話題で盛り上がっていたりします。
 いやあ、「十分に発達した科学技術は、魔法と見分けがつかない」とは、アーサー・C・クラーク氏の残した有名な法則ですが、それを地で行くような話ですね。

 という内容の話を、140字に圧縮してツイッターに流したところ、週末、RTと"いいね"の通知が止まらない止まらない(笑)。
 しかも、大体RTが500を超えると発生する、「クソリプの法則」が、発動していません。

 いやあ、なんか平和的にBuzzってますわ(現在進行形で積み上がってます:笑)。

 では本題です。
 5月は、自転車に乗るには非常に良いシーズンです。
 暑すぎず、寒すぎず、そして日も長くて長時間走れる、と、良いことづくめに思われます。

 ただし、「晴天日に限る」の一言付きですけれどね(^^;)。

 そんなわけで、自転車ハイシーズンに入り、全国で11本ものブルベが同時に開催されていた、2017年5月13日に、こちら、宮城でも200kmのブルベが開催されました。
 200kmの道のりのほとんどが、アップダウンの少ないフラットコースという事で、初ブルベにチャレンジするという人を含めて、約80人ものエントリーがあったのですが……。

 未明から降り続き、そしてその日のうちには上がらないと言われている雨の前に、約半数がDNS(Did Not Start. =出走取りやめ)を選択。
 いや、もちろん、その選択もブルベです。
 出走した皆様、DNSを選んだ皆様、全てが自分にふさわしい選択をしただけのことです。

 さあ、こんな雨ブルベですが……。
 私は事前に試走をしているため、この日は走らず、裏方作業に専念したのでした。

 では、激しい雨のブルベとなってしまった今回の様子、気になるという皆様は、以下のread moreをクリックして下さい。
 なお、今回は画像なし、テキストだけです……。


【Read More・・・】

スタッフ活動裏話 BRM513スーパーフラット200試走

 ゴールデンウィークは、自転車乗りの皆様にとっては、いろいろな挑戦を行う期間でもあります。

 今年、4月29日に福島県をスタートし、明治時代の英国の旅行家、イザベラ・バード氏の足跡を訪ねて走るというコンセプトで開催された、AJ神奈川さんのイザベラ・ヘブンウィークも、5月4日夜、無事に青森から福島までの600km区間を走り終えて終了したようです。
 参加者の皆様は、山形県内で時ならぬ冷え込み(最低1℃くらいまで落ちたとか?)に見舞われ、逆に仙台近郊では28℃という夏日に晒されるなど、非常に気候変動の激しい中を走ることになったようですが、多くの皆様が無事の完走を果たした様子です。

 今の私には、ヘブンウィークを走る(ほぼ連日連続で、200、300、400、600のブルベを走る)ことは、まず無理な体および仕事のスケジュールですが、いずれ一気にSRを狙って走れるなら、そうしてみたい気もします。
 まあ……制限時間に関係なく、ゆっくりだらだら走れるならば、それが一番楽しいと思いますが。

 では本題です。
 BRM513宮城200kmスーパーフラットの開催が迫りました。
 ので、コース事前試走というものに出かけてきました。

 これはスタッフ活動の一環として、実際に当日開催のコースを走り、危険箇所、開催当日まで影響しそうな悪条件(工事、通行規制など)の有無を確認するためのものです。
 当日はスタッフ作業に入る人員が、当日実走がわりに走行するため、認定試走とも言われたりします。

 平たく言えば、事前のコースチェックというわけですね。

 次回開催のBRM513宮城200km宮城野スーパーフラット200は、平坦基調のコースで、コース中の積算獲得標高が1,000m未満。
 スタートから150km程度の地点まで、山と呼べるほどの起伏がないというコース設定です。

 そういうコースのためか、現在段階で、エントリーしている参加者の数は、先月の福島200を大きく上回っています。
 まあ、厳しい峠越えがあるコースよりも、平坦基調である方が、攻略も簡単に感じるでしょうからね……。
 実際、このコースは初心者向けを考慮して設定していますしね。

 とはいえ、そこはブルベのコースです。
 初心者、といっても、「ロングライドの初心者」が対象であり、「自転車に乗り始めたばかり」という意味での初心者には、少々厳しい設定になっています。

 それでは、試走の状況がどんなものであったか、興味のある方は、以下のRead moreをクリックしてください。





【Read More・・・】

東北もブルベシーズン開幕。ですが……

 さて、4月になりまして、年度末の多忙期は終わった……はずなのですが、なぜか今年は……今年は……。

 今年はちょっと面倒な案件の担当になったのと、7月にちょっとした試験を受けることになったため、多忙期がそのまま継続しているかのような多忙が続いています。
 う〜ん……ドウシテコウナッタ……。

 とりあえず、GWですが、休日はカレンダー通りになりそうです。
 いや、間の5/1日と2日に、面倒な仕事を突っ込まれているので、収支はマイナスの気分なのですが……。

 では本題です。
 ずいぶん久々の更新になりましたが、冒頭に書いた通りの多忙のため、今年はちょっと趣味活動が控えめになるかもです……。

 という話はそこまでにして、今回はBRM422宮城200km石川夏井のレポートです。
 今年の宮城ブルベ初戦は、200kmと300kmが同日開催となりました。

 例年、300kmは5月中旬の開催でしたが、その日程だと南東北地区の一大イベントである蔵王ヒルクライムと日程が被ってしまうことが多く、蔵王参加者が300kmに参加できない、という事態が良く起きていました。

 ……いや、中には300kmを完走したのち、その足で蔵王に向かうという豪傑な皆様もいらっしゃったのですが……(でも、サラの足で走れるなら、その方がありがたい、という話が多かったのも事実)。

 そんな訳で、300kmの参加者の皆様の中には、300km初挑戦、という皆様も多かったようです。

 それはさておき、今回、私は200kmの最後尾を走る、実走スタッフとしての参戦となり……。

 さてさて、それがどうなったのか、興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックしてください。


【Read More・・・】

悲しい出来事。そして

 Audax Club Parisienのサイトで、Super Randnnees 600(SR600)のページが更新され、ランドヌール部門の制限時間が、一律60時間とされました。

 このSR600は、一般には「とても厳しい条件の山岳コース(600kmの累積標高が10,000mに達する)」という印象が強いようですが、実際には、(私の理解が正しければ)「その国の自然、気候、風土、歴史を代表する道筋を辿る」ことも条件に設定されたコースになります。

 昨年までのSR600の年間の認定者の傾向をみると、全世界の年間認定者数のうち、日本人の占める割合が突出していたりします。
 これは、日本のSR600のコースが特別簡単だから……という訳ではなく、コンビニや自販機、ビジネスホテルが全国に当たり前のように展開しているという、インフラ整備の度合いの差が大きいのではないか、と私は考えています(まあ、挑戦している皆様の超人っぷりが凄いのも確かなんだけど ^^;)。

 しかし、こうしたインフラが不十分な海外では、「SR600の条件は厳しすぎる!」という声も多かったようで、「ごく一部の超人のみしか完走できない状況は、将来的に良くない状況になるだろう」という判断が、今回の改正に繋がったようです。

 これで、ある程度、条件は緩和された……らしいのですが、私の目には、相変わらず厳しい条件です(笑)。
 ここまで厳しいコースは、さすがに気軽に挑戦しようとは思えないですね(^^;)。

 では本題です。
 ブルベに参加される皆様の中には、既にお聞き及びの皆様も多数、いらっしゃると思いますが、先週、3/15日にAudax Japanの稲垣会長が、遠征先のニュージーランドで事故に遭い、お亡くなりになりました。

 現在段階でわかっている状況では、現地時間の早朝、地方都市を少し外れた国道沿いを走行中に、トラックに追突されたとのことです。
 現地報道の中に、事故直後の稲垣会長の車体の写真がありましたが、リアホイールは原形をとどめておらず、シートステーの片方が破断している等々、非常に強い衝撃を受けたことが容易に想像できる状況でした。

 突然の悲報に、Audax Japanの関係者だけでなく、国内外を問わず、過去に面識のあった皆様や、一般のブルベ参加者の皆様にも動揺が広がっているかと思われます。
 稲垣会長には、私も過去に何度かお会いし、海外の難コースを走破した武勇伝等を、いつ終わるのかわからぬ位に長い時間をかけて聞かせていただいた事があるだけに、信じられない思いです。
 特に、スタッフのお手伝いをし始めた直後に、日本へのブルベ導入時の精神である、「参加するなら主催する。主催するなら走ろう」という一言を教えていただいた事は忘れられません。

 歴戦の猛者揃いのAudax Japanのトップに推されるくらいの方ですから、稲垣会長は装備も実力も安全意識も、ブルベ参加者の範となる方であったことは間違いありません。
 結果、経歴も実力も申し分のない人が、どれだけ安全に気をつけていても、「もらい事故」を100%防ぐことはできない、という事を、何とも悲しい形で再認識させられました。

 そして、ここから先は主催団体等の意向とはまた別に、私からの個人的なお願いになりますが……。

 ブルベに参加される皆様、今一度、交通ルールと、安全装備の不備・劣化等がないか、ご確認ください。
 もらい事故を100%防ぐことはできないかもしれませんが、遭遇する確率を低くする努力はやはり有効です。

 そして、出走するときは、「亡くなった会長のため」とか、「SRを取るため」とか、そういう意識ではなく、「自分自身の安全と、楽しいライドのため」に全力を尽くしてください。

 冒頭で紹介した、ACPのSR600のページも、末尾はこんな文面になっています。

 Ride safe... and don't forget that self-reliance is part of the challenge!

 皆様、今年も安全にシーズンを終わらせましょう!

 末筆ではありますが、稲垣会長には生前、直接・間接的に色々とお世話になったことを感謝するとともに、ご冥福を心からお祈りいたします。
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク